2018年01月06日

そういえば初詣

 行った話はしてないけど、行ってたんですよ。

 年始からクルマに乗るのがあんまり好きじゃないのですが、親を連れて、電車に乗るのに便利な駅まで。そこから電車に乗ります。
2018010101.jpg
※電車の写真は帰りに撮ったものです

 で、終点の駅に到着。かつてはもっと神社に近いところまで線路がつながっていたのですが、2009年に廃線になってしまいました。
2018010102.jpg

 なので神社までは、バスに乗ります。
2018010103.jpg

 ところが、神社の写真は撮らなかったという・・・。まぁいつも行ってるところだからいいよね。そんなわけで毎年恒例の、おみくじ披露の時間でございます。ついでに去年の正月に引いたおみくじが、当たっていた2017年だったのかどうかの検証もやっちゃうよ〜。



 まずは今年のおみくじ。なんと大吉ですよ。こんなの引いたの初めて。ちなみにさとも大吉。なのでうっかり4人目を命中させてしまったりすることのないように、くれぐれも気をつけたいと思います(爆)。ただしわたしのおみくじ、【出産】という項目が存在しません(笑)。

 なおさとの大吉は、これから下り坂だから今のうちにきちんとしておきなさいよ、という方向性で書かれています。大吉って本来、そういうものだとも聞いたことがあるしね。ところがわたしの大吉って、そういう大吉ではなくて、基本的にはほぼいいことしか書いてない。「物も集まり財も集まり人気も集まって、和楽繁盛する大吉運である」。「和順の心あれば人も応ずるし、神仏祖先を祭れば感応もあるし、目上の賢者にすがれば又幸福が得られるという時である」って、まさに絶好調。まぁ一応、財物は集まった分、散じることもあるだろうと書いてあるんだけど、人に対して金品を散らすことも必要だとも書いてあるので、交際費でも増えるんでしょうか・・・? 気になるのは、「人が集まる為に不和争論も起り易く、案外の災を生じる恐れがある」というところかな。「平和の気持を以て人に接する事、神仏を祭る事が必要だ」ということなので、意識していきたいと思います。

 各論についても、いいことしか書いてない気がするなぁ。【願事】は「競争者も多いが、熱誠と平和の気持とがあれば、望みは必ず通ずる」だって。転職活動は、現在訳あってさせてもらえてないのですが、それでもいい年になりそうな予感。

 【職業】は、なかなかウケますね。「目上の引き立てもあり、多数の人気も集まって出世する」そうです。前の会社では2年前に1つ上の方が課長待遇に、今の会社でも1つ上の方が今年度から課長待遇になっているので、そろそろ自分もか!?と覚悟はするけれど、個人的にはもう1年ヒラでいたいなぁ。昨年度末に、そろそろでかい仕事をしてもらうかもみたいなことを言われたものの、フタを開けたら何もなかったので、そろそろ逃げられないと思うけど、個人的にはあと1年逃げたいところ。ちなみに仕事は「歌うたいが第一の吉利。それから話術家、講演家などが吉」だそうなので、今年も歌って踊って、そしてMCでも聴かせる語りでライブをがんばりたいと思います(笑)。

 【売買】も、「商売繁盛、儲かる時である」そうなので、まぁライブをがんばれば商売繁盛にもなるでしょう。最近始めた投資を、身の丈に応じておこづかいの範囲で拡大するのもいいだろうな。【交友】は、「交際には充分力を入れるべき時。人の世話厄介も引受けるが、必ずよい事ができる」そうなので、年始から懐かしい人たちと飲みに行ったのも正解だった気がする。

 【恋愛】。よく、色情難の相ありとか引くんだけど、確か今年はよっしーが引いてたけど、わたしはそんなことありませんよ。「気が合って楽しかるべき時」だって。年始早々さとの意図がわかりかねることもありますが、まぁいろんな意味でなかよくできてると思いますよ(笑)。「お互いに多少の遠慮」があるとは思えないし、「素直な気持でつきあっている」とも思うけれど、さすがにそれが「誠に奥床しくてよい」のかどうかはちょっとね・・・。ちなみに【結婚】も、「大吉。話も順調に進み、良縁である」そうですよ。誰と何の話が進むのかはさておき。

 ちょっと気になったのは【訴訟】かな。「初めよくとも終に凶。訴えはせぬがよい」と断言された。ちょっとだけ心当たりがなくもないので、変な勝負に出るのはやめときます。あとは【旅行】。「差し支えなし。殊に神仏参詣の旅は吉」だそうなので、意識したいところです。【方角】に「西か西南が吉」とあるだけに、実はそっち方面に行く予定はあるのです。


 なお去年のおみくじは、ちっともいいことが書いてなかったのです。「厳寒の時に雪や氷に道が塞がれて通行し難いという運勢であるから、妄りに進めば難みがあり、暫く待てば雪や氷も解けて吉運に廻り逢うだろう」、「それも、一度ならず幾度かの苦難に出遇い、手の施しようもなく、行き詰る時だ」そうで、さらには「窮境(くるしみ)を逃れようとあせればあせるほど、泥沼に足を入れたように益々動けなくなる」のだそうだ。う〜ん、いい意味でそういうことはなかったと思う。

 むしろ当たったと思うのは、旅行かな。「出かけるには全く不適当の時・途中障りがあり易い」みたいだけど、「東北は凶」と断言された北海道に関して、1人参加できなかったってことがあった。そういえばまさかの雨にも降られたなぁ。よりによって美瑛とか富良野を見る日に。でも、「西南は吉」の通り、人生で初めて行った愛媛県で得たものは大きかった。今年もこんな感じで、都合の悪いことはほぼ書いてなかったけれど的中せず、都合のいいことは的中するようなステキな1年でありたいと思ったのでした。
posted by てつりん at 00:00| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年10大ニュース(3位〜1位)

 年内に書き終えることができました。きょうは3位から1位までです。

【3位 妹も1年生(4月)】

 仕事の事情もあって、なかなか見たくても見られないもの、というイメージを持っているだけに、姉に続いて妹のも見ることができたということで3位です。あと、小学生が2人になると、なんとなく家の中の回り方が違って見えるというか、いよいよ小学生を中心に回りだすのかといった感じの、雰囲気の変化も感じるので3位。よくも悪くも家のなかで、小学校とか勉強とかの話題も出るようになったと思うし。

 ちなみに本人の学校生活はというと、先日の通知表渡しの通り、家で思っているほど悪くはないと思うんだけどどうなんだろうか。先日の通知表渡しで、ねんちょうさんをむかえるかいの模様が流れていたけれど、先輩ヅラしてちびっ子の手を引いたり、前に出てしゃべってたりしたと思うと、ちょっと信じられない(爆)。まぁよっしーがいるのもあって、小さい子の面倒を見るのは得意な方だとは思うけどね。


【2位 四国上陸作戦(時期は不明なままで)】

 ちょっと出張に行ってきたのです。いろんなところのフェスに行って、勉強してくるように求められている部分もあるのでね。で、四国は行ってみたかったんだけど、それよりもフェスのテーマと個人的興味がピッタリあっていたので行ってきました。詳しくは言えないけれど、勉強になりましたよ。

 全都道府県に足を踏み入れるという全国制覇をしたいと常々思っているんだけど、残っていたのが香川県、愛媛県、高知県、熊本県、沖縄県だったんです。そのうちの2つを消すことができたので、全国制覇まではあと3つになりました。もしかして30代の間には、1つも減らなかったかも知れないくらいだったので、そっちの意味でも2位にふさわしいかなと。ちなみに徳島県だけなら、小学生の頃に2回行っているんだけど、それ以来の四国でもあったので2位なのでした。


【1位 北海道上陸作戦(7〜8月)】

 3泊4日だったのですが、ちゃんと初日から2日目3日目4日目とありますよ。

 時間のかけ具合についてはわからないけれど、お金のかけ具合としては、これを超えることはそうそうないでしょうね。自分で払ってないのに何を言うかって感じでしょうが(爆)。そして参加人数も、これを超えることはおそらくないでしょうし、準備期間も過去最長だ。まさに史上最大の作戦と呼ぶにふさわしいものだったので1位です。

 なんで自腹を切らずに、大人数で北海道に行くことになったのかについては、4日分読んでいただければおわかりいただけると思うので割愛します。でもねぇ、今でも関係者から語りぐさになる。この件の主役でもある母が、結構あとの方まで「あれは最高に楽しかった」と言ってたりする。もしかしたら40代の10大ニュースってのをやっても、トップ10に入ってくるかもね。


 そんなわけで2017年も大変お世話になりました。どうもありがとうございました。来年もMacの前からこん○○はをしようと思いますので、よろしくお願いいたします。そしてよいお年を。
posted by てつりん at 14:51| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

2017年10大ニュース(6位〜4位)

 26日の続きです。きょうは6位から4位までを。

【6位 また新しい、次の仕事が・・・(4月)】

 昨年度まで、業界団体系の仕事を3年くらいやっていたのです。そのうちの最近2年はというと、いわゆるその団体トップの仕事で、細かい調整とか見知らぬ筋への気配りとか、正直かなり大変だった。おかげさまでいろいろと、新しい世界を見ることができたと思うけどね。こういう経験があったから、今年の8位みたいに全国のフェスに行こうだなんて思ったりもしたんです。

 で、今はと言いますと、ひとまずそこの仕事のトップは後任に譲ってという形になってはいるんだけど、その間隙を縫うかのように、どこからともなく別のトップの仕事を振られてしまったのです。「てつりんはもう、あのトップはやってないから、次はてつりんがいいんじゃない?」みたいなことを言った人がいるんだきっと。余計なことを言いおって・・・。しかも前任者からの引継書をよく読むと、「次はできるだけ長く続けられる若手がいい」みたいなことが書いてある。。。 市長とか、本社のトップとかとニアミスするような仕事で、正直お腹が痛くなりそうです・・・。


【5位 仕事中の模様が新聞に載ってしまう(いつのことかはヒミツで)】

 新聞に名前を載せるというのは、難しいようで、やろうと思ったらできないことでもないはずなんです。あっ、なにかどでかい悪事を働くというのはなしですぜ(笑)。とりあえず産まれたときと死んだあとに、赤ちゃんの欄とおくやみ欄に名前を載せることができるはず。あとはわたしの場合、長男で世帯主なので、父が死んだ時の喪主の名前としても載ったことがあるし、3人の子どもの父として計3回載ったこともある。結婚の欄にも名前を載せたことがある。あと仕事の性質上、定期的に新聞に名前が載りやすい人でもあるんです。ただしどれも、地方限定ですがね。

 これにさらに、顔写真入りで名前を載せようと思うなら、別の事業部の幹部になるとかして、最終的に退職する時にも載るかもね。ただわたしの事業部だと、写真で載ることはないだろうな。載ってみたい(正しくは別の事業部に移りたい)とは思うけれど。

 ところが、新聞に載ってしまったんです。どんなふうに載ったかはちょっと、ヒミツですがね。人生初の経験じゃないかと思います・・・。


【4位 社内コンペで1位を取る(これまたいつのことかはヒミツで)】

 まぁ見ての通りのものです。受賞はたいへん名誉なことではあるのですが、どのようなコンペで、どうやって1位を取ったのかについてはちょっと恥ずかしくて書けないなぁ。わたしの正体が・・・ってのもあるし。でも、なかなか取りたくても取れる賞ではないので、4位なのです。


 なんだか仕事関係の話ばっかりの気がするなぁ・・・。3位から1位までは、31日に書きます。
posted by てつりん at 21:38| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

粗食の宴を始めよう!?

 姉のインフルのこともあって、事実上昨日の午後から年末年始休みになっちゃっているので、早速大掃除を始めることにしたのでした。

 まずは1年分のホコリをたっぷりと吸い込んだセントラル換気システムを・・・。と思ったけれどちょっと待てよ。そう思って開けてみたのが床下収納。変なゴミが落ちてたりするので、中身を全部出して、箱を外して、水拭きまでしました。10年ぶりくらいかな? 工事やメンテナンス用の地下通路まで拝めたのは。
2017122801.jpg

 続いてセントラル換気システムの掃除を。写真がないのは撮り忘れたのと、あまりに汚すぎるからの両方かな。うちではまだ見たことがないけれど、内部のフィルターに、見たことのないような虫が引っかかって死んでたって話を聞いたこともあるなぁ・・・。

 仕上げは誰もが忌み嫌う、レンジフードの清掃。でもうちの場合、たぶんさとがマメに掃除しているからか、汎用のフィルターを外して捨てて、枠を洗って、別のフィルターを付けてもと通り。これまた写真がないんですけどね。

 ところで床下収納から、ものすごい量の災害用食品が出てきました。ところがこれ、全部賞味期限切れ。切れてる時期はいろいろなれど、最古のものとしては2014年4月に賞味期限が切れている災害用のサクマ式ドロップス。姉に、小学校に入って間もないころのことだと説明したら、顔がひきつってました。あとは去年の夏に切れているアルファ米かな。あすは被災地のことを思いながら、粗食の宴をしようかと思います。
2017122802.jpg

 なおうかつなことを書いて炎上したら困るので丁寧に補足すると、「被災地のことを思いながら開く粗食の宴」とは、災害用に買ったにも関わらず災害のことも忘れて備蓄用食品の更新を怠り賞味期限切れを起こしたという愚かさを反省するために、あえてそれを食べることで被災地の大変さを実感し、改めて災害への備えを万全なものにしようという趣旨のものであります。さかのぼり更新だから書けちゃう結末ですけど、翌日のうちに多くがおいしく消費されていきました。
posted by てつりん at 21:35| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

2017年10大ニュース(10位〜7位)

 毎年恒例のアレってやつですな。2017年に何があったかを振り返り、なんとなくそれっぽく整理しておこうというお時間でございます。

 これを書くために例年だと、ここをせんぶ読み返して、さらには手帳も中身を全部見返して、それらしきものを思いつくままにリストアップします。で、そのリストから、インパクトのあるものとか重要度の高いと思われるものとかの順に、独断と偏見と思いつきで順位をつけていくのです。で、ついたと思っても、しばらく熟成という名の放置プレイ。これで行けると思うところまで来るのに1〜2週間かかったりするものなのですがね・・・。

 今年に関しては、記憶という名の思いつきだけで仕上げてしまいます(笑)。いちいち読み返したりしてません! それだけすることが多く、ゆっくりと過去を振り返るヒマがなかったのかもしれません。その証拠に2016年は、月に0本というのが1回だけあったけど、あとの11か月はすべて2ケタ本数のアップだった。ところが今年は、月に0本というのはさすがになかったとはいえ、月間で1ケタ本数のアップにとどまったのが2、5、9、11月の4回もあった。そんな2017年を、きょうは10位から7位まで振り返ってみたいと思います。


【10位 京都の鉄道博物館に行った(5月)】

 よかったですよ。でもねぇ、ちびっ子と見て回る楽しさはあるけれど、大人だけで見て回る楽しさもあるなぁ。一応後者の代表的なものとして、日本国有鉄道からの引継書(ただし原本とはちょっと違う)というものがあって、それだけは全文読んだ。写真を撮ったつもりでいたんだけど、撮ってなかったみたいなのが悔やまれる。なかなかの名文だと思いますよ。

 ちなみにてっぱくはとってもよかったんだけど、それを差し置いて今でも語りぐさになるのが、道中のあるところで食べたご飯がとてつもなくまずかったということです。水が悪いのか、それとも米が悪いのか。何をどうしたら、そこまでまずいご飯が炊けるのかという話題に登ることが今でもあるのです。


【9位 帝国劇場に行ってきた(12月)】

 タイトルに下線部があるものは、クリックすると当時の記事に飛べるんだけど、これは書いてないってことですな。

 ユーミンの帝劇というと、個人的には第1作目の「8月31日 夏休み最後の日」の印象が強くてねぇ。まずは貫地谷しほりの演技が見事。実は最近、BSプレミアムでやってる昔の大河ドラマ「風林火山」を見てるんだけど、これの最初の方に、全体で見ればあっという間に死んじゃうんだけど重要な役で、まだそれほど有名じゃない頃の貫地谷しほりが出ています。わたしはそれを見て、まだ存在を知らなかった貫地谷しほりという女優のすごさを知ったんだ。それからの彼女はもう、あれよあれよと誰もが知るような女優に、予想通りなっちゃった。

 そんな貫地谷しほりの演技がすごい。あと、「Anniversary」をそう使うのか、そういう解釈で用いるのかという意味で驚かされた。あれ?結局、今回の帝劇の話はしてないけど、そのうち書くってことなのでしょうか(爆)。


【8位 全国フェスに行ってきた(11月)】

 まぁ、仕事系の大会に行ってきたのです。大枠では全国からお客さんを集めて、そのお客さんの前でライブ(よく使う隠語)を1本演って、さらに反省会とか、本社筋から来たような経験豊富なお方からの助言という名のダメ出しまで頂いて終わるというものなのですが、その観客の数が1本につき数百人単位って、ちびっちゃうよね。観客の数が多すぎて、いつも使うようなライブハウスでは入り切らないから、特設会場で。

 あんまり書いちゃうと、わたしの正体がバレバレになっちゃうのでこのへんで。おまけの、お楽しみの部分なら、そのうち断片的に書くかもね。でも、このフェスで見聞きしたことを踏まえて、今年から手帳に書くようになった「そのうち行きたい場所リスト」に、安来市のとある美術館が追加されることになったんだ。あと、こういうイベントの存在意義ということについて考えさせられるきっかけにもなったので8位なのです。後ろ向きな方向で考えさせられたわけではないですよ。


【7位 何度も同じところに行った】

 奈良に2回なんですけどね。これがまた、どっちも仕事でだったのです。まぁわたしの仕事って、解釈によっては仕事と遊びの境界が不明瞭な部分はあるので、仕事で2回も奈良に行ったからといって、必ずしも辛いものではなかったのだな。

 これまた多くは書けないけれど、1年の間に2回も、同じ場所に行くことってあっただろうか。ましてや仕事でともなると、これまでなかったことだったので7位なのです。
posted by てつりん at 18:20| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

おみくじ披露の時間

 おみくじが当たっているのかどうかなんて普通は気にしないし、そもそも記憶に残るか残らないかのうちに、結んでしまうじゃない? ましてやあとで検証なんてしない。ところがそれをあえてやってしまおう!というのが今回のテーマでございます。去年気がついたんだけど、かれこれそんなことを10年以上もやってるんだから、しょうもないことやってるよね。そんなわけで、まずは去年の初詣で引いたおみくじをひっぱり出して、検証を始めます。なお去年は小吉だったようです。

 「見かけ倒しの運勢で、人に羨まれるほどには中身がよくない時である」。う〜ん、人から羨まれていたのかはわからないけれど、まぁなんか一目置かれるようなことは多かった気がするなぁ。かといって、一目置かれるに値するものが自分自身としてあったかどうかというと、微妙。悪かったわけじゃないけど、羨まれるほどによくもなかった。まぁ、普通でしたね(笑)。今思うと、「今の運勢は、遠くの見透しのつかないのが欠点であるから、軽はずみせず、諸事手固くするよう心掛ければ吉になる」ってのが、なかなかいい線いってたなぁと思います。どうすればいいのか、どうなるのか、わからないままなんとかやって来たことが、まぁ終わってみれば1年間まずまずだったよという総括に至れるのでしょう。

 願事ですがね。「表面だけで中味がないように先方から思われ、不信の点で望みが達しない」のだそうです。まぁ確かに、転職活動は成功しませんでしたし、その件については当分封印せざるを得ないことになってしまいました。同じようなことは、職業のところでも、「求職は障りがあってすぐには達しない」とのことで、見事な的中かと思います。

 意外だったのが売買で、「勘定合って銭足らずの時。外に求めるよりも内の整理が大切」とのことでしたが、なかなかいい感じで投資を始めることができたので、まぁよかったのかも。そういうことにお金を使えるくらい、内の整理をしたからってことかもしれません。これまでだったら、もらったらもらっただけ使っていたのでね(笑)。

 あとは旅行。そこそこの距離感のところへ、よく行ったな〜という感じがしますが、「近ければ吉。遠い旅行は障りがあり易い。旅先では質素第一」とのことでした。しばしば車中泊をしていた記憶がありますが、それを質素第一と言わずしてなんというのか(笑)。先日だって東京まで行ってきたけど、その気になればデミオでだって車中泊ができることがわかったので、いろいろと工夫してもっと快適な車中泊環境を考えてみたいと思いますね。


 ではでは、今年引いたおみくじの抜粋もしておきますか。あっているかどうかは、来年の今頃に検証される予定です。

 ところがねぇ・・・、このおみくじ、実は数年前に引いたものとまったく一緒だったという・・・。2013年に引いたものと、まったく一緒なんですよ。末吉なんだけど、せっかくだからどんなのだったか書いておきますか。

 「厳寒の時に雪や氷に道が塞がれて通行し難いという運勢であるから、妄りに進めば難みがあり、暫く待てば雪や氷も解けて吉運に廻り逢うだろう」とのことで、すでにかなり暗い感じなのですが、「それも、一度ならず幾度かの苦難に出遇い、手の施しようもなく、行き詰る時だ」そうで、どうも相当暗そうですな。「窮境(くるしみ)を逃れようとあせればあせるほど、泥沼に足を入れたように益々動けなくなる」そうなので、下手にジタバタせずにぼちぼち行くのがいいのかな。自分の力ではどうにもならないことくらいあるよねってことくらいは、わかるようになったと思うし、そう言って逃げ出すくらいのこともできるようになったと思うし。「難みが強ければ強いほど後に吉利を得ることを考えよ」というのは、まさに末吉って感じです。「五ヶ月もすれば悩みも解けて吉に向かう」そうなのですが、それって今から5ヶ月なのか、それとも今後とんでもない悩みに遭遇してから5ヶ月後なのか。困ったねぇ。

 各論の部分に目を向けると、願事は「時が来なければ、今すぐには望みも達しない。望みを捨てずに時節を待ち、目上の智恵を借りるがよい」そうですが、今年もよい年でありますようにと無難なお願いをしたので、ぼちぼち行きますよ。職業も「思うように進めない時だ」とあるので、まぁ大変なことになるとすれば仕事上でのことかと思います。「あせったり無理せず、仕事に忠実に怠らずに時機を待て。暫くすれば目上や友達が助けてくれる」そうなので、今年頂いた会社の人からの年賀状は大切にしたいと思います(笑)。実は7日になって会社の人から1枚届いたのに全部使い切っちゃって、お返事が書けないんだけど、そのうちちゃんと寒中見舞いでも書くことにします。あとは旅行。「出かけるには全く不適当の時・途中障りがあり易い」そうで、去年から検討している北海道行きだって「西南は吉。東北は凶」ときたもんだ。まぁ、方違(かたたがえ)といって、北海道(東北というか、北東の方角)に行くにあたって、南東の羽田から北海道に向かえば問題ないでしょう。ちなみに来月、南西方面へのそれこそ数年ぶりか初めてかくらいのスケールの、かなり大規模な出張の予定があるんです。いい出張になりそうかな!?

 さて、雪や氷に阻まれるような困難はやってくるのでしょうか!? まぁ、末吉ってくらいのほうが、いい1年にしてみせるという気概も出せていいものですよ。ちなみにこの神社で大吉なんて見たこともなくて、何年も前に大吉を出して、ガッツポーズを出して騒いでいる人がいたのもわかるな〜ってくらい大吉は貴重だと思うんだけど、なんとよっしーが大吉を引き当てています。すごいねぇ。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

初詣に行ってきました

 今年も初詣に行ってきました。正月からクルマに乗るのって、実はあんまり好きではないので、できるだけ公共交通機関で。人が正月に休むように、クルマも休めばいいと思うんです。うちの場合、毎日乗っているからそう思うってのもありますけど。

 というわけで駅まではクルマで行きますが、途中から電車に乗ります。なおわたし個人としては、CRプレマシーからDJデミオに乗り換えましたが、わたしが新しくなったセカンドカーに乗っているだけのことなので、うちの旗艦はこれまで通りCRプレマシーです。実家の母も乗せて、さらには駅で妹家族と待ち合わせ。

 乗ったのはこの車両。かつては東急線で活躍していたらしいです。
2017010101.jpg

 終点の駅からバスに乗り換えて、
2017010102.jpg

 つい先日もデミオで来たような気がする、通称白山さんへ。それにしてもいい天気だ。どんなくじを引いたのか、去年の初詣で引いたくじはどれくらい当たっていたのかを検証する、例年お決まりの企画については、また後日。
2017010103.jpg

 ちなみに去年は5000円払って、総勢10人くらいでまとめて家内安全を願って、正月らしい特別感とコスパの高さ(お神酒とか、いろいろもらえたりした)に感動した記憶があったので、今年もこれでと思っていたら、どうも事情が違ったみたいです。なんでも去年はわたしの後厄とまとめてやったためにそうなったのであって、今年は5000円も用意してそんなことをする予算を立ててないと。

 初詣の後は、母の強い希望により、石川県民のソウルフードとされるラーメン屋へ。そして実家に行き、特に何をするでもないぐうたらな時間を過ごして帰ってきたのでした。
posted by てつりん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 年頭にあたりまして

 あけましておめでとうございます。本年もさときん帳ならびに、面識のある方においては中の人の方も、なにとぞよろしくお願いいたします。また、ここをご覧の方々にも、いいこと満載の2017年でありますように。

 さて、うちではいつからなのかわからないのですが、年長者から今年の抱負を語らされることになっております。にも関わらず、そういうことを例年忘れていて、いきなり振られて慌てて何か発言して、とんでもないことを言ってしまうこともあるんだ。というわけで、おせちやお雑煮を食べながら、語るハメになった今年の抱負です。ちなみにさとがメモしたものをそのまま写しております。

・てつりん  今年はやせます ※今年度(2016年4月以降)は、じわじわやせてきています
       仕事をがんばって早く帰る まぁ、段取りよく仕事のできる人になりたいですな
・さと    ※悩んでいたので、「4人目をがんばる」とわたしが横槍を入れて苦笑されました(爆)
       家計の正常化 こどもとあそぶ
・みっちゃん 3年生がんばります
・なっちゃん 1年生がんばります
・よっしー  でんしゃがんばります

 終わりの方の人たちは何をがんばるのかよくわかりませんが、とりあえずがんばるみたいです。まぁ、そのよくわからないがんばりというものは、わたしの場合におけるやせる宣言のようなものなんじゃないかと思ってしまったりもします(笑)。
posted by てつりん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

大掃除からの〜、

 うちの会社はきょうが仕事納めなのですが、先日の土日出勤に絡んで珍しく代休がいただけるということで、きょうを代休にしました。もう1日は来年の4日にして、長い年末年始休みを満喫したいと思います。

 とはいっても、働かざる者食うべからずのてつりん家。外で仕事納めだったとしても、家の中ではちっとも仕事納めではありません。ということで、ちびっ子の保育園やさとの通勤で送って行ったあと、年末らしいあれやこれやをしてきました。

 まずは洗濯を2回。同時進行で1階の掃除をしていきます。ソファーをばらしてカバーも洗濯して、隅々までホコリを掃除機で吸い取っていきます。いろんなものが発見されました。ほかには、年に1回しか掃除しないセントラル換気システムの解体清掃とか。
2016122801.jpg

 下の白いのが、新しくなったフィルター。自作ですけどね。そして上のゴミ袋の中にある、熟成されきった雑巾のような色をしているのが1年間使った自作フィルター。恐るべき汚さです。このへんでドタバタして深呼吸すると、喘息とか気管支炎とかになれそうな汚さです。
2016122802.jpg

 途中、金融機関に行って金策に奔走したり、ズボラすぎて今頃半袖ワイシャツをクリーニングに出しに行ったり。よっしーのおむつの安売りにも行ったし、お正月のしめ飾りも買ってきた。

 大掃除の定番、換気扇の掃除もバッチリ?です。もっときれいにできたと思うんだけど、とりあえずわたしが、毎年恒例でやっていることは終わらせました。
2016122803.jpg

 で、そうやって一生懸命働いて何をするかといいますとですね・・・、
2016122804.JPG

 今から、ちょっくら東京まで行ってきます。新しいデミオに乗りたいだけじゃないのかという声も、さとからのみ挙がっておりますが、そんな不純な動機ではありません(笑)。
posted by てつりん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

2016年の10大ニュース(3位〜1位)

 年賀状はなんと、24日までに書き上げてしまい、25日の日中には出してしまいました。これってたぶん、記憶にないくらいの速さですよ。そしてあす28日はわたしだけ休みというか代休を満喫して、大掃除の主要な部分を仕上げてしまいます。もちろん家事もね。

 そんな感じで押し迫った2016年ですが、わたしにとってどんな感じの1年だったのか。いよいよ3位から1位でございます。


【3位 投資を始めてみた(3月〜)】

 直接的には書いてないけど、1月の段階で投資信託を物色しているらしきことを書いています。結局買ったのは3月だと思うんだけどね。毎月配当が出て、その配当をその投資信託の購入に回すというタイプのものを、1万円分。ちなみに配当を現金で受け取る(つまり再投資をしない)ものもあるんだけど、正直どっちがどうなのかはよくわからなかった(爆)。まぁ、身銭を切って仕組み的なものを勉強するつもりで買ったのですよ。

 さらにもうちょっと手持ちに余裕ができたので、夏に日産自動車の株を買いました。投資信託の方はジリジリ値を下げ、ひどいときには当初の80%くらいになっちゃったんだけど、気がつくと某不動産王の効果なのか、とりあえず現在では評価額上の損失はなくなった状態にあります。そして日産自動車の株なのですがね・・・、
2016122701.jpg

見えにくいですかね?なんと含み益で18%くらい、金額にして3000円くらい増えていると。これとは別に、配当までいただいているわけですから、とりあえず順調に行ったのではないかと。でも個人的には売る気がないし、1株1000円〜1100円くらいの枠内で少しずつ日産自動車の株を買い足して、配当を多くもらえるようにしていきたいと思っていたので、高くなりすぎるとむしろ困るんだよね。ちなみにこういうことを日常的に考えていると、ゴーンさんが辞めたら日産の株価ってきっと、ど〜んって下がることになるんだろうねってことを考えてしまいます。なんだかんだ言っても、カルロス・ゴーンって人は、経営者としてすごい人なのでしょう。


【2位 DJデミオがやって来た(12月)

 今思うと、プレの車検の代車でこれがやって来たことが、すべての始まりだった気がします。いつもはあの販売店、そんないい代車は貸してくれないのに(爆)。

 まだ書いてないけど、驚きの急転直下の展開で購入を決めたのです。もうねぇ、さとの思考のスピードが早すぎて、最初はついていけませんで、買っていいことを理解するまでに少し時間がかかりましたよ。そのへんのキレのある思考って部分に、さすが東大理学部出身(ウソは言ってません)ってのを感じました(笑)。

 そうねぇ、とあるレビューでは、5ドアクーペだと思って乗るのがよいみたいな趣旨のことが書いてありました。個人的にはそれも納得です。実は、どうせわたしが乗るものなんだから、ほかの人のことは考えないでロードスターに乗りたいと思っていることは何度か書いたと思います。結局、子どもの送り迎えなどもしもの時に、あと3人乗れないと困るという理由で却下されて、ディーゼルデミオならOKが出たのです。でもねぇ、デミオとロードスター、全然別のものではあるけれど、わたしがクルマに求めるものの方向性はそんなに違ってないかな。それをマツダのブランド力のすごさとも言えるのかもしれないし、5ドアクーペだと思って乗るのがよいというレビューに共感を覚えるのかと。実際のところ、ヴィッツやアクアやフィットのライバルだと思って乗ると、確かにかなり不満が出る気がします。

 いい意味でそれらのクルマとは違った世界を持っているし、悪くいうとそれらのクルマが持つ収納や広さといったわかりやすい利便性において、確実に劣ります。でも、そんなデメリットを補って余りある魅力がある。ロードスターに対して、2人しか乗れないとか室内が狭いとかいった不満を持つ人っているのかと思うのと同じように、ちょっとくらい収納が少なかろうが、ちょっとくらい見切りが悪かろうが、そんな不満はどうでもいいと思えてきますよ。


【1位 青天の霹靂?まさかの異動(3月)

 自分で自分のことを、「業界の隅々を知っている」という表現で評していることがあります。仕事上のことなので、わたしの正体がってのもあるので、多くは語らないけれど、よくもまぁあれだけいろんな事業所の勤務経験があるなと。大きなくくりにおけるうちの会社で、わたしよりたくさんの事業所経験数がある人っていないんじゃないかと思いますよ。わたしの半分の数、いや3分の1くらいの事業所経験数で、支社長にまでなって引退するような人が普通にいるくらいです。つまり、一般的な会社人生の2倍から3倍の数の事業所を、まだ会社人生の半分くらいの者が経ていると。数だけじゃなくて、事業部の数でも一番じゃないのかなぁ。出先機関だけど本社勤務のほかに、3つの事業部を渡り歩いたほか、同業他社に出されたこともある。普通うちの会社において、事業部を移ることってそうそうないんだよ。

 で、事前に異動の話を聞いたあと、さとに報告したら、「あ〜、確かにそういうところもあったねぇ」ってリアクションでした。わたしも、「まだ自分の行ったことのない系統の場所があるんだ〜」と思ったくらい。もっと長くいると思っていたのにもう異動になるのかという驚きと、行き先に対する驚きの2つがあったので1位です。今思うと、去年の振り返りの段階で、こうなることはわかっていなくても、こういう感じのことになるかもしれないくらいのことはわかっていたのかも。今思うと何かの登竜門を登らされていた、そして今も登らされているとでもいった感じかな。中途入社組であることや、その他諸々の事情もあって、意外と正社員歴は短いのにね。



 というわけで例年にない異例の速さで、今年の10大ニュースでした。今年2016年もあと100時間を切りました。わたしにとってもかなり激動の年でしたが、こうやって振り返ってみたところいい意味での大事件が多かった感じで、なかなか悪くなかったじゃないかと。来年度もよい年でありますように。ここをご覧の方にもよいこと満載の新年が訪れますように。みなさまよいお年を!

 ・・・でも、今年の書き納めではないと思いますよ。
posted by てつりん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

2016年の10大ニュース(6位〜4位)

 ちゃんと年内に書いてますよ(笑)。

 そういえば書斎の大掃除をはじめました。家中ほぼ総出で。なっちゃんが来年から小学生なので、学校関係のものを入れる場所を確保しなくてはならないということで、家を建てた際に壁一面を本棚にしてある場所があるのですが、そこの2マスを開放しようと。現在は、作業を一旦中断して、これを書いています。

2016122401.jpg
↑実際には写っている範囲の1.5倍の幅があります。

 さて、今回は、6位から4位までをいってみましょう!


【6位 何も書かなかった(2月)】

 もうねぇ、一言も発しませんでしたよ。投稿数が減る月というものはあるものなのですが、まったく何も書かなかったというのは異例のことなのではないかと。その証拠のスクリーンショットでも貼っておきますか。
2016122402.jpg

 まぁ、それだけ忙しかったのです。仕事が連日連日、大変なことになっていたはずです。当時の記憶は薄れていますけどね。それでも苗場に行って昼間っからちゃんこを食べながら飲んだり、川原湯温泉に行ったり。反動ってわけじゃないと思うけれど楽しい休日を過ごす余裕もあったんです。でもやっぱり、ここが開業して10年以上経っているのに、一言も書かないってことがいかに異例のことだったのかと思うと、もしかしたら6位でも足りないのかもしれません。でも、2016年を語る上での象徴的なできごとという意味では、インパクトが薄いので6位。だってそもそももはや、あんまり記憶にないわけですから(笑)。


【5位 に〜がたオフ+てつりん家の休日(7月)】

 そんなにオフ会に出かけているわけでもないのですが、家族総出でのオフ会ともなるともっと貴重な気がしたので5位です。初日の模様オフの内容2日目の内容の3本分で構成されております。

 そうねぇ、2人で住んでた頃は、それこそいろんな県外のオフ会に出かけていた記憶があります。15年くらい前には、お泊りのオフだってありましたし。でも、うちの住人が3人、4人、5人と増殖するに連れて、県外のオフには行かなくなりました。県外には行かなくても、県内で森林公園と千里浜のオフをやっていれば、オフがないことへの禁断症状だって出ないし。

 あとは、子どもも含むという意味での家族旅行と呼べるものって、そんなにやってない気がしたんです。去年はついでに帰省したとはいえディズニーにも行ってるし、さらに2〜3年前には姫路城や白浜のアドベンチャーワールドにも行ってるけど、子どもがいるという7年ほどの時間においては、それくらいじゃないのかな。そう思うと、なかなか貴重なひとときだったんですね。


【4位 2年ぶり9回目の苗場(2月)】

 2月は何も書かなかったのに、きちんと楽しむところは楽しんでいたという(笑)。まぁ、そういうことでもないとやってられないし、よく働きよく遊ぶってのは大切なことですよ。

 2015年の10大ニュース3位として、「苗場のない2月」というものがありました。8年間、同じ時期に同じようなことを続けているというのがすごいなと。そういう意味では途中開催されなかった年があるとはいえ、森林公園オフも千里浜オフもすごいとは思うけれど、苗場だってねぇ。だって、チケットが取れないと行けないわけだし。

 そんな2月の苗場行きが一旦途切れたとはいえ、一旦途切れたら復活させるのは難しいかも?という、根拠のない一種の恐怖心のようなものもあったんだけど、それでも行くことができたということで4位です。ちなみに来年2月のチケットは押さえてあるので、2年連続10回目の参戦となります。甲子園出場校の、「◯◯高等学校 2年連続10回目」みたいな感じだと、もう十分常連ってことですよね!? 会場の様子とか、リクエストコーナーなどを見てると、もっとすごい剛の者も確かにいますけれど。
posted by てつりん at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

2016年の10大ニュース(10位〜7位)

 今年はがんばりましたよ。だってちゃんと、年内の棚卸しを年内にやってます(笑)。年が明けてから、前の年を振り返るようなことはしません。

 さて、年末の恒例となりました個人的10大ニュースを披露するお時間でございます。この歳になってしまうと何となく過ぎていってしまうような1年を、あっという間に過ぎていってしまいその速さが加速度的に増していく気がする1年を、せめて少しはじっくりと振り返ってみます。きょうは10位から7位までを紹介です。下線部のあるタイトルをクリックすると、当時の日記に飛びます。


【10位 おこづかい増額(11月)

 自分の収入が全額自分のおこづかいでなくなってから、初めての増額でした。あったらあった分だけ使ってしまうのがわたしのまずいところで、収入を全額おこづかいにできてた頃、ちっとも貯金できなかった。そうねぇ、最初の頃はガソリン代とかランチ代に消えていった気がするし、ある時は生活費に、またある時はデート代に消えていったのでしょう。ちなみにその間、さとはわたしの貯めた額の20倍を貯めていたんだからすごい。その大金はいろいろあってあっという間に消えていったにも関わらず、さとの20分の1しか貯められなかったわたしの分は、今でもきっちり銀行口座に残ってるんだから笑っちゃうよね。無駄遣いしないよう気をつけます。


【9位 家がよく壊れる(3月頃)】

 新築だったとはいえ、10年以上も住めば立派な中古住宅です(笑)。ということで換気扇やブラインドが壊れて修理してもらったという話が掲載されています。消耗品みたいなものだから、それはそれでやむを得ないと思います。

 それよりも気になっているのが、入居当初から電球が切れたらどうやって替えるんだろうねぇと思うような場所にある照明器具の電球が切れています。どれくらい大変かというと、4個のうち1個でも切れたら、電気工事屋さんか何かを呼んだうえで、まとめて替えてもらおうと思っていたくらいです。結局まとめて交換の話は立ち消えになったのですがね。


【8位 小田和正ライブ+岐阜、三重の旅(5月)】

 岐阜城を攻めてきた話四日市名物のトンテキを食べてきた話ライブを観た話、あとは書かなかったみたいだけど伊賀上野に行った話とか、お嬢様聖水を買った話もあった気がします。

 「◯◯県をしゃぶりつくそうツアー」みたいな企画を考えようとしたことがあるんです。例えば三重県だったら、鳥羽水族館とか伊勢神宮とかには行くけれど、じゃぁそれ以外って何があるんだろうと(三重県関係の方ごめんなさい)。でもそれは、知らないだけのことであって、ちゃんと足を運んで探したらおもしろいところがたくさんあるじゃないかと。結局しゃぶりつくそうツアーは企画の方向性だけで、実行したことはないけれど、やっぱりいろいろと行ってみたいなぁと思うのでした。


【7位 イエモンのライブ+福島県の旅(8月)】

 福島県を観光し、イエモンのライブを観て新津鉄道資料館に行ったのです。途中オフをしたりというか鉄道資料館に行ったことがオフなのですが、あとは旧車イベントに偶然遭遇したりもしています。

 こう考えると今年はライブに関する遠征が多かったみたいです。本来は福島公演に行く予定がなかったのに、仕事の都合でどうしても神戸公演には行けなくなって、そんな事情の上での福島公演だったのですがね。何年も前から行きたいと思っていた大内宿にも行くことができて、とっても満足でございます。

posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

今年も準備をはじめました

 うちで胃腸炎なのか、よくわからないものが流行っています。きょうもなっちゃんが保育園に行けるのかと思いきや、結局休むということがありました。みっちゃんは下痢で大変だったことがあるし、わたしも日曜日の勤務中に、猛烈にお腹が痛くなりトイレに2回行きました。たぶんそれは、う◯こがたくさん溜まっていただけで、その後なんともなかったのですがね。

 さて、気がついたら今年もあと3週間ですよ。ということで、ちょこちょこと年末年始の準備を始めております。どんなことをしているかといいますとね・・・、

・ここの今年の投稿分を全部読み返す → 今年の10大ニュースを発表する準備
・年賀状のデザインを決めて、発注した

いまのところはとりあえずそれくらいです。手帳を読み返すというのも、今年の10大ニュース発表の準備としてやりたいところです。それで思ったんだけど、個人的には今年はまれに見る大豊作というか、大事件多数の予感がします。あっ、どちらかというといい方の大事件ね。あとは、着てない服の大処分とかもやりたいなぁ。代休を取らなくてはならないので、仕事納めを1日前に、仕事始めを1日あとにしたから、年末にそういうことをする時間はあるはずなんだ。着なくなった服ってそのうち着ると思って捨てないんだけど、結局のところ着ないんだよね。
posted by てつりん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

辻占(2011年版)

 3年ぶりにやってみました。3年前のものはこちらから。辻占の説明もわかります。

 解釈によっては開いた順に並べるってのもあるらしいのですが、わたしの場合意味不明だったので、都合よく並べてみました。で、写真で見るとこんな感じ。

2011011501.JPG

 「うそからでたまこと あとのたのしみを 約束してもよろし」。先月書いたFA宣言の書類がうまく回らないかなぁ(笑)。別に申請が通ると思って出したわけでもなかったから、「うそからでた」ものと言えなくもないかな。

 さて、あとの楽しみは、、、どうなんでしょうねぇ。
posted by てつりん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

正月休み最終日

 仕事始めのはずのきょう。うちの会社は有給が1月から加算されるので、去年は体調不良でかなり使ってきたにもかかわらず、いきなり有給(笑)。

 いや、保育園と同じ期間の正月休みなので、夜も昼も簡単に寝てくれるだけにまだマシな方なんだと思うけど、みっちゃんみたいな元気を有り余らせるちびっ子がいると、土日が長引くような感じでなんだか休まらないんですよ。だから1日くらい、のんびりさせてくれということで有給。

 で、どこに行こうかと。正月らしくゴージャスなランチがいいねと言うことで、ホテルのランチバイキングへ。実はこのホテル、つい先週会社の同期と出張ついでに行ってきて、わたしがポイントカードを持ってるからと一括立て替え会計をしたら、飲食代が5000円以上になったということで「くじびきをどうぞ」と。その結果、グループ各社で使えますという1000円のお食事券をゲットしたのでさとともう1回。

 このホテル、個人的には市街地からのアクセスもよくない、へんぴなところにあるよねって思うけど、実は結構な高級ホテル。先週は雪が降る中傘もささずにロビーに入ってきた同期に、「これでお拭きください」とすかさずタオルを差し出した。さすが。

 きょうは電話予約をしていったんだけど、電話応対からしてちょっといい意味で違う。さすが。行くと結構混んでいて、待ってる人もいたんだけど、予約効果ですんなり入店。ちなみになっちゃんをソファーに転がしておけばいいやと思ってきたんだけど、ホテル側がなんと病院の新生児室によくある、透明な箱と台車を持ってきた。その箱にはこれまたホテルのタオルが敷かれ、毛布まで。いたれりつくせりで、さすが高級ホテルは違うね。今年はこういう、いいお金の使い方をしたいねと、さとと話す。さとの予想では、ホテルウエディングも積極的に承っているらしいので、結果として新郎新婦の友人が首も据わらないような子連れで来ることを想定して準備しているのではないかとのこと。ほかにも、待たされて入店してきたお客に対して、席に案内した後に「これまでお待ちいただき、ありがとうございました」と一言添えるなど、さすがと思わせるおもてなしの数々。ちなみにお値段はは1490円。写真はないけど、うまかったです。

 帰りは飲食物が払拭に近づき、夕飯の準備もままならないと言うことで、珍しくジャスコで買い物。「♪ジャスコの〜ぉ かよ〜いちっ」と連呼される2小節の曲がこびりつくほど店内を散策。さとがプラレールに吸い寄せられそうになったり。ちなみにうちにある遮断機が下りるだけの踏切ではなく、音が鳴る踏切に興味を示している模様。車輪がベルを踏んで、「♪チン、チン」って鳴るだけの簡単機構のものだけど。

 なお、じっくり探索したせいで、みっちゃんにとこういうものを買ってしまいました。
2011010401.jpg

 「またですか」とか、「下品ですねさすがさときん帳ですね」なんて言わずに(笑)。今年のキーワードですからね(爆)。これでうちも開運好調間違いなし。新年の最初に買い与える絵本にふさわしい!? ちなみにギャグマンガ風のシュールな絵と、おやじギャグがうんこだけにふんだんにちりばめられた文は、大人でも楽しめると思います。希望があれば、わたしが精魂こめて読み聞かせに上がりますよ(笑)。絵本の読み聞かせって小さい子どもにするものとちょっとバカにしてたけど、大きい子どもとか大人にも効果があったりするんだってね。

 さて、あすからは通常営業です。
posted by てつりん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

いつの間にか

 この家は日本東西文化の結節点でありまして(なんて大げさな・・・)。

 すなわち、東日本エリアで生まれ育ったさとと、西日本エリアで育ったわたし。西日本と東日本では、同一メーカーの同一商品でも微妙にカップ麺の味付けを変えているという情報を聞きつけ、新潟県内まで買いに出かけて検証会をやったことが昔ありましたが、見事にさとは新潟県内で買ったものを、わたしは地元で買ったものを好むという結果が出ましたね。

 で、東と西と言えば、雑煮の味がどうたらこうたら。いや、そもそも餅の形から違うとか、日本国内異文化交流会をやると結構盛り上がるネタ。長年うちでは、さとの雑煮の餅は焼いたものを、わたしの雑煮の餅は煮たものを、雑煮の具入りだしとあわせて食べてました。出す側から見れば、面倒なことこの上ないけど、かれこれ10年くらいそうしてきたわけです。

 ところが今年。ついにわたしが焼き餅派に転向してしまいました。というか、さとと同じものを出されても、気がついたことはついたけど、気にならなかったという(笑)。区別して出すのも面倒だろうし、来年以降はこのまま焼き餅派でいくんだろうな。さすがにあのミュージシャン、松任谷家みたいに餅に黒い焦げがついてたら気にすると思うけど。


 ちなみに以前、さとがこの地域の伝統的スタイルなお雑煮について書いてますので、気になる方はどうぞ。ちなみにわたし、この雑煮があまり好きではありません。こればっかりだと、飽きるんだよね。
posted by てつりん at 17:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

初夢 2011

 プレに自動走行装置を取り付けました。運転する人がいなくても、自動で周囲の道路状況などを判断し、自律走行するんです。って、そもそもなんでそんな装置を取り付けようとしたのか、きっかけからして謎なんですけど。

 で、それがうまくいくのかの検証をしようということになり、わたしが別の車を借りてきて、自分のプレを追いかけることになりました。車種は、、、何かわからなかったけど、スターレットとかファミリアみたいな、古い3ドアハッチバック系だったと思います。

 検証開始。うちのプレは想像以上にアグレッシブな自律走行を行い、ついていくのもなかなか大変。周囲にクルマがいるという難しい状況でも、適宜すいているほうへと車線変更を決めたりして、どんどん前へと走っていきます。結局、見失ってしまいました。

 そのまま前へ前へと走れば、いつかは追いつくだろうと思いながら走らせているうちに、気がついてしまいました。そもそもうちのプレが、どこへ向けて走っているのか自体が謎。ほら、自動運転装置をつけたなら、どこへ向かって走るのかの設定とかをするんじゃない? ところが実験開始にあたって、設定をした記憶がない。というわけで勝手に走るうちのプレを見失ってしまいましたというのが、わたしの初夢でございます。誰か診断してください(笑)。


 しかし、目的も決めずに走り出して、大変なことになる2011年だぞという暗示だったらイヤだなぁ。確かにいろんな意味で今ひとつだった2010年とは違って、いい方向へと走り出したい2011年ではあるけれど。
posted by てつりん at 12:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

あらためまして

 さすがに新年一発目が「う○こ」じゃ、さすがにまずいわな。ある意味ここらしいとも言えるんだけど、それで終わりってのもいかがかと思いまして、あらためまして新年のご挨拶を。

 本年もなにとぞ、よろしくお願いいたします。ここをご覧の皆様にとって、よいこと満載の2011年でありますように。


 さて、天候が悪いということで実家には人がいるだろうということで、午前中に新年のあいさつを済ませてきました。で、いつの間にか昼寝をし、目が覚めたら意外と外はいい天気。「今のうちに初詣行っちゃう?」ってことで、夕方あたりから夜にかけて行ってきました。同じことを考えた人が他にもたくさんいたようで、行きはかなりの大渋滞。帰りの反対車線はガラガラでした。でもちびっ子2人連れで、晴れている間に行けてよしとしましょう。さて、新春恒例(?)「わたしの引いたおみくじ大公開+昨年のくじは当たったのか大検証」の時間でございます。


【引いたくじの内容】  

 参考までに昨年のものへのリンクを貼っておきます。「今は何事も目前には思わしい利益なく、寧ろ艱難辛苦」で、「取り越し苦労もする時」だったんだと。確かに「あの頃の今(2010年1月の頃)」を思うと、艱難辛苦だったのかも。だからその後、倒れて救急車に乗せられたりするんだ。ただ、「今(2011年1月頃)のあの頃」を思うと、確かに取り越し苦労だったんだなと思える。病状も、まぁぼちぼちってところだし。

 願事、職業、訴訟の3つに関しては、とにかく「中傷」とか「恨み」の語が頻発。う〜ん、恨みは買ってたかも知れないなぁ。恨みを買うようなことをしているから病気になるのか、病気になるほど恨まれたのか、今となってはどっちとも考えられる。なにしろなかなか的中していたのではないかと。「もしこうなったらいいなぁ」という控えめなテンションの願い事も、「妨げがあって今は成功しない」とか、「手堅くして時節を待つがよい」だったし。うん、その通り当たってた。

 では今年引いたくじ。

 「驚き事あるとも落ちついて慌てず騒がず慎んでいれば、幸せとな」るそう。「今は変動の多い時であるから」というのも気になります。ううむ、転職活動の成功とか(笑)!? 願事も「進んで吉。最初にうまくいかなかったならば、更に工夫して又進むこと」とあるので、このまま前進あるのみですな。職業でも「変動が激しいので気遣いや悩みが多い」そうですが、転職活動の成功の先にある気遣いや悩みならそれもまぁよかろう。年頭にあたり、今年は動いて進んでと考えているので、それで多少驚くことがあるくらいの方がいいんじゃないかってことで。旅行中の「驚く事があっても狼狽するに及ばぬ」も、楽しいハプニングならそれもラッキー。待人の「意外の処から電報など来て驚くこともある」ってのも、なんとなく悪い話ではなさそうと勝手に予想。出産も「驚きはあるが安産」だそうだし(笑)。なんだ、驚きって。男の子がほしいと思ってがんばったら、女の子の双子が産まれて四姉妹になりましたとか(爆)!?

 驚きと並んで今年のキーワードとなりそうなのが、「競争者」。「・・・大した困難もなく成功する。同時に競争者があるから、油断なく勉強することも大切」なんだそうで。まぁうちの業界は、とにかく日々勉強ですし、転職活動が成功すればそれこそさらなる勉強が求められるわけですからある意味当然のこと。でもほかにも、願事にも「競争者に負けぬよう手堅くせよ」、恋愛も「競争者はあるし、此方が勢いこんで進むのに相手は動かぬ」と、とにかく競争者の存在が。ただし、わたしのような子持ち既婚者が、競争者のあるような恋愛に勢いこんでいくと、「色情難の時だから慎むがよろし」の通りになりそうなので、火遊びはほどほどに(笑)。というか、この神社、ホントよくわたしに色情難を戒めてきます。色情難に遭いたいくらいの気持ちがないわけではないですが、そっちのほうは間に合っておりますので。

 そんなわけで驚きと競争者がキーワードらしい2011年。今からわたしに驚きをもたらしてくれるというステキな方も、いい意味で刺激になってくれそうな競争者も、絶賛募集中です。おみくじだけ見れば、いい1年が始まりそうです。
posted by てつりん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うんこ

 正月早々、大変申し訳ありません。これに愛想を尽かしたりせず、今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 さて、表題の「うんこ」ですけれど。紅白を20時30分頃から、録画で見始めまして、アーティストによっては、場面によっては、1.3倍速再生で22時45分頃追いつきました。で、紅白が終わってからの約15分間。iPadで書道のように書けるアプリをさとがいじっているうちに、なぜかうんこの話になりまして。

 そこからは書道アプリでうんこと書いたり、うんこの絵を描いたりと、さとの暴走が止まらない。こっちはWOWOWの福山年越しライブに切り替えてカウントダウンを盛り上がろうとしているのに、このままではうんこで1年が終わり、うんこで1年が始まってしまうじゃないか。

 だからいいかげんうんこの話はやめろ。そうたしなめたところ、文鎮つきの半紙の画面にさとが書いたのは、

運呼

 ・・・またうんこかい。でも、さとが言うには、「運を呼ぶ」でうんこなんだと。縁起がいい感じがしたので(???)、大急ぎで書斎へ筆ペンを取りにいったのが2010年を25秒ほど残した段階。リビングに戻って、さとと2011年の始まりを祝い、そしてほぼ日手帳の1月1日のページに書いたのがこれ。

2011010101.jpg

 今年のさときん流行語大賞を取るだろうな。みなさんも書き初めに、「運呼」と書いてみませんか(爆)。
posted by てつりん at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

2010年 てつりん的10大ニュース(3〜1位)

【3位 育休を取る(9〜11月)】

 予定日の前後2週間で4週間。きっとその間に産まれるだろう。で、産後1か月は何かとさとの行動に制約も出るだろうからということで、その後さらに4週間の計8週間。お休みを頂戴しました。

 うん、時代の先端を走りたいという気持ちはもちろんのことだけど、それ以上に仕事をしながら家の中のこともきちんとしてさとのサポートをするということに、どうしても自信が持てなかった。別に使える権利なんだから使うというおかしな権利意識からでもなければ、自分が第1号だという功名心でもない。実際のところ、上司には前例がないからとか言われたけど、実際のところ前例はあったわけで第1号でもなんでもないし。

 結局育休突入前に産まれてしまい、しばらく大変な時期はあった。でも比較的のんびりした8週間を過ごすことができたわけなんだけど、だからこそ取らなくてもよかったんじゃないのかって思った時期があったなぁ。まぁこの調子で働けばたぶんあと30年。大手を振って休めるチャンスなんてそうそうないんだから、それでよかったんじゃないのと言うのがさとの考え。わたしにとっても、いいリフレッシュになりました。期間中に小旅行とか、中島みゆきのコンサートに行けたりもしたし(笑)。


【2位 病気になる(1月〜)】

 下の写真の通り、長期通院中です。来年の予定だって入ってるし(笑)。感慨深いものはないけど、もうすぐ1年になるのか。
2010123001.jpg

 うっかり処置を誤ると死に至ることもある病なんだそうだが、もちろんこんなことで死にたくはない。だから医者の言うことはきちんと聞いているし、病院だってクスリだってさぼったりしない。ただ同時に、いつ死んでもいいように、やりたいことはやるという人生も過ごしてはいるけれど。正直自分が、そんな病気になるなんて思わなかった。でも、誰にでも起こりうることだとも聞いたこともあって、実際のところはその通りだったんだと。

 そんなわけで2010年の最初はボロボロのズタズタでした。挙げ句の果てに会社で倒れて、救急車で病院送りにされるという、人生初の体験をするハメに。ただ、お会いすればわかると思うけど、見た目は普通に生活できていますので、ひとまずご心配などは無用でございます。


【1位 なっちゃん誕生(9月)】

 もう、これしかないでしょう。うちのなかでは3回目はないということになっているので、これでもう終わりかと。ただ、不妊治療とかをなさっておられる方にはホントに申し訳ない話なんだけど、うちらの場合1回目も2回目もなんの考えもなしにできたので、心の中ではもう1回あるかも知れないぞという気持ちだけは心の片隅にひっそりと(笑)。いくら医学が神の領域に踏み込みはじめていると言っても、こういうのばっかりはさすがに授かり物なんだと思う。

 ついでじゃないけど、最近のなっちゃん。好きな遊びがあるらしく、自分で遊んでいたりします。あと、本来はみっちゃんの誕生前に買ったものなんだけど、なっちゃんも好きらしく触ったりしてます。侮れない力があるのか、いつの間にか立てかけてあったはずのものが倒れていたり。

 あとは、笑うようになった。手をぱちぱちされるのが好きらしく、リズムに乗せてぱちぱちすると笑います。首は・・・、据わっているようで据わってないのかなぁ。まっすぐに支えることはできるけど、それがうつむき加減で、上を向くことはできないってところかな。



 かくしていいこともあったけど、何かと大変だったな。そんな総括がふさわしい2010年だったかと思います。2011年はもうちょっと体調がよくなるようにというか、病院通いは終わりにしたい。転職もしたい。もうちょっと無理のない範囲で、仕事をしたい。でも欲を出すときりがないので、とりあえず来年もこんな戯言を最後に書けるような1年だったらそれでいいのかな。ひとまず皆様、よいお年を。
posted by てつりん at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする