2017年01月01日

2017年 年頭にあたりまして

 あけましておめでとうございます。本年もさときん帳ならびに、面識のある方においては中の人の方も、なにとぞよろしくお願いいたします。また、ここをご覧の方々にも、いいこと満載の2017年でありますように。

 さて、うちではいつからなのかわからないのですが、年長者から今年の抱負を語らされることになっております。にも関わらず、そういうことを例年忘れていて、いきなり振られて慌てて何か発言して、とんでもないことを言ってしまうこともあるんだ。というわけで、おせちやお雑煮を食べながら、語るハメになった今年の抱負です。ちなみにさとがメモしたものをそのまま写しております。

・てつりん  今年はやせます ※今年度(2016年4月以降)は、じわじわやせてきています
       仕事をがんばって早く帰る まぁ、段取りよく仕事のできる人になりたいですな
・さと    ※悩んでいたので、「4人目をがんばる」とわたしが横槍を入れて苦笑されました(爆)
       家計の正常化 こどもとあそぶ
・みっちゃん 3年生がんばります
・なっちゃん 1年生がんばります
・よっしー  でんしゃがんばります

 終わりの方の人たちは何をがんばるのかよくわかりませんが、とりあえずがんばるみたいです。まぁ、そのよくわからないがんばりというものは、わたしの場合におけるやせる宣言のようなものなんじゃないかと思ってしまったりもします(笑)。
posted by てつりん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

大掃除からの〜、

 うちの会社はきょうが仕事納めなのですが、先日の土日出勤に絡んで珍しく代休がいただけるということで、きょうを代休にしました。もう1日は来年の4日にして、長い年末年始休みを満喫したいと思います。

 とはいっても、働かざる者食うべからずのてつりん家。外で仕事納めだったとしても、家の中ではちっとも仕事納めではありません。ということで、ちびっ子の保育園やさとの通勤で送って行ったあと、年末らしいあれやこれやをしてきました。

 まずは洗濯を2回。同時進行で1階の掃除をしていきます。ソファーをばらしてカバーも洗濯して、隅々までホコリを掃除機で吸い取っていきます。いろんなものが発見されました。ほかには、年に1回しか掃除しないセントラル換気システムの解体清掃とか。
2016122801.jpg

 下の白いのが、新しくなったフィルター。自作ですけどね。そして上のゴミ袋の中にある、熟成されきった雑巾のような色をしているのが1年間使った自作フィルター。恐るべき汚さです。このへんでドタバタして深呼吸すると、喘息とか気管支炎とかになれそうな汚さです。
2016122802.jpg

 途中、金融機関に行って金策に奔走したり、ズボラすぎて今頃半袖ワイシャツをクリーニングに出しに行ったり。よっしーのおむつの安売りにも行ったし、お正月のしめ飾りも買ってきた。

 大掃除の定番、換気扇の掃除もバッチリ?です。もっときれいにできたと思うんだけど、とりあえずわたしが、毎年恒例でやっていることは終わらせました。
2016122803.jpg

 で、そうやって一生懸命働いて何をするかといいますとですね・・・、
2016122804.JPG

 今から、ちょっくら東京まで行ってきます。新しいデミオに乗りたいだけじゃないのかという声も、さとからのみ挙がっておりますが、そんな不純な動機ではありません(笑)。
posted by てつりん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

2016年の10大ニュース(3位〜1位)

 年賀状はなんと、24日までに書き上げてしまい、25日の日中には出してしまいました。これってたぶん、記憶にないくらいの速さですよ。そしてあす28日はわたしだけ休みというか代休を満喫して、大掃除の主要な部分を仕上げてしまいます。もちろん家事もね。

 そんな感じで押し迫った2016年ですが、わたしにとってどんな感じの1年だったのか。いよいよ3位から1位でございます。


【3位 投資を始めてみた(3月〜)】

 直接的には書いてないけど、1月の段階で投資信託を物色しているらしきことを書いています。結局買ったのは3月だと思うんだけどね。毎月配当が出て、その配当をその投資信託の購入に回すというタイプのものを、1万円分。ちなみに配当を現金で受け取る(つまり再投資をしない)ものもあるんだけど、正直どっちがどうなのかはよくわからなかった(爆)。まぁ、身銭を切って仕組み的なものを勉強するつもりで買ったのですよ。

 さらにもうちょっと手持ちに余裕ができたので、夏に日産自動車の株を買いました。投資信託の方はジリジリ値を下げ、ひどいときには当初の80%くらいになっちゃったんだけど、気がつくと某不動産王の効果なのか、とりあえず現在では評価額上の損失はなくなった状態にあります。そして日産自動車の株なのですがね・・・、
2016122701.jpg

見えにくいですかね?なんと含み益で18%くらい、金額にして3000円くらい増えていると。これとは別に、配当までいただいているわけですから、とりあえず順調に行ったのではないかと。でも個人的には売る気がないし、1株1000円〜1100円くらいの枠内で少しずつ日産自動車の株を買い足して、配当を多くもらえるようにしていきたいと思っていたので、高くなりすぎるとむしろ困るんだよね。ちなみにこういうことを日常的に考えていると、ゴーンさんが辞めたら日産の株価ってきっと、ど〜んって下がることになるんだろうねってことを考えてしまいます。なんだかんだ言っても、カルロス・ゴーンって人は、経営者としてすごい人なのでしょう。


【2位 DJデミオがやって来た(12月)

 今思うと、プレの車検の代車でこれがやって来たことが、すべての始まりだった気がします。いつもはあの販売店、そんないい代車は貸してくれないのに(爆)。

 まだ書いてないけど、驚きの急転直下の展開で購入を決めたのです。もうねぇ、さとの思考のスピードが早すぎて、最初はついていけませんで、買っていいことを理解するまでに少し時間がかかりましたよ。そのへんのキレのある思考って部分に、さすが東大理学部出身(ウソは言ってません)ってのを感じました(笑)。

 そうねぇ、とあるレビューでは、5ドアクーペだと思って乗るのがよいみたいな趣旨のことが書いてありました。個人的にはそれも納得です。実は、どうせわたしが乗るものなんだから、ほかの人のことは考えないでロードスターに乗りたいと思っていることは何度か書いたと思います。結局、子どもの送り迎えなどもしもの時に、あと3人乗れないと困るという理由で却下されて、ディーゼルデミオならOKが出たのです。でもねぇ、デミオとロードスター、全然別のものではあるけれど、わたしがクルマに求めるものの方向性はそんなに違ってないかな。それをマツダのブランド力のすごさとも言えるのかもしれないし、5ドアクーペだと思って乗るのがよいというレビューに共感を覚えるのかと。実際のところ、ヴィッツやアクアやフィットのライバルだと思って乗ると、確かにかなり不満が出る気がします。

 いい意味でそれらのクルマとは違った世界を持っているし、悪くいうとそれらのクルマが持つ収納や広さといったわかりやすい利便性において、確実に劣ります。でも、そんなデメリットを補って余りある魅力がある。ロードスターに対して、2人しか乗れないとか室内が狭いとかいった不満を持つ人っているのかと思うのと同じように、ちょっとくらい収納が少なかろうが、ちょっとくらい見切りが悪かろうが、そんな不満はどうでもいいと思えてきますよ。


【1位 青天の霹靂?まさかの異動(3月)

 自分で自分のことを、「業界の隅々を知っている」という表現で評していることがあります。仕事上のことなので、わたしの正体がってのもあるので、多くは語らないけれど、よくもまぁあれだけいろんな事業所の勤務経験があるなと。大きなくくりにおけるうちの会社で、わたしよりたくさんの事業所経験数がある人っていないんじゃないかと思いますよ。わたしの半分の数、いや3分の1くらいの事業所経験数で、支社長にまでなって引退するような人が普通にいるくらいです。つまり、一般的な会社人生の2倍から3倍の数の事業所を、まだ会社人生の半分くらいの者が経ていると。数だけじゃなくて、事業部の数でも一番じゃないのかなぁ。出先機関だけど本社勤務のほかに、3つの事業部を渡り歩いたほか、同業他社に出されたこともある。普通うちの会社において、事業部を移ることってそうそうないんだよ。

 で、事前に異動の話を聞いたあと、さとに報告したら、「あ〜、確かにそういうところもあったねぇ」ってリアクションでした。わたしも、「まだ自分の行ったことのない系統の場所があるんだ〜」と思ったくらい。もっと長くいると思っていたのにもう異動になるのかという驚きと、行き先に対する驚きの2つがあったので1位です。今思うと、去年の振り返りの段階で、こうなることはわかっていなくても、こういう感じのことになるかもしれないくらいのことはわかっていたのかも。今思うと何かの登竜門を登らされていた、そして今も登らされているとでもいった感じかな。中途入社組であることや、その他諸々の事情もあって、意外と正社員歴は短いのにね。



 というわけで例年にない異例の速さで、今年の10大ニュースでした。今年2016年もあと100時間を切りました。わたしにとってもかなり激動の年でしたが、こうやって振り返ってみたところいい意味での大事件が多かった感じで、なかなか悪くなかったじゃないかと。来年度もよい年でありますように。ここをご覧の方にもよいこと満載の新年が訪れますように。みなさまよいお年を!

 ・・・でも、今年の書き納めではないと思いますよ。
posted by てつりん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

2016年の10大ニュース(6位〜4位)

 ちゃんと年内に書いてますよ(笑)。

 そういえば書斎の大掃除をはじめました。家中ほぼ総出で。なっちゃんが来年から小学生なので、学校関係のものを入れる場所を確保しなくてはならないということで、家を建てた際に壁一面を本棚にしてある場所があるのですが、そこの2マスを開放しようと。現在は、作業を一旦中断して、これを書いています。

2016122401.jpg
↑実際には写っている範囲の1.5倍の幅があります。

 さて、今回は、6位から4位までをいってみましょう!


【6位 何も書かなかった(2月)】

 もうねぇ、一言も発しませんでしたよ。投稿数が減る月というものはあるものなのですが、まったく何も書かなかったというのは異例のことなのではないかと。その証拠のスクリーンショットでも貼っておきますか。
2016122402.jpg

 まぁ、それだけ忙しかったのです。仕事が連日連日、大変なことになっていたはずです。当時の記憶は薄れていますけどね。それでも苗場に行って昼間っからちゃんこを食べながら飲んだり、川原湯温泉に行ったり。反動ってわけじゃないと思うけれど楽しい休日を過ごす余裕もあったんです。でもやっぱり、ここが開業して10年以上経っているのに、一言も書かないってことがいかに異例のことだったのかと思うと、もしかしたら6位でも足りないのかもしれません。でも、2016年を語る上での象徴的なできごとという意味では、インパクトが薄いので6位。だってそもそももはや、あんまり記憶にないわけですから(笑)。


【5位 に〜がたオフ+てつりん家の休日(7月)】

 そんなにオフ会に出かけているわけでもないのですが、家族総出でのオフ会ともなるともっと貴重な気がしたので5位です。初日の模様オフの内容2日目の内容の3本分で構成されております。

 そうねぇ、2人で住んでた頃は、それこそいろんな県外のオフ会に出かけていた記憶があります。15年くらい前には、お泊りのオフだってありましたし。でも、うちの住人が3人、4人、5人と増殖するに連れて、県外のオフには行かなくなりました。県外には行かなくても、県内で森林公園と千里浜のオフをやっていれば、オフがないことへの禁断症状だって出ないし。

 あとは、子どもも含むという意味での家族旅行と呼べるものって、そんなにやってない気がしたんです。去年はついでに帰省したとはいえディズニーにも行ってるし、さらに2〜3年前には姫路城や白浜のアドベンチャーワールドにも行ってるけど、子どもがいるという7年ほどの時間においては、それくらいじゃないのかな。そう思うと、なかなか貴重なひとときだったんですね。


【4位 2年ぶり9回目の苗場(2月)】

 2月は何も書かなかったのに、きちんと楽しむところは楽しんでいたという(笑)。まぁ、そういうことでもないとやってられないし、よく働きよく遊ぶってのは大切なことですよ。

 2015年の10大ニュース3位として、「苗場のない2月」というものがありました。8年間、同じ時期に同じようなことを続けているというのがすごいなと。そういう意味では途中開催されなかった年があるとはいえ、森林公園オフも千里浜オフもすごいとは思うけれど、苗場だってねぇ。だって、チケットが取れないと行けないわけだし。

 そんな2月の苗場行きが一旦途切れたとはいえ、一旦途切れたら復活させるのは難しいかも?という、根拠のない一種の恐怖心のようなものもあったんだけど、それでも行くことができたということで4位です。ちなみに来年2月のチケットは押さえてあるので、2年連続10回目の参戦となります。甲子園出場校の、「◯◯高等学校 2年連続10回目」みたいな感じだと、もう十分常連ってことですよね!? 会場の様子とか、リクエストコーナーなどを見てると、もっとすごい剛の者も確かにいますけれど。
posted by てつりん at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

2016年の10大ニュース(10位〜7位)

 今年はがんばりましたよ。だってちゃんと、年内の棚卸しを年内にやってます(笑)。年が明けてから、前の年を振り返るようなことはしません。

 さて、年末の恒例となりました個人的10大ニュースを披露するお時間でございます。この歳になってしまうと何となく過ぎていってしまうような1年を、あっという間に過ぎていってしまいその速さが加速度的に増していく気がする1年を、せめて少しはじっくりと振り返ってみます。きょうは10位から7位までを紹介です。下線部のあるタイトルをクリックすると、当時の日記に飛びます。


【10位 おこづかい増額(11月)

 自分の収入が全額自分のおこづかいでなくなってから、初めての増額でした。あったらあった分だけ使ってしまうのがわたしのまずいところで、収入を全額おこづかいにできてた頃、ちっとも貯金できなかった。そうねぇ、最初の頃はガソリン代とかランチ代に消えていった気がするし、ある時は生活費に、またある時はデート代に消えていったのでしょう。ちなみにその間、さとはわたしの貯めた額の20倍を貯めていたんだからすごい。その大金はいろいろあってあっという間に消えていったにも関わらず、さとの20分の1しか貯められなかったわたしの分は、今でもきっちり銀行口座に残ってるんだから笑っちゃうよね。無駄遣いしないよう気をつけます。


【9位 家がよく壊れる(3月頃)】

 新築だったとはいえ、10年以上も住めば立派な中古住宅です(笑)。ということで換気扇やブラインドが壊れて修理してもらったという話が掲載されています。消耗品みたいなものだから、それはそれでやむを得ないと思います。

 それよりも気になっているのが、入居当初から電球が切れたらどうやって替えるんだろうねぇと思うような場所にある照明器具の電球が切れています。どれくらい大変かというと、4個のうち1個でも切れたら、電気工事屋さんか何かを呼んだうえで、まとめて替えてもらおうと思っていたくらいです。結局まとめて交換の話は立ち消えになったのですがね。


【8位 小田和正ライブ+岐阜、三重の旅(5月)】

 岐阜城を攻めてきた話四日市名物のトンテキを食べてきた話ライブを観た話、あとは書かなかったみたいだけど伊賀上野に行った話とか、お嬢様聖水を買った話もあった気がします。

 「◯◯県をしゃぶりつくそうツアー」みたいな企画を考えようとしたことがあるんです。例えば三重県だったら、鳥羽水族館とか伊勢神宮とかには行くけれど、じゃぁそれ以外って何があるんだろうと(三重県関係の方ごめんなさい)。でもそれは、知らないだけのことであって、ちゃんと足を運んで探したらおもしろいところがたくさんあるじゃないかと。結局しゃぶりつくそうツアーは企画の方向性だけで、実行したことはないけれど、やっぱりいろいろと行ってみたいなぁと思うのでした。


【7位 イエモンのライブ+福島県の旅(8月)】

 福島県を観光し、イエモンのライブを観て新津鉄道資料館に行ったのです。途中オフをしたりというか鉄道資料館に行ったことがオフなのですが、あとは旧車イベントに偶然遭遇したりもしています。

 こう考えると今年はライブに関する遠征が多かったみたいです。本来は福島公演に行く予定がなかったのに、仕事の都合でどうしても神戸公演には行けなくなって、そんな事情の上での福島公演だったのですがね。何年も前から行きたいと思っていた大内宿にも行くことができて、とっても満足でございます。

posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

今年も準備をはじめました

 うちで胃腸炎なのか、よくわからないものが流行っています。きょうもなっちゃんが保育園に行けるのかと思いきや、結局休むということがありました。みっちゃんは下痢で大変だったことがあるし、わたしも日曜日の勤務中に、猛烈にお腹が痛くなりトイレに2回行きました。たぶんそれは、う◯こがたくさん溜まっていただけで、その後なんともなかったのですがね。

 さて、気がついたら今年もあと3週間ですよ。ということで、ちょこちょこと年末年始の準備を始めております。どんなことをしているかといいますとね・・・、

・ここの今年の投稿分を全部読み返す → 今年の10大ニュースを発表する準備
・年賀状のデザインを決めて、発注した

いまのところはとりあえずそれくらいです。手帳を読み返すというのも、今年の10大ニュース発表の準備としてやりたいところです。それで思ったんだけど、個人的には今年はまれに見る大豊作というか、大事件多数の予感がします。あっ、どちらかというといい方の大事件ね。あとは、着てない服の大処分とかもやりたいなぁ。代休を取らなくてはならないので、仕事納めを1日前に、仕事始めを1日あとにしたから、年末にそういうことをする時間はあるはずなんだ。着なくなった服ってそのうち着ると思って捨てないんだけど、結局のところ着ないんだよね。
posted by てつりん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

抱負というか目標というか

 夏休みの宿題って、夏休み中のいつ頃から本気出してましたか?
 
 わたしは8月の後半に一気に本気を出して仕上げるタイプでしたが、不覚にも9月になって終わったこともあったかと。ちなみにさとは、7月後半に本気を出して、一気にきっちり終わらせるタイプだったらしいです。

 で、そんな悪癖は大人になっても基本変わらないわたし。むしろ、「ケツに火が付いているくらいのほうが気合が入っていいんだ」と、追いつめられていく自分を楽しんでいるくらいなんだからたちが悪い。事実、火事場のなんとかってやつで、ケツに火が付いているくらいのほうが、仕事がさくさく進んだりするんだ。

 そんな話を昨年末に、50代なかばの会社の同僚と話をしていました。同僚も基本的にはわたしと同意見なんです。だからこそ思ったんだけど、40代にもなって、追い詰められたギリギリで仕事をして、火事場のなんとかで乗り切っているようではダメでしょうと。この、ダメでしょうってところも含めて、50代の同僚も同意見。まぁ、だんだん歳をとって、火事場のなんとかにも衰えが出ているのか、ホントに火だるまになってしまうことも増えているだけにね。着手しようと思った仕事の締め切りが、その着手しようと思った日にはもうすでに終わっていた(爆)とか、プレゼンを1本作って持っておいでと言われた日(ただし当日は本番ではない)に、大胆にも半分だけできたものを持参して残りはとりあえずすべて口頭でそれっぽくやっちゃった♪とか、そんなの自慢にも何にもならない

 というわけで2016年は、締め切りよりももっと早く仕事が終わっているような、仕事のできる男を目指したいのです。それがまわりまわって、年頭に掲げた「仕事と家庭の両立」というものにつながっていくはずなんだ。と言いながら、すでに仕事始めの4日5日とケツに火がついた状態で頭のなかが走り回っています。白いワニが現れて、プレゼン半分状態で出張に行ったのも今日の話です(コラ)。そんなわたしを知ってか、部長がわたしの顔を見ながら、「てつりんがこういうものを作りますので、それを踏まえて今後、各部で会議をしてくださいね」と事業所全体の会議で何度も言ってたのも今日の話です。どうなりますやら。
posted by てつりん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

あたるのでしょうか!?

 例年年末年始スペシャルと銘打って書いてたもののなかに、おみくじ披露と昨年の検証というものがありました。

 おみくじなんて引いて読んでその場で忘れちゃうものですが、こうやって何らかの形で記録に残して、あとで読むのっておもしろいかな?と思いながらやってみたのですが、なかなかあたってたりしておもしろいものだなぁと。まぁ個人的に、わたしがおもしろいだけのことで、ここをご覧の方にとっておもしろいのかどうかまではわかりませんが。ちなみに2014年の正月に引いたもの、同じく2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年、そして年末年始スペシャルと銘打ってないにもかかわらず、2006年にもあった。それって要するに、このブログができてから、喪中で行ってない2015年を除いて毎年、初詣のおみくじの内容を書いてアップしてるってことじゃない(笑)。いや〜、びっくりだ。

 というわけで、今年2016年の初詣で引いた、小吉のおみくじの内容をざっくりと書いておきます。あたっているのかどうかについては、2017年の新春に検証したいと思います。

 総論としては、「見かけ倒しの運勢で、人に羨まれるほどには中身がよくない時である」だって。この言葉自体には興味がないけど、出世街道を駆け上がりそうに見られそうな気がするだけで、わたしそのものはパッとしないのでしょうか。ありそうな話ですなぁ。だからこそ、「人に対しては誠実を旨とし、嘘を言わず親切に交際して、信用を築くよう」にしなきゃならないんだって。まぁ、そのへんは、個人的にはいつものことだし、いつもそうしているつもりです。てきとうだけど(笑)。あとは、「虚栄を張らず、奢りを慎み、質素を守る」とか、「遠くの見透しのつかないのが欠点」だから、「軽はずみせず、諸事手固くする」とよいのだとか。

 続いて各論。願事は、「表面だけで中身がないように先方から思われ、不信の点で望みが達しない。それに間に妨害者もあるようだ」って。転職活動に対して、中身がないと信じられていて無理っぽい以前に、来年度も同じ事業所にいてほしいと思っている支社長が間でこの話を握りつぶそうとしているようです(笑)!? こりゃぁ、ダメだ。というわけで職業だって、「求職は障りがあってすぐには達しない」ということになるのでしょう。

 売買は、自分のおこづかいの範囲内ということで、1万円からできる毎月配当タイプの投資信託を物色して、自分の勉強とお遊びをかねてやってみたい。しかし「勘定合って銭足らずの時。外に求めるよりも内の整理が大切」とのことなので、かつての武田薬品の株を買っていた(その後、売却益の出ない状況で処分)のに引き続き、武田薬品と同じような理由で三井物産の株を買わせようとする野望はなかったことにしておきます。

 旅行は、「近ければ吉。遠い旅行は障りがあり易い」って、苗場は遠くないですよね??? 高速だと片道350kmくらい、近年使っているR253→R353の山越えルートだと300kmを切るんだし。「旅先では質素第一」だそうなので、楽しくなってたくさんあれこれ買いすぎたり食べ過ぎたりして、年度末の飲み会ラッシュで瀕死のお財布になって、さとの助けを求めるようなことのないよう注意したいところです。

 ほかにも「見栄坊のため失敗する」恋愛とか、「相手をよく調べずにすると、末遂げられない」結婚とか、「多少の難み」があるという出産(笑)とかもあるのですが、そういうものはもうないはずなのでとりあえずこのへんで。さて、今年。わたしにとってどういう1年になるのでしょうか。一応後厄なので、心の片隅に意識しておきたいなぁと思います。
posted by てつりん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

更新

 結構長い間、ほぼ日手帳というものを使っております。
2016010301.jpg

 昨年はあまりに忙しく、何でも書いてたのに何も書かなかったりで、あまり有効活用した感じがしなかったのです。そこで今年は、がんばって書こうと思いまして、手帳の更新をしました。カバーを付け替えたり、ハサミや両面テープなどの中身を移し替えたり、去年のものにすでに書かれている、1〜3月の予定を書き写したり。

 で、これまでどこかに出すことのなかった、「今日のことば」のメモを引っ張りだしてみようかと。何年か前から、その日その時の気分で、心に留まった言葉を書き写していたのです。
「集団の多数決に正義を依存する人は、最も大きな悪を犯す」

 ドイツの哲学者、ハンナ・アーレントが、アイヒマンの裁判のおりに発したものらしい。1月8日のメモより。ちなみにこの人を描いた映画があるらしいです。ちょっと気になります。

「努力しないとどうにもならない時が来る・・・」

 あのユーミンが、飲みながら言っていたらしい。ここで長くは語らないけれど、個人的にはすっごく共感できる。2月4日のメモより。

「すべてのジャンルはマニアが潰す」

 新日本プロレスをV字回復させた、木谷高明氏のことば。12月5日のメモより。

 これに触発されて、現行のNDロードスターについて1本書けるって思ったけれど、結局のところそれっきり。書きたかったことを簡潔に言うと、NDが思いのほかスポーティーじゃなくて、例えばロータスエリーゼとかと比較してつまんないなんてもっともらしく言うような人が、ライトウェイトの2シーターオープンなんて超マニアックなロードスターの万人受けする懐の深さを潰して、とどのつまり絶版車にしちゃったりするんだ。そういうのはおいといて、NDをああいう味わいに仕上げたマツダって、つまりマニアに潰されないようにだれにでも楽しめるように、かつおもしろく作ったNDの開発スタッフって、すごいよねぇって話でした。

 この話の幅を拡げると、新しいファンを獲得し続ける山下達郎ってすごいよねぇ。マニアックなうんちくを批判的に垂れるような人は来なくていいよみたいな趣旨のことを言う山下達郎は、事の本質をわかっているんだろうなぁ。そのほか、いろんなものに応用できるというかあてはまる気がするのです。


 というわけで、昨年は少なくてこの3つでした。もっとアンテナを高く張って、琴線に触れるようないろんな言葉に触れたいと思う年の始めなのでした。
posted by てつりん at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

初詣

 このへんの正月とは思えないくらいいい天気です。というわけで、初詣に行ってきました。

 ホントは正月早々クルマに乗るのは好きではないので、できるだけ最小限に。まずは近所の駅というかボウリング場までプレで出かけます。その気になれば徒歩10分ほどで近所の駅→電車で別の駅→以降、今後の内容と同じという動きもできるんだけど。今思えばとっても天気がよかったので、最初っからクルマに乗らなくてもよかったんだけど。

 ボウリング場から、こういう電車に乗りました。ちなみにボウリングをしないのにボウリング場にクルマを置けるのは、鉄道会社の関連会社がボウリング場をやっているからです。
2016010101.jpg

 駅についたら、神社直行の臨時バスに乗ります。かつては表参道近くまで鉄道が通っていたのですが、数年前に廃線になってしまいました。電車の車窓からも見えるのですが、渋滞で動かないクルマの列を見るのが、ちょっとした優越感だったり。渋滞で動かないクルマの列の横を、バスで駆け抜けるのが、これまたちょっとした優越感だったり。
2016010102.JPG

 今年わたしは後厄なので、お祓いを受けます。そういえば昨年は大厄でしたが、幸い厄年を強烈に感じるような事件はなかったなぁ。一節によると前厄の一昨年に、父があの世へ持って行ったんじゃなかろうかと。

 5000円からで、一般参拝客の一段向こう側に通され、お祓いしてくれるんだからコスパは高いかも。しかも正月だからか、いつもよりよりゴージャスな諸江屋の落雁(市販品っぽいもの)や「初詣 除災招福」と書かれた金幣を渡される。お神酒だっていつもの菊姫だけど、いつもと違ってにごり酒でこれまたうまい。初詣をこれにしているような人達(家内安全を願っている趣旨のことが読み上げられるのでわかる)がいるのもわかるなぁ。ここの神社には毎年のように七五三とかお宮参りとか安産祈願とか何かあって、よく5000円を納めているけれど、こういうところに通されたのは初めてでした。
2016010103.JPG

 一応、くじも引いたのですが、それについてはいつもの恒例なので別項にて。今年もいいことがありますように。
2016010104.JPG
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年頭にあたりまして

 あけましておめでとうございます。今年もさときん帳ならびに中の人たちを、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、実は今年でさときん帳は11年目に突入なんですよ。知ってましたか〜? わたしは、知りませんでしたよ〜(爆)。しかも、2006年1月に始まったらしい記載はあるんだけど、「これから始めるんだ!」みたいな記載は一切ないという。それは、もともとは、別のホームページの1コンテンツとして存在していて、そのホームページがなくなってその残骸がここだというややこしい成立経緯によるもの。なんというか、軒先を貸していたら、母屋を取られちゃったみたいな話ですな(笑)。

 そんなわけで今年の抱負を。
・てつりん  家庭と仕事の両立
・さと    仕事への円滑な復帰?だったかな ちなみに2月4日、復帰らしいです。
・みっちゃん 2年生になってもべんきょうをがんばる
・なっちゃん りっぱなさくらさん(保育園の最上級生)になる
・よっしー  あぅあ〜う〜〜(じぶんであるく!!!)

 10年をいつの間にか過ぎ、11年目に突入したさときん帳を、更新頻度がさがってもどうぞよろしくお願いいたします。そしてここをご覧の皆様ならびに、中の人と面識ある皆様に、よいこと満載の2016年でありますように。
posted by てつりん at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年10大ニュース(1位〜3位)

【3位 苗場のない2月(2月)

 下線部があるので、タイトルをクリックしていただければ、別項に飛べます。別に行けなかったことを悔やんでいるわけじゃないけど、この際だからってことで過去8年分の苗場参戦記録らしきものがリンク先に整理されています。

 ちなみに行けなかったというか行かなかったのは、よっしーの予定日付近でそれどころじゃないでしょうということによるもの。チケットがどうしても取れなくて(事実、21世紀初頭はファンクラブでも取れなかったりした)、参戦記録が途絶えることはいつだってあり得ると思っていたけれど、まさかこういう理由で8年連続の参戦記録が途絶えるとは。そんなわけで、結構インパクトのでかいできごとだと思うので3位。

 ちなみに来年は行きますよ〜。チケットは2週間前くらいにしか届かないので手元にありませんが、すでに確保済みです。土曜夜の公演を押さえているので、ゆったりとした週末を過ごせそうです。仕事にどう、ケリをつけてその日を迎えられるかが大きいでしょうねぇ。

【2位 選ばれし者?の超多忙生活】

 今年は更新本数自体が少なかったと思うのです。昨年は月間本数が1ケタだったのが1回(2014年3月)だったのに、今年は4〜6月と9〜11月の計6回。参考までに2013年を調べたら3回でした。いかに異例なことだったのかがおわかりいただけるかと思います。

 そして今読み返すと切迫感ありそうな、忙しいですネタが散見されるという・・・。例えばこんなのとか、こんなのとか。

 これまでにない系統の仕事が一気に増えたんです。暗に上への道を示すようなものや、選ばれし者の類にしかされないような仕事とか。しかも、これまでの仕事量を保ったままに。そして、その傾向はきっと来年度、さらに加速するのではないかと今から心配です。正直、来年度、社内で自分がどういう立場に置かれるのか、今からすでに何となく見える気がして戦々恐々といったところです。それに備えるべく、社外の仕事は極力手放したいくらいですが、どうなるのやら。そんなわけで、更新の頻度でわたしの多忙感を測ることができるでしょう。苗場の話が出なかったら、それこそかなりヤバイ状況かもしれませんよ。

 よくしている話ですが、糸井重里が40代には戻りたくないって趣旨のことを述べていて、わたしも「あぁ、今まさにそうだな」って思うんです。来年は42歳になるのですが、きっと世間の多くの40代は、この通り何かと苦労してるんだろうなぁ。

【1位 よっしー誕生(2月)

 ないと、思っていたことが、あるものですね。人生とは、いくつになってもよくわからないものです。

 ちなみによっしーはまだつたい歩きで、手を離して歩きたそうにも見えません。でも、日々スピードは上がっております。そして何を言ってるのかわからないけれど、まぁよくしゃべる。最近では食事前のいただきますができるようになった、バイバイらしきものができるようになった、名前を呼ぶと「う〜」って返事をするし、手を上げることもある。そんなところでしょうか。

 さとは近いうちに会社に戻ってまた働き出すということで、ゆっくりのんびりできる日々も残りわずかです。よっしーも、保育園という名の世間の荒波にさらされることになるでしょう。ということで、2015年はこんな感じでした。きっと2016年には2016年なりに、いろんなことがあることでしょう。それでもここをご覧の皆様に、よいことがたくさんありますように。そして、よいお年を。
posted by てつりん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

2015年10大ニュース(6位〜4位)

【6位 おいしいタレかつ丼の旅(5月)】

 内容は、おもにオフ会+タレカツ丼を食べた話と、サザンのライブに行ったというものの2つで構成されております。というわけで、詳しいことはそれぞれのリンクへどうぞ。

 それなりに歳をとったからか、「長く生きていると〜」みたいな表現をついついしてしまう気がします。で、正直、サザンのチケットがこんなにあっさりと取れるなんて思っていなかったんです。狙った新潟公演は2本あって、どちらかに行ければいいと思っていたけれど、どちらも取れないかもと思って両方申し込みをかけたら、実は両方取れてしまったのです。まぁ、同じライブを2日連続で観る趣味はないし、ライブは一期一会のものだと思うし、本当に観たい人のためにも1公演にのみ支払ってもう1公演は放棄したのですがね。

 まとまらなくなってきたけど、長く生きていればサザンのライブを観られることもあるだろうし、もう1回観られたりするご縁もあるかもね。そんなことを思った2日間でした。

【5位 なつかしい人に会う(5月以降)】

 なつかしい人が誰なのかについて、多くを語るようなことはしません。でもねぇ、歳を取っていくと、もうこの人と会うことはないなって人っているじゃない? 多くの場合その人は、記憶の引き出しからいつの間にかなくなっちゃってたり、記憶の引き出しの奥底に隠れてて、それっきりになってたりするか。もしくは簡単に会えないくらい遠いところへ行ってしまってたり、そもそもどこにいるのかわからないとか。まぁ、そうやって縁あったはずの人が、いつの間にかどこかへ行ってしまうことって、誰にでもあるものなんだろうけど。

 そうねぇ、以前は、それこそ遠い昔に浅からぬ縁があったはずなのに、簡単に会えないくらい物理的に遠いところに行ってしまって、その後もちょっとあったんだけど、結局どこで何をしているのかわからないような人になっちゃったというか、お互い疎遠になっちゃったというか。そんな感じの人に、それこそ何十年ぶりレベルで会うことができました。しかも、継続的に会う機会があって、今後もどこかで会うことはあるだろうと。長く生きていると、いろんなことがあるものですね。

【4位 さと帰省+ディズニーの旅(7月)】

 出発時〜実家変わったものを食べた話TDR初日TDR2日目東京スカイツリーの、計5本立てで別項にきちんと存在しております。

 しょうもない話で恐縮だけど、正直わたし自身には、家族旅行というものの記憶がほとんどないんだよね。いまは亡き奈良のドリームランドに行ったらしいことは、知識としては知っているけれど幼少のことで記憶がない。その後父と徳島へ、さらに祖母以外の一家ほぼ全員でもう1回徳島に行っているけれど、それはとある用件のためであって、旅行といえるものなんだろうか。きっとそういう鬱積した何か(笑)が、下道だけでどこへでも行くとかいう、一種異様な旅行スタイルを築くことになったのではなかろうか、な〜んてね。

 そんなわたしが、子どもを3人も連れて、家族旅行と呼べるものに行くということに、一種の感慨を覚えながらこの話を振り返る、2015年の年の瀬なのでございます。また、そのうち行きますよ。
posted by てつりん at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

2015年10大ニュース(10位〜7位)

 さて、今年もこのお時間がやってまいりました。毎年恒例の記憶の棚卸し。年が明けてから、前の年を振り返っているんじゃないかという指摘は、この際グッと飲み込んで(笑)。

【10位 サーカスを観る(たぶん6月)】

 なぜこれが10位なのかというと、それだけ大きなネタがなかったということでもあります。でもさぁ、サーカスというものを大人になって初めて観たことで、過去に観たりソフトを買ったりしたユーミンのシャングリラが、どれだけきちんとしたサーカスとステージを融合させていたのかということがよくわかったというのが、ものすごく印象に残っています。特にアイススケートとサーカスを融合させたシャングリラ2はいいですよ〜。ということで、10位。

【9位 もう一周忌(10月)】

 ベタな表現ではありますが、時間の経つのの速さを感じてしまいます。で、今だから言えるんだけど、というおもしろかったからそのうち書こうと思って結局きょうまで放置してたから書いちゃうけど、死んだ人相手のビジネスってすごいよねぇ。新聞のおくやみ欄に名前が出てからというもの、連日電話がかかってきたり(電話帳に載っている家なので)、DMが続々届いたり。ちなみに直後で最も多いのが遺品整理業者の類。下の写真の通り、自分たちでやっちゃいましたが、いろいろとおもしろいものが出てきましてねぇ。これだけで数十本書けるんじゃないかと思うくらい、なんでも見つけましたよ。次に墓石・墓地関係。ちょっと遅れてくるのが、法事の料理関係。ちなみに一周忌ですがどうですか?ってDMが来るのには、笑うしかないですよ。
2015122801.jpg
※写真は2014年10月のものです

【8位 新幹線に乗る(5月)

 下線部があるものは、過去にちゃんとさときん帳に収録済みの話です。まぁ、2015年を象徴するできごとのひとつですな。新幹線ができるだけで、正直これだけ街が変わるとは思ってもいなかった。

 新しい建物が増えたとか、そういうのじゃないんです。いつもはここにいない人が少なからず入ってくることによって、街の雰囲気が変化しています。しかも、観光客の集まるところ限定で。具体的には、単純に歩く人の数が増えた。観光客向けにレンタルしてくれるところがあるそうで、着物で歩く人が増えた。例えばひがし茶屋街みたいな、暗くなったらまず誰もいなくなるようなところに、人が歩いている。どれもいいことだと思うけれど、1つだけ悪いことを書くと、あり得ないところで右折を試みて渋滞を作るクルマが増えた。ぜひ石川県警のお世話になっていただきたい(笑)。そしてぜひ、新幹線で金沢へお越しください。わたしもそのうち新幹線で、関東方面へ行きたいと思っています。

【7位 みっちゃんも小学生(4月〜)】

 日本国憲法に明記されている国民の義務というのは勤労の義務と、納税の義務と、子どもに普通教育を受けさせる義務の3つです。ポイントは受けさせるという部分です。「義務教育なんだから学校に行きなさい!」という叱り方があるようで、これを真に受けて、子どもである自分への義務だと思ってしまうケースがあるようですが、正しくは親権を持つものに対する義務です。

 何が言いたいかというと、これまでわたしは国民の義務のうち、2つしかしなくてよかったんだなぁと。考えてみればまず納税の義務を負う(消費税は子どもでも払うので)ようになり、続いていい年になったから勤労の義務を負い。もしかしたらこのまま2つで終わってたかもしれないと思う時期もあったけれど、結局3つとも負うことになりましたってことに、なんだか感慨深いものがあってねぇ。ちなみに、まさかの(笑)よっしーもいるので、なんだかんだであと15年くらいはこの義務3つともにおつきあいすることになりそうです。なので7位。
posted by てつりん at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

辻占

 母がこの日に来るということで、去年のうちに買って準備しておきました。そしてきょう、やってみました。いわゆる元祖、フォーチュンクッキーですよ。

 文章になっているような、なっていないような。そんな微妙なものができることも含めて、辻占の味わいかと思うんですけどねぇ。ちなみにわたしは、こんな感じでした。

あいたい見たい
手を取りて二人づれ
うわさが高い

 ラブラブなような、色情難を暗示しているような。初詣には行ってないのに、やっぱり色情難なのでしょうか。
posted by てつりん at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

年末の歌番組

 例年うちでは、年末年始気分を盛り上げるために紅白を見ています。娘が産まれる前は、紅白は録画で元日に見て、いつもの飲み屋でカウントダウン、その後初詣というのが定番だったのですがね。

 今年は娘も大きくなってきたので、第1部だけはリアルタイムで、第1部と2部の間のニュースで寝かせて、その後2部も大人はリアルタイム視聴という形をとってみました。なかなかうまくいったので、来年はこのパターンで行けそうです。ちなみに娘たちの第2部は、元日に録画で見ます。

 ところで、なかなか興味深かったのが、紅白を見ている際のみっちゃんのつぶやき。

・みんないっしょにみえる〜(某アイドルグループに対して)
  ちなみに、同系列のほかのアイドルグループに対しては、登場後数秒でそれぞれのメンバーの衣装やヘアアクセなどが微妙に異なることを指摘しているのがまた興味深い。

・ださ〜い(マイルドヤンキーを具現化したような某アイドルグループに対して)
  ただし、これの兄貴分に対しては、同様のつぶやきが出ませんでした。何が違うんだろう???

・きゃりーちゃん?(某テクノ系ユニットに対して)
  確かに音楽的には、きゃりーぱみゅぱみゅとの違いを説明するのが難しそう。脚に振り付けがあるかないかが、Perfumeときゃりーぱみゅぱみゅとの違いだとわたしは思っています。

・へたくそ
  う〜ん。福山雅治、長渕剛、美輪明宏のお三方に対して発せられてしまいました。そんなにへたくそかね?むしろ、登場アーティストのなかでは、かなりうまい方の人たちだと思うんだけど。どうも、比較的メロディーラインが明確でない曲で、男が朗々と歌い上げる系統のものに対して、へたくそ認定をされてしまう気がします。
posted by てつりん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年頭にあたりまして

 喪中ですがあけましておめでとうございます。本年もさときん帳ならびに中の人を、よろしくお願いいたします。

 さて、新しい年が始まるというのは、何かをリセットしてくれそうな清々しい気分にさせてくれたりもするものです。ということで、例年比でずいぶんと質素ですが、朝は一応おせちらしいものとお雑煮を用意しました。で、年頭にあたっての目標を言うわけですがね・・。

さと+てつりん  「やせる(笑)」
みっちゃん    「1ねんせいでべんきょうをがんばる」
なっちゃん    「(こどもちゃれんじの)ワークをがんばる ぜんぶおわらせる」

 とのことでした。子どもの目標って、ほほえましくていいですね。そしてなんで大人の目標って、くだらないというか前向きなにおいを感じないというかしょうもないというか。もうちょっと年頭にあたり、いい目標を掲げられる大人でありたいものですよ。
posted by てつりん at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2014年10大ニュース(2位〜1位)

【2位 第三子妊娠(7月)】

 家を建てて結婚した際(順番がおかしい気がするのはこの際スルーで)、母に言われたことがありました。

 「環境が変わると、できやすくなったりするから気をつけないと」。

 当時は2人フルタイムで働いて、それでローンが返せるという状況だったんです。つまり、できてしまってさとが産休育休になると、住宅ローンの返済が一気に赤信号になる。さらには当時わたしが非正規雇用の身にあったこともあり、妊娠というのは絶対に避けて通りたいことのひとつでした。

 今となってはそんなのも取り越し苦労だったわけですが、さすがに3人もできるとは思っていませんでした。なので間取りだって、最大2人仕様。まぁ、子ども部屋が3つあれば十分だろうと思って家を建てた同僚の子どもの数が5人だと聞いて、世の中そんなもんなんだと笑うしかないのですが。

 少子高齢社会になって、人口が減っていく日本において、3人の子持ちはもっと優遇されてもいいと思うのはわたしだけですかね。ネットで見ておもしろいと思ったのが、子どもにも投票権を与えて、親が行使するというもの。つまりうちだと投票権は5票分だ。先の短い年寄りに受ける政策や、ましてや先の短い年寄りが考えた政策なんてろくなもんじゃないと思うのでね(爆)。そのうち時代が追い付いてくることを期待したいと思います。


【1位 父が亡くなりました(10月)】

 昨年、一昨年と、「詳細は言えないが今なお継続中の事案」というものが、年間10大ニュースの上位に飛び込んできておりましたが、実はこれのことでした。

 ある程度までの年代においては、親はいて当たり前なんだ。ところが、ある程度以上の年代になると、親がいることがすごいことなんだ。で、その間にあたる、過渡期を渡った瞬間だったのかなぁって感慨があったので1位。

 40にもなると、少しはいろいろとものわかりもよくなるものでねぇ。10代20代30代40代と、親というものに対する見方も変わっていくものなのだということが、少しはわかった気がします。例えば守ってくれる相手から立ち向かう相手へ、立ち向かうというちっぽけなレベルを超えて乗り越えていく相手へ。そして、実は同じ道を通ってきた相手だったということに対する思いとかね。まぁ、いろいろと思うことはあるわけでございますよ。

 とりあえず、仕事上のミスがあった際に出された文書とか、無修正の映像とか、歴史的な価値は認めるけれど手元に置いとくのもどうかと思うようなアレな写真とか、あとで人に見られて困るようなものを溜め込むのだけはやめようと思いました(笑)。これは喪中で仕事を休んでいる間に、多くの関係者が抱いた現実かと思いますよ。というわけで、終活がソフトランディングできるよう、親は大事にした方がいいと思います(爆)。いや、父親のことを大事にしてなかったわけではないと思いますけどね。


 そんな感じでいろいろありました2014年ですが、とりあえずしめておきたいと思います。ここを御覧の皆様には、1年間大変お世話になりました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。そして皆様よいお年を! 
posted by てつりん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

2014年10大ニュース(4〜3位)

 これを、年が明けてから書いていたりするのは秘密です。まぁ、予想通りかと思いますけどね。例えるならば新春特番は昨年のうちに収録してあるのと似てますよ(全然違うし)。


【4位 結婚10年、家も10年(9月)】

 10月に10周年ディナーに行った話だけは書いてあるみたいです。あと、当日のことはさとが忘れていたらしい話も書いてあるみたいです(笑)。

 何の説得力もない話ですが、まぁ結婚は勢いとタイミングですよ(笑)。銀行の圧力で結婚したんだと冗談半分でよく話していますが、もう10年。結婚生活を早く終わらせるつもりは当然なかったけれど、特に長く続けようという気持ちも持たず、いい意味で何も考えずに過ごしてきたところ、平穏無事に10年を迎えることができました。これくらいの脱力感がちょうどいいのでしょう。

 家だって、あれよあれよのまさかの展開で建てられちゃったけれど、ローンが払えない事情が発生して出ていかなければならないという心の準備はいつでもありました。だからこそ、うちに来たことのある人はわかると思うけれど、周辺環境の利便性にはかなりこだわったつもり。少しでも便利なところのほうが、出て行くにしても少しは高く売れると思ってね。結局そういった考えは取り越し苦労に終わったわけですが、10年間における最大の誤算は、子どもが3人もできてしまったことでしょうか。


【3位 異動になりました(3月)】

 これでラストイヤーだという認識は年度初めの頃、2013年の4月の段階で持っていました。一応うわさに聞く年数までは、あと2年あったらしいのですがね。

 ただ、実際に異動になった先というのは、想像だにしないところでした。希望したところと違うというのはいいんです。そんなもんですから。でもねぇ、過去に同じ事業所の人が、特定方面への異動を希望したところそれがかなわず、人づてに聞いたその理由というのが空きがなかったからというもの。能力もあって、まだまだ若くて、これからバリバリやっていくであろうような人が、そういう理由で思うようにならなかったと。ところがわたしは、その人の希望したところへ、空きがあったのかなんだか知らないけれど、希望もしていないのにあっさり異動してしまう。

 まぁ人事ってそういうものなんでしょう。だからこそ、思うようにならなかったことへの嘆きを語りたいのではなくて、何か見えない力でつながっていくという感覚を信じたい。もちろん、わたしには行きたいところややりたいことがあって、そこに異動したいという野望は消しませんけど。結婚の話じゃないけれど、縁あってという表現がしっくり来るなぁと思うんです。
posted by てつりん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

2014年10大ニュース(7位〜5位)

【7位 入水鍾乳洞の旅(8月)】

 行くまでに松本などを旅した記録や、ドカ盛り系の飲食店を制圧した記録もございます。

 知らない世界を覗くというのは、いくつになっても楽しいものです。ところがよくも悪くも、いろんなものが固定化していき、知らない世界を覗いた際の心地良い感動といったものとは無縁になっていくような気がするんです。40にもなるとね(笑)。

 だからこその7位。自宅→松本→東京都内→常磐道経由でいわき→会津若松→新潟→自宅ってねぇ。それだけの長丁場を、48時間くらいで駆け抜ける元気があるなんて。そして、観光洞ではない、ケイビングの世界を見ることができたのも収穫でした。もちろん、まだ残る震災の爪痕を見ることができたことについても。まだまだ知らないこと、見たことのないものがたくさんあって困っちゃいます。


【6位 ひらがなの書き方を直す(7月〜)】

 文字の書き順なんて、それだと思って覚えてしまったらそれになってしまう世界ですよね。つまり、間違って覚えていたとしても、よほどのことがないと直せないし直らない。でもねぇ、こういうことをきちんとするのがいい大人なんだと思う。人が見てわかるかわからないかすらわからないようなことにまで、きちんと目を配るというのがいい大人なんだと思う。下着のパンツの生地にもこだわってますよ!みたいな感じで(笑)。ということで、「も」の書き方にこだわったのでした。

 発端はみっちゃんのこどもちゃれんじから。いや、ひらがなだから、なっちゃんかも。ちなみにみっちゃんの方は、先日漢字が載ってました。右か左とか男とか女とかね。あっ、そういえば男の上の方については正直自信がない。カタカナの「コ」を左に90度回転させたものの次って、中央に縦線なのか横線なのか。まだまだ修行がたりない気がします。


【5位 粉瘤との決着(8〜9月)】

 これのカテゴリを作ったくらいですからね。きちんとした処置をしなかったのがまずいのでしょうが、それにしても長い時間がかかりました。なお、抜糸の後の話が載っていないのですが、今のところ何事もなく、普通に入浴などもできております。粉瘤にお悩みのあなた!さっさと手術してしまったほうが得ですよ(笑)。
posted by てつりん at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする