2017年01月09日

おみくじ披露の時間

 おみくじが当たっているのかどうかなんて普通は気にしないし、そもそも記憶に残るか残らないかのうちに、結んでしまうじゃない? ましてやあとで検証なんてしない。ところがそれをあえてやってしまおう!というのが今回のテーマでございます。去年気がついたんだけど、かれこれそんなことを10年以上もやってるんだから、しょうもないことやってるよね。そんなわけで、まずは去年の初詣で引いたおみくじをひっぱり出して、検証を始めます。なお去年は小吉だったようです。

 「見かけ倒しの運勢で、人に羨まれるほどには中身がよくない時である」。う〜ん、人から羨まれていたのかはわからないけれど、まぁなんか一目置かれるようなことは多かった気がするなぁ。かといって、一目置かれるに値するものが自分自身としてあったかどうかというと、微妙。悪かったわけじゃないけど、羨まれるほどによくもなかった。まぁ、普通でしたね(笑)。今思うと、「今の運勢は、遠くの見透しのつかないのが欠点であるから、軽はずみせず、諸事手固くするよう心掛ければ吉になる」ってのが、なかなかいい線いってたなぁと思います。どうすればいいのか、どうなるのか、わからないままなんとかやって来たことが、まぁ終わってみれば1年間まずまずだったよという総括に至れるのでしょう。

 願事ですがね。「表面だけで中味がないように先方から思われ、不信の点で望みが達しない」のだそうです。まぁ確かに、転職活動は成功しませんでしたし、その件については当分封印せざるを得ないことになってしまいました。同じようなことは、職業のところでも、「求職は障りがあってすぐには達しない」とのことで、見事な的中かと思います。

 意外だったのが売買で、「勘定合って銭足らずの時。外に求めるよりも内の整理が大切」とのことでしたが、なかなかいい感じで投資を始めることができたので、まぁよかったのかも。そういうことにお金を使えるくらい、内の整理をしたからってことかもしれません。これまでだったら、もらったらもらっただけ使っていたのでね(笑)。

 あとは旅行。そこそこの距離感のところへ、よく行ったな〜という感じがしますが、「近ければ吉。遠い旅行は障りがあり易い。旅先では質素第一」とのことでした。しばしば車中泊をしていた記憶がありますが、それを質素第一と言わずしてなんというのか(笑)。先日だって東京まで行ってきたけど、その気になればデミオでだって車中泊ができることがわかったので、いろいろと工夫してもっと快適な車中泊環境を考えてみたいと思いますね。


 ではでは、今年引いたおみくじの抜粋もしておきますか。あっているかどうかは、来年の今頃に検証される予定です。

 ところがねぇ・・・、このおみくじ、実は数年前に引いたものとまったく一緒だったという・・・。2013年に引いたものと、まったく一緒なんですよ。末吉なんだけど、せっかくだからどんなのだったか書いておきますか。

 「厳寒の時に雪や氷に道が塞がれて通行し難いという運勢であるから、妄りに進めば難みがあり、暫く待てば雪や氷も解けて吉運に廻り逢うだろう」とのことで、すでにかなり暗い感じなのですが、「それも、一度ならず幾度かの苦難に出遇い、手の施しようもなく、行き詰る時だ」そうで、どうも相当暗そうですな。「窮境(くるしみ)を逃れようとあせればあせるほど、泥沼に足を入れたように益々動けなくなる」そうなので、下手にジタバタせずにぼちぼち行くのがいいのかな。自分の力ではどうにもならないことくらいあるよねってことくらいは、わかるようになったと思うし、そう言って逃げ出すくらいのこともできるようになったと思うし。「難みが強ければ強いほど後に吉利を得ることを考えよ」というのは、まさに末吉って感じです。「五ヶ月もすれば悩みも解けて吉に向かう」そうなのですが、それって今から5ヶ月なのか、それとも今後とんでもない悩みに遭遇してから5ヶ月後なのか。困ったねぇ。

 各論の部分に目を向けると、願事は「時が来なければ、今すぐには望みも達しない。望みを捨てずに時節を待ち、目上の智恵を借りるがよい」そうですが、今年もよい年でありますようにと無難なお願いをしたので、ぼちぼち行きますよ。職業も「思うように進めない時だ」とあるので、まぁ大変なことになるとすれば仕事上でのことかと思います。「あせったり無理せず、仕事に忠実に怠らずに時機を待て。暫くすれば目上や友達が助けてくれる」そうなので、今年頂いた会社の人からの年賀状は大切にしたいと思います(笑)。実は7日になって会社の人から1枚届いたのに全部使い切っちゃって、お返事が書けないんだけど、そのうちちゃんと寒中見舞いでも書くことにします。あとは旅行。「出かけるには全く不適当の時・途中障りがあり易い」そうで、去年から検討している北海道行きだって「西南は吉。東北は凶」ときたもんだ。まぁ、方違(かたたがえ)といって、北海道(東北というか、北東の方角)に行くにあたって、南東の羽田から北海道に向かえば問題ないでしょう。ちなみに来月、南西方面へのそれこそ数年ぶりか初めてかくらいのスケールの、かなり大規模な出張の予定があるんです。いい出張になりそうかな!?

 さて、雪や氷に阻まれるような困難はやってくるのでしょうか!? まぁ、末吉ってくらいのほうが、いい1年にしてみせるという気概も出せていいものですよ。ちなみにこの神社で大吉なんて見たこともなくて、何年も前に大吉を出して、ガッツポーズを出して騒いでいる人がいたのもわかるな〜ってくらい大吉は貴重だと思うんだけど、なんとよっしーが大吉を引き当てています。すごいねぇ。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

初詣に行ってきました

 今年も初詣に行ってきました。正月からクルマに乗るのって、実はあんまり好きではないので、できるだけ公共交通機関で。人が正月に休むように、クルマも休めばいいと思うんです。うちの場合、毎日乗っているからそう思うってのもありますけど。

 というわけで駅まではクルマで行きますが、途中から電車に乗ります。なおわたし個人としては、CRプレマシーからDJデミオに乗り換えましたが、わたしが新しくなったセカンドカーに乗っているだけのことなので、うちの旗艦はこれまで通りCRプレマシーです。実家の母も乗せて、さらには駅で妹家族と待ち合わせ。

 乗ったのはこの車両。かつては東急線で活躍していたらしいです。
2017010101.jpg

 終点の駅からバスに乗り換えて、
2017010102.jpg

 つい先日もデミオで来たような気がする、通称白山さんへ。それにしてもいい天気だ。どんなくじを引いたのか、去年の初詣で引いたくじはどれくらい当たっていたのかを検証する、例年お決まりの企画については、また後日。
2017010103.jpg

 ちなみに去年は5000円払って、総勢10人くらいでまとめて家内安全を願って、正月らしい特別感とコスパの高さ(お神酒とか、いろいろもらえたりした)に感動した記憶があったので、今年もこれでと思っていたら、どうも事情が違ったみたいです。なんでも去年はわたしの後厄とまとめてやったためにそうなったのであって、今年は5000円も用意してそんなことをする予算を立ててないと。

 初詣の後は、母の強い希望により、石川県民のソウルフードとされるラーメン屋へ。そして実家に行き、特に何をするでもないぐうたらな時間を過ごして帰ってきたのでした。
posted by てつりん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 年頭にあたりまして

 あけましておめでとうございます。本年もさときん帳ならびに、面識のある方においては中の人の方も、なにとぞよろしくお願いいたします。また、ここをご覧の方々にも、いいこと満載の2017年でありますように。

 さて、うちではいつからなのかわからないのですが、年長者から今年の抱負を語らされることになっております。にも関わらず、そういうことを例年忘れていて、いきなり振られて慌てて何か発言して、とんでもないことを言ってしまうこともあるんだ。というわけで、おせちやお雑煮を食べながら、語るハメになった今年の抱負です。ちなみにさとがメモしたものをそのまま写しております。

・てつりん  今年はやせます ※今年度(2016年4月以降)は、じわじわやせてきています
       仕事をがんばって早く帰る まぁ、段取りよく仕事のできる人になりたいですな
・さと    ※悩んでいたので、「4人目をがんばる」とわたしが横槍を入れて苦笑されました(爆)
       家計の正常化 こどもとあそぶ
・みっちゃん 3年生がんばります
・なっちゃん 1年生がんばります
・よっしー  でんしゃがんばります

 終わりの方の人たちは何をがんばるのかよくわかりませんが、とりあえずがんばるみたいです。まぁ、そのよくわからないがんばりというものは、わたしの場合におけるやせる宣言のようなものなんじゃないかと思ってしまったりもします(笑)。
posted by てつりん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

大掃除からの〜、

 うちの会社はきょうが仕事納めなのですが、先日の土日出勤に絡んで珍しく代休がいただけるということで、きょうを代休にしました。もう1日は来年の4日にして、長い年末年始休みを満喫したいと思います。

 とはいっても、働かざる者食うべからずのてつりん家。外で仕事納めだったとしても、家の中ではちっとも仕事納めではありません。ということで、ちびっ子の保育園やさとの通勤で送って行ったあと、年末らしいあれやこれやをしてきました。

 まずは洗濯を2回。同時進行で1階の掃除をしていきます。ソファーをばらしてカバーも洗濯して、隅々までホコリを掃除機で吸い取っていきます。いろんなものが発見されました。ほかには、年に1回しか掃除しないセントラル換気システムの解体清掃とか。
2016122801.jpg

 下の白いのが、新しくなったフィルター。自作ですけどね。そして上のゴミ袋の中にある、熟成されきった雑巾のような色をしているのが1年間使った自作フィルター。恐るべき汚さです。このへんでドタバタして深呼吸すると、喘息とか気管支炎とかになれそうな汚さです。
2016122802.jpg

 途中、金融機関に行って金策に奔走したり、ズボラすぎて今頃半袖ワイシャツをクリーニングに出しに行ったり。よっしーのおむつの安売りにも行ったし、お正月のしめ飾りも買ってきた。

 大掃除の定番、換気扇の掃除もバッチリ?です。もっときれいにできたと思うんだけど、とりあえずわたしが、毎年恒例でやっていることは終わらせました。
2016122803.jpg

 で、そうやって一生懸命働いて何をするかといいますとですね・・・、
2016122804.JPG

 今から、ちょっくら東京まで行ってきます。新しいデミオに乗りたいだけじゃないのかという声も、さとからのみ挙がっておりますが、そんな不純な動機ではありません(笑)。
posted by てつりん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

2016年の10大ニュース(3位〜1位)

 年賀状はなんと、24日までに書き上げてしまい、25日の日中には出してしまいました。これってたぶん、記憶にないくらいの速さですよ。そしてあす28日はわたしだけ休みというか代休を満喫して、大掃除の主要な部分を仕上げてしまいます。もちろん家事もね。

 そんな感じで押し迫った2016年ですが、わたしにとってどんな感じの1年だったのか。いよいよ3位から1位でございます。


【3位 投資を始めてみた(3月〜)】

 直接的には書いてないけど、1月の段階で投資信託を物色しているらしきことを書いています。結局買ったのは3月だと思うんだけどね。毎月配当が出て、その配当をその投資信託の購入に回すというタイプのものを、1万円分。ちなみに配当を現金で受け取る(つまり再投資をしない)ものもあるんだけど、正直どっちがどうなのかはよくわからなかった(爆)。まぁ、身銭を切って仕組み的なものを勉強するつもりで買ったのですよ。

 さらにもうちょっと手持ちに余裕ができたので、夏に日産自動車の株を買いました。投資信託の方はジリジリ値を下げ、ひどいときには当初の80%くらいになっちゃったんだけど、気がつくと某不動産王の効果なのか、とりあえず現在では評価額上の損失はなくなった状態にあります。そして日産自動車の株なのですがね・・・、
2016122701.jpg

見えにくいですかね?なんと含み益で18%くらい、金額にして3000円くらい増えていると。これとは別に、配当までいただいているわけですから、とりあえず順調に行ったのではないかと。でも個人的には売る気がないし、1株1000円〜1100円くらいの枠内で少しずつ日産自動車の株を買い足して、配当を多くもらえるようにしていきたいと思っていたので、高くなりすぎるとむしろ困るんだよね。ちなみにこういうことを日常的に考えていると、ゴーンさんが辞めたら日産の株価ってきっと、ど〜んって下がることになるんだろうねってことを考えてしまいます。なんだかんだ言っても、カルロス・ゴーンって人は、経営者としてすごい人なのでしょう。


【2位 DJデミオがやって来た(12月)

 今思うと、プレの車検の代車でこれがやって来たことが、すべての始まりだった気がします。いつもはあの販売店、そんないい代車は貸してくれないのに(爆)。

 まだ書いてないけど、驚きの急転直下の展開で購入を決めたのです。もうねぇ、さとの思考のスピードが早すぎて、最初はついていけませんで、買っていいことを理解するまでに少し時間がかかりましたよ。そのへんのキレのある思考って部分に、さすが東大理学部出身(ウソは言ってません)ってのを感じました(笑)。

 そうねぇ、とあるレビューでは、5ドアクーペだと思って乗るのがよいみたいな趣旨のことが書いてありました。個人的にはそれも納得です。実は、どうせわたしが乗るものなんだから、ほかの人のことは考えないでロードスターに乗りたいと思っていることは何度か書いたと思います。結局、子どもの送り迎えなどもしもの時に、あと3人乗れないと困るという理由で却下されて、ディーゼルデミオならOKが出たのです。でもねぇ、デミオとロードスター、全然別のものではあるけれど、わたしがクルマに求めるものの方向性はそんなに違ってないかな。それをマツダのブランド力のすごさとも言えるのかもしれないし、5ドアクーペだと思って乗るのがよいというレビューに共感を覚えるのかと。実際のところ、ヴィッツやアクアやフィットのライバルだと思って乗ると、確かにかなり不満が出る気がします。

 いい意味でそれらのクルマとは違った世界を持っているし、悪くいうとそれらのクルマが持つ収納や広さといったわかりやすい利便性において、確実に劣ります。でも、そんなデメリットを補って余りある魅力がある。ロードスターに対して、2人しか乗れないとか室内が狭いとかいった不満を持つ人っているのかと思うのと同じように、ちょっとくらい収納が少なかろうが、ちょっとくらい見切りが悪かろうが、そんな不満はどうでもいいと思えてきますよ。


【1位 青天の霹靂?まさかの異動(3月)

 自分で自分のことを、「業界の隅々を知っている」という表現で評していることがあります。仕事上のことなので、わたしの正体がってのもあるので、多くは語らないけれど、よくもまぁあれだけいろんな事業所の勤務経験があるなと。大きなくくりにおけるうちの会社で、わたしよりたくさんの事業所経験数がある人っていないんじゃないかと思いますよ。わたしの半分の数、いや3分の1くらいの事業所経験数で、支社長にまでなって引退するような人が普通にいるくらいです。つまり、一般的な会社人生の2倍から3倍の数の事業所を、まだ会社人生の半分くらいの者が経ていると。数だけじゃなくて、事業部の数でも一番じゃないのかなぁ。出先機関だけど本社勤務のほかに、3つの事業部を渡り歩いたほか、同業他社に出されたこともある。普通うちの会社において、事業部を移ることってそうそうないんだよ。

 で、事前に異動の話を聞いたあと、さとに報告したら、「あ〜、確かにそういうところもあったねぇ」ってリアクションでした。わたしも、「まだ自分の行ったことのない系統の場所があるんだ〜」と思ったくらい。もっと長くいると思っていたのにもう異動になるのかという驚きと、行き先に対する驚きの2つがあったので1位です。今思うと、去年の振り返りの段階で、こうなることはわかっていなくても、こういう感じのことになるかもしれないくらいのことはわかっていたのかも。今思うと何かの登竜門を登らされていた、そして今も登らされているとでもいった感じかな。中途入社組であることや、その他諸々の事情もあって、意外と正社員歴は短いのにね。



 というわけで例年にない異例の速さで、今年の10大ニュースでした。今年2016年もあと100時間を切りました。わたしにとってもかなり激動の年でしたが、こうやって振り返ってみたところいい意味での大事件が多かった感じで、なかなか悪くなかったじゃないかと。来年度もよい年でありますように。ここをご覧の方にもよいこと満載の新年が訪れますように。みなさまよいお年を!

 ・・・でも、今年の書き納めではないと思いますよ。
posted by てつりん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

2016年の10大ニュース(6位〜4位)

 ちゃんと年内に書いてますよ(笑)。

 そういえば書斎の大掃除をはじめました。家中ほぼ総出で。なっちゃんが来年から小学生なので、学校関係のものを入れる場所を確保しなくてはならないということで、家を建てた際に壁一面を本棚にしてある場所があるのですが、そこの2マスを開放しようと。現在は、作業を一旦中断して、これを書いています。

2016122401.jpg
↑実際には写っている範囲の1.5倍の幅があります。

 さて、今回は、6位から4位までをいってみましょう!


【6位 何も書かなかった(2月)】

 もうねぇ、一言も発しませんでしたよ。投稿数が減る月というものはあるものなのですが、まったく何も書かなかったというのは異例のことなのではないかと。その証拠のスクリーンショットでも貼っておきますか。
2016122402.jpg

 まぁ、それだけ忙しかったのです。仕事が連日連日、大変なことになっていたはずです。当時の記憶は薄れていますけどね。それでも苗場に行って昼間っからちゃんこを食べながら飲んだり、川原湯温泉に行ったり。反動ってわけじゃないと思うけれど楽しい休日を過ごす余裕もあったんです。でもやっぱり、ここが開業して10年以上経っているのに、一言も書かないってことがいかに異例のことだったのかと思うと、もしかしたら6位でも足りないのかもしれません。でも、2016年を語る上での象徴的なできごとという意味では、インパクトが薄いので6位。だってそもそももはや、あんまり記憶にないわけですから(笑)。


【5位 に〜がたオフ+てつりん家の休日(7月)】

 そんなにオフ会に出かけているわけでもないのですが、家族総出でのオフ会ともなるともっと貴重な気がしたので5位です。初日の模様オフの内容2日目の内容の3本分で構成されております。

 そうねぇ、2人で住んでた頃は、それこそいろんな県外のオフ会に出かけていた記憶があります。15年くらい前には、お泊りのオフだってありましたし。でも、うちの住人が3人、4人、5人と増殖するに連れて、県外のオフには行かなくなりました。県外には行かなくても、県内で森林公園と千里浜のオフをやっていれば、オフがないことへの禁断症状だって出ないし。

 あとは、子どもも含むという意味での家族旅行と呼べるものって、そんなにやってない気がしたんです。去年はついでに帰省したとはいえディズニーにも行ってるし、さらに2〜3年前には姫路城や白浜のアドベンチャーワールドにも行ってるけど、子どもがいるという7年ほどの時間においては、それくらいじゃないのかな。そう思うと、なかなか貴重なひとときだったんですね。


【4位 2年ぶり9回目の苗場(2月)】

 2月は何も書かなかったのに、きちんと楽しむところは楽しんでいたという(笑)。まぁ、そういうことでもないとやってられないし、よく働きよく遊ぶってのは大切なことですよ。

 2015年の10大ニュース3位として、「苗場のない2月」というものがありました。8年間、同じ時期に同じようなことを続けているというのがすごいなと。そういう意味では途中開催されなかった年があるとはいえ、森林公園オフも千里浜オフもすごいとは思うけれど、苗場だってねぇ。だって、チケットが取れないと行けないわけだし。

 そんな2月の苗場行きが一旦途切れたとはいえ、一旦途切れたら復活させるのは難しいかも?という、根拠のない一種の恐怖心のようなものもあったんだけど、それでも行くことができたということで4位です。ちなみに来年2月のチケットは押さえてあるので、2年連続10回目の参戦となります。甲子園出場校の、「◯◯高等学校 2年連続10回目」みたいな感じだと、もう十分常連ってことですよね!? 会場の様子とか、リクエストコーナーなどを見てると、もっとすごい剛の者も確かにいますけれど。
posted by てつりん at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

2016年の10大ニュース(10位〜7位)

 今年はがんばりましたよ。だってちゃんと、年内の棚卸しを年内にやってます(笑)。年が明けてから、前の年を振り返るようなことはしません。

 さて、年末の恒例となりました個人的10大ニュースを披露するお時間でございます。この歳になってしまうと何となく過ぎていってしまうような1年を、あっという間に過ぎていってしまいその速さが加速度的に増していく気がする1年を、せめて少しはじっくりと振り返ってみます。きょうは10位から7位までを紹介です。下線部のあるタイトルをクリックすると、当時の日記に飛びます。


【10位 おこづかい増額(11月)

 自分の収入が全額自分のおこづかいでなくなってから、初めての増額でした。あったらあった分だけ使ってしまうのがわたしのまずいところで、収入を全額おこづかいにできてた頃、ちっとも貯金できなかった。そうねぇ、最初の頃はガソリン代とかランチ代に消えていった気がするし、ある時は生活費に、またある時はデート代に消えていったのでしょう。ちなみにその間、さとはわたしの貯めた額の20倍を貯めていたんだからすごい。その大金はいろいろあってあっという間に消えていったにも関わらず、さとの20分の1しか貯められなかったわたしの分は、今でもきっちり銀行口座に残ってるんだから笑っちゃうよね。無駄遣いしないよう気をつけます。


【9位 家がよく壊れる(3月頃)】

 新築だったとはいえ、10年以上も住めば立派な中古住宅です(笑)。ということで換気扇やブラインドが壊れて修理してもらったという話が掲載されています。消耗品みたいなものだから、それはそれでやむを得ないと思います。

 それよりも気になっているのが、入居当初から電球が切れたらどうやって替えるんだろうねぇと思うような場所にある照明器具の電球が切れています。どれくらい大変かというと、4個のうち1個でも切れたら、電気工事屋さんか何かを呼んだうえで、まとめて替えてもらおうと思っていたくらいです。結局まとめて交換の話は立ち消えになったのですがね。


【8位 小田和正ライブ+岐阜、三重の旅(5月)】

 岐阜城を攻めてきた話四日市名物のトンテキを食べてきた話ライブを観た話、あとは書かなかったみたいだけど伊賀上野に行った話とか、お嬢様聖水を買った話もあった気がします。

 「◯◯県をしゃぶりつくそうツアー」みたいな企画を考えようとしたことがあるんです。例えば三重県だったら、鳥羽水族館とか伊勢神宮とかには行くけれど、じゃぁそれ以外って何があるんだろうと(三重県関係の方ごめんなさい)。でもそれは、知らないだけのことであって、ちゃんと足を運んで探したらおもしろいところがたくさんあるじゃないかと。結局しゃぶりつくそうツアーは企画の方向性だけで、実行したことはないけれど、やっぱりいろいろと行ってみたいなぁと思うのでした。


【7位 イエモンのライブ+福島県の旅(8月)】

 福島県を観光し、イエモンのライブを観て新津鉄道資料館に行ったのです。途中オフをしたりというか鉄道資料館に行ったことがオフなのですが、あとは旧車イベントに偶然遭遇したりもしています。

 こう考えると今年はライブに関する遠征が多かったみたいです。本来は福島公演に行く予定がなかったのに、仕事の都合でどうしても神戸公演には行けなくなって、そんな事情の上での福島公演だったのですがね。何年も前から行きたいと思っていた大内宿にも行くことができて、とっても満足でございます。

posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

今年も準備をはじめました

 うちで胃腸炎なのか、よくわからないものが流行っています。きょうもなっちゃんが保育園に行けるのかと思いきや、結局休むということがありました。みっちゃんは下痢で大変だったことがあるし、わたしも日曜日の勤務中に、猛烈にお腹が痛くなりトイレに2回行きました。たぶんそれは、う◯こがたくさん溜まっていただけで、その後なんともなかったのですがね。

 さて、気がついたら今年もあと3週間ですよ。ということで、ちょこちょこと年末年始の準備を始めております。どんなことをしているかといいますとね・・・、

・ここの今年の投稿分を全部読み返す → 今年の10大ニュースを発表する準備
・年賀状のデザインを決めて、発注した

いまのところはとりあえずそれくらいです。手帳を読み返すというのも、今年の10大ニュース発表の準備としてやりたいところです。それで思ったんだけど、個人的には今年はまれに見る大豊作というか、大事件多数の予感がします。あっ、どちらかというといい方の大事件ね。あとは、着てない服の大処分とかもやりたいなぁ。代休を取らなくてはならないので、仕事納めを1日前に、仕事始めを1日あとにしたから、年末にそういうことをする時間はあるはずなんだ。着なくなった服ってそのうち着ると思って捨てないんだけど、結局のところ着ないんだよね。
posted by てつりん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

清い年始の過ごし方

正月休みは3日まで!という方、お仕事ごくろうさまです。
さとは、会社の方針により4、5もお休みっす。といっても、年休使うんだけどね。

で、せっかくの正月休み!だらだらネットしたり本読んだりって、これじゃいつもの土日と変わらないじゃないかというわけで、一念発起して始めたのがUNO(爆)
とりあえず、いろいろな地方ルールがあると思うんだけど、UNOに付属していた公式(?)ルールで。
すなわち、重ねなし、ワイルドやドロー4などでのウノ、上がりOK、点数制(残った手札で点数をつける)です。

2人でやって面白いの?と思うかもしれないけど、面白いんですよ〜。いろいろ作戦立てて、腹の探りあいしてね。
例えば、Skipなんかは自分が連続して出すことになるので、Skipが3枚ぐらいあって、さらに同じ色のカードを1枚持ってたりすると、「Skip、Skip、Skip、ウノ、上がり」なんてことができたりして、かなり爽快(笑)
ワイルドも上がりのために残しておいたりすると圧倒的に有利なんだけど(何色が出されても上がれるからね)、先に上がられてしまった場合なんかには50点という高得点になってしまうので、負けそうな雰囲気になってきたときなんかは、その見極めが重要。

というわけで1/1から三夜連続UNO大会を実施した結果。

1/1 10回戦  さと 2(417) - 8(165) てつりん○
1/2 15回戦 ○さと 10(275) - 5(430) てつりん
1/3 30回戦  さと 13(869) - 17(819) てつりん○

てつりんの2勝でした。たまには、お酒飲みながらUNOとかいかがでしょう?
だんだん、カードを切る手つきは怪しくなってきたりするけどね^^;
posted by てつりん at 03:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

2006 勝手にランキング【音楽部門】

大晦日は、おいしいお酒を飲みつつ1年を振り返ったりするんだけど、今回は、いろいろ部門を決めて勝手にランキングつけてました。

そして、勝手に発表します(笑)
続きを読む
posted by てつりん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

年頭あいさつ

 あけましておめでとうございます。今年はいろんな意味で、もう少しマトモな1年でありたいと思いますし、そのために精進いたします。なにとぞよろしくお願いいたします。そしてここをご覧のあなたも、ご覧ではないけれど面識あるあなたにも、よいこと多数の2007年でありますように。


年末年始にしていたこと

 例年通りいつもの店に行って飲む。日付が変わったのを見届けて駅まで歩いて電車で初詣へ。去年よりも電車の乗客が少ない気がする。そして車窓から見える赤いテールランプの列が、いつもより長い気がする。毎年のことだが渋滞にいらだつ(?)奴らを見て、車窓から心の中でざまぁみろとつぶやくのが気持ちいい(笑)。
 到着した神社は通り道が制限されて、各地に警察官が多数。ディズニーのアトラクションのように、6列に並ばされて待たされ、しばらくしてゲートが開いて、参拝できるという状態。いつもと違う物々しさに驚いたが、いつもよりも少し早い時間だったために警戒が厳しかった感じ。参拝→おみくじ購入→古い破魔矢やお札を奉納→新しい破魔矢を買うの順のあと、来たときと同じように電車で帰る。
 その後昨年と同じように駅からバスで移動し、さとの熱烈な希望により新春初スタバ。飲んだあとは家まで1時間ほどの道のりを歩く。そして14時まで寝てました。


引いたおみくじの内容
 
 参考までに昨年のものを載せておきます。今読み返すと「妨げがあってうまくいかない」とか、「男が病身になる」とか、おそろしい的中率でしたね。「雨が降りそうで降らないときだが、・・・辛抱していればついには降るだろう」というのは、仕事のことを指していたのでしょうか。
 ことしは吉。新聞記事によるとわたしの行く神社では吉を入れていないと書いてあったのですが、ニセモノをつかんでしまったのでしょうか。でも「運勢盛大に向う時である」と書いてあるので素直にうれしい。まぁ落ちるところまで落ちたのでしょうから、どこへ向かおうと運勢盛大かと思いますが。「夜が明けて太陽が地上に輝やくよう、今までの苦労が解けてこれから幸福に恵まれる」そうです。
 何かと気になる仕事に関しては、「目上に従順にして、仕事を忠実に努めれば、引き立てられて地位も昇進し、名誉も得られる」とか、「上長の引立で栄達出世するとき」とかなんだって。もうたまりませんね(笑)。でも「調子づいて無理押しすると頓挫する」とか、「進む事ばかり知って退く事を知らぬ者は凶災あり」、「人に対し驕り高ぶる者も凶である」、「只休まぬ努力が必要だ」など、調子に乗るなという趣旨のことも多数書いてありますので、その点は気をつけたいと思います。


初夢の内容

 定義によると元旦から2日の朝にかけて見たものが初夢らしいのですが、それは普通に寝た場合、時間的に大晦日なのか元旦なのかの区別が明確にならないからなのでしょう。というわけで元旦の午前5時から、午後2時までの間に見た夢は間違いなく元旦の夢なのでしょうから、ここではその時に見た夢を初夢として紹介しておきます。
 国道(たぶん長野県内、国道18号の上田市付近だと思う)を、自宅方向に向かって小型バス(古いシビリアンだった)で作ったキャンピングカーで走っていた。乗っているのはわたしを含めて3人(さとはいない。男の子が1人乗っていた)。途中左に曲がり、踏切を2つ越えた。2つめの踏切では上から朽ちた梯子が垂れ下がっており、その梯子が運転しているわたしの顔にぶつかった。痛かった。
 上記の内容で、ここに行って占ってきました。結果は以下の通り。「あなたの夢は、全てが順調で、思った通りに世界が広がっていく事を表しています。長年の夢がかなったり、努力が認められたりします。しばらくの間は満足感一杯の穏やかな日々が続くでしょう。もしやり残していることがある人は、早いうちに片付けるようにしてください。せっかくの幸運が逃げてしまいますよ。」
 なおさとはこの話を聞いて、よほどキャンピングカーが欲しいのかと思ったらしい。いや〜、そこまでではないです。そういえばこれとは別に、シンナーを吸っている教え子か何かを追跡して、吸っている現場を押さえて指導するために、自宅に踏み込もうとする夢も見た。怖いのでこれは診断してません。
posted by てつりん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

2006年 てつりん的10大ニュース(1位〜3位)

 大掃除もおおむね終了、年賀状も出しました。例年まれに見るハイペースです。あとはプレファンの更新ができればいいですね(笑)。

3位 よく本を読みました

 入院した6月以降、特によく読みました。ヒマだったからと言うのもあるけれど、基本的に本を読むのは嫌いではないんだなと再認識させられました。
 入院当初はいつも買っているような雑誌を読んでいたんだけど、だんだんいろんなものを病床から取り寄せるようになり、見舞客のおみやげとして持参された本も読むようになり、さらには見舞客の持ち込んだものを買い取ったりするまでに至りました。退院後も満足に体が動かないわけですから、入院生活の延長的に本を読むようになったというわけですな。
 思いつくままに読んだものを。仕事関係としては発達障害と子どもたちとか、授業づくりで変える高校の授業とか。特に後者は、はじめて買ったこの手の本。高校の本って珍しいんだよね。10大ニュースの第9位とも関係する部分だと思う。
 地理関係では世界で一番おもしろい地図帳とか、世界で一番気になる地図帳とか。あと以前購入したけど、積ん読になっていた国マニアも、このときに読破した。
 歴史関係だとこれまた積ん読になっていた江戸の刑罰。あとNHK教育でも取り上げられた武士の家計簿。このへんではベストセラーにもなってたなぁ。あといただきものの戦国武将名言録も読んだ。
 そのほかレポートのためにやむなく読んだものとして、アウグスティヌスの告白。上巻は放蕩三昧の青年時代を語る感じで、一種の西洋風大河ドラマみたいでおもしろいんだけど、下巻はさっぱり(爆)。カントの実践理性批判も読むハメになったけど、これまたさっぱり理解不能。しかも実際に読むべきだったのは、純粋理性批判の方だったということを、レポートを書く段階になって知ったというオチがつく。
 どれにも属さないものとしては、とりあえず1冊だけ。世界の日本人ジョーク集。とにかくたくさん読みました。えっ!?少ない?


2位 夜会を見る(5月)

 中島みゆきのライフワークとも言われる夜会。見たいと思いながら、チケットはかなり入手が難しいこと、さらには年末年始に東京というのがスケジュールの調整がつきにくくて見ていませんでした。これをファンクラブ会員さとの特権を活用し、また今回からは大阪でも公演が行われるということで、これは行かないわけにはいきません!ということで見てきました。
 基本的には演劇で言うところの台詞を、中島みゆきの楽曲によって表現するというスタイルのもの。でもたまに、台詞も入ります。夜会とは既存の何者でもなく、「夜会」という未知の存在であるとしか表現のしようがないんだろうけど、強いて言えばミュージカル的な要素が強いとわたしは解釈しています。
 とにかく中島みゆきという歌い手の持つ歌唱力、それ以上に表現力に圧倒されて帰ってきました。チケットの高さも、名門クラシック楽団級でしょう。とりあえず見たいとおっしゃるのでしたら、うちでDVD鑑賞会でもできますけれど、目の前でナマで聴いてみるに越したことはないと思われます。かなり衝撃を受けたのでした。


1位 痛い骨折(6月)

 痛かったです。今でも、痛くないと言うと、それは嘘になってしまいます。そんなわけでいまだ、完全復活の道の途上にあります。
 これに付随して夏の恒例試験が受けられなかったり、人生初の入院や、人生初の失神、生後1年以降で初の寝たきり生活、オトナになって女性に体を洗われるなどの特殊な経験を多数するハメになりました。またさらにこれに付随して仕事を失い、各地の勤め先を短期で流浪するようになったりと、波乱の2006年の幕を本格的に切って落としてしまった感があります。まぁ仕事を失ったことは、それはそれでよかったと思っていますけどね。短い期間で各地の勤め先をさまよう、流浪の身でいる今の方が、仕事人としてははるかに幸せだと思っています。
 ありきたりですが健康の大切さ、そしていろんな形で支えてくれた皆様の偉大さを痛感した1年でもあります。どうもありがとうございました。各方面に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたが、なんとかやってます。


 というような2006年でした。いや、まだ終わってないけれど、この順位を揺り動かすような大事件があるとすれば、おそらくあまりよくないことなのでしょう。だったらない方がいいじゃない?あと2日ほどですが、年度末のことに関して謝罪+損害賠償の申し出があったとか(爆)、受けてないのに試験に受かってますよとか、買ってないのに宝くじ3億円当たってますよとか、紅白に出ないユーミンが自宅でプライベートライブをやってくれますとか、いい事件なら熱烈大歓迎(笑)。皆様もよいお年を。
posted by てつりん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年 さと的10大ニュース(6〜10)

さて、続き

(6)フモフモさん来る

出会いは、神戸の東急ハンズ。とても大きくて、とてもさわり心地の良い(でも意外に安い)フモフモさんと遭遇。
気がつけば、うちに真っ黒のネコのフモフモさんが。
うちの家庭環境の向上に一役買っているのは間違いなしです。

(7)残業が多かった

今年は、仕事がとても忙しかった。でもまぁ、そのおかげで、てっちゃんが仕事しない間の収入を少しカバーできたから良かったのかな。
今のうちの職場は雰囲気が最悪なので、来年はもうちょっと精神的にいい環境で仕事ができるといいなぁ。

(8)ぶよってしまった

#7にも少し関連するんだけど、仕事が忙しかったのと、膝が痛くなってしまったのとで、2ヶ月近くジムに行かなかった結果、去年の11月からこつこつつけた筋肉が全部脂肪になって、ものすごいことに!ほんとに、中途半端に運動するぐらいなら、しない方が全然マシ(体型に関して言えば)
来年は、また締めたいと思います。でも、もうマッチョな筋肉質体型目指すのはやめよう。

(9)メガネ購入

目指せ萌女!(ムリ)
メガネ買ってかけてみたら、世界はこんなにはっきりしていたのか!と(爆)
新たにいろいろ見えるようになったというほどの変化はないけど、まぁ雨の降る夜道を車で運転しても、ちゃんと飛び出してくる人が見えるようになったかな(笑)
来年は、なんかもうちょっとかわいいメガネでも買ってみようかな。

(10)ほぼ日読者になった

手帳の縁で、毎日ほぼ日を見るようになりました。その結果、今年なんて手帳2冊も買っちゃったし、しかもホワイトボードカレンダー買っちゃって、さらにはハラマキも買っちゃって、だまされてるとは思わないけど、はまってるなぁという自覚症状はある(笑)
でもね、ハラマキはいいですよ。当たり前だけど、さらに1枚着ているのと同じぐらい暖かい。なのに脇の下に嫌な汗かいたりしないし。次は、もうちょっと手持ちの洋服にあった柄とかにして、チラ見せでつけてみたいかな。

というわけで、10個でした。あんまり10大!っていえるほど大きいニュースなかったな。まぁ、普通の(?)1年でしたってことで。
posted by てつりん at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

2006年 てつりん的10大ニュース(6位〜4位)

前ふりなしに、いきなり6位から。

6位 山梨の旅(12月)
 武田信玄好きなんですよ〜。そんなわけで行く先々で目がキラキラしてたと思います。諸事情によりリニアの走っているところを拝めなかったのが残念だけど、もし見ちゃってたらそれはそれで感動のあまり大変だったと思うし。この興奮と感動をいかにして抑えるべきかと難儀しながら過ごした3日間でした。あとあんまり言ってなかった気がするけど、この旅行は骨折から立ち直ってきためどがついたからこそ行けた旅行。仕事への復帰もまずまず順調で、時間はかかれどももとの生活に戻れるであろう見通しがあるからこそ、2泊3日のわりにはお金がかかっていたと思うし。
 季節柄山梨県の自然は味わってないし、行きたかったのに行けなかった場所も残ってるし、来年の大河ドラマは風林火山だし。そんなわけで来年もまた行くのでしょう。その時はまたよろしくお願いします。

5位 佐渡上陸作戦(4月)
 「交通の困難度×距離の近さ」によって算出される、「近くて遠い観光地指数」というもので表現すれば、わたしにとっておそらくトップに位置するであろう佐渡。そんなわけでかなりの思い切りだったと思います。これもオフシーズンだったからこそ、フェリー往復(航送込み)+宿代で4万ほどに収まったのでしょう。おかげさまで楽しい思いをさせていただきました。そんなわけで堪能したんだけど、思い残すものがないほど堪能しただけに、向こう10年は行かないだろうな(爆)。いいところだったんだけど、やっぱ行きにくい場所だという感じ。きっと首都圏から見た北陸も、距離の割に行きにくいと思われているんだろうなぁ。
 そういえばこれって、くじ引きの旅の企画だったんだよねぇ。来年の夏はこれで行き先を決めてみるとか。わたしの考える候補はプレで行く四国、全行程鉄道利用の鉄分摂りまくり九州旅行、レンタルキャンピングカーで駆け抜ける北海道の旅、山梨長野の高原リゾート満喫の4つにしておこう(笑)。さとだったら、伝説の歌姫Coccoを育んだ沖縄フリープランなんてのも考えるかもね。

4位 いよいよ大学卒業か!?
 意外と知られていませんが、わたしは大学生だったりします。中型免許(一種の比喩なので注意)が欲しくてねぇ。持ってないのに仕事ができるという、ブラックジャック状態でずいぶん長く過ごしてましたよ。もちろん持ってないなりの適切な措置は合法的に講じてきたので、関係当局に密告するようなことはしないでくださいね。
 18の時から大学に通ってた当時は、まさかそこまで免許が必要だとは思わなかったので、適当に勉強してたんだよね。そのツケを取り戻すために、かかった時間が6年!ようやく卒業のめどが立った人間にだけ送付される、免許状一括申請のための書類が手元に届きました。
 でも安心できなかったりする。「卒業!」ではなくて、「卒業か!?」の部分にそれが表現されているというかなんというか。2つ不合格になったまま放置してあるリポートがあって、その再提出期限が来年の1月31日。これにケリをつけて、ようやく怠惰な学生時代の清算が完了するというわけですな。勉強はしっかりやって、損はないですよ。
posted by てつりん at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

2006年 てつりん的10大ニュース(10〜7位)

 そろそろ2006年も終わりですね〜。そんなわけでいきなりですが、今年も「2006年 てつりん的10大ニュース」ってのをやってみようかと。もったいぶってきょうは10位から7位までにしておこうかな〜。

10位 手帳を買う(11月)
 さとがたまに話題にしている、ほかのところでもたまに話題になっていたりする、ほぼ日手帳というものを買ってみました。未来のことは頭に入ってるし、過去のことは忘れて結構というタイプのわたしが、手帳を持つなんて人生の一大転機かも。手帳は未来のことを書くものだと思っていましたが、過去のことを書く手帳として使ってます。来年の今頃、読み返すのが楽しみです。

9位 自己流からの脱却!?(7月以降)
 これは仕事の話です。結構わたしの業界って、業界専門誌とか専門書が存在するんだけど、そんなのは所詮他人の実践成果であり、他人のまねをして他人と同じ成果が出るなんて思ってもいなかった。したがってその手の本には全く興味がなかった。でも最近大人になったのか、他人のやり方にも興味が出てきた。別にこれまでのやり方に行き詰まりを感じているわけではないんだけど、使えるものがあれば吸収したいという欲が出てきたってことなんだろう。さらなる飛躍に期待だな!?

8位 ぷちリフォーム(7月)
 新築して2年。リビングの電気配線をいじりました。しかも友がかつて、内見会の時に指摘したとおりに変更されました。う〜ん、それって、注文住宅のくせにプランの検討が甘かったってことなんだろうか。でも個人的には、不必要にでかいソファーを買ったせいで置き場所に制約が発生し、その結果テレビが見づらくなったために電気配線の変更につながったのではないかと思うんだけど。でもリビングをめいっぱい広く使えるようになったのはよかったと思う。やっぱプランの検討が甘かったのかもね(爆)。

7位 ユーミン福井に来る(6月)
 ファン歴の割にはライブ参戦歴が少ないんだけど、いくつか内部関係者でもよかったと語られるツアーがあるらしい。それらを超えたと言われるほどよかったらしい。確かに少ないわたしの経験から見ても、これまでに最もよかったのではないかと思っている2001年のacacia tourを超えるものがあったと思う。まぁ我々は教祖様ユーミンの僕(しもべ)であって、どれもこれもすばらしいツアーに対して甲乙つけるという行為自体がおこがましいと思うのですがね(笑)。


続きはまた今度。もちろん年内のうちに語ってしまいます。
posted by てつりん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年 さと的10大ニュース(1〜5)

てっちゃんのまねっこ。
でも、順位まで考えるのはめんどくさいので、思いついたのからあげてみます。

(1)手帳を1年間使用した

毎年手帳は持ってるんだけどここ数年はマンスリーだけとか。
それが、今年ほぼ日手帳を使ってみて、この時期になっても毎日なにかしら書き込んだりしているというのはすごい。書いてあることはスケジュールより日記みたいなことが多いけど、日記というほど気負いなく書けるのもいいんだろうな。来年用のも買ったけど、来年はどんなことを書いたりしようかと今から楽しみ。

(2)Mixiを始めた

今年、招待してもらって始めたMixi。ネットの世界がリアルな世界と少し融合した。もうネットの友達とかリアル友達とかそんな分類意味ないね。コミュニティも結構便利だし、はまりすぎることなくほどほどに使っていこうと思う。

(3)てっちゃんがケガした

まぁ、そのままです(笑)なんか、もうすでにいつの話?って感じなんだけど、とりあえずなんとかなってよかった。
今年は、うちだけじゃなくて、さとの親戚なんかも病気とか多くてちょっと呪われ気味かも。初詣ではしっかりお参りしてこよう。いつまでもお賽銭5円(ご縁)じゃダメか。。。

(4)Coccoのライブに行った

今年は、かなり音楽づいていて、例年以上にコンサートやライブに行ったし、新たなアーティストとの出会いなんかもあって、音楽に関しては非常に当たり年だった。
なにより、Coccoですよ。ライブ良かったな〜。Cocco見たさでWOWOWに登録したせいで、WOWOWで放送されるライブを見たりとかもしたし。来年もいい音楽にいっぱい会えるといい。

(5)iPod Shuffle購入

#4にも関連するけど、通勤時に音楽を携帯するようになった。さとってば、頭悪いので、音楽聴いてるとついつい(本を読んでいるときも同じだけど)そっちに集中してしまって、かなり無表情or怪しげな顔をしていると思うけど、まぁ、あからさまにじろじろ見られたりしてないからそうでもないのかな?そのうち、バスとか降りそこなうんじゃないかと心配。

残り5個はまた今度。
posted by てつりん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

今年の漢字 by てつりん

 さと同様バトンは見ても見なかったふりなんだけど、これはおもしろいと思ったのでやってみようかと。ありがたいことに名指しで指名されちゃったのもあるし。

0)まわしてくれた人のイメージを漢字一文字で。
さとの場合、「大」。時にトイレを詰まらせることがあるアレとは違うぞ。見た目だけではなく、中身も年々スケールアップしているような気がしてならない。どこかで話をしたかも知れないが、10代までのさとを知っていたとしても、絶対に知り合いになることはなかっただろうし、ましてや結婚なんてしなかったと思う。わたしはさとに興味すら持たなかっただろうし、さとはわたしを宇宙人だと思っただろう。いわば、別の行動様式と思考パターンを持った別世界の人間。それがなんとかやって今に至るわけですから、話ずれちゃったけどさとは未だに成長中だと思いますよ。

1)自分を漢字一文字に例えると?
「迷」、もしくは「遅」。行き先も最短距離もわかっているはずなのに、なかなか進まない。でも旅行に例えると、飛行機や新幹線では見えないものを、歩いて旅をすることによって人より多く見聞しているんだと信じたい。たとえそのせいで、現地で遊ぶ時間が人より少なかったとしても、それはそれでいいんでしょう。とか言いながら誰もが納得するのは、「癒」だと思う。自他ともに認める癒し系。ただし、いやしい系ではない。

2)あなたの好きな漢字一文字は?
いろいろ思いつくんだけど、書いている現在の気分では「乱」。野蛮な戦いを望んでいるのではなく、平和な中にあるちょっとしたイレギュラーな雰囲気を味わいたい。例えるならば注文したうどんに、ゆできってしまったそばが1本ついてる感じ。一度にどっちも食べられて、ラッキーと思うじゃない。でもいつも好きだと思うのは「義」とか「仁」、「智」、「信」など、人の真に人らしい内面に関わる文字。これらからひとつと言われても到底選びきれない。「礼」ははずしてもいいと思うんだけどねぇ(笑)。

3)今年を漢字一文字で表すと?
「痛」。これにつきる。人生最大の痛みを味わったね。ただここで強調しておきたいのは、骨折だけが痛かったわけではないということ。骨折に付随して、戦わずして破れた夏のことを思うとそれは痛い。また骨折とは別に、人事というか採用というかまぁそんなようなやつでも痛い目にあった。名前も名乗らないようなヤツを、わたしは一生許さない。

4)来年はどんな年にしたいですか? 漢字一文字で表して下さい。
「開」。多くの門をこじ開けたい感じ。それは自分自身にあるものだったり、自分の外にある障害物としてのものでもあるのだろう。なんとなくだけど、これまでに鬱積してきたというかたまってきたというか、そんなエネルギーが、何らかの形で開化しそうな雰囲気を感じていたりするんだよね。そんなわけで大きな転換点の到来といきたいですな。

5)次にバトンを回す人10人とその人たちのイメージを漢字一文字で表して下さい。
省略。やりたい人はどうぞ。
posted by てつりん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

今年の漢字 by さと

まさからのバトンです。いつもは、見た人はやらないとダメとか書いてあってもやらないんだけど(笑)、これはテーマが面白いなと思ったので。

0)まわしてくれた人のイメージを漢字一文字で。

えーと、「前」かな。
なんか、前を向いてすくっと立っている、もしくはすくっと立ちそうなイメージがあるので。

1)自分を漢字一文字に例えると?

うーん、「楽」かな。なんかお気楽な性格に拍車がかかっているような気がする。人生、楽しまなければ損だしね。

2)あなたの好きな漢字一文字は?

そうね〜、漢字の意味とかまるっきり無視なら「華」だな。かっこいい漢字だと思います。
でも、ここでは「道」にしておこうかな。この道どこに続く道。でも、この道を行かずば、どこにも行けずみたいな。たとえ迷ってもとりあえず進むしかないでしょう。道は1本。

3)今年を漢字一文字で表すと?

「波」かな。いろいろあったけど、今はとりあえず凪の状態か。まぁ、なんとかなるもんだね。

4)来年はどんな年にしたいですか? 漢字一文字で表して下さい。

「開」かな。なんか人生の別面を開いてみたい。どんな面かはわからないけど。

5)次にバトンを回す人10人とその人たちのイメージを漢字一文字で表して下さい。

>てつりん
「謎」
なんか、つかめないことはないんだけど、いろいろな面があって面白いんだよね〜。まぁ、なんとなく謎な感じなので。

>ぐっじょぶ
「走」
いろいろと突っ走る系だと思うので。そろそろ落ち着かない?

>なゆさん
「家」
なゆさんファミリーはほんとにステキだな〜と思います。

>Tackeさん
「音」
ベタですみません。でもやっぱり、あのこだわりはすごいです。

>annkoさん
「熱」
ダンナさんもですけど、熱い人だな〜と思います。うちが結構冷めてる方なので、とても興味深いです。

10人にまわすのも大変なので少しだけ。ブログによくコメントくれる人中心に書いて見ました。気が向いたら受け取ってください&気に入ったら勝手に受け取って行ってください。あとは、私を1文字で表して!って希望あったら考えますので、コメントしてくださいな(笑)
posted by てつりん at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする