2020年01月07日

あけましておめでとうございます「だけ」!

 仕事初めの日。気心の知れた同僚とも久しぶりに会ったりするわけで、何かととりとめのない話になりました。仕事をたてこませて、遅くまでいるハメになっただけとも言えるんですがね。年始だからなのか、いつになくとんでもない話をしていた気がしますよ。例えば次のような話でしたね。

・同僚が初詣に行った神社のすぐそばにおける、わたしの個人的かつディープな思い出話(ここで書けるわけがないレベル)
・上の、個人的かつディープな話の後日談にハラハラドキドキな話(もちろんここで書けるわけがないレベル)

 初日の夜から会社でぶっこんでくるねぇって感じのトークでした。でもねぇ、ここで終わったら内容不明につき何もおもしろくないので、あたりさわりがないとはいえ考えてみるとなかなか深い話になった、同僚とのトークでも。


 日付が元日に変わった途端、仕事関係(同僚ではない)からグループLINEが届いたんです。ちなみにこの仕事、イヤイヤやってるつもりはないけれど、積極的にやりたいわけでもない。例によってきっと誰もプロジェクトに参加してくれなくて、上の方の誰かとかが困ってて、やむを得ずわたしに頼むことになったんだろうと思うと、面倒だけどむやみに手を抜きたいわけでもない。支社横断的な結構でかいプロジェクトでもあり、各地の支社長クラスや本社筋も関与しているようなことなので、おかしなこともできない。でも、できることなら抜けたいと思っているプロジェクトだし、うちの支社長からも抜けてほしいと思われているという、実にいわくつきのプロジェクトなのです。結構プロジェクトのあり方などについて、問題点も、批判も多いしねぇ。

 そうそう、どんなグループLINEが届いたのかというと、「あけましておめでとうございます」というもの。新年早々仕事関係からLINEなんて面倒だなぁ。と思っていたら、ほかの人からも同様のLINEが。なのでわたしも、面倒だとは思いながら義理は大切にしたいタイプなのでLINEを送りましたよ。面倒だと思ったんだけどね。すると同僚がこう言いました。

それって、「今年もよろしくお願いします」って送ったらダメなやつじゃない・・・?

 ホントだ・・・(汗)。 今年はよろしくしたくないって話をさんざんしておいて、今年もよろしくお願いしますって送っていたらいい笑いものだ。そしてこのプロジェクトからますます抜けられなくなってしまう、かも・・・。というわけでなんて送ったのかが気になって、おそるおそるタイムラインを確認しましたよ。すると衝撃の事実が!

 なんと全員(と言ってもわたしを含めて3人ですが)が、「あけましておめでとうございます」だけしか送っていなかった! そしてそれ以外の関係者は全員が既読スルー!!!

 最初の人たちが考えた上で、あけましておめでとうございます「だけ」を送ったのだとしたらかなりの思慮深さです。そして考えの上で既読スルーした人たちもなかなかの思慮深さです。そして、何も考えずに「あけましておめでとうございます」だけを送った、運良く地雷を踏み損なったわたし。そっか、もしかしたら、最初の方の投稿は、巧妙に仕組まれた地雷だったのかもね。ちなみにこの程度のわたしですから、どこかの場であけましておめでとうございます「だけ」しか言ったり書いたりしてなかったとしても、そこには何の他意も悪意もありませんのでご安心ください(笑)。
posted by てつりん at 23:55| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

もう終わりですか

 去年の夏は社会人生活最長の夏休みを謳歌しましたが、年末年始は社会人生活最長の正月休みを謳歌・・・したんだろうか。

 一応有給とあわせて12日間、そのうちの1日は隠れ出勤(隠れてないけど)で実質11日とはいえ、ものすごい長さだったなぁ。どこかに行ってもよかったんだけど、全敗したとはいえ一応今年も苗場に行くという野望は捨てていないので、無駄遣いは控えめにしたいところ。最近、毎月の恒例になりつつある岩盤浴に行ったくらいだ。そのかわりと言ってはアレだけど、さとも正月休みになってからはほぼ毎日のように一緒に飲んでたなぁ。うん、ダラダラと心と体を休める時間になったのかどうかはさておき、何もしないってのは大事なことなんだと思うなぁ。

 それにしても実質11日間は早かった。あしたからは、たぶんいつもどおりの日々が流れていきますよ。何か予定を詰めまくったら時間が早く流れるっていうけれど、何もしてなくても早く流れていくし。で、今年早々驚愕したことが、ねずみ年だってこと。ということは、姉は最初の年女ですよ。つまり、あの日からもう12年経つのかと。あっという間だなぁと。

 その、「あっという間」をもう1回したら、もしかしたら姉は変な男か妙な男か何かわからないけど、連れてくるかもしれないってことだ。いや、そこからさらに一周回って(どこを一周するのかはさておき)、あの日のようなものをもう1回見るハメになる可能性だってなくはない。そうこうして、自分はあっという間に年老いて、気づいたら死んじゃってるかもしれないなぁと思うと、そういう現実に足がすくみそうになります。

 だから日頃から悔いのない日々を送るためにも、今年は湯治の旅に出ようと思いますっ! そして今年も健康第一で、ぼちぼち過ごせるように、何事もほどほどにがんばりたいと思います。以上、2020年今年の抱負でした。
posted by てつりん at 23:02| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

これはひどいね

 毎年恒例にしている、引いたおみくじの公開+昨年の初詣のときに引いたおみくじの検証の時間ですがね。なんと去年はどんなおみくじを引いたのかの記録がない! そしてわたしの書斎のMacの前には、いつ誰が引いたのかわからないおみくじが2つ! こりゃぁ、ダメですね。

 というわけで昨年の検証はなしで、今年引いたものの紹介だけ。いろいろありすぎるので、写真でどうぞ。
2020010201.jpg

 う〜ん、これはひどいね。末吉だけど、事実上の大凶なのではなかろうか。で、ちょろっと調べたところによると、凶と大凶はないらしい。そのように、富山のローカルワイドショーで紹介されたことがあるのだとか。ついでに、大吉でも厳しいことが書いてあると。うん、それについては納得だな。

 しかし、これはひどい。繰り返すようだけどひどい。職業なんて、「勤め人は免職・左遷・引退などのある時だから、覚悟をしておくべし」だって。まぁ、早く引退していいんだったらそれはそれで悪くない気がするけれど、正直引退したらこれまでのようには生きていけないだろう。なんだかんだ言っても仕事は好きだから、そもそも仕事についてはなんだかんだ言ってないくらい好きだと思うので、まだ当分は引退するつもりはないなぁ。

 免職・・・。岩盤浴のことを密告されても、捕まることはないと思うがなぁ。当然ですが飲酒運転は一発免職ですが、それをわきまえて気をつけているつもりだし。

 左遷・・・? う〜ん、どこかの事業所へ飛んだりするんだろうか。そういえば、去年の終わりの方に、うちの会社でも予期せぬ異動ってあるんだぜって話を聞いたからなぁ。そこの事業部と、うちの事業部では事情が違うらしいと聞いたことはあるけれど、今の会社に来た際にはかなりびっくりしたし、辞令一発でどこへでも行くものだと思っているので、何が起こってもまぁ流れていくだけです。流されはしないと思うけれどね。

 交友や旅行のところもなかなか考えさせられます。交友は、「・・・寧ろ独り静かに修養するがよい時だ」。旅行も、「暫く山へ静養に行くとか、郷里へ引退するとかいうには適当の時」だって。とりあえず山に2〜3日くらいこもってみるかな。こもるあてはないけれど、ちょろっと調べたらこんなのが見つかった。酸ヶ湯は行ってみたいと思ったことがあるけれどそれっきりで、藤三旅館はかれこれ20年くらい前に、不覚にもお風呂に入ることなく後にした悲しい出来事(自分たちのせいなんだけど)があっていつかまた行ってやろうと思ってそれっきり。

 こんなのも、備忘録代わりに貼っておこうかな。いきなり不老ふ死温泉、次が乳頭温泉ってラインナップがたまらない。どっちの記事も、がんばりすぎなあなたへみたいな方向性で書かれているのがまたわたしの気分にあってそう。うん、今年はプチ湯治の旅に出よう。同じ宿で2泊3日、できれば3泊4日で、どっかの山の世間から隔絶されたようなところで、積ん読の本とかを持ち込んでダラダラするんだ。旅行のところは正確には、「差し支えない。又、暫く山へ静養に行くとか、郷里へ引退するとかいうには適当の時」だからね。
posted by てつりん at 16:00| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

ステキな習慣を、これからも

 うちの場合ですが、「いつもと違う年末年始を過ごしてはならない」という、家訓のようなものがあります。実家の頃からのものではないんだけど、まぁ自分たちの経験に由来するものです。だから、とりあえず紅白を見ますし、初詣もいつもの神社へ。それくらいはしとかないと正月感が出ないってのもあるとは思いますがね。かといってむやみに初売りに繰り出したりはしない。正直行っても買うものがないと思うし、買う必要がないくらいあれこれ食べ物を買い込んで、極力何もしない年末年始を過ごせるようにしています。2人しかいなかった頃は紅白を録画で見るかわりに、いつもの店で飲んで日付が変わった頃に電車で初詣とか行ってたんだけどねぇ。

 ところがもう去年のことになっちゃった12月31日午後のこと。「さとの実家にあったという、”年末年始は新しい下着で”という習慣はどうなったの?」と、唐突に思い出したのでした。それに対するさとの答えは、「なくなりました」とのこと。う〜ん、この話を初めて聞いた時は、ステキな風習だなぁって思ったんだけどなぁ。ということで、31日にお買い物をしたのでした。わたしは、まとめて買った下着をまとめて使ったりはしない(買わなくても未使用のものを持っていることがある)のもあって、買わなかったけどね。うちの子たちが新しい下着かパジャマで年越しを迎えました。

 箱根駅伝とかを見てると、山の沿道にいる人たちはきっと、毎年このへんに泊まって翌朝は沿道で応援するってのを習慣にしてたりするんだろうなぁ。もしかしたらチェックアウトするときに、来年の予約をしてたりしてね。そういう年末年始の特別感あるイベントに憧れがないわけではないけれど、それでも31日と1日くらいはいつもどおりにまったりしていたいものです。
posted by てつりん at 16:49| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。ここを御覧の皆様にも、ご覧じゃないけど面識ある皆様にも、そしてこれから縁ある皆様にも、良いこと満載の1年でありますように。
2020010101.jpg

 さて、年末年始は例年通り自宅で紅白を見ながらまったり過ごすという、いつもどおりのものでした。紅白を見るのはまぁ、年末感を盛り上げるためのイベントのようなものですね。で、紅白の終了を見届けてわたし以外が全員寝たあとに、Eテレの2355−0655 年越しをご一緒にスペシャル 2019−2020を見る。たなくじもちゃんとやりましたよ。いい1年だったらいいなぁ。
2020010102.jpg

 その後、なんとなく毎年どこかの部分(または全部)を見ている気がする、今夜も生でさだまさしを見る。そういえば令和2年、最初に聴いた曲はこれだったなぁ。わざわざそんなことを書く趣味はないんだけど、初めて知った曲に対して率直にいいなぁって思ったから備忘録代わりに。

※作詞作曲はさだまさしですが、番組では岩崎宏美本人が出てきて歌っていました

 翌朝。いつものようにクルマに乗らないで初詣に繰り出しました。でもなぁ、特に帰りは接続がまずくて大変なことになっちゃった反省を踏まえて、来年からは電車には乗るけどクルマにも乗るだろうな。いつもは撮らない、初詣限定のヘッドマークも撮ってみました。
2020010104.jpg

 引いたおみくじは絶望的にひどい内容だったなぁ。そのうち書くかもしれませんが、それでもとりあえず今年もいいことがあったらいいなぁ。
2020010103.jpg
posted by てつりん at 21:12| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

2019年10大ニュース(3位〜1位)

 2019年もあと数時間を残すのみとなりました。ひさしぶりに今年の振り返りを、今年のうちにすることができそうです。というわけできょうは3位から1位までをカウントダウン。

【3位 初めてのことを多く知る】

 初めてのことが何であるかはちょっとねぇ。でも、この年になって初めて知ったことが多かったなぁと思うので3位で。

 あたりさわりのない範囲のことでは、ビールって実はうまいんだということとか。まだ完全なものではないけれど、仕事ってそれっぽくコントロールできる余地があるんだってこととか。そういえば8位の部分とも関係するけれど、岩盤浴ってこんなに楽しいんだとか。今年だけに限らず、来年以降も何らかの形で関係しそうなことの種をいろいろと見つけた気がしたのです。まぁ、どれもこれもほぼお遊びの範囲内ですけどね。来年もこんな感じで、新しい何かに出会ったりするような1年でありたいなぁと思うのです。


【2位 島根県に行ってきた(3月)】

 一応結婚15周年ツアーだった気がするのですが、では実際の結婚15周年の日に何があったかというと・・・、何もなかった気がしないでもありません(爆)。えぇ、読み返しましたが、その日については完全スルーでしたね。

 内容としては、普通タイヤで雪山を越えたりして石見銀山に行った1日目松江市内の観光をしたり、大阪に移動してお好み焼きを食べた2日目USJに行った3日目で構成されております。うん、そういう記録が丁寧に残っているということは、今年は比較的余裕があったんだろうなぁ。

 全員で、これほどの大規模な旅行(2泊以上のもの)に行くってことは、帰省を除けば2〜3年に1回くらいしかないと思うんです。そうねぇ、今年11歳になった長女の行った旅行って基準で数えたら、上高地に泊まったこと、まだJRがただになる年代の頃にUSJに行ったこと、姫路やアドベンチャーワールドや行ったこと、そして今回のことで、やっぱ2〜3年に1回くらいだな。2017年の北海道は全額、母親持ちだったのでちょっと事情が違うし。というわけで今後2〜3年はないと思うので2位でした。


【1位 80系ヴォクシーがやってきた(6月)】

 まさかほんとに買うとは思わなかったなぁ。というわけで1位でした。1年間こことおつきあいしていただいた方なら、まぁ予想の範囲内だったかもしれませんね。ちなみにわたしのものではないのでそんなにヴォクシーの話題は出てきませんが、送り迎えや普段の買い物などに大活躍していますよ。ちょい乗りが多いという使い方の問題で、かなり悪い燃費を記録していますけどね。

 トヨタのよさは認めつつも、あえてそれではない何かをと考えてクルマに乗ってきた部分があると思っています。総合力ではトヨタ車のよさに揺るぎないものがあっても、個別の何かにおいては負けることがあり、そこで勝っているクルマに対して捨てがたい魅力があって、それを理由に買っているという感じかな。でもねぇ、ヴォクシーに関しては、そういう微妙な点が特になかった。今でもふと、オデッセイだったらどうなってたかなぁと思うところはあるけれど、ネッツ販売店には何かとよくしてもらっているし、ホンダ販売店は申し訳ないけどそこまでよくしてもらえたとは思えないので、半年たった今、買ったことについては何の後悔もございません。

 でもせっかくだから、そのうち書こうと思っていたヴォクシーのダメ出しでもしちゃおうかなぁ。でかいのとしては、オートワイパーがついてないこと(煌IIの場合、かな?)と、運転するときに座る場所としてのシートの座り心地が悪い。30分くらいだったらなんとも思わないんだけど、2時間とか乗るとものすごく疲れる。つい先日富山に行ったときに、7〜8万くらいで、そんなにレーシーなものじゃなくていいので、運転席だけでもレカロとかにできないものかねぇってまじめに言ってしまいました。


 というわけで、駆け足で振り返った2019年はこんな感じでした。駆け足すぎて、順位を間違えたことがあった気がしますが(とっくに修正済みです)、これに懲りずに来年もよろしくお願いいたします。そして、ここをご覧の方にもそうでないけど接点のある方にも、よいお年を。
posted by てつりん at 17:10| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

2019年10大ニュース(6位〜4位)

 書いている現在、2019年も残り30時間を切っています。やり残したこと? あるといえばあるけれど、さしたる問題ではないなぁ。大きいものとしては苗場のチケットを押さえておきたかった・・・。まぁ、嘆いてもこればっかりはしょうがないと思いますがね。

 さて、きょうは6位から4位までを。


【6位 袴を着る(3月)】

 写真や、当時の日記はありません。わたしの正体にも関わる部分なのでね。

 これまでの人生において袴を着たのは、七五三のときが最初で最後だったはず。どうやってその袴を調達したのかわかりませんが、尾山神社の正面階段で、やたらきちんと千歳飴を持って立っている写真が実家に残っています。千歳飴の持ち方に関しては、写真を撮っていた父がやたらうるさかったような記憶が何となくある。わたしは千歳飴の持ち方に関して、娘や息子にうるさく言ったことはないけれど、よっしーが笑顔で太刀を抜いている写真は断固拒否したなぁ。細かいところにこだわる血筋なのでしょうか(笑)。その次に、つまり人生2回目の袴着用だったので6位です。成人式のときもスーツだったからなぁ。

 実は1回着てみたかったんですよ。ほら、人生、正装でキメなくてはならないときってあるじゃない。多くの人にとってはそれが七五三だったり、成人式だったりするんだろうけれど、わたしに関しては成人式のタイミングを逃してた。だから着たかったし、過去にチャンスがあったときも着たかったんだけど、今回のチャンスに関してはもしかしたら人生最後かもしれないという感覚があったからね。何としてでも着ますよってことで、かなり無理をしましたよ。たぶん次は、着ないだろうな。そう思うともっと順位が高くてもよかったのかもしれませんが、今年は上位の層が厚かったんだよということで。


【5位 今年も福島大会へ(9月)】

 わたし個人としては、全国大会なんてまったく縁がないのです。それだけに、本人たちにその重みに対する自覚がどれだけあるのかわからないけれど、これってすごいことだと思うのだよ。だから前年の4位に続いて、今年は5位で。あっ、大会そのものの結果は前年の5位から、今年は4位だったらしいですよ。なんだこのややこしい話は。

 エントリーして、映像審査によって出場が認められるというシステムが取られています。ただ、競技の普及という面も少なからずあると思うので、地域枠のようなものもあるとかないとか。つまり、その県から唯一のチームであれば、結構敷居が低くなるんだと。でもなぁ、そういう事情があろうがなかろうが、クラス別で4位というのは相当なものだと思うんだよね。来年は、いよいよ3位でしょうか!?

 ちなみにこれに出場するのもなかなか大変なことだと思うのですが、わたしも日程的に必ず仕事にあたっているような時期なので、ちょっと歯車が狂ったりすると到底観に行くことなんてできないわけで。そんな数々の困難をかいくぐっての参戦+観戦だったので、5位なのでございます。


【4位 日本三名園を制覇(8月)】

 これ、どこかで見たことがある・・・!? いや、たぶん気のせいですよ。たぶんね(笑)。まぁ、長くやっていればいろんなことがあるものですし、何が起こっていたのかわかっていらっしゃる方はここの熱心な読者なのでしょう。どうもありがとうございます。
 
 いつのことだったか、日本三景は制覇しました。国宝四天守も制覇しましたし、その段階で重要文化財だった松江城も制覇済みでしたが、国宝になった松江城も改めて制覇しました。日本三大銘菓も、諸説あって4つ言われていますが、4つとも食べました。でも、日本三名園は制覇できていなかったのです。さとの実家に行く際に、その気になれば何度でもチャンスはあったのに、その都度阻止され(シーズンオフでつまらないというのが理由)てきたのを、ついに制覇したので4位です。

 が、これまで阻止されてきた理由も行って納得でしたね(爆)。でも、いいんです。行きたいから行くんですよ。制覇したいから行くんです。それ以外に理由なんて、あることもあるけれどこの場合はなかった。ただ行きたかっただけ。だから後悔はありません。次は日本三大がっかり名所、はりまや橋かな。いや、日本三名泉のうち、有馬温泉がまだなので狙うならこっちかな? まだまだ行きたいところが尽きませんよ。


 さて、あすは3位から1位でございます。
posted by てつりん at 22:33| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

2019年10大ニュース(10位〜7位)

 毎年恒例のアレですな。今年は手帳や本館をきちんと読み返して、記憶だけに頼ったりしないでちゃんと考えましたよ。そしてさかのぼり更新でもないはず。今のところですけどね。というわけできょうは10位から7位までを。

【10位 苗場へ(2月)】

 ライブそのものに行った話と、ちゃんこを食べてきた話長岡でオフ会をしてきた話、さらには、ちゃんこの前にお風呂に行ってきた話の豪華4本(自分で言うな!)構成になっております。

 例年通り行けたからそんなに順位も高くないところなんだけど、来年このまま行けなかったらそれはそれで2020年の大事件になるんだろうなぁ。これまで12回、最近だと4年連続で参戦してたんだけど、どこかで当日券を狙って、場合によっては弾丸ツアーでも仕掛けてでも行きますよ。ダフ屋まがいの連中の世話にはならないけどね。そして何の偶然か、例のちゃんこ屋さんは閉店しており、今では別のお店が絶賛営業中です・・・。ものすごい量のユーミンのサインはどうなったのか、スタッフ一同の打ち上げは今度からどこでやるのかなど、わたしのようなものが気にしてもしょうがないことが気になって仕方ありません。


【9位 イエモンの武道館へ(8月)】

 そういえばこれを書いている12月28日は、さとがナゴヤドームに行っています。苗場の件がここまで不透明でなかったら、ナゴヤドームはさすがにパスしますが(2人同時に遠征というのはさすがにまずいと思うので)、2月11日の大阪ドームとか、4月4日、5日の東京ドームとかを狙ってもいいと思ってるんだけど。それくらい、いいライブだったなぁ。まぁ、ナゴヤドームの当日券が前の日に出ているくらいなので、直前に狙いに行ってもなんとか取れるでしょう。さとの感想次第かなぁ。たぶん「よかったよ〜」としか言わないと思いますが(爆)。

 そもそも武道館でのライブというのも、そんなに行ってないんだよね。10年近く前に、奇跡的に竹内まりやのライブを当てて行ったっきり。なので9位でした。なおこれにかこつけて、善光寺に行ったり無言館という美術館に行ったり、あれやこれやと楽しんでおります。


【8位 岩盤浴にハマる】

 去年初めて体験して、今年になって地元にもいい施設があるってことを知ってから、ものすごくハマるようになった。記録によると3月に行って、その後は8月、そして10〜12月と計5回か。1回行くと3〜4千円くらい使うので、ビールを飲むことを覚えなければもうちょっと安かったはずなんだけど、まぁ月イチくらいの贅沢なひとときという位置づけで、岩盤浴で散財しないように気をつけたいと思います。

 ところで最近、サ道というものが話題になっているらしいですね。実は偶然テレビで1回見たんだけど、なかなかこれがおもしろい。録画して毎週見るようなヒマはないのでそれっきりだけど、もともとはマンガなんだってね。

 恥ずかしながら今気づいた・・・。気まぐれでわたしはコップのフチ子を不定期に集めてるんだけど、家でも会社でもデスク周りにはフチ子さんがいるんだけど、『マンガ サ道』を書いている人物と、フチ子さんを考案した人物は、同一人物だったんだ・・・。どうりで謎の親しみというか共感を感じるわけだ。ちなみにサ道と岩盤浴は共通点もなくはないですが、言うまでもなく別のものでございます。


【7位 帝劇でレ・ミゼラブルを観る(5月)】

 観るといいながら、タイトルのリンクの先はチケットを取ったぞという話しかありません。書いたと思ってたんだけどなぁ。きっと別のところでつぶやいたことと、一緒くたになっちゃってるんだろうなぁ。ちなみにつぶやいた内容というのは、隣の席の母娘の娘のほうがうるさい。部活だったかバイトだったかの予定が変わって別のミュージカルが見られなくなったと文句を言い、この日の公演に関してはお気に入りのキャストが出る日じゃないからと文句を言い。もうねぇ、こういう女の横になった自身の不幸を呪うよ。一生、彼氏できないと思うね。

 あっ、すいません。公演そのものはB席で後ろの方だったけれど、総合芸術としてのミュージカルはたっぷり堪能できましたよ。帝国劇場の風格にふさわしい名作、名演に、震えが来る気がしましたよ。というわけで不朽の名作ですから、そのうちまた何らかの方法で観に行こうと思うだろうなぁ。隣の席の人は、選べるものなら選びたいくらいですね(爆)。


 というわけで今日はここまで。後日、6位から4位までを発表でございます。
posted by てつりん at 22:09| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

初売りに行ってきた

 お年玉をいろいろといただいたちびっ子たちの行くところということで、近所の家電量販店に行ってきました。

 このお店、かなりこぢんまりとしているのですが、じっくり見ると特定のカテゴリーの商品に特化している感じがすごい。例えばおもちゃとか。もうちょっと詳しく書くと、なにげにガンプラの品揃えがすごいんだけど、プラモデルの量の割にクルマのプラモデルが少ない。レゴの品揃えが少ないけれど、プラレールの品揃えは多い。きっと、効率よく売場づくりをする目利きみたいな人が、スタッフにいるような気がしてならない。

 いろんなアクシデントがありました。長女が、買いたい物がないというのに買い物はしたいという展開から、家で2個めの人生ゲームを買ったり。長男を見ていろと言われ、その間に一緒に相談しながらおすすめトミカセレクション3台を選んだのに、「そんなの買うって言ってなかったでしょ〜(いやオレは聞いてないけどね)」と、さとに却下されたり。

 で、わたしもこれを買いましたよ。最後の1台だったので、なんとなく直感的に。ホントはスポーツカーにハマっている長男のために、トミカ3台セレクションを選んだ際の最初の1台だったんだけどね。3台で900円だったんだけど、1台だけ。
2019010202.jpg

 なんで2019初詣往復切符の半券も一緒に写っているのかというと、番号が偶然2355(日産ゴーゴー)だから。でもステッカーを貼るには老眼なのかわからないけど目がやばいので、ついでに指先もヤバイので、そのままになっています。
posted by てつりん at 18:03| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

あけましておめでとうございます

 タイトルだけでなく、本文でもあけましておめでとうございます。

 いきなりですが今年の抱負。無理のないように、とにかく健康に気をつけて1年を乗り切りたいと思います。

 そんなことを思うのは、正直去年の年末というか12月あたりに、ちょっとやばいかなってものを感じたから。そうねぇ、かつてあったのの入り口のようなものを見た気がしたよ。あとは31日に、ちょっと近所の自販機に行っただけなのに、闇の中で力いっぱいコケた。思わず路上で「痛い〜」とうめいてしまった。ところが、幸か不幸か、その場には誰も通りがからなかった。とりあえず痛かっただけで、今も痛いけど、それ以上でもそれ以下でもないんだけど、なんとなく気をつけたいと思ったのでね。

 なお「健康に気をつけて」の部分には、働きすぎないということも含まれています。昨年は更新頻度が低すぎた。いまだに昨年の振り返りが書けてないくらいだし。そんなわけで今年もぼちぼちいきますよ。


 ところで、新春恒例の初詣に行ってきました。新年早々クルマに乗るってのがあんまり好きじゃないので、ことしは全行程公共交通機関で。
2019010101.jpg

 写真は帰りに乗った電車です。バス→電車→バス→神社と乗り継いで出かけました。帰りはもちろん、その逆で。
2019010102.jpg

 運転士さんの真後ろでした。でも、よっしーはそんなに興味がなかった感じだったなぁ。
2019010103.jpg

 いつも行く神社で、何度も見ていたはずの景色なんだけど、「元帥伯爵東郷平八郎謹書」って書いてあります。すぐそばに、いよいよ高校受験の甥っ子がいたので、「東郷平八郎って知ってるか?」って話を振ろうかと1mmくらいだけ思ったけれどやめた。地域の総合テスト(志望校選びの参考になると言われている)で、150点くらいだったらしいからね(爆)。
2019010104.jpg


 というわけで今年もよろしくお願いいたします。ここを御覧の皆様にも、よいこと満載の1年でありますように。
posted by てつりん at 17:28| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

2018年10大ニュース(3位〜1位)

 きょうは3位から1位まででございます。


【3位 ナガシマスパーランドのプールに行く(8月)】

 正直、こういうレジャー施設のプールには行きたくないと思っていました。だってさぁ、取引先とかと出くわすのが面倒でねぇ。さらに言うと、だらしない樽ボディをわざわざ披露しに行く理由がない(爆)。でもねぇ、どんな心境の変化か、行ってもいいかなって思ったんですよ。だから3位。

 ちなみにわたしのなかでも家族のなかでもかなり好評だったので、個人的には来年以降も行っていいかなって思ってたりします。そうねぇ、お昼ごろに、唐揚げとかレンコンチップスとかフライドポテトとかでビールを飲んで、そのまま昼寝ってのが最高にたまらない。夜は敷地内に、結構いいお風呂もあったし。ただ娘たちは、隣接する遊園地も気になっている感じでしたね。


【2位 疲れからくるものなのか、驚きのミスを頻発させる(秋以降)】

 「驚きのミス」が何だったのかは、言えるわけないですね。でも、今振り返ると、なんでそんなことをしたのかとか、なんでその程度のことを見落としたのかと思うようなことばかりです。ミスってそもそも、そういう性質のものだと思うけどね。

 まぁ、勤務時間の長さについては相当やばい水準だったのです。支社長から警告まで受けていますから。ただ、言い訳するわけじゃないけど、わたしの勤務時間には数字のマジックみたいなものは一切ない。もし何かあったときには、下手に数字をごまかしてたりするほうがよっぽどまずいと思っているから。でもさすがに常軌を逸していたなぁと思うので、自分でもなんかやばい感じがしていくのがわかったので、12月以降は相当セーブモードで稼働中です。追い込まれていくと、変な攻撃性が発動されるようになっていくんだということがわかったことが、収穫だったのかもね。


【1位 30年以上ぶりの徳島県へ(7月)】

 おまえも死ぬぞって話と、徳島ラーメンを食べまくってきた話の2本立てでできています。が、結局のところ、何をしに徳島県まで行ったのかは謎のまま終わっているというね。仕事のネタを仕込みに行ってたのでした。ちなみに仕込んだネタは、7月当時想定していたものとは別の形になりましたが、ちゃんと役に立ちましたよ。

 ところで行った場所は、リンク先にも書かれていなくて、「とある美術館」としか書いてありませんが、今をときめく大塚国際美術館です。世界各国の名画の、精巧なレプリカが多数展示されています。中はものすごく広くて、でも外から見えるのは建物のほんの一部。山の中に埋まっているという表現が一番しっくり来るのかなぁ。確かわたしは朝から、夕方近くまでいたと思うんだけど、館内で随時行われる説明会などのイベントまで参加していたら、もっと滞在できたと思う。入館料は美術館にしてはものすごく高いんだけど、絵画の中の人と同じ服装をしての記念撮影とか、うちの娘にも楽しめそうなので、行ってみる価値はあると思います。

 しかしこの美術館が、一種の聖地のようになるとまでは思わなかったなぁ。な〜んて、そんなことを言えること自体が、さかのぼり更新だってことがわかっちゃうんだけどね(爆)。米津玄師が歌っていた場所は、入館して長いエスカレーターを登ってすぐ、最初の展示室なんだけど、レプリカとはいえあまりの迫力に、わたしはその場に2〜30分くらいいた気がします。


 というわけでこんな感じの2018年でした。来年はどうなるのかなぁ。ここを御覧の皆様も、ご覧じゃないけど周りにいらっしゃる皆様にも、よいお年を!
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

2018年10大ニュース(6位〜4位)

 さくさく行きましょう。きょうは6位〜4位です。

【6位 クビをかけた講習会(8〜11月)】

 うん、まぁ、詳しく語るとわたしの正体がってことになるのでやめときます。そういう歳になったのだよということで。

 クビをかけた講習会って書いちゃうと悲壮感が出るかもしれないけれど、実際のところはそうでもなかったなぁ。どうせしなきゃならないんだからってことで、だったら少しでも楽しそうな講習を選んで行ったつもりだし、事実どれも楽しかった。勉強になりました。で、ちょっと講習会のために遠征したこともあったんだけど、それはそれでおまけの部分が楽しかった。そんなわけで、講習会の夜のおまけの写真でも貼っておきます。
2018123001.jpg

 ホントはもっと充実したおまけを考えていたんだけど、何かと多忙につき、これくらいしかできなかったのでした。でも、おまけとして考えていた企画は、きっとそのうち日の目を見る日が来ると思います。
2018123002.jpg


【5位 映画を3本観た】

 映画が大好きって人にとっては、何を言ってるんだってレベルのことでしょうねぇ。時間があるから映画を観てきたなんていう人が、年間数十本は当然のように観てるのも知ってるし。でもわたしはそんなに映画を観ないので。観るのがキライってわけじゃないんだけど、観る暇もないし、注目の作品に注目しているうちに、いつの間にか終わっちゃってましたってことも多数。だから1年で3本観ただけで結構すごいことだと思う。

 ちなみに観てきた3本とは、1月の「オトトキ」、11月の「souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜」(リンクは公式サイトへのものです)、そして12月の「ボヘミアン・ラプソディ」(これも公式サイトへ飛びます)でした。音楽関係の映画ばっかりだな。

 そんなわたしが今一番観たい映画が、「十年 Ten Years Japan」。こういうのはきっと、地元のミニシアターでしかやらないんだろうなぁ。そう思って調べたところ、案の定そうだった。しかも来週からやるって。でもねぇ、シネモンドは富山じゃなくて金沢にあるんですよ(怒)。
2018123003.jpg


【4位 一輪車全国大会 in 福島(9月)】

 いわゆるおまけの部分はありましたが、そんなの全体のほんの一部なわけで。

 一輪車の件は先日もちょろっと書いた気がするけれど、娘がお世話になっている学童でのクラブ活動って感じのものなんです。学童にいる間に、一輪車に乗るだけなら基本自由なんだけど、一輪車クラブに入るには一定の技能水準に達していないとダメらしい。妹は比較的早く入部できてた気がするけれど、姉は結構苦労して、1年生の終わり頃になって入部できたんじゃなかったかなぁ。そんなチームはめきめきと力をつけ、地域の各種イベントで演技を披露するようになり、じゃぁ全国大会に行ってみるかと。

 こういうのって学童野球とか、少年サッカーとかがイメージつきやすいと思うんだけど、正直親は何かとめんどくさいんだよね(爆)。特にさとはそういうことを強く思うタイプだと思っていたんだけど、なにげにさとがのめりこんでいる気がします。いや、周囲の保護者の熱につられているのかも。まぁ、熱意を持って子どもを応援できるっていいことだと思うけどね。正直全国大会というものに出場するだなんて、チャンスすらなかったのですごいと思うよ。というわけで4位でした。
posted by てつりん at 23:04| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

2018年10大ニュース(10位〜7位)

 例年恒例のアレでございます。ここだけの話でも何でもないけれど、実は年が明けてから書いています。そのためにどんな言い訳を用意しようかと昨年のものを読んでみたところ・・・、どうも書くための準備としては前回2017年のものよりも、今回2018年のほうが丁寧なのではないかということに気がついた。つまりそれを言い訳に、前回は年内に書き終わっているけれど雑で、今回は年明け後に書いてるけど丁寧ってことで、今日は10位から7位まででございます。


【10位 名古屋城+リニア鉄道館へ(3月)】

 タイトルに下線部があるものは、クリックすると当時の日記に飛べます。ところが、リニア鉄道館に行った件については一切書かれていないという(笑)。

 こうやって振り返ると、今年は結構家族での遠くへのお出かけがあったんだなぁと。ほかのお出かけが何だったのかについては、1位までのカウントダウンのなかでいろいろと出てくることでしょう。というわけで、何ひとつ書かれなかったリニア鉄道館のことでもちょっと書きますか。

 入口を通過してすぐから、かっこいい感じです。バックの画像はいろいろと変わるのですが、C62になるのを待って撮りました。そういえば入館時の記念撮影の決め台詞は、0系の前でオッケーというものでした。0系→OK→オッケー・・・って、なんかじわじわ来る。
2018122901.jpg

 JR東海の施設だからなのでしょうか。哀しすぎることに栄光の500系は、存在がなかったかのように扱われています・・・。
2018122902.jpg


【9位 仙台で山下達郎(7月)】

 牛タンを食べまくったり、ライブの前に観光したりしてもいます。でも、10位の名古屋の件も同様だなぁって思ったんだけど、松島に行ってライブを見た初日があるなら、仙台市内を観光した2日目というものもあるはずなんだ。なぜないんだって、結局書かなかったからなんだよね。

 というわけで2日目の模様を写真でちょっとだけ。まずは伊達政宗の廟所、瑞鳳殿から。ザ・桃山建築という感じのド派手な感じが、さすが伊達政宗って感じです。惜しいのは戦災を経ての再建なんだけど、それでも静寂があたりを包む感じがとっても素敵です。当日はものすごく暑かったけどね。
2018122903.jpg

 青葉城の石垣です。建物は残ってないんだけど、それでもかなりの規模でした。高台に登って仙台市内を見ると、地形的によく考えられた場所に建てられたってことがよくわかります。
2018122904.jpg

 もしかしたら、晩年もギラギラした感じの野望に燃えてたのかもね。大河ドラマだと、もうそんなんじゃないしって感じの演技を若き日の渡辺謙がしてるけど。
2018122905.jpg


【8位 毎年恒例の苗場へ(2月)】

 読み返すまで忘れていましたが、前から2列目だったんですね。それでも、いい意味で毎年恒例なので順位はそこまで高くないよの8位でした。ちなみに去年だったかな、結構最近も、前から2列目だったってことはある。何度も行ってると、そりゃぁ前の方になるってこともあるのでしょう。

 今回は初めて苗場に宿を取ったのでした。さすがに苗場プリンスには泊まれないけれど、個人的にはよさそうな宿を。ところが今シーズンも泊まろうと思っていたその宿は、別の宿になってしまっていました。外国人向けっぽくて、日本語サイトもなさそうなので、わたしのような人にはもう泊まれないなぁ。地元でも外国人観光客をものすごく見かけるようになったけど、なんだかものすごい早さで世の中が変わっていくような気がします。


【7位 雪の大谷へ(5月)】

 ものすごくどうでもいい話なのですが、3月に名古屋に行っているのに、さらに雪の大谷に行ったのはなぜなんだろうか。自分の記憶が正しければ、名古屋城に行こうと言ったのはわたしだけど、雪の大谷に行こうと言ったのはさとだったはずだ。近年稀に見る大雪だったから、さぞかし山の方も見応えがあるだろうって理由だった気がするんだけど、実際のところ山の方は例年並みだったのだとか。それでもすごい迫力だったけどね。

 みんなでどこかに行きたいという思いはあるけれど、なかなか家計の事情がそれを許さなくてねぇ。1人1万円くらいのツアーでも、それが5人になると子ども料金だったとしても3〜4万にはなるんだ。でも今年は、いろんなところに行ったなぁと、しみじみと思うのでした。


posted by てつりん at 18:35| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

そういえば初詣

 行った話はしてないけど、行ってたんですよ。

 年始からクルマに乗るのがあんまり好きじゃないのですが、親を連れて、電車に乗るのに便利な駅まで。そこから電車に乗ります。
2018010101.jpg
※電車の写真は帰りに撮ったものです

 で、終点の駅に到着。かつてはもっと神社に近いところまで線路がつながっていたのですが、2009年に廃線になってしまいました。
2018010102.jpg

 なので神社までは、バスに乗ります。
2018010103.jpg

 ところが、神社の写真は撮らなかったという・・・。まぁいつも行ってるところだからいいよね。そんなわけで毎年恒例の、おみくじ披露の時間でございます。ついでに去年の正月に引いたおみくじが、当たっていた2017年だったのかどうかの検証もやっちゃうよ〜。



 まずは今年のおみくじ。なんと大吉ですよ。こんなの引いたの初めて。ちなみにさとも大吉。なのでうっかり4人目を命中させてしまったりすることのないように、くれぐれも気をつけたいと思います(爆)。ただしわたしのおみくじ、【出産】という項目が存在しません(笑)。

 なおさとの大吉は、これから下り坂だから今のうちにきちんとしておきなさいよ、という方向性で書かれています。大吉って本来、そういうものだとも聞いたことがあるしね。ところがわたしの大吉って、そういう大吉ではなくて、基本的にはほぼいいことしか書いてない。「物も集まり財も集まり人気も集まって、和楽繁盛する大吉運である」。「和順の心あれば人も応ずるし、神仏祖先を祭れば感応もあるし、目上の賢者にすがれば又幸福が得られるという時である」って、まさに絶好調。まぁ一応、財物は集まった分、散じることもあるだろうと書いてあるんだけど、人に対して金品を散らすことも必要だとも書いてあるので、交際費でも増えるんでしょうか・・・? 気になるのは、「人が集まる為に不和争論も起り易く、案外の災を生じる恐れがある」というところかな。「平和の気持を以て人に接する事、神仏を祭る事が必要だ」ということなので、意識していきたいと思います。

 各論についても、いいことしか書いてない気がするなぁ。【願事】は「競争者も多いが、熱誠と平和の気持とがあれば、望みは必ず通ずる」だって。転職活動は、現在訳あってさせてもらえてないのですが、それでもいい年になりそうな予感。

 【職業】は、なかなかウケますね。「目上の引き立てもあり、多数の人気も集まって出世する」そうです。前の会社では2年前に1つ上の方が課長待遇に、今の会社でも1つ上の方が今年度から課長待遇になっているので、そろそろ自分もか!?と覚悟はするけれど、個人的にはもう1年ヒラでいたいなぁ。昨年度末に、そろそろでかい仕事をしてもらうかもみたいなことを言われたものの、フタを開けたら何もなかったので、そろそろ逃げられないと思うけど、個人的にはあと1年逃げたいところ。ちなみに仕事は「歌うたいが第一の吉利。それから話術家、講演家などが吉」だそうなので、今年も歌って踊って、そしてMCでも聴かせる語りでライブをがんばりたいと思います(笑)。

 【売買】も、「商売繁盛、儲かる時である」そうなので、まぁライブをがんばれば商売繁盛にもなるでしょう。最近始めた投資を、身の丈に応じておこづかいの範囲で拡大するのもいいだろうな。【交友】は、「交際には充分力を入れるべき時。人の世話厄介も引受けるが、必ずよい事ができる」そうなので、年始から懐かしい人たちと飲みに行ったのも正解だった気がする。

 【恋愛】。よく、色情難の相ありとか引くんだけど、確か今年はよっしーが引いてたけど、わたしはそんなことありませんよ。「気が合って楽しかるべき時」だって。年始早々さとの意図がわかりかねることもありますが、まぁいろんな意味でなかよくできてると思いますよ(笑)。「お互いに多少の遠慮」があるとは思えないし、「素直な気持でつきあっている」とも思うけれど、さすがにそれが「誠に奥床しくてよい」のかどうかはちょっとね・・・。ちなみに【結婚】も、「大吉。話も順調に進み、良縁である」そうですよ。誰と何の話が進むのかはさておき。

 ちょっと気になったのは【訴訟】かな。「初めよくとも終に凶。訴えはせぬがよい」と断言された。ちょっとだけ心当たりがなくもないので、変な勝負に出るのはやめときます。あとは【旅行】。「差し支えなし。殊に神仏参詣の旅は吉」だそうなので、意識したいところです。【方角】に「西か西南が吉」とあるだけに、実はそっち方面に行く予定はあるのです。


 なお去年のおみくじは、ちっともいいことが書いてなかったのです。「厳寒の時に雪や氷に道が塞がれて通行し難いという運勢であるから、妄りに進めば難みがあり、暫く待てば雪や氷も解けて吉運に廻り逢うだろう」、「それも、一度ならず幾度かの苦難に出遇い、手の施しようもなく、行き詰る時だ」そうで、さらには「窮境(くるしみ)を逃れようとあせればあせるほど、泥沼に足を入れたように益々動けなくなる」のだそうだ。う〜ん、いい意味でそういうことはなかったと思う。

 むしろ当たったと思うのは、旅行かな。「出かけるには全く不適当の時・途中障りがあり易い」みたいだけど、「東北は凶」と断言された北海道に関して、1人参加できなかったってことがあった。そういえばまさかの雨にも降られたなぁ。よりによって美瑛とか富良野を見る日に。でも、「西南は吉」の通り、人生で初めて行った愛媛県で得たものは大きかった。今年もこんな感じで、都合の悪いことはほぼ書いてなかったけれど的中せず、都合のいいことは的中するようなステキな1年でありたいと思ったのでした。
posted by てつりん at 00:00| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年10大ニュース(3位〜1位)

 年内に書き終えることができました。きょうは3位から1位までです。

【3位 妹も1年生(4月)】

 仕事の事情もあって、なかなか見たくても見られないもの、というイメージを持っているだけに、姉に続いて妹のも見ることができたということで3位です。あと、小学生が2人になると、なんとなく家の中の回り方が違って見えるというか、いよいよ小学生を中心に回りだすのかといった感じの、雰囲気の変化も感じるので3位。よくも悪くも家のなかで、小学校とか勉強とかの話題も出るようになったと思うし。

 ちなみに本人の学校生活はというと、先日の通知表渡しの通り、家で思っているほど悪くはないと思うんだけどどうなんだろうか。先日の通知表渡しで、ねんちょうさんをむかえるかいの模様が流れていたけれど、先輩ヅラしてちびっ子の手を引いたり、前に出てしゃべってたりしたと思うと、ちょっと信じられない(爆)。まぁよっしーがいるのもあって、小さい子の面倒を見るのは得意な方だとは思うけどね。


【2位 四国上陸作戦(時期は不明なままで)】

 ちょっと出張に行ってきたのです。いろんなところのフェスに行って、勉強してくるように求められている部分もあるのでね。で、四国は行ってみたかったんだけど、それよりもフェスのテーマと個人的興味がピッタリあっていたので行ってきました。詳しくは言えないけれど、勉強になりましたよ。

 全都道府県に足を踏み入れるという全国制覇をしたいと常々思っているんだけど、残っていたのが香川県、愛媛県、高知県、熊本県、沖縄県だったんです。そのうちの2つを消すことができたので、全国制覇まではあと3つになりました。もしかして30代の間には、1つも減らなかったかも知れないくらいだったので、そっちの意味でも2位にふさわしいかなと。ちなみに徳島県だけなら、小学生の頃に2回行っているんだけど、それ以来の四国でもあったので2位なのでした。


【1位 北海道上陸作戦(7〜8月)】

 3泊4日だったのですが、ちゃんと初日から2日目3日目4日目とありますよ。

 時間のかけ具合についてはわからないけれど、お金のかけ具合としては、これを超えることはそうそうないでしょうね。自分で払ってないのに何を言うかって感じでしょうが(爆)。そして参加人数も、これを超えることはおそらくないでしょうし、準備期間も過去最長だ。まさに史上最大の作戦と呼ぶにふさわしいものだったので1位です。

 なんで自腹を切らずに、大人数で北海道に行くことになったのかについては、4日分読んでいただければおわかりいただけると思うので割愛します。でもねぇ、今でも関係者から語りぐさになる。この件の主役でもある母が、結構あとの方まで「あれは最高に楽しかった」と言ってたりする。もしかしたら40代の10大ニュースってのをやっても、トップ10に入ってくるかもね。


 そんなわけで2017年も大変お世話になりました。どうもありがとうございました。来年もMacの前からこん○○はをしようと思いますので、よろしくお願いいたします。そしてよいお年を。
posted by てつりん at 14:51| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

2017年10大ニュース(6位〜4位)

 26日の続きです。きょうは6位から4位までを。

【6位 また新しい、次の仕事が・・・(4月)】

 昨年度まで、業界団体系の仕事を3年くらいやっていたのです。そのうちの最近2年はというと、いわゆるその団体トップの仕事で、細かい調整とか見知らぬ筋への気配りとか、正直かなり大変だった。おかげさまでいろいろと、新しい世界を見ることができたと思うけどね。こういう経験があったから、今年の8位みたいに全国のフェスに行こうだなんて思ったりもしたんです。

 で、今はと言いますと、ひとまずそこの仕事のトップは後任に譲ってという形になってはいるんだけど、その間隙を縫うかのように、どこからともなく別のトップの仕事を振られてしまったのです。「てつりんはもう、あのトップはやってないから、次はてつりんがいいんじゃない?」みたいなことを言った人がいるんだきっと。余計なことを言いおって・・・。しかも前任者からの引継書をよく読むと、「次はできるだけ長く続けられる若手がいい」みたいなことが書いてある。。。 市長とか、本社のトップとかとニアミスするような仕事で、正直お腹が痛くなりそうです・・・。


【5位 仕事中の模様が新聞に載ってしまう(いつのことかはヒミツで)】

 新聞に名前を載せるというのは、難しいようで、やろうと思ったらできないことでもないはずなんです。あっ、なにかどでかい悪事を働くというのはなしですぜ(笑)。とりあえず産まれたときと死んだあとに、赤ちゃんの欄とおくやみ欄に名前を載せることができるはず。あとはわたしの場合、長男で世帯主なので、父が死んだ時の喪主の名前としても載ったことがあるし、3人の子どもの父として計3回載ったこともある。結婚の欄にも名前を載せたことがある。あと仕事の性質上、定期的に新聞に名前が載りやすい人でもあるんです。ただしどれも、地方限定ですがね。

 これにさらに、顔写真入りで名前を載せようと思うなら、別の事業部の幹部になるとかして、最終的に退職する時にも載るかもね。ただわたしの事業部だと、写真で載ることはないだろうな。載ってみたい(正しくは別の事業部に移りたい)とは思うけれど。

 ところが、新聞に載ってしまったんです。どんなふうに載ったかはちょっと、ヒミツですがね。人生初の経験じゃないかと思います・・・。


【4位 社内コンペで1位を取る(これまたいつのことかはヒミツで)】

 まぁ見ての通りのものです。受賞はたいへん名誉なことではあるのですが、どのようなコンペで、どうやって1位を取ったのかについてはちょっと恥ずかしくて書けないなぁ。わたしの正体が・・・ってのもあるし。でも、なかなか取りたくても取れる賞ではないので、4位なのです。


 なんだか仕事関係の話ばっかりの気がするなぁ・・・。3位から1位までは、31日に書きます。
posted by てつりん at 21:38| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

粗食の宴を始めよう!?

 姉のインフルのこともあって、事実上昨日の午後から年末年始休みになっちゃっているので、早速大掃除を始めることにしたのでした。

 まずは1年分のホコリをたっぷりと吸い込んだセントラル換気システムを・・・。と思ったけれどちょっと待てよ。そう思って開けてみたのが床下収納。変なゴミが落ちてたりするので、中身を全部出して、箱を外して、水拭きまでしました。10年ぶりくらいかな? 工事やメンテナンス用の地下通路まで拝めたのは。
2017122801.jpg

 続いてセントラル換気システムの掃除を。写真がないのは撮り忘れたのと、あまりに汚すぎるからの両方かな。うちではまだ見たことがないけれど、内部のフィルターに、見たことのないような虫が引っかかって死んでたって話を聞いたこともあるなぁ・・・。

 仕上げは誰もが忌み嫌う、レンジフードの清掃。でもうちの場合、たぶんさとがマメに掃除しているからか、汎用のフィルターを外して捨てて、枠を洗って、別のフィルターを付けてもと通り。これまた写真がないんですけどね。

 ところで床下収納から、ものすごい量の災害用食品が出てきました。ところがこれ、全部賞味期限切れ。切れてる時期はいろいろなれど、最古のものとしては2014年4月に賞味期限が切れている災害用のサクマ式ドロップス。姉に、小学校に入って間もないころのことだと説明したら、顔がひきつってました。あとは去年の夏に切れているアルファ米かな。あすは被災地のことを思いながら、粗食の宴をしようかと思います。
2017122802.jpg

 なおうかつなことを書いて炎上したら困るので丁寧に補足すると、「被災地のことを思いながら開く粗食の宴」とは、災害用に買ったにも関わらず災害のことも忘れて備蓄用食品の更新を怠り賞味期限切れを起こしたという愚かさを反省するために、あえてそれを食べることで被災地の大変さを実感し、改めて災害への備えを万全なものにしようという趣旨のものであります。さかのぼり更新だから書けちゃう結末ですけど、翌日のうちに多くがおいしく消費されていきました。
posted by てつりん at 21:35| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

2017年10大ニュース(10位〜7位)

 毎年恒例のアレってやつですな。2017年に何があったかを振り返り、なんとなくそれっぽく整理しておこうというお時間でございます。

 これを書くために例年だと、ここをせんぶ読み返して、さらには手帳も中身を全部見返して、それらしきものを思いつくままにリストアップします。で、そのリストから、インパクトのあるものとか重要度の高いと思われるものとかの順に、独断と偏見と思いつきで順位をつけていくのです。で、ついたと思っても、しばらく熟成という名の放置プレイ。これで行けると思うところまで来るのに1〜2週間かかったりするものなのですがね・・・。

 今年に関しては、記憶という名の思いつきだけで仕上げてしまいます(笑)。いちいち読み返したりしてません! それだけすることが多く、ゆっくりと過去を振り返るヒマがなかったのかもしれません。その証拠に2016年は、月に0本というのが1回だけあったけど、あとの11か月はすべて2ケタ本数のアップだった。ところが今年は、月に0本というのはさすがになかったとはいえ、月間で1ケタ本数のアップにとどまったのが2、5、9、11月の4回もあった。そんな2017年を、きょうは10位から7位まで振り返ってみたいと思います。


【10位 京都の鉄道博物館に行った(5月)】

 よかったですよ。でもねぇ、ちびっ子と見て回る楽しさはあるけれど、大人だけで見て回る楽しさもあるなぁ。一応後者の代表的なものとして、日本国有鉄道からの引継書(ただし原本とはちょっと違う)というものがあって、それだけは全文読んだ。写真を撮ったつもりでいたんだけど、撮ってなかったみたいなのが悔やまれる。なかなかの名文だと思いますよ。

 ちなみにてっぱくはとってもよかったんだけど、それを差し置いて今でも語りぐさになるのが、道中のあるところで食べたご飯がとてつもなくまずかったということです。水が悪いのか、それとも米が悪いのか。何をどうしたら、そこまでまずいご飯が炊けるのかという話題に登ることが今でもあるのです。


【9位 帝国劇場に行ってきた(12月)】

 タイトルに下線部があるものは、クリックすると当時の記事に飛べるんだけど、これは書いてないってことですな。

 ユーミンの帝劇というと、個人的には第1作目の「8月31日 夏休み最後の日」の印象が強くてねぇ。まずは貫地谷しほりの演技が見事。実は最近、BSプレミアムでやってる昔の大河ドラマ「風林火山」を見てるんだけど、これの最初の方に、全体で見ればあっという間に死んじゃうんだけど重要な役で、まだそれほど有名じゃない頃の貫地谷しほりが出ています。わたしはそれを見て、まだ存在を知らなかった貫地谷しほりという女優のすごさを知ったんだ。それからの彼女はもう、あれよあれよと誰もが知るような女優に、予想通りなっちゃった。

 そんな貫地谷しほりの演技がすごい。あと、「Anniversary」をそう使うのか、そういう解釈で用いるのかという意味で驚かされた。あれ?結局、今回の帝劇の話はしてないけど、そのうち書くってことなのでしょうか(爆)。


【8位 全国フェスに行ってきた(11月)】

 まぁ、仕事系の大会に行ってきたのです。大枠では全国からお客さんを集めて、そのお客さんの前でライブ(よく使う隠語)を1本演って、さらに反省会とか、本社筋から来たような経験豊富なお方からの助言という名のダメ出しまで頂いて終わるというものなのですが、その観客の数が1本につき数百人単位って、ちびっちゃうよね。観客の数が多すぎて、いつも使うようなライブハウスでは入り切らないから、特設会場で。

 あんまり書いちゃうと、わたしの正体がバレバレになっちゃうのでこのへんで。おまけの、お楽しみの部分なら、そのうち断片的に書くかもね。でも、このフェスで見聞きしたことを踏まえて、今年から手帳に書くようになった「そのうち行きたい場所リスト」に、安来市のとある美術館が追加されることになったんだ。あと、こういうイベントの存在意義ということについて考えさせられるきっかけにもなったので8位なのです。後ろ向きな方向で考えさせられたわけではないですよ。


【7位 何度も同じところに行った】

 奈良に2回なんですけどね。これがまた、どっちも仕事でだったのです。まぁわたしの仕事って、解釈によっては仕事と遊びの境界が不明瞭な部分はあるので、仕事で2回も奈良に行ったからといって、必ずしも辛いものではなかったのだな。

 これまた多くは書けないけれど、1年の間に2回も、同じ場所に行くことってあっただろうか。ましてや仕事でともなると、これまでなかったことだったので7位なのです。
posted by てつりん at 18:20| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

おみくじ披露の時間

 おみくじが当たっているのかどうかなんて普通は気にしないし、そもそも記憶に残るか残らないかのうちに、結んでしまうじゃない? ましてやあとで検証なんてしない。ところがそれをあえてやってしまおう!というのが今回のテーマでございます。去年気がついたんだけど、かれこれそんなことを10年以上もやってるんだから、しょうもないことやってるよね。そんなわけで、まずは去年の初詣で引いたおみくじをひっぱり出して、検証を始めます。なお去年は小吉だったようです。

 「見かけ倒しの運勢で、人に羨まれるほどには中身がよくない時である」。う〜ん、人から羨まれていたのかはわからないけれど、まぁなんか一目置かれるようなことは多かった気がするなぁ。かといって、一目置かれるに値するものが自分自身としてあったかどうかというと、微妙。悪かったわけじゃないけど、羨まれるほどによくもなかった。まぁ、普通でしたね(笑)。今思うと、「今の運勢は、遠くの見透しのつかないのが欠点であるから、軽はずみせず、諸事手固くするよう心掛ければ吉になる」ってのが、なかなかいい線いってたなぁと思います。どうすればいいのか、どうなるのか、わからないままなんとかやって来たことが、まぁ終わってみれば1年間まずまずだったよという総括に至れるのでしょう。

 願事ですがね。「表面だけで中味がないように先方から思われ、不信の点で望みが達しない」のだそうです。まぁ確かに、転職活動は成功しませんでしたし、その件については当分封印せざるを得ないことになってしまいました。同じようなことは、職業のところでも、「求職は障りがあってすぐには達しない」とのことで、見事な的中かと思います。

 意外だったのが売買で、「勘定合って銭足らずの時。外に求めるよりも内の整理が大切」とのことでしたが、なかなかいい感じで投資を始めることができたので、まぁよかったのかも。そういうことにお金を使えるくらい、内の整理をしたからってことかもしれません。これまでだったら、もらったらもらっただけ使っていたのでね(笑)。

 あとは旅行。そこそこの距離感のところへ、よく行ったな〜という感じがしますが、「近ければ吉。遠い旅行は障りがあり易い。旅先では質素第一」とのことでした。しばしば車中泊をしていた記憶がありますが、それを質素第一と言わずしてなんというのか(笑)。先日だって東京まで行ってきたけど、その気になればデミオでだって車中泊ができることがわかったので、いろいろと工夫してもっと快適な車中泊環境を考えてみたいと思いますね。


 ではでは、今年引いたおみくじの抜粋もしておきますか。あっているかどうかは、来年の今頃に検証される予定です。

 ところがねぇ・・・、このおみくじ、実は数年前に引いたものとまったく一緒だったという・・・。2013年に引いたものと、まったく一緒なんですよ。末吉なんだけど、せっかくだからどんなのだったか書いておきますか。

 「厳寒の時に雪や氷に道が塞がれて通行し難いという運勢であるから、妄りに進めば難みがあり、暫く待てば雪や氷も解けて吉運に廻り逢うだろう」とのことで、すでにかなり暗い感じなのですが、「それも、一度ならず幾度かの苦難に出遇い、手の施しようもなく、行き詰る時だ」そうで、どうも相当暗そうですな。「窮境(くるしみ)を逃れようとあせればあせるほど、泥沼に足を入れたように益々動けなくなる」そうなので、下手にジタバタせずにぼちぼち行くのがいいのかな。自分の力ではどうにもならないことくらいあるよねってことくらいは、わかるようになったと思うし、そう言って逃げ出すくらいのこともできるようになったと思うし。「難みが強ければ強いほど後に吉利を得ることを考えよ」というのは、まさに末吉って感じです。「五ヶ月もすれば悩みも解けて吉に向かう」そうなのですが、それって今から5ヶ月なのか、それとも今後とんでもない悩みに遭遇してから5ヶ月後なのか。困ったねぇ。

 各論の部分に目を向けると、願事は「時が来なければ、今すぐには望みも達しない。望みを捨てずに時節を待ち、目上の智恵を借りるがよい」そうですが、今年もよい年でありますようにと無難なお願いをしたので、ぼちぼち行きますよ。職業も「思うように進めない時だ」とあるので、まぁ大変なことになるとすれば仕事上でのことかと思います。「あせったり無理せず、仕事に忠実に怠らずに時機を待て。暫くすれば目上や友達が助けてくれる」そうなので、今年頂いた会社の人からの年賀状は大切にしたいと思います(笑)。実は7日になって会社の人から1枚届いたのに全部使い切っちゃって、お返事が書けないんだけど、そのうちちゃんと寒中見舞いでも書くことにします。あとは旅行。「出かけるには全く不適当の時・途中障りがあり易い」そうで、去年から検討している北海道行きだって「西南は吉。東北は凶」ときたもんだ。まぁ、方違(かたたがえ)といって、北海道(東北というか、北東の方角)に行くにあたって、南東の羽田から北海道に向かえば問題ないでしょう。ちなみに来月、南西方面へのそれこそ数年ぶりか初めてかくらいのスケールの、かなり大規模な出張の予定があるんです。いい出張になりそうかな!?

 さて、雪や氷に阻まれるような困難はやってくるのでしょうか!? まぁ、末吉ってくらいのほうが、いい1年にしてみせるという気概も出せていいものですよ。ちなみにこの神社で大吉なんて見たこともなくて、何年も前に大吉を出して、ガッツポーズを出して騒いでいる人がいたのもわかるな〜ってくらい大吉は貴重だと思うんだけど、なんとよっしーが大吉を引き当てています。すごいねぇ。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

初詣に行ってきました

 今年も初詣に行ってきました。正月からクルマに乗るのって、実はあんまり好きではないので、できるだけ公共交通機関で。人が正月に休むように、クルマも休めばいいと思うんです。うちの場合、毎日乗っているからそう思うってのもありますけど。

 というわけで駅まではクルマで行きますが、途中から電車に乗ります。なおわたし個人としては、CRプレマシーからDJデミオに乗り換えましたが、わたしが新しくなったセカンドカーに乗っているだけのことなので、うちの旗艦はこれまで通りCRプレマシーです。実家の母も乗せて、さらには駅で妹家族と待ち合わせ。

 乗ったのはこの車両。かつては東急線で活躍していたらしいです。
2017010101.jpg

 終点の駅からバスに乗り換えて、
2017010102.jpg

 つい先日もデミオで来たような気がする、通称白山さんへ。それにしてもいい天気だ。どんなくじを引いたのか、去年の初詣で引いたくじはどれくらい当たっていたのかを検証する、例年お決まりの企画については、また後日。
2017010103.jpg

 ちなみに去年は5000円払って、総勢10人くらいでまとめて家内安全を願って、正月らしい特別感とコスパの高さ(お神酒とか、いろいろもらえたりした)に感動した記憶があったので、今年もこれでと思っていたら、どうも事情が違ったみたいです。なんでも去年はわたしの後厄とまとめてやったためにそうなったのであって、今年は5000円も用意してそんなことをする予算を立ててないと。

 初詣の後は、母の強い希望により、石川県民のソウルフードとされるラーメン屋へ。そして実家に行き、特に何をするでもないぐうたらな時間を過ごして帰ってきたのでした。
posted by てつりん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする