2022年01月07日

肉食獣の新春放談

 うちでは例年、正月には実家に顔を出すことになっています。さとの実家については、正月だからといって顔を出す風習はないんだけど、コロナ禍のせいもあってかれこれこっちからは3年くらい顔を出してない。いいんだろうか。よくないけど、このご時世に顔を出すのもいかがなものかって雰囲気もあるよなぁ。

 なにはともあれ、例年通り1日に、実家に顔を出してきたのですよ。子どもたちはお年玉を頂戴し、あとは別に何をするわけでもなくダラダラと。妹や、その息子にも会ってきた。下の子がいよいよ高校卒業で就職だってことで、いいなぁうちはその領域に達するまでまだ10年はあるぞと。きょうはそんな、妹の息子の話。

 コロナのせいで、ご多分に漏れず修学旅行もなくなったんだって。そりゃぁそうだろうな。で、その代替行事の行き先がしょぼかったので、行かなかったという話。確かに行こうと思えば高校生の自力レベルで、問題なく余裕で行けるような場所なのは事実なので、別に修学旅行の代替行事で行かなくても。周囲の友達とかも、行かなかったんだって。

 立場上説教する人もいるんだろうけど、その話で説教するつもりは1mmもない。むしろ、そんな理由で行かないなんて、わかってないんじゃない(笑)? だってさぁ、そうやって行かなかった男子が多かったってことはだぞ、女子とお近づきになるチャンスじゃないかと(笑)。高校生活の最後に、ムフフな思い出を作ることにもつながる、大事なチャンスだったかもしれないのに実にもったいないことをしたよねと。

 そのことに対するおいっ子の反応は、次のようなものでした。ブスばっかりなので、それはないなと。そしていかに周囲の女子がブスばっかりであるかを熱く語るんだよ(爆)。まぁ過ぎたことだからいいんだけど、一見ブスかもしれない女子のかわいい笑顔を、しぐさを、いかにして自分だけが引き出せるかってのが、イケてる男子の力量じゃないのかと。自分の前でだけかわいい女子とか、一見ブスかもしれないが脱いだらすごい女子とか、自分だけのかわいい彼女をいかにして育成するか。その原石を探したり、お近づきになったりするチャンスを逸したのはもったいないんじゃないかと。誰の前であってもかわいいってのはたしかに結構なことなんだけど、そのかわいさは自分の前でだけ増幅されてほしいわけですよ。

 そんな感覚がわかるのは、おとなになってからだとは思うので、さすがにそこまでは言いませんでしたが。正月早々、母やさとや妹の前で、何気持ち悪そうな話をしてるんだとか、ギラついたおっさんの熱弁が痛いとか思われるのもアレなので。
posted by てつりん at 23:15| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月04日

いまさらですが今年の抱負でも

 年末年始の休みも今日まで。と言いながら、さっきまで冬休みの宿題みたいなものを書いてましたけどね。一応25日の土曜からだったので11日間。でも実際には、非公式に25日も26日も、ついでに終わらなかったので日付的には休みのはずの27日も、誰にも見られないように働いてましたが。

 あすからは通常営業なので、たまに思いついたように書いている今年の抱負でも。うちでは毎年元日に、年長者から順に今年の抱負を言わされ(笑)、手帳にメモされています。ちなみにわたしの2021年の抱負は、「健康に気をつける」というものでした。保健指導を受けたりしてるので、そのときはその年の抱負なんて忘れていたとはいえ、有言実行だったのでしょう。

 そんなわけで今年の抱負なんですがね。例の手帳には「ー7kgやせる」みたいなことを書きましたよ。年末年始にあれだけ食べて飲みまくって(いや、酒の量としては控えめですが、つまみとしてお菓子などを食べまくっていた)、年末年始太りが1.5kgってのは極めて上出来なのではなかろうかと。年末年始は時間があるからってことで、相当ジムに行きまくったのも大きいと思いますがね。
posted by てつりん at 19:41| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月03日

2022初詣でひいたおみくじについて(去年の検証も含む)

 同じような企画を毎年やってますが、去年のものについてはこちらから。

 そもそもなんでこんなことやってるのかなぁ(笑)。たぶんだけど、おみくじを引いたあとに境内に結んで、内容をそれっきり思い出すこともなければ、おみくじが当たってたかどうかもわからないまま終わることがつまらないと思ったのがきっかけだった気がする。決して、「あそこのおみくじは当たらない」みたいなことを言いたいつもりはなくてね。そもそもおみくじなんて当たらないものだとは思うけれど、書いてあることを踏まえてなにかの戒めとかにすることは大事だと思ってるし。そしてもし当たってたら、それを踏まえて今年もがんばろうとか気をつけようとか思うものなんでしょう。

 さて、去年の検証。「頼りにする人々との縁薄く」かぁ・・・。確かに年度初めに、この人になら仕事を振れると思って声をかけたのに、振られたことはありました(爆)。でも、それくらいかなぁ。その人とは今も社内でうまくやってるし。別のところでは相当頼りになってるし。「強情頑固のため人に嫌われる」ことのないように、その人のことを立てて来たつもりだからなんだろうか。そして定期的にここの神社で出現する色難ですが、そもそも色難に遭遇しそうなくらいのきれいなおねぇさんに、新規に出会うことがなかった(爆)。いや、サイゼで見かけた女の子がめっちゃかわいかった。さわやかな笑顔がたまらなかった。食事中だったから、マスク美人ってこともなかったと断言できるね。そしてわたしの主観で極めて申し訳ないけど、男はたいしたことなさそうだった(コラ)。でも、ここで何かしたら、それは色難ではなくて、人に嫌われる前触れでしかなかったんだろう。「深入りしてとんでもない悲劇を生む」ことがなくてよかったよ(笑)。

 去年のおみくじの下の段へ。売買。あんまりうまくいかないようなことが書いてあるけど、確かに株についてはさっぱりでした。買ったものがそのあと下がるんだもんなぁ。でも、基本的には配当のいいところを買っているので、上がり下がりで一喜一憂することはしません。方角は、南か東北が吉とのことでしたが、そういえば東北の方角にある新潟県内には3回も行ったなぁ。でも地図で確認したところ、東北というよりは東北東かな。3回とも有意義なもので、ためになることやたのしいことばっかりだったからいいんだけど。というわけで、意外と当たってた気がするなぁ。

 というわけで今年なのですがね・・・、
2022010301.jpg
大吉ですよ♪

 引いた記憶ってあったかなぁ。ここの神社って、大吉が出にくいという印象が強いんだけど。あって1回かなぁ。検索すると辛口だとか厳しいだとか、大吉が出ない(それは言いすぎだろう)とか、いろいろとヒットしますよ。ちなみにさとも大吉でした。ただしさとの大吉は、今が絶頂でこれから下り坂になるから気をつけろって内容だったのに対し、わたしについては基本いいことしか書いてない。何かが大きく変わっていく感じがする2022年なので、うまくそれに乗っかっていけるといいなぁ。
posted by てつりん at 13:22| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月01日

あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いいたします。ここをご覧の皆様にも、ご覧じゃないけど縁ある皆様にも、そしてご覧でもなければまだ縁ないけどこれから縁あることになる皆様にも、いいこといっぱいの1年でありますように。だって、人類みな兄弟だっていうしね。

 最近つくづく思うんですよ。自分さえよければいいって感覚は、世界を破滅に導くんだってね。その世界が大きなものか小さいものなのかは、認識や受け止め方に個人差があるとは思うんだけど、たとえその世界が小さかろうとその人にとっては全てなわけでね。大きな世界を幸せにすることはできないかもしれないけれど、せめて自分の周りの小さな世界くらいは誰もが幸せであってほしいなぁと思うわけですよ。


 というわけで、今年も初詣に行ってきました。自身の幸せと、そして世界の幸せを願うためにね(笑)。いつものように、電車に乗って。
2022010101.jpg

 あんまり到着後の駅の写真って撮ってないんだけど、今年は撮る余裕があったから撮ってみた。駅舎にも味がありますが、内部にもちょっとした展示があって、ついでに見ていくにはほどよい感じのところです。
2022010103.jpg

 今年もいいことがありますように。そうそう、例年恒例の、去年引いたおみくじの検証と今年のおみくじについてはまた後日に。
2022010102.jpg

 今年は電車やバスの車窓から見える道路も、車内も、どうしたんだろうって思うくらいに人が少なかった。電車なんて年始は貴重な稼ぎ時のはずなのに。以前だったら始発駅とか最初の方だったら座れたのに、途中からだと座れないってのが当然だったはずなんだけど、今年は最後の方でも座れた。でも神社は例年通りたくさんの人がいた。どこからどうやって来ているんだろうか。
2022010104.jpg

 コロナのせいなのか、恒例の年末年始終夜営業もやってないのか。さとと2人で楽しくやってた頃は、日付が変わるまで飲んでそのあと電車で初詣ってのが定番だったのに。と言いながら、まったりととりあえず紅白を観るってのも悪くないと思うけどね。
2022010105.jpg
posted by てつりん at 21:35| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月31日

2021年10大ニュース(3位〜1位)

 さて大みそか! 年賀状は29日に投函したし(遅いよ)、大掃除も30日に終了(遅い?)。ちなみにしめ飾りは、28日か30日に飾るのがいいらしいですね。本来は30日よりも28日のほうがいいのだとか。というわけで今年の振り返りも今年のうちに。きょうは3位から1位までをカウントダウンです。

【3位 五十肩に苦しむ(6月〜)

 書くヒマがなくてその後の顛末についてはそれっきりですが、一応10月のいつだったかが最後の通院でした。仕事柄、手が上がらなくなるのは恐ろしいことではあるんだけど、9割くらいはだいじょうぶってところまで来たからね。リハビリの先生も「あともうちょっとなんだけどなぁ」っておっしゃっていたのもあって、通院生活は半年で終わりました。長かったよ・・・。なおその後、特に気になることはなく、平穏無事に過ごしております。

 それにしても五十肩ですよ! 去年もテニスをしてないのに、右利きなのに、左がテニス肘だと言われ。ついでに首のヘルニアとも言われで、身体の面では踏んだり蹴ったり感があったのですが今年もかと。先日同年代の人と飲んだときも、考えてみれば身体がどうのこうのって話をしてる人がいたなぁ。その人の口から出てきた「ファスティング」って言葉がわからなくて、たぶんプチ断食みたいなことを言ってるんだろうなぁと思ったけれどわからなくて、その場で調べたくらいだし、

 というわけで今年の5位じゃないけれど、老いを感じてなんだかなぁとインパクトのあるできごとだったので3位。ちなみに来年は年男ですよ。先日、録画してたまっていたテレビを見ていたら、「あなたの今はマラソンに例えたら、何km地点ですか?」という、自分が聞かれたら一瞬どう答えたらいいのか即答しかねる問いが出てきたんだけどね。気持ちはそろそろ本気出してがんばろうかなぁって感じの20km地点ですよ(笑)。


【2位 まだ秘密ながら、現在進行形の事案(12月〜)】

 個人的にはこれが1位でもいいんじゃないかと思うくらいのインパクトです。ことの発端は軽い気持ちで自分が言いだしたこととはいえ、まさかそんなことになるとは。軽い気持ちとは言えども、一応計算ずくの上で言い出したこととはいえ、まさかそのとおりになるとは。これまでの人生においてもなかったし、今後の人生においてもないと思いますね。だから1位相当。でもさぁ、10位から順に、かれこれ3日にわたって少しずつ小出しにした挙げ句、最後は結局何かわからないものが1位ってのも、ここの読者さんに失礼な話だと思ったので2位。

 なおタイトルの通り、まだ秘密で頼むという当局からの指令により秘密ですが、終わったことではなくて現在進行形の事案であるということなので、続報をお待ちいただければと思います。2022年の1位を取るレベルのビッグニュースではないかと、まだ2021年なのに思っているくらいです。答えはその時にってことですが、大喜利っぽくアレではないかソレではないかいやもしかしたらコレってこともあるかもよと勝手にお楽しみいただければ幸いです。


【1位 特定保健指導からのジム通い(7月〜)】

 齢47にして、おおまじめに自分自身を変えようとしているので1位です。

 特定保健指導というものを受けた話と、散歩に行くようになったって話、そしてジムに通うことにしたという話の3本立てでできています。

 なお成果のほどはと言いますと、最初の3か月で5〜6kgくらい落ちた。指導をしてくる側からすれば、あっさりと目標達成といった感じでした。ところが、92kgくらいから落ちなくなった。その頃から仕事がすること満載になってきて、間食が増えたからなんだろうわかりやすいなって思っていました。でも、そういう時期が過ぎても減らなくなった。そして、冬季だとさんぽもしにくくなるだろうってことで、ジム通いを再開しようとしたら、あっさりとさとの了承を取ることができたというわけです。

 以前通ってたところと違って、入館記録が手元に残らないのでよくわからないんだけど、今月は7〜8回くらい通ったかなぁ。過去に使ったことがあるマシンを中心に3セット、その後クロストレーナーと40分〜1時間くらい戯れるってのがいつものパターン。なのに、体重が落ちないんだなぁ(爆)。外食に行っても、とりあえずデフォルトが大盛りからってのはやめたのに。



 というわけで今年も、とりとめもなく気分次第で書かれるしょうもない駄文におつきあいいただき、誠にありがとうございました。誰かのために書いているつもりはないって趣旨のことは定期的に書いていますが、そうやって意図するものがないからこそ、もし誰かの心に何か得るものがあったとしたならば、こんなにありがたいことはありません。どうもありがとうございました。そしてよいお年を!
posted by てつりん at 16:32| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月30日

2021年10大ニュース(6位〜4位)

 きょうは6位から4位までを、当時の心境などをあれやこれやと振り返りながらだらだらと綴ります。


【6位 念願の品を手に入れる(2月)

 これもちゃんと、当時の模様がおおむねリアルタイムで書かれていますね。たまに、結構な大事件のくせして、たぶん書くヒマがなかったとかの事情によって、当時は何も書かれなかったりすることがあるのですが。

 どっかで話した気がするんですが、わたしが最初に買ったCDというのが、松任谷由実の「LOVE WARS」でした。で、たぶん当時のレコード会社、東芝EMIの特典なんだと思うんだけど、デビューから1989年当時までのディスコグラフィーとか、苗場も含むたぶん一部ツアーのセットリストとか、1954年に生まれてからの年表とかが書かれた、今思うとなかなかすごい冊子がもらえたのですよ。今もうちに現存してますが、ここで写真を出すのはまだもったいないかなぁ(笑)。

 その冊子で、こんなアルバムが出てるんだとか、一部写真も載ってたからこんな感じのツアーなんだとか思って見てた。その冊子を参考に、少しずつ古いアルバムを買っていったんだ。当時はさすがにユーミンのライブに行こうだなんてことは思ってなかったけど、その頃から存在を知ってたのがタイトルにあるCDだったというわけ。

 正直昔のユーミンのCDを聴くと、なにげに古いものなので音圧とかがかなりアレな感じはします。でもこのライブ盤については、今の感覚でも聴くに耐えられるというか。時間の評価を乗り越えられているものというか。まぁでもそんなことはどっちかと言うとどうでもよくて、長年手に入れたかったものを30年かけて手に入れたので6位なのです。


【5位 ついに老眼鏡を作る(7月)

 老眼鏡と呼ぶのは嫌なんだけど、正直いい名前が思いつかないのです。デスクワークの友? いや、そんなに仕事に熱心なわけでもないしなぁ。ちなみにもう1本の方は、暗視スコープと呼んでいます。映画館で映画を観るとき、ライブを観るとき、夜に車を運転するときの3つの場面において使っているから、暗視スコープ。以前はデスクワークの友でもあったんだけどなぁ。

 個人的には老眼鏡を作ったという事実よりも、身体のことで仕事ができなくなっていくという現実を知ったのがショックだったなぁ。わたしみたいに芸事のような仕事って、身体が動くことも大事なんだけどそれと同じくらいかそれ以上に口や頭が動くことのほうが大事で、気持ちと加齢を越えられるような技量があれば、長く働ける業界だと思っていたんです。でも、気持ちや身体に、目がついてこないのかと。思うように文字が見えないだけで、これほどまでにやる気がなくなるのかと。

 そんなに目を酷使してきたつもりもなければ、目に来るほど忙しいとも思ってないんだけどなぁ。でも、こういうことの先に、スポーツ選手がかつて引退のときによく言っていた、体力とか気力の限界って世界があるのかも。まだまだ引退する気はないし、老眼鏡によって引退の危機は回避されたと思うので5位なのです。


【4位 ダブルで新入学(4月)

 これについてはわたしよりも、さとの生活が結構変わった気がするので4位です。やっぱね、保育園の送り迎えって、ちょっとしたことなんだけど地味に負担なんだと思うんだよね。さとは割ときちんとした時間に仕事が終われるというか、終われるようにしているんだけど、それでも決まった時間に行かなくてはならないってのがね。いつだって決まった時間に行けるとは限らないわけなんだし。

 わたしの感覚としては、いよいよ長女が中学生なのかと。この件について長く話すのはちょっとアレなのでやめときますけど、いろいろと思うところはありますよ。ひとことで言っちゃうと、視野が広がっていく感じがしますね。

 ちなみに息子の近況ですが、2学期の通知表にCが3個もついてました!!! 1年の2学期に、3つはやばいだろうと。これはさとやわたしにとっては、衝撃を持って受け止められてしまいました。ちなみに長女はたぶんいまだにCを取ったことはなく、次女は今のところ1つだけ。いや、1つあるってのもいかがなものなのかとは思いますが、3つってのは刺激的だなぁ。長女は意外と部活に燃えている感じです。そしてたいしてできてるわけじゃないけど、勉強面においてすることはちゃんとやってますって感じかなぁ。音楽聴きながら勉強なんてやめればいいのにそんなの曲が頭に入ってきて勉強内容が頭に入ってくるわけないじゃないって、思うけどね。
posted by てつりん at 15:41| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月29日

2021年10大ニュース(10位〜7位)

 年末恒例、いつものアレでございます。きょうは10位から7位までをカウントダウンってことで。

【10位 どれくらいぶり? 新作ゲームソフトを買う(3月)

 当時の記事は、タイトルをクリックすれば飛べます。一時期かなり集中的にプレイしてたんだけど、最近はすること満載すぎてごぶさたですね。当時も書いてますが、正直今だに操作性がよくわかっているようでわかっていない(爆)。普通に経営するだけなら操作性はほぼバッチリですが、俯瞰とか車窓のモードになるとよくわからない。

 でもね、とあるマップでは2兆円企業にまでしちゃった♪ 子会社で莫大な利益を上げすぎて、まだ列車を走らせる余地があるというのに、もう子会社を作れないくらいにまでしちゃった。なので別のマップに行こうと思っていますが今のところそれっきりです。時間ができたらまた、社長業に復帰すると思います。

 ところできちんと調べたところ、2017年にドラクエ11を買っていることが判明しました。そもそもプレイしたことも忘れてて、でもネットで読むストーリーに記憶があんまりないのに、妙に城や町の名前など固有名詞には聞き覚えがある・・・。それってやってるんじゃないのか? で、パッケージは発見されましたが、ソフトそのものは行方不明でございます(爆)。


【9位 財布とカバンを同時に新調(6月)

 割と持ち物に無頓着なんだと思う。気に入ったものをと思って、よく考えて買うんだけど、それが古くなっても気にしないというか、そもそも気づかないというか。でも、いい年してそういうのってよくないよねぇとつくづく思う。先日、ふととあるところの店員さんとしゃべってて、腕時計がロレックスなのを見逃さなかった。確かに仕事柄、いろんな人と話す機会のあるような仕事だし。ちょっとした企業の重役とか、社長クラスの人とも仕事上話すような人だからこそ、さり気ない部分の持ち物に気を使うって大事なんだと思うんだよ。

 で、わたしの場合。その人よりも年長で、まだ先だとは思うけれど、それなりの役職につく日も近いかも!? なのにヨレヨレのカバンとか、財布とか、あんまりよくないよねぇ。というわけで9位なのでした。でもなぁ、恥ずかしくて人前では出さないけれど、実は免許証入れは新社会人のときに買ったもので、これまた人に見せられないくらいヨレヨレなんだと思うんだよね。ついでに名刺入れも付いてるんだけど、あまりのヨレヨレさに名刺入れとしては使ってなくて、じゃぁ名刺入れはどんなのを使っているのかというと、確かさとのおさがりの無印良品製。う〜ん・・・。


【8位 10年ぶりにスーツを作る(4月)

 記事にもある通り、10年ぶりのことだったそうですよ。だから8位。9位にも通じるものがありますが、いい年して仕事で身に着けるもののお金をケチるのってよくないよねぇ。と思いながら、そんなに困ってなかったりもして。でも、同僚はどう見ているんだろうか。古いスーツ着てるよねぇとか、思われているんだろうか・・・。わたしの目には、安いスーツを買って体にあってないような人の妙な着こなしがすっごく目につくタイプなんだけど、わたしのスーツに関してはそんなことないはずなんだ。

 でも、こういうのを書いてて思った。うちの稼ぎはそんなに悪くないと思うんだけど、お金が貯まらないねぇってさとは言うけれど、なんだかんだ言ってもうまくやりくりして貯めてるなぁと。いや、それで必要な額を確保できているのかとか、確保できる見通しがあるのかとかはわからないぞ。結局いくらいるのかなんてわからないわけだし。で、何を言いたいのかというと、もうちょっとわたしにもお金をかけてもいいんじゃないかと(爆)。これを書くのに使っているiMacだって、気づいたらもう軽く10年選手だったりするわけだし。でも基本何も考えてないから、免許証入れのことはすぐ忘れてしまうんだろうな(爆)。


【7位 苗場へ(4月)

 6年連続14回目でした。直前になんとか手に入れて潜り込みましたが、その前の年も当日券でなんとか潜り込んでいるんだ。そうやってなんだかあぶなっかしいんだけど、それでも続いていくんだよってことで7位。ちなみに来年はすでに確保済みなので、あと1か月ほど、何事もなく無事に日々を過ごすことができれば、7年連続15回目の苗場でございます。

 でもねぇ、それでも続いていくんだよって言うけれど、毎年続けてチケットを取って参加してるってのもすごいけれど、あの歳で毎年決まった時期に、あれほどのステージを魅せてくれるユーミンもすごいと思う。正直、これで最後にするって言われても、寂しいとか残念とかいった感情はあっても、まぁおかしなことではないんだよね。

 毎年帰るときに、苗場プリンス前の橋で写真を撮るんです。これまでは、また来年も来れますようにって思って撮ってたけど、もしかしたらまた今年も来れましたって感慨深い感じになるのかもしれません。それほどのイベントなのに7位って、どれほど濃い1年だったのかと(笑)。というわけで続きはまた今度。
2021122901.jpg
posted by てつりん at 02:32| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

なぜ年賀状の牛は、乳牛なのか

 まだ4日なのですが、仕事があるので出勤してきました。

 うちの会社はこの時期代休祭というか、代休消化推奨週間みたいな感じになってます。だからうちの部署以外はほぼ正月。まぁ、そんなものだと思いますけどね。年末年始が忙しい部署なんですよ。

 とはいっても、特に事件なども起こらず、2021年初日の業務内容としてはかなり平穏無事な感じで終わったので、予定通り午後から休暇を取る。丑年だからってわけでもないけど、行きたかったんですよ。正月の吉野家に。
2021010103.jpg

 あれやこれやとあって入店したのは13時台半ばから後半頃。ところが同じようなことを考えている人が多いのか、何があったのかと思うくらいにお店が忙しそうだった。4割くらいの席に人が座っているんだけど、残り6割のうち4割は食器が出しっぱなし。別にそこまでの潔癖症でもないし、マスクもつけてるから、誰が食べたかわからない食器の前に座るのは別にいいんだけど、座った場合食べ終わった人と認識されてしまいそうなくらい忙しそうだった。事実、何も置いてないキレイな席に座ったのに、お茶はすぐ出てきたのに、どれくらい放置されてたかなぁ。

 そんな苦労?の末に食べた牛丼。超特盛って、もっと肉が多かった気がするのは気のせい???
2021010401.jpg

 最近気になっていることがあるんです。なぜ年賀状の牛は、乳牛が圧倒的に多いんだろうかと。で、牛さんの栄養分がたちまち1つしかないわたしの胃から頭に行ったからなのか、牛丼を食べてたら一応の答えが出たんですよ。肉牛を描いて肉牛と認識させるには一定の画力が必要になるけれど、乳牛はとりあえず模様を表現できれば乳牛と認識させることができるからではないかと。その前までは、正月早々食べちゃう(=殺しちゃう)肉牛を描くのではなく、乳牛を描いたほうがなんとなく気分がいいからだと思っていましたがね。

 うん、なんとなくですが、乳牛のほうが描きやすい気がするなぁ。ほかの仮説とか、いやいやうちに来た年賀状は乳牛なんていなかったとか、とりとめのないご意見などもお待ちしております。ちなみにうちの年賀状も、バリバリ乳牛でした。
2021010402.jpg
JAきくち 令和3年お正月スペシャル 謹賀新年丑年「牛」クイズ より
posted by てつりん at 22:00| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

初詣で引いたおみくじについて(去年の検証も含む)

 今年の初詣なら、去年のうちに行っています。コロナ禍でのこととはいえ、こういうのもなんだかいいよねぇ。電車も駐車場もムダに混んでないし。ホントの年末年始じゃないから、お店も開いてて外食できるし。きょうはその時に引いたおみくじの話でございます。こうやって記録に残して、来年正月のネタにするんだ(笑)。それよりも大事なことは、書いてあることを踏まえて自分自身への戒めにすることだと思うけどね。

 まずは去年引いたものの検証から。末吉とはいえ、あれは事実上の大凶だったのではなかろうか。「衰運に向う兆し」、「何事にも進むは悪く、退くがよい」、「良からぬ者の妨害に遇って、とんだ災難をこうむる」などなど、まぁまれに見る悲惨な感じでしたよ。

 個別のことについても、「勤め人は免職・左遷・引退などのある時だから、覚悟をしておくべし」とか。とりあえず引退はないにせよ、一瞬死んで引退か!?ってことは頭をよぎった(爆)。明日死ぬんじゃないかと言われたことについて、具体的に何をしたってわけじゃないけれど、心の片隅に置いてたことが結果的によかったのかもね。交友についても「派手な交際に不利な時。寧ろ独り静かに修養するがよい時だ」というのは、コロナ禍で飲み会やオフ会ができなかったことを指しているのでしょうか。

 心残りだったのは、旅行の部分かな。「差し支えない。又、暫く山へ静養に行くとか、郷里へ引退するとかいうには適当の時」というわけで、引退はさておき、湯治の旅に行きたかったのに。最低でも3泊、できれば4泊とかして、積ん読の本を大量に持ち込んで、風呂に入ったり酒を飲んだりしながらまったり過ごすのだ。行き先も、ここの湯治屋に決めてるのに。方角だって、「西北か東北が吉」ってことで、狙ってたのになぁ。3月末なら行けるかなぁって思っていますが、正直世間の状況が予断を許さないからなぁ。とりあえず湯治の旅のためにためこんだお金は、きちんと残しておきたいと思います。


 さて、今年のものです。
2021010301.jpg

 これまた去年よりもマシかなって程度で、ちっともよろしくないねぇ。長女は2年連続の大吉を引き当てたというのに。「頼りにする人々との縁薄く、心配苦労が絶えず、常に心安さを得られぬ」とか、「強情頑固のため人に嫌われる」とか、「剛情偏屈のため多くの人に愛せられない」とか。なんだかなぁって感じですね。人に恵まれないのかなぁ。相当人に嫌われるんだろうか。とはいっても、もともと他人のせいにするのも好きじゃないからなぁ。そんな態度が、強情頑固とか言われるんだろうか。そして、ここの神社でおみくじを引くと定期的に出てくる色難ですよ。恋愛でも、「かりそめの縁が、深入りしてとんでもない悲劇を生む。色情難の時だから用心して進まぬがよし」だって。う〜ん、不倫にご縁はないと思うがなぁ。

 いいこととしては、職業の部分。一応、学者のような仕事をしているので、吉といわれて悪い気はしない。とりあえず「人に従ってゆくという心掛けが必要」とのことなので、うかつに前に出るようなことは慎みたいと思いますね。あと、方角の「南か東北が吉」ということで、湯治の旅に出る心づもりはいつでもしておきたいと思います。ついでにここへ観光に行こうと思う場所も、少しだけどリストアップ済みなんです。メインはあくまで湯治だから、観光先は少しでいいんです。そうそう、「旅宿の火災などに用心すること」だって。湯治の宿だから自炊はできるけど、ダラダラしに行こうと思って選んだ宿だから、食事処で3食出ますよ。よって火の不始末はないと思うがなぁ。「やむを得ぬ事情で出かける事になる」ってのが、なんだか気になるけどね。そういうのって個人的には、身内の不幸くらいしか思いつかないから。う〜ん、でもなぁ、訳有りで回避不能な出張とかに行かされてしまうんだろうか。その可能性はなきにしもあらずだなぁ。

 とりあえずコロナウイルスと健康には気をつけて、ぼちぼち行きたいと思いますね。
posted by てつりん at 23:06| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

あけましておめでとうございます

 直接面識のある方も、ここでしか面識のない方も。しばらく疎遠なあなたも、まだ見ぬ今年出会うあなたにも。今年もよろしくお願いいたします。

 例年のことですがとりあえず年末年始感を出すために紅白を、珍しくリアルタイムでフルで観る。観るというよりかは、流れている雰囲気を楽しむって感じかなぁ。もちろんポイントとなるところはちゃんと真剣に観ましたけどね。

 酒を飲んでたその時の思いつきではあるけれど、せっかくだからその時の会話の断片でも書いておこうかなぁ。なんとなくだけど、自分自身の考え方を、別の表現で整理したって感じがしたのでね。ミスチルが出ているところを観ての、さととの会話の内容です。

 なんでミスチルとかB'zとかを、うちではそんなに聴かないんだろう。わたしの解釈では、あまりにメインストリームな感じが過ぎるからかなぁ。王道の、ちょっとずれたところを狙いたいような感覚を持つ者としては、刺さらないんだよね。ミスチルに関しては、表現を変えると、まさにリア充って感じ。自分のようなひねくれている者からすると、そのリア充感を避けたくなる。基本、勉強も運動もできていいやつでリーダー性もあって、でもそんなヤツがちょっと道に迷ってるんだって感じの世界観を構築しているようなイメージ。でも、結局のところはリア充だから、うまくいくんだよって感じ。なんだか好きな人には申し訳ないし、間違ってると言われそうな解釈ですいません。

 そういう意味ではユーミンもサザンも王道なんだろうけど、必ずしもそうではない面も持ち合わせているから聴くんだろうな。イエモン? さとは王道だと思っているようだけど、ちょっと違うと思いますよ。むしろちょっとずれたところを狙っている感じがする。イエモンについてわたしは、基本というか、根底の部分で暗いと思っている。うん、暗いのが好きなんだよ。たぶんね。

 YOSHIKIのピアノ演奏による「ENDLESS RAIN」についても、これは何か違うなと。美しいけれど、美しいだけのものだなと。美しさの中に、破滅的な何かがあるから美しいのであって、それがヘビメタのバラードだと思うのだよ。X JAPANによる演奏、TOSHIによる歌唱だったら、そんな美しいだけのものではないと思うんだよってね。すいません。年始から暗い話で。これもコロナ禍のせいだと思うなぁ。


 紅白が終わったら、2355-0655 年越しをご一緒にスペシャルを見る。その後わたしは、年の初めはさだまさしを惰性で見る。このダラダラ感がいいんですよ。年末年始っぽくてね。
2021010101.jpg

 そうそう、皆様にもステキなことがたくさんある1年でありますように。
2021010102.jpg
posted by てつりん at 13:56| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

2020年10大ニュース(4位〜1位)

【4位 中島みゆきのツアーに行く(1月)】

 奇跡的にチケットを当てた話と、遅ればせながら当日の模様を綴ったもの(タイトルの下線部をクリックすれば行けます)の2本立てでできています。正直、中島みゆきのライブは地元では観られないと思っていたし、そもそも全国ツアーと言えるようなもの自体をしないのではないかと思っていたので、4位。

 しかしまさか、その後あんなことになっちゃって、24公演だったはずのツアーは8本で終わってしまい、あとは中止に。観られなかった人よりも、なんとなく中島みゆき本人を思うと、いたたまれない気持ちになりますよ。

 というわけで、あわよくばもう1回観られたりしないかなぁ。そうそう、リトル・トーキョー(劇場版)も観たから思うけれど、夜会もステキですよ。そうそう、せっかくなので、この写真を大きめに貼っておきます。抜けているM15は、本人によると「旅人のうた」だそうですよ。
2020123101.jpg
 

【3位 髪型を変える(5月)】

 どっかで書いたかと思っていましたが、ここでは書いてないみたいですね。タイトル通り、髪型を変えました。・・・どこをどうやって変えたのかというツッコミはなしでお願いします。髪型を変える余地なんてないはずなだけに、なかなかないことだと思ったので3位。

 なんで変えようと思ったのかなぁ。ひとことで言っちゃうと2位にも関連してくるんだけど、基本在宅だから髪型で失敗してもなんとかなるかなって思ったのが大きいですね。ほっとけば一応、伸びてくるから。そしてやらかしたと思っても、基本誰にも会わないから。

 ところが周囲の声を聞くと意外と好評で、自身のなかでもなかなか悪くないと思ったので、これでいこうかと。床屋代も安くなるし。でもねぇ、思いっきり短くしただけに、伸びるとすぐ目立つので床屋に行く頻度が上がるんだな。


【2位 コロナ禍の渦の中で】


↑コロナな渦の気分と、その先にあると信じたい希望を表現している気がする動画

 どれくらいの時間だったかなぁ。しばらくの間、仕事が開店休業状態になった。でも、在宅勤務で、仕事のようなことをするはめになった。それはそれでいい経験になったし、おもしろくもあったし、わかるようになったこともあったからよかったんだろうな。でも、一気に世界が崩壊したというか、これまでの何気ない日常があっという間に遠い昔のことになってしまったと言うか。

 コロナ後に飲み会があったかと言うとゼロだし、県外に出たのも1回だった。その1回も、その件については何も書いてないけど、半分くらい仕事の要素を含むものだった。マスクをするのも、朝晩検温するのも当たり前で。仕事の性質上、絶対に感染できないくらいのプレッシャーと緊張感のなかで、なんとか今日までやってきたって感じかな。

 実は年末に、山下達郎展に行きたいなって思っていたんです。ひとりで行動するわけだからしゃべらないし、現地もそこに行き着くまでのことも含めて感染対策はなされているだろうと思うから、感染しないかなって。もししたとしても、年末年始なので仕事を休んでもなんとかなる期間だなって思ってましたが、全然それどころではなくなってしまいました。正直、ワクチンでなんとかなるってのも、幻想でしかないなぁって思います。


【1位 苗場の奇跡(2月)】

 これについてはまぁ、タイトルから行けるリンク先のほかに語ることは特にないかなぁ。別の場所では語るかもしれないけどね。

 こういうことがあったということを帰宅後だったか現地でだったか、さとに報告したところ、「明日死ぬんじゃないか」と言われたことは忘れませんね(爆)。で、ホントにそうかも知れないなぁと、特に何に気をつけたというわけではないけれど気をつけてはいましたが、それでも2020年の最後に、ここでこういう話ができることに感謝いたします。あっ、ここを見てくれているあなたにもね。ステキな2021年が訪れますように。
posted by てつりん at 14:35| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

2020年10大ニュース(7位〜5位)

 今回は3つずつで行きましょうか。というわけで前回の10位〜8位に続いて、きょうは7位〜5位まで。

【7位 Windows機を買う(5月)】

 まさかって感じでしたが、在宅勤務を乗り切るためには必要な投資だったと思っています。最初はかなり古いさとのバイオでなんとかしてたんだけど、スペック的にきつくてなかなか仕事にならなくなっていったんだ。一応自宅の共用機として買ったとはいえ、わたしの意向でWindows機を買うというレアな事態だったということで7位。

 買ったときは、これでコロナ禍による在宅勤務期間が終わったとしても、自宅で仕事ができる環境が構築されて、それはそれでよかったなって思ったんです。かなり厳し目の残業規制とかが入ってますからね。その対策ができるという発想もいかがなものかとは思いますが。でも結局、いうほど仕事では使っていない。意外と長女がうまく活用してますね。

 なおこれによって、新しいiMacを買うという話は立ち消えにならなかったはずなのです。でも、冷蔵庫を買ったことで立ち消えになったようです。まぁわたしとしても、iMacを今買うのが得策なのか、MacBookなら今買うのもありだろうけどiMacはどうかなぁって思っているので保留でもいいかな。


【6位 やたら体調が悪くなる(3〜9月)】

 春先にはなぜかテニス肘になり、夏には首のヘルニアに。幸い今はどっちもなんともないですが、首については疲れてくると出るのかねぇ。これだけ複数の症状で病院の世話になったという記憶がないので6位。

 これとは別に、夏が終わった頃からとてつもなくあれやこれやと仕事が大変だったなぁ。と言っても、別に未知の何かが発生してすること満載になったわけではなく、どっちかと言うと例年のルーティンの枠内でのできごとなのであって、しかもコロナのせいで例年よりも楽だったりする面もあるというのに、大変だった。なんでだろう。結果としてまれに見る更新の停滞を招いたんだけど、とりあえず今は元気にしております。身体的な経年劣化の類だったのでしょうか。


【5位 職場環境の激変(3〜4月)】

 詳細はわたしの正体にも関わるので言えないけれど、仕事上初めてのことが多すぎた。そうねぇ、わかる人にしかわからないだろう表現ではあるけれど、初めて時間を早送りした。時間を順繰りに流すことや、時間を止めることならこれまで何度もしてきたけれど、時間を早送りしたのはこれまでの仕事生活で初めてのことでした。意味がわからなかったらすいません。であるならば、今の事業所ではもう潮時だな、今年度いっぱいでいいかなと思ったんだけど、引き止めにあってしまったんだ(笑)。

 あと別件として、今年度は課長待遇です。でもなぁ、やったことのない仕事の、所属したことのない課の課長を任せようだなんてなんと大胆な上層部(笑)。人がいなかったんだろうか(爆)。でも新年度の体制を見て思うに、そうするのが妥当だったというか、結果的にそうするしかなかったと言うか。次世代の上層部を育てるというのも大変だなぁって、管理職でもないのに管理職目線でおもんばかってしまうのはそれだけ年をとってしまったからなのでしょうね。

 
posted by てつりん at 18:23| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

2020年10大ニュース(10位〜8位)

 毎年恒例の、アレでございます。

 正直今年は、途中で話も出てくると思うんだけど、時間がなくてかなり突貫工事で仕上げた。ここを読み返したり、手帳の記載をさかのぼって読んだりもするんだけど、今年の後半はとにかく何もなかったのか、それとも記録されていない何かのうちで10大ニュースに相応しいものがあるのかを見分けるのが大変だった。結局、ほぼ何もなかったらしいという結論に至ったんだけどね。というわけで、きょうは10位から8位までです。


【10位 冷蔵庫を買う(12月)】

 まだうまく使いこなせてないというか、なじんでいないというかね。例えば冷凍室は、以前のものだといっぱいいっぱいにものを入れていたんだ。大きくなったぶんだけ余裕があって、結果としていっぱいいっぱいに入れずに済んでいるのかというとちょっと違うかなぁ。アイスの置き場所もちょっと迷走気味だし。でもなぁ、これまで肉や魚を入れるような急速冷凍室に、アイスを入れていたことが間違っていたのでしょう。

 ちなみにいくらだったのか、わたしはよくわかっていません(爆)。20万では買えないけれど、25万でおつりが来るくらいだったかなぁ。なんでよくわかっていないかというと、支払いのときに後学のためにと大型のエアコンのお値段を見に行っていたからです。次買うとしたら、家を建てた頃からだったかその翌年だったかに買って、かれこれ冷蔵庫レベルのご長寿家電となっているエアコンだろうと。ところが綾瀬はるかがエアコンのプレゼンをしている販促用の動画に絡め取られて、そこから一歩も動かなくなっていたので、下見した意味があったのかどうか。


【9位 神戸の出張(2月)】

 タイトルそのものが時代を感じさせずにはいられないよねぇ。ちなみにうちの会社は事実上、県外出張は禁止なのかなぁ。でも先日同僚が出かけてるなぁ。許可されようがされなかろうが、そもそもこんなご時世ですから、出張で行きたいようなフェスすら開催されていないのが現状でございます。そういえばこれの少しあとに、当時激しく話題沸騰中のスポットだった、ダイヤモンド・プリンセス号のすぐそばまで行ってた人もいたなぁ。なんか、あまりにも当時と今では世の中が激変してしまって、まるで遠い別世界の話をしているかのような錯覚に囚われそうです。

 内容は、出張前夜に京都で飲んでた話と、出張後に大阪で飲んでた話くらいしかありません(爆)。出張の内容そのものについて語ってしまうのは、わたしの正体がってのもあるけれど、こんな遊んでいるような空間で仕事そのものの話なんてしたくないんだよね。あっ、会社にも同僚にも、ちゃんと出張報告は会議の席上で行っていますよ。


【8位 犬走り再建計画(5月)】

 てつりん家にとって、唯一と言ってもいいくらい、コロナ禍であったいいことかなぁ。いや、なんとなく家中みんなで一緒にいる時間が長かったってのもいいことかなぁ。でも、いいことなんて何ひとつなかったってご家庭もあるんだろうなぁ。そう思うと、なんだか考えさせられるものがあります。幸いなことに、さとはこのご時世需要が高まりそうな業界に、わたしは長期低落傾向の止まらない斜陽産業であるとはいえ、いかなるご時世であっても需要の途絶えることのない業界に身を置かせてもらえているのですがね。

 これを書くにあたり、現状どれくらい雑草が生えてきているのかをネタにしようと思ったことが一瞬ありました。1〜2か月くらい前のことだったかなぁ。見に行ったんだけど、見事に何も生えてなかったんだよね。まぁ、タイトルのリンク先にある通り、かなり綿密に調べた上で丁寧な施工をしたからね。数年は安泰だと思ってますよ(笑)。1〜2本生えてたかどうかだったかなぁ。それを写真に撮ればよかったのに、撮らなかったのが悔やまれる。あとで写真を載せるかもしれません。
posted by てつりん at 01:46| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

あけましておめでとうございます「だけ」!

 仕事初めの日。気心の知れた同僚とも久しぶりに会ったりするわけで、何かととりとめのない話になりました。仕事をたてこませて、遅くまでいるハメになっただけとも言えるんですがね。年始だからなのか、いつになくとんでもない話をしていた気がしますよ。例えば次のような話でしたね。

・同僚が初詣に行った神社のすぐそばにおける、わたしの個人的かつディープな思い出話(ここで書けるわけがないレベル)
・上の、個人的かつディープな話の後日談にハラハラドキドキな話(もちろんここで書けるわけがないレベル)

 初日の夜から会社でぶっこんでくるねぇって感じのトークでした。でもねぇ、ここで終わったら内容不明につき何もおもしろくないので、あたりさわりがないとはいえ考えてみるとなかなか深い話になった、同僚とのトークでも。


 日付が元日に変わった途端、仕事関係(同僚ではない)からグループLINEが届いたんです。ちなみにこの仕事、イヤイヤやってるつもりはないけれど、積極的にやりたいわけでもない。例によってきっと誰もプロジェクトに参加してくれなくて、上の方の誰かとかが困ってて、やむを得ずわたしに頼むことになったんだろうと思うと、面倒だけどむやみに手を抜きたいわけでもない。支社横断的な結構でかいプロジェクトでもあり、各地の支社長クラスや本社筋も関与しているようなことなので、おかしなこともできない。でも、できることなら抜けたいと思っているプロジェクトだし、うちの支社長からも抜けてほしいと思われているという、実にいわくつきのプロジェクトなのです。結構プロジェクトのあり方などについて、問題点も、批判も多いしねぇ。

 そうそう、どんなグループLINEが届いたのかというと、「あけましておめでとうございます」というもの。新年早々仕事関係からLINEなんて面倒だなぁ。と思っていたら、ほかの人からも同様のLINEが。なのでわたしも、面倒だとは思いながら義理は大切にしたいタイプなのでLINEを送りましたよ。面倒だと思ったんだけどね。すると同僚がこう言いました。

それって、「今年もよろしくお願いします」って送ったらダメなやつじゃない・・・?

 ホントだ・・・(汗)。 今年はよろしくしたくないって話をさんざんしておいて、今年もよろしくお願いしますって送っていたらいい笑いものだ。そしてこのプロジェクトからますます抜けられなくなってしまう、かも・・・。というわけでなんて送ったのかが気になって、おそるおそるタイムラインを確認しましたよ。すると衝撃の事実が!

 なんと全員(と言ってもわたしを含めて3人ですが)が、「あけましておめでとうございます」だけしか送っていなかった! そしてそれ以外の関係者は全員が既読スルー!!!

 最初の人たちが考えた上で、あけましておめでとうございます「だけ」を送ったのだとしたらかなりの思慮深さです。そして考えの上で既読スルーした人たちもなかなかの思慮深さです。そして、何も考えずに「あけましておめでとうございます」だけを送った、運良く地雷を踏み損なったわたし。そっか、もしかしたら、最初の方の投稿は、巧妙に仕組まれた地雷だったのかもね。ちなみにこの程度のわたしですから、どこかの場であけましておめでとうございます「だけ」しか言ったり書いたりしてなかったとしても、そこには何の他意も悪意もありませんのでご安心ください(笑)。
posted by てつりん at 23:55| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

もう終わりですか

 去年の夏は社会人生活最長の夏休みを謳歌しましたが、年末年始は社会人生活最長の正月休みを謳歌・・・したんだろうか。

 一応有給とあわせて12日間、そのうちの1日は隠れ出勤(隠れてないけど)で実質11日とはいえ、ものすごい長さだったなぁ。どこかに行ってもよかったんだけど、全敗したとはいえ一応今年も苗場に行くという野望は捨てていないので、無駄遣いは控えめにしたいところ。最近、毎月の恒例になりつつある岩盤浴に行ったくらいだ。そのかわりと言ってはアレだけど、さとも正月休みになってからはほぼ毎日のように一緒に飲んでたなぁ。うん、ダラダラと心と体を休める時間になったのかどうかはさておき、何もしないってのは大事なことなんだと思うなぁ。

 それにしても実質11日間は早かった。あしたからは、たぶんいつもどおりの日々が流れていきますよ。何か予定を詰めまくったら時間が早く流れるっていうけれど、何もしてなくても早く流れていくし。で、今年早々驚愕したことが、ねずみ年だってこと。ということは、姉は最初の年女ですよ。つまり、あの日からもう12年経つのかと。あっという間だなぁと。

 その、「あっという間」をもう1回したら、もしかしたら姉は変な男か妙な男か何かわからないけど、連れてくるかもしれないってことだ。いや、そこからさらに一周回って(どこを一周するのかはさておき)、あの日のようなものをもう1回見るハメになる可能性だってなくはない。そうこうして、自分はあっという間に年老いて、気づいたら死んじゃってるかもしれないなぁと思うと、そういう現実に足がすくみそうになります。

 だから日頃から悔いのない日々を送るためにも、今年は湯治の旅に出ようと思いますっ! そして今年も健康第一で、ぼちぼち過ごせるように、何事もほどほどにがんばりたいと思います。以上、2020年今年の抱負でした。
posted by てつりん at 23:02| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

これはひどいね

 毎年恒例にしている、引いたおみくじの公開+昨年の初詣のときに引いたおみくじの検証の時間ですがね。なんと去年はどんなおみくじを引いたのかの記録がない! そしてわたしの書斎のMacの前には、いつ誰が引いたのかわからないおみくじが2つ! こりゃぁ、ダメですね。

 というわけで昨年の検証はなしで、今年引いたものの紹介だけ。いろいろありすぎるので、写真でどうぞ。
2020010201.jpg

 う〜ん、これはひどいね。末吉だけど、事実上の大凶なのではなかろうか。で、ちょろっと調べたところによると、凶と大凶はないらしい。そのように、富山のローカルワイドショーで紹介されたことがあるのだとか。ついでに、大吉でも厳しいことが書いてあると。うん、それについては納得だな。

 しかし、これはひどい。繰り返すようだけどひどい。職業なんて、「勤め人は免職・左遷・引退などのある時だから、覚悟をしておくべし」だって。まぁ、早く引退していいんだったらそれはそれで悪くない気がするけれど、正直引退したらこれまでのようには生きていけないだろう。なんだかんだ言っても仕事は好きだから、そもそも仕事についてはなんだかんだ言ってないくらい好きだと思うので、まだ当分は引退するつもりはないなぁ。

 免職・・・。岩盤浴のことを密告されても、捕まることはないと思うがなぁ。当然ですが飲酒運転は一発免職ですが、それをわきまえて気をつけているつもりだし。

 左遷・・・? う〜ん、どこかの事業所へ飛んだりするんだろうか。そういえば、去年の終わりの方に、うちの会社でも予期せぬ異動ってあるんだぜって話を聞いたからなぁ。そこの事業部と、うちの事業部では事情が違うらしいと聞いたことはあるけれど、今の会社に来た際にはかなりびっくりしたし、辞令一発でどこへでも行くものだと思っているので、何が起こってもまぁ流れていくだけです。流されはしないと思うけれどね。

 交友や旅行のところもなかなか考えさせられます。交友は、「・・・寧ろ独り静かに修養するがよい時だ」。旅行も、「暫く山へ静養に行くとか、郷里へ引退するとかいうには適当の時」だって。とりあえず山に2〜3日くらいこもってみるかな。こもるあてはないけれど、ちょろっと調べたらこんなのが見つかった。酸ヶ湯は行ってみたいと思ったことがあるけれどそれっきりで、藤三旅館はかれこれ20年くらい前に、不覚にもお風呂に入ることなく後にした悲しい出来事(自分たちのせいなんだけど)があっていつかまた行ってやろうと思ってそれっきり。

 こんなのも、備忘録代わりに貼っておこうかな。いきなり不老ふ死温泉、次が乳頭温泉ってラインナップがたまらない。どっちの記事も、がんばりすぎなあなたへみたいな方向性で書かれているのがまたわたしの気分にあってそう。うん、今年はプチ湯治の旅に出よう。同じ宿で2泊3日、できれば3泊4日で、どっかの山の世間から隔絶されたようなところで、積ん読の本とかを持ち込んでダラダラするんだ。旅行のところは正確には、「差し支えない。又、暫く山へ静養に行くとか、郷里へ引退するとかいうには適当の時」だからね。
posted by てつりん at 16:00| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

ステキな習慣を、これからも

 うちの場合ですが、「いつもと違う年末年始を過ごしてはならない」という、家訓のようなものがあります。実家の頃からのものではないんだけど、まぁ自分たちの経験に由来するものです。だから、とりあえず紅白を見ますし、初詣もいつもの神社へ。それくらいはしとかないと正月感が出ないってのもあるとは思いますがね。かといってむやみに初売りに繰り出したりはしない。正直行っても買うものがないと思うし、買う必要がないくらいあれこれ食べ物を買い込んで、極力何もしない年末年始を過ごせるようにしています。2人しかいなかった頃は紅白を録画で見るかわりに、いつもの店で飲んで日付が変わった頃に電車で初詣とか行ってたんだけどねぇ。

 ところがもう去年のことになっちゃった12月31日午後のこと。「さとの実家にあったという、”年末年始は新しい下着で”という習慣はどうなったの?」と、唐突に思い出したのでした。それに対するさとの答えは、「なくなりました」とのこと。う〜ん、この話を初めて聞いた時は、ステキな風習だなぁって思ったんだけどなぁ。ということで、31日にお買い物をしたのでした。わたしは、まとめて買った下着をまとめて使ったりはしない(買わなくても未使用のものを持っていることがある)のもあって、買わなかったけどね。うちの子たちが新しい下着かパジャマで年越しを迎えました。

 箱根駅伝とかを見てると、山の沿道にいる人たちはきっと、毎年このへんに泊まって翌朝は沿道で応援するってのを習慣にしてたりするんだろうなぁ。もしかしたらチェックアウトするときに、来年の予約をしてたりしてね。そういう年末年始の特別感あるイベントに憧れがないわけではないけれど、それでも31日と1日くらいはいつもどおりにまったりしていたいものです。
posted by てつりん at 16:49| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。ここを御覧の皆様にも、ご覧じゃないけど面識ある皆様にも、そしてこれから縁ある皆様にも、良いこと満載の1年でありますように。
2020010101.jpg

 さて、年末年始は例年通り自宅で紅白を見ながらまったり過ごすという、いつもどおりのものでした。紅白を見るのはまぁ、年末感を盛り上げるためのイベントのようなものですね。で、紅白の終了を見届けてわたし以外が全員寝たあとに、Eテレの2355−0655 年越しをご一緒にスペシャル 2019−2020を見る。たなくじもちゃんとやりましたよ。いい1年だったらいいなぁ。
2020010102.jpg

 その後、なんとなく毎年どこかの部分(または全部)を見ている気がする、今夜も生でさだまさしを見る。そういえば令和2年、最初に聴いた曲はこれだったなぁ。わざわざそんなことを書く趣味はないんだけど、初めて知った曲に対して率直にいいなぁって思ったから備忘録代わりに。

※作詞作曲はさだまさしですが、番組では岩崎宏美本人が出てきて歌っていました

 翌朝。いつものようにクルマに乗らないで初詣に繰り出しました。でもなぁ、特に帰りは接続がまずくて大変なことになっちゃった反省を踏まえて、来年からは電車には乗るけどクルマにも乗るだろうな。いつもは撮らない、初詣限定のヘッドマークも撮ってみました。
2020010104.jpg

 引いたおみくじは絶望的にひどい内容だったなぁ。そのうち書くかもしれませんが、それでもとりあえず今年もいいことがあったらいいなぁ。
2020010103.jpg
posted by てつりん at 21:12| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

2019年10大ニュース(3位〜1位)

 2019年もあと数時間を残すのみとなりました。ひさしぶりに今年の振り返りを、今年のうちにすることができそうです。というわけできょうは3位から1位までをカウントダウン。

【3位 初めてのことを多く知る】

 初めてのことが何であるかはちょっとねぇ。でも、この年になって初めて知ったことが多かったなぁと思うので3位で。

 あたりさわりのない範囲のことでは、ビールって実はうまいんだということとか。まだ完全なものではないけれど、仕事ってそれっぽくコントロールできる余地があるんだってこととか。そういえば8位の部分とも関係するけれど、岩盤浴ってこんなに楽しいんだとか。今年だけに限らず、来年以降も何らかの形で関係しそうなことの種をいろいろと見つけた気がしたのです。まぁ、どれもこれもほぼお遊びの範囲内ですけどね。来年もこんな感じで、新しい何かに出会ったりするような1年でありたいなぁと思うのです。


【2位 島根県に行ってきた(3月)】

 一応結婚15周年ツアーだった気がするのですが、では実際の結婚15周年の日に何があったかというと・・・、何もなかった気がしないでもありません(爆)。えぇ、読み返しましたが、その日については完全スルーでしたね。

 内容としては、普通タイヤで雪山を越えたりして石見銀山に行った1日目松江市内の観光をしたり、大阪に移動してお好み焼きを食べた2日目USJに行った3日目で構成されております。うん、そういう記録が丁寧に残っているということは、今年は比較的余裕があったんだろうなぁ。

 全員で、これほどの大規模な旅行(2泊以上のもの)に行くってことは、帰省を除けば2〜3年に1回くらいしかないと思うんです。そうねぇ、今年11歳になった長女の行った旅行って基準で数えたら、上高地に泊まったこと、まだJRがただになる年代の頃にUSJに行ったこと、姫路やアドベンチャーワールドや行ったこと、そして今回のことで、やっぱ2〜3年に1回くらいだな。2017年の北海道は全額、母親持ちだったのでちょっと事情が違うし。というわけで今後2〜3年はないと思うので2位でした。


【1位 80系ヴォクシーがやってきた(6月)】

 まさかほんとに買うとは思わなかったなぁ。というわけで1位でした。1年間こことおつきあいしていただいた方なら、まぁ予想の範囲内だったかもしれませんね。ちなみにわたしのものではないのでそんなにヴォクシーの話題は出てきませんが、送り迎えや普段の買い物などに大活躍していますよ。ちょい乗りが多いという使い方の問題で、かなり悪い燃費を記録していますけどね。

 トヨタのよさは認めつつも、あえてそれではない何かをと考えてクルマに乗ってきた部分があると思っています。総合力ではトヨタ車のよさに揺るぎないものがあっても、個別の何かにおいては負けることがあり、そこで勝っているクルマに対して捨てがたい魅力があって、それを理由に買っているという感じかな。でもねぇ、ヴォクシーに関しては、そういう微妙な点が特になかった。今でもふと、オデッセイだったらどうなってたかなぁと思うところはあるけれど、ネッツ販売店には何かとよくしてもらっているし、ホンダ販売店は申し訳ないけどそこまでよくしてもらえたとは思えないので、半年たった今、買ったことについては何の後悔もございません。

 でもせっかくだから、そのうち書こうと思っていたヴォクシーのダメ出しでもしちゃおうかなぁ。でかいのとしては、オートワイパーがついてないこと(煌IIの場合、かな?)と、運転するときに座る場所としてのシートの座り心地が悪い。30分くらいだったらなんとも思わないんだけど、2時間とか乗るとものすごく疲れる。つい先日富山に行ったときに、7〜8万くらいで、そんなにレーシーなものじゃなくていいので、運転席だけでもレカロとかにできないものかねぇってまじめに言ってしまいました。


 というわけで、駆け足で振り返った2019年はこんな感じでした。駆け足すぎて、順位を間違えたことがあった気がしますが(とっくに修正済みです)、これに懲りずに来年もよろしくお願いいたします。そして、ここをご覧の方にもそうでないけど接点のある方にも、よいお年を。
posted by てつりん at 17:10| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

2019年10大ニュース(6位〜4位)

 書いている現在、2019年も残り30時間を切っています。やり残したこと? あるといえばあるけれど、さしたる問題ではないなぁ。大きいものとしては苗場のチケットを押さえておきたかった・・・。まぁ、嘆いてもこればっかりはしょうがないと思いますがね。

 さて、きょうは6位から4位までを。


【6位 袴を着る(3月)】

 写真や、当時の日記はありません。わたしの正体にも関わる部分なのでね。

 これまでの人生において袴を着たのは、七五三のときが最初で最後だったはず。どうやってその袴を調達したのかわかりませんが、尾山神社の正面階段で、やたらきちんと千歳飴を持って立っている写真が実家に残っています。千歳飴の持ち方に関しては、写真を撮っていた父がやたらうるさかったような記憶が何となくある。わたしは千歳飴の持ち方に関して、娘や息子にうるさく言ったことはないけれど、よっしーが笑顔で太刀を抜いている写真は断固拒否したなぁ。細かいところにこだわる血筋なのでしょうか(笑)。その次に、つまり人生2回目の袴着用だったので6位です。成人式のときもスーツだったからなぁ。

 実は1回着てみたかったんですよ。ほら、人生、正装でキメなくてはならないときってあるじゃない。多くの人にとってはそれが七五三だったり、成人式だったりするんだろうけれど、わたしに関しては成人式のタイミングを逃してた。だから着たかったし、過去にチャンスがあったときも着たかったんだけど、今回のチャンスに関してはもしかしたら人生最後かもしれないという感覚があったからね。何としてでも着ますよってことで、かなり無理をしましたよ。たぶん次は、着ないだろうな。そう思うともっと順位が高くてもよかったのかもしれませんが、今年は上位の層が厚かったんだよということで。


【5位 今年も福島大会へ(9月)】

 わたし個人としては、全国大会なんてまったく縁がないのです。それだけに、本人たちにその重みに対する自覚がどれだけあるのかわからないけれど、これってすごいことだと思うのだよ。だから前年の4位に続いて、今年は5位で。あっ、大会そのものの結果は前年の5位から、今年は4位だったらしいですよ。なんだこのややこしい話は。

 エントリーして、映像審査によって出場が認められるというシステムが取られています。ただ、競技の普及という面も少なからずあると思うので、地域枠のようなものもあるとかないとか。つまり、その県から唯一のチームであれば、結構敷居が低くなるんだと。でもなぁ、そういう事情があろうがなかろうが、クラス別で4位というのは相当なものだと思うんだよね。来年は、いよいよ3位でしょうか!?

 ちなみにこれに出場するのもなかなか大変なことだと思うのですが、わたしも日程的に必ず仕事にあたっているような時期なので、ちょっと歯車が狂ったりすると到底観に行くことなんてできないわけで。そんな数々の困難をかいくぐっての参戦+観戦だったので、5位なのでございます。


【4位 日本三名園を制覇(8月)】

 これ、どこかで見たことがある・・・!? いや、たぶん気のせいですよ。たぶんね(笑)。まぁ、長くやっていればいろんなことがあるものですし、何が起こっていたのかわかっていらっしゃる方はここの熱心な読者なのでしょう。どうもありがとうございます。
 
 いつのことだったか、日本三景は制覇しました。国宝四天守も制覇しましたし、その段階で重要文化財だった松江城も制覇済みでしたが、国宝になった松江城も改めて制覇しました。日本三大銘菓も、諸説あって4つ言われていますが、4つとも食べました。でも、日本三名園は制覇できていなかったのです。さとの実家に行く際に、その気になれば何度でもチャンスはあったのに、その都度阻止され(シーズンオフでつまらないというのが理由)てきたのを、ついに制覇したので4位です。

 が、これまで阻止されてきた理由も行って納得でしたね(爆)。でも、いいんです。行きたいから行くんですよ。制覇したいから行くんです。それ以外に理由なんて、あることもあるけれどこの場合はなかった。ただ行きたかっただけ。だから後悔はありません。次は日本三大がっかり名所、はりまや橋かな。いや、日本三名泉のうち、有馬温泉がまだなので狙うならこっちかな? まだまだ行きたいところが尽きませんよ。


 さて、あすは3位から1位でございます。
posted by てつりん at 22:33| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする