2014年12月25日

2014年10大ニュース(10位〜8位)

 いつものアレでございます。これを書くために手帳を読み返し、さときん帳を読み返し。そして候補となりそうなものをリストアップして、順位をつけて。面倒ですが、これで記憶の棚卸しをするんです。何があったのかなんて、あっという間に忘れてしまうんですけどね。


【10位 おとなの成人式(11月)】

 今でも関係筋で語りぐさになることがあるのですが、まぁよくやり切ったなと。自分でやっておいて、自分でやり切ったなんて言うものじゃないとは思うんだけど、それでもねぇ。

 なぜって構想そのものは早くからあった。でも、形になって具体化してから当日までの時間は3か月くらいしかなかった。そのなかで、正直もっと時間をかけたような同様のイベントよりも安く、同程度の動員数を出して、とりあえず好評のうちに終わったんだから。しかも、当日の現地を回していたのはごく数人。よくやったんじゃない?

 ではもう1回やりたいかと言われたら、したくないですな(爆)。会合をしたくないというわけではなくて、こういう世話役はちょっと面倒だ。せっかくの第1回だから、ほかの人に負担をかけてはいけない。会合を開く準備が面倒だからと、足を遠のかせてはいけないのでね。自分はどうなってもいいから、みなさんが楽しんでいただければと思って、相当なんでもやったので。どうせやるのなら、次回はもっと多めのスタッフでぜひともお願いしたいところです。


【9位 加賀屋に泊まる(3月)】

 さとの父親の、お勤め引退記念ということで企画されました。まぁ、同時進行的にわたしの異動が決まって、後はまかせた的にわたしの年度末に余裕があったからって裏事情もあるのですがね。

 これはもう、15年くらい前の話ですから、時効ということで語りますけど、正直加賀屋にはあまりいい印象を持っていませんでした。加賀屋のある市内に住んで、そこで仕事をしていた時のことです。会社の忘年会を加賀屋で開催すると聞いて、あの加賀屋で忘年会か!?と思うと楽しみでしょうがなかったんです。ところが会社の人たち(市内在住)が言うには、そんなにたいしたことはないと。そんな〜、会社の忘年会とかで加賀屋に泊まる機会が多いから、慣れちゃって感覚が麻痺してるんじゃないの〜?って思っていました。

 ところがねぇ、まずは乾杯の食前酒のグラスにヒビが入っていた。そして料理が少なかった。まぁ、きれいなおねぇさんが複数宴席に配置されていたので、料理代をケチったのでしょうけど。その筋の業界関係者にこの話をしたところ、「個人でお金を払っていかないと加賀屋のよさはわからない」みたいなことを言われたんですけど。まぁ、しばらく加賀屋は信じていなかったんですが、行ってよかったです。さすが加賀屋です。そして加賀屋に行くときは、ちゃんと個人としてお金を払って楽しむことをおすすめします。


【8位 帝国劇場と鎌倉と静岡の旅(10月)】

 書こう書こうと思いながら、結局さわやかに行った話しか書かれないまま今に至っている、残念な話題でございます。

 ええっとですね。そもそもの発端はユーミンの帝国劇場のステージを観るために東京に行くというものだったんです。で、ついでにどこか行ってこよう。そのなかで出てきたのが、さわやかというファミレスに行くことと、浮世絵にも描かれた薩埵峠近辺を歩くこと。
2014122501.jpg 2014122502.jpg
(当日は雲が出ていたので、写真のように富士山が見えることはありませんでした)

 で、帝国劇場に関しては、どこかでつぶやいた気もするんだけど、前作の「8月31日 夏休み最後の日」を超えるものとか、それとは違った何かを観たとかいうことは、正直なかった。まぁ、ファンクラブ歴はそれほど長くなくても、ユーミンの音楽や人となりなどに人生の半分以上接していれば、個人的にはいまいちだったステージの中に、ユーミンなりのものすごい挑戦があったということは確かに認めることができる。なんとなく何かがあるようなこのご時世に、戦中を舞台にした作品をやろうということだけで、これまでのユーミンにはないものすごい挑戦だ。ましてや既存の楽曲だけで、そういった世界観を紡いでいくことは並大抵のことではないはず。

 ただ、ひいき目に見られるはずのわたしから見てこの感想なわけですから。年明けにWOWOWで放送されるので、それでもう1回じっくり見て考えてみたいと思いますがね。あっ、浮世絵の景色は見られませんでしたが、静岡県内の旅は楽しかったですよ。もちろん鎌倉も。
posted by てつりん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

辻占(2011年版)

 3年ぶりにやってみました。3年前のものはこちらから。辻占の説明もわかります。

 解釈によっては開いた順に並べるってのもあるらしいのですが、わたしの場合意味不明だったので、都合よく並べてみました。で、写真で見るとこんな感じ。

2011011501.JPG

 「うそからでたまこと あとのたのしみを 約束してもよろし」。先月書いたFA宣言の書類がうまく回らないかなぁ(笑)。別に申請が通ると思って出したわけでもなかったから、「うそからでた」ものと言えなくもないかな。

 さて、あとの楽しみは、、、どうなんでしょうねぇ。
posted by てつりん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

正月休み最終日

 仕事始めのはずのきょう。うちの会社は有給が1月から加算されるので、去年は体調不良でかなり使ってきたにもかかわらず、いきなり有給(笑)。

 いや、保育園と同じ期間の正月休みなので、夜も昼も簡単に寝てくれるだけにまだマシな方なんだと思うけど、みっちゃんみたいな元気を有り余らせるちびっ子がいると、土日が長引くような感じでなんだか休まらないんですよ。だから1日くらい、のんびりさせてくれということで有給。

 で、どこに行こうかと。正月らしくゴージャスなランチがいいねと言うことで、ホテルのランチバイキングへ。実はこのホテル、つい先週会社の同期と出張ついでに行ってきて、わたしがポイントカードを持ってるからと一括立て替え会計をしたら、飲食代が5000円以上になったということで「くじびきをどうぞ」と。その結果、グループ各社で使えますという1000円のお食事券をゲットしたのでさとともう1回。

 このホテル、個人的には市街地からのアクセスもよくない、へんぴなところにあるよねって思うけど、実は結構な高級ホテル。先週は雪が降る中傘もささずにロビーに入ってきた同期に、「これでお拭きください」とすかさずタオルを差し出した。さすが。

 きょうは電話予約をしていったんだけど、電話応対からしてちょっといい意味で違う。さすが。行くと結構混んでいて、待ってる人もいたんだけど、予約効果ですんなり入店。ちなみになっちゃんをソファーに転がしておけばいいやと思ってきたんだけど、ホテル側がなんと病院の新生児室によくある、透明な箱と台車を持ってきた。その箱にはこれまたホテルのタオルが敷かれ、毛布まで。いたれりつくせりで、さすが高級ホテルは違うね。今年はこういう、いいお金の使い方をしたいねと、さとと話す。さとの予想では、ホテルウエディングも積極的に承っているらしいので、結果として新郎新婦の友人が首も据わらないような子連れで来ることを想定して準備しているのではないかとのこと。ほかにも、待たされて入店してきたお客に対して、席に案内した後に「これまでお待ちいただき、ありがとうございました」と一言添えるなど、さすがと思わせるおもてなしの数々。ちなみにお値段はは1490円。写真はないけど、うまかったです。

 帰りは飲食物が払拭に近づき、夕飯の準備もままならないと言うことで、珍しくジャスコで買い物。「♪ジャスコの〜ぉ かよ〜いちっ」と連呼される2小節の曲がこびりつくほど店内を散策。さとがプラレールに吸い寄せられそうになったり。ちなみにうちにある遮断機が下りるだけの踏切ではなく、音が鳴る踏切に興味を示している模様。車輪がベルを踏んで、「♪チン、チン」って鳴るだけの簡単機構のものだけど。

 なお、じっくり探索したせいで、みっちゃんにとこういうものを買ってしまいました。
2011010401.jpg

 「またですか」とか、「下品ですねさすがさときん帳ですね」なんて言わずに(笑)。今年のキーワードですからね(爆)。これでうちも開運好調間違いなし。新年の最初に買い与える絵本にふさわしい!? ちなみにギャグマンガ風のシュールな絵と、おやじギャグがうんこだけにふんだんにちりばめられた文は、大人でも楽しめると思います。希望があれば、わたしが精魂こめて読み聞かせに上がりますよ(笑)。絵本の読み聞かせって小さい子どもにするものとちょっとバカにしてたけど、大きい子どもとか大人にも効果があったりするんだってね。

 さて、あすからは通常営業です。
posted by てつりん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

いつの間にか

 この家は日本東西文化の結節点でありまして(なんて大げさな・・・)。

 すなわち、東日本エリアで生まれ育ったさとと、西日本エリアで育ったわたし。西日本と東日本では、同一メーカーの同一商品でも微妙にカップ麺の味付けを変えているという情報を聞きつけ、新潟県内まで買いに出かけて検証会をやったことが昔ありましたが、見事にさとは新潟県内で買ったものを、わたしは地元で買ったものを好むという結果が出ましたね。

 で、東と西と言えば、雑煮の味がどうたらこうたら。いや、そもそも餅の形から違うとか、日本国内異文化交流会をやると結構盛り上がるネタ。長年うちでは、さとの雑煮の餅は焼いたものを、わたしの雑煮の餅は煮たものを、雑煮の具入りだしとあわせて食べてました。出す側から見れば、面倒なことこの上ないけど、かれこれ10年くらいそうしてきたわけです。

 ところが今年。ついにわたしが焼き餅派に転向してしまいました。というか、さとと同じものを出されても、気がついたことはついたけど、気にならなかったという(笑)。区別して出すのも面倒だろうし、来年以降はこのまま焼き餅派でいくんだろうな。さすがにあのミュージシャン、松任谷家みたいに餅に黒い焦げがついてたら気にすると思うけど。


 ちなみに以前、さとがこの地域の伝統的スタイルなお雑煮について書いてますので、気になる方はどうぞ。ちなみにわたし、この雑煮があまり好きではありません。こればっかりだと、飽きるんだよね。
posted by てつりん at 17:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

初夢 2011

 プレに自動走行装置を取り付けました。運転する人がいなくても、自動で周囲の道路状況などを判断し、自律走行するんです。って、そもそもなんでそんな装置を取り付けようとしたのか、きっかけからして謎なんですけど。

 で、それがうまくいくのかの検証をしようということになり、わたしが別の車を借りてきて、自分のプレを追いかけることになりました。車種は、、、何かわからなかったけど、スターレットとかファミリアみたいな、古い3ドアハッチバック系だったと思います。

 検証開始。うちのプレは想像以上にアグレッシブな自律走行を行い、ついていくのもなかなか大変。周囲にクルマがいるという難しい状況でも、適宜すいているほうへと車線変更を決めたりして、どんどん前へと走っていきます。結局、見失ってしまいました。

 そのまま前へ前へと走れば、いつかは追いつくだろうと思いながら走らせているうちに、気がついてしまいました。そもそもうちのプレが、どこへ向けて走っているのか自体が謎。ほら、自動運転装置をつけたなら、どこへ向かって走るのかの設定とかをするんじゃない? ところが実験開始にあたって、設定をした記憶がない。というわけで勝手に走るうちのプレを見失ってしまいましたというのが、わたしの初夢でございます。誰か診断してください(笑)。


 しかし、目的も決めずに走り出して、大変なことになる2011年だぞという暗示だったらイヤだなぁ。確かにいろんな意味で今ひとつだった2010年とは違って、いい方向へと走り出したい2011年ではあるけれど。
posted by てつりん at 12:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

あらためまして

 さすがに新年一発目が「う○こ」じゃ、さすがにまずいわな。ある意味ここらしいとも言えるんだけど、それで終わりってのもいかがかと思いまして、あらためまして新年のご挨拶を。

 本年もなにとぞ、よろしくお願いいたします。ここをご覧の皆様にとって、よいこと満載の2011年でありますように。


 さて、天候が悪いということで実家には人がいるだろうということで、午前中に新年のあいさつを済ませてきました。で、いつの間にか昼寝をし、目が覚めたら意外と外はいい天気。「今のうちに初詣行っちゃう?」ってことで、夕方あたりから夜にかけて行ってきました。同じことを考えた人が他にもたくさんいたようで、行きはかなりの大渋滞。帰りの反対車線はガラガラでした。でもちびっ子2人連れで、晴れている間に行けてよしとしましょう。さて、新春恒例(?)「わたしの引いたおみくじ大公開+昨年のくじは当たったのか大検証」の時間でございます。


【引いたくじの内容】  

 参考までに昨年のものへのリンクを貼っておきます。「今は何事も目前には思わしい利益なく、寧ろ艱難辛苦」で、「取り越し苦労もする時」だったんだと。確かに「あの頃の今(2010年1月の頃)」を思うと、艱難辛苦だったのかも。だからその後、倒れて救急車に乗せられたりするんだ。ただ、「今(2011年1月頃)のあの頃」を思うと、確かに取り越し苦労だったんだなと思える。病状も、まぁぼちぼちってところだし。

 願事、職業、訴訟の3つに関しては、とにかく「中傷」とか「恨み」の語が頻発。う〜ん、恨みは買ってたかも知れないなぁ。恨みを買うようなことをしているから病気になるのか、病気になるほど恨まれたのか、今となってはどっちとも考えられる。なにしろなかなか的中していたのではないかと。「もしこうなったらいいなぁ」という控えめなテンションの願い事も、「妨げがあって今は成功しない」とか、「手堅くして時節を待つがよい」だったし。うん、その通り当たってた。

 では今年引いたくじ。

 「驚き事あるとも落ちついて慌てず騒がず慎んでいれば、幸せとな」るそう。「今は変動の多い時であるから」というのも気になります。ううむ、転職活動の成功とか(笑)!? 願事も「進んで吉。最初にうまくいかなかったならば、更に工夫して又進むこと」とあるので、このまま前進あるのみですな。職業でも「変動が激しいので気遣いや悩みが多い」そうですが、転職活動の成功の先にある気遣いや悩みならそれもまぁよかろう。年頭にあたり、今年は動いて進んでと考えているので、それで多少驚くことがあるくらいの方がいいんじゃないかってことで。旅行中の「驚く事があっても狼狽するに及ばぬ」も、楽しいハプニングならそれもラッキー。待人の「意外の処から電報など来て驚くこともある」ってのも、なんとなく悪い話ではなさそうと勝手に予想。出産も「驚きはあるが安産」だそうだし(笑)。なんだ、驚きって。男の子がほしいと思ってがんばったら、女の子の双子が産まれて四姉妹になりましたとか(爆)!?

 驚きと並んで今年のキーワードとなりそうなのが、「競争者」。「・・・大した困難もなく成功する。同時に競争者があるから、油断なく勉強することも大切」なんだそうで。まぁうちの業界は、とにかく日々勉強ですし、転職活動が成功すればそれこそさらなる勉強が求められるわけですからある意味当然のこと。でもほかにも、願事にも「競争者に負けぬよう手堅くせよ」、恋愛も「競争者はあるし、此方が勢いこんで進むのに相手は動かぬ」と、とにかく競争者の存在が。ただし、わたしのような子持ち既婚者が、競争者のあるような恋愛に勢いこんでいくと、「色情難の時だから慎むがよろし」の通りになりそうなので、火遊びはほどほどに(笑)。というか、この神社、ホントよくわたしに色情難を戒めてきます。色情難に遭いたいくらいの気持ちがないわけではないですが、そっちのほうは間に合っておりますので。

 そんなわけで驚きと競争者がキーワードらしい2011年。今からわたしに驚きをもたらしてくれるというステキな方も、いい意味で刺激になってくれそうな競争者も、絶賛募集中です。おみくじだけ見れば、いい1年が始まりそうです。
posted by てつりん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うんこ

 正月早々、大変申し訳ありません。これに愛想を尽かしたりせず、今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 さて、表題の「うんこ」ですけれど。紅白を20時30分頃から、録画で見始めまして、アーティストによっては、場面によっては、1.3倍速再生で22時45分頃追いつきました。で、紅白が終わってからの約15分間。iPadで書道のように書けるアプリをさとがいじっているうちに、なぜかうんこの話になりまして。

 そこからは書道アプリでうんこと書いたり、うんこの絵を描いたりと、さとの暴走が止まらない。こっちはWOWOWの福山年越しライブに切り替えてカウントダウンを盛り上がろうとしているのに、このままではうんこで1年が終わり、うんこで1年が始まってしまうじゃないか。

 だからいいかげんうんこの話はやめろ。そうたしなめたところ、文鎮つきの半紙の画面にさとが書いたのは、

運呼

 ・・・またうんこかい。でも、さとが言うには、「運を呼ぶ」でうんこなんだと。縁起がいい感じがしたので(???)、大急ぎで書斎へ筆ペンを取りにいったのが2010年を25秒ほど残した段階。リビングに戻って、さとと2011年の始まりを祝い、そしてほぼ日手帳の1月1日のページに書いたのがこれ。

2011010101.jpg

 今年のさときん流行語大賞を取るだろうな。みなさんも書き初めに、「運呼」と書いてみませんか(爆)。
posted by てつりん at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

2010年 てつりん的10大ニュース(3〜1位)

【3位 育休を取る(9〜11月)】

 予定日の前後2週間で4週間。きっとその間に産まれるだろう。で、産後1か月は何かとさとの行動に制約も出るだろうからということで、その後さらに4週間の計8週間。お休みを頂戴しました。

 うん、時代の先端を走りたいという気持ちはもちろんのことだけど、それ以上に仕事をしながら家の中のこともきちんとしてさとのサポートをするということに、どうしても自信が持てなかった。別に使える権利なんだから使うというおかしな権利意識からでもなければ、自分が第1号だという功名心でもない。実際のところ、上司には前例がないからとか言われたけど、実際のところ前例はあったわけで第1号でもなんでもないし。

 結局育休突入前に産まれてしまい、しばらく大変な時期はあった。でも比較的のんびりした8週間を過ごすことができたわけなんだけど、だからこそ取らなくてもよかったんじゃないのかって思った時期があったなぁ。まぁこの調子で働けばたぶんあと30年。大手を振って休めるチャンスなんてそうそうないんだから、それでよかったんじゃないのと言うのがさとの考え。わたしにとっても、いいリフレッシュになりました。期間中に小旅行とか、中島みゆきのコンサートに行けたりもしたし(笑)。


【2位 病気になる(1月〜)】

 下の写真の通り、長期通院中です。来年の予定だって入ってるし(笑)。感慨深いものはないけど、もうすぐ1年になるのか。
2010123001.jpg

 うっかり処置を誤ると死に至ることもある病なんだそうだが、もちろんこんなことで死にたくはない。だから医者の言うことはきちんと聞いているし、病院だってクスリだってさぼったりしない。ただ同時に、いつ死んでもいいように、やりたいことはやるという人生も過ごしてはいるけれど。正直自分が、そんな病気になるなんて思わなかった。でも、誰にでも起こりうることだとも聞いたこともあって、実際のところはその通りだったんだと。

 そんなわけで2010年の最初はボロボロのズタズタでした。挙げ句の果てに会社で倒れて、救急車で病院送りにされるという、人生初の体験をするハメに。ただ、お会いすればわかると思うけど、見た目は普通に生活できていますので、ひとまずご心配などは無用でございます。


【1位 なっちゃん誕生(9月)】

 もう、これしかないでしょう。うちのなかでは3回目はないということになっているので、これでもう終わりかと。ただ、不妊治療とかをなさっておられる方にはホントに申し訳ない話なんだけど、うちらの場合1回目も2回目もなんの考えもなしにできたので、心の中ではもう1回あるかも知れないぞという気持ちだけは心の片隅にひっそりと(笑)。いくら医学が神の領域に踏み込みはじめていると言っても、こういうのばっかりはさすがに授かり物なんだと思う。

 ついでじゃないけど、最近のなっちゃん。好きな遊びがあるらしく、自分で遊んでいたりします。あと、本来はみっちゃんの誕生前に買ったものなんだけど、なっちゃんも好きらしく触ったりしてます。侮れない力があるのか、いつの間にか立てかけてあったはずのものが倒れていたり。

 あとは、笑うようになった。手をぱちぱちされるのが好きらしく、リズムに乗せてぱちぱちすると笑います。首は・・・、据わっているようで据わってないのかなぁ。まっすぐに支えることはできるけど、それがうつむき加減で、上を向くことはできないってところかな。



 かくしていいこともあったけど、何かと大変だったな。そんな総括がふさわしい2010年だったかと思います。2011年はもうちょっと体調がよくなるようにというか、病院通いは終わりにしたい。転職もしたい。もうちょっと無理のない範囲で、仕事をしたい。でも欲を出すときりがないので、とりあえず来年もこんな戯言を最後に書けるような1年だったらそれでいいのかな。ひとまず皆様、よいお年を。
posted by てつりん at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

2010年 てつりん的10大ニュース(6〜4位)

 さかのぼり更新してます。これだからさときん帳からは目が離せない。いや、なんか「目が離せない」の意味が違うよな。きょうは6位から4位まで。


【6位 山下達郎コンサートに行く(8月)】

 今年のライブはとにかく遠征率が高く、地元で観たのは高橋真梨子だけ。で、遠征率がやたらと高かった2010年のライブを象徴するのがこれかと。だって秋田県民会館。高速をうまく使っても、10時間近くかかるはず。

 結構考えたんです。地元には来ないけど、もっと近い新潟もあるじゃないかと。大阪とか神戸とか名古屋とかもあったんですけど、大都市部だとそれだけ競争率が上がると見込んで眼中にはありませんでした。で、新潟と秋田との比較で迷う。新潟は平日仕事を休まないと行けないけど、秋田は土曜公演で、夏休みと絡めてついでに旅行もできるじゃないかと。えぇ、これで秋田に決まったなと。

 ところがさとが切迫早産で入院。山下達郎のライブは年齢制限がないので、みっちゃん連れでも入れないわけじゃないんですが(膝上だっこも可)、結局さとの実家に頼んで、ついでの旅行も白神山地だけに抑えてなんとか乗り切りました。ちなみにこれでますます山下達郎のよさを再認識し、来年以降のツアーもしっかり観られるようにとファンクラブに入るに至ったので6位。


【5位 竹内まりやのコンサートに行く(12月)】

 考えてみればかれこれ20年くらい聴いてきた、日本の女性Jポップ界の超大御所とも言える3人(松任谷由実、中島みゆき、竹内まりや)のステージを、全部観ることのできた1年なんてちょっとないよなと。いろいろ苦労はあった気がするけど、もしかしたら奇跡の2010年だったのかも知れないな。

 10代の終わり頃までは、どこかに行ったり珍しいものを見たりするたびに、「これで最後かも知れない」という覚悟を持って行くようにしていました。ところが歳をとって、世界が広がるたびに、次第にそうした感覚は薄れていきました。だから、今年一番遠くへ行った白神山地であっても、「これで最後かも知れない」というよりは、「うちの子を連れてまたいずれ来るかも知れない」という感覚だったり。

 でもこのステージはねぇ。前回が10年前、その前はさらに18年前だったっていうんだから。しかもチケット争奪も熾烈を極めたと思うので。正直いろんなライブを観ているけど、あれだけのダフ屋と、「チケット譲ってください」って札を持っている人がたくさんいたのを初めて見たよ。まぁ、ボード持ちもダフ屋の手先だった(譲ったはずの人と違う人が隣席にいたらしい)って、許せない情報もあるくらいなので。

 映像化されて欲しいけど、バンマスが出たがらずの人だからねぇ(笑)。せめて前回同様、CD化はされると信じているんだけど。あっ、話が横道にそれすぎた気がしますが、なんせいいライブでした。


【4位 中型限定を解除する(6月)】

 履歴書に書ける変化という意味で4位。ライブに行った経歴なんて、履歴書には書かないからね。これで29人乗りまでの、マイクロバスに乗れます。小型の観光バスは、ギリギリアウトなんじゃないのかなぁ。いいのかなぁ。とにかく29人までなら可です。

 中型限定を解除しようと思った理由、すなわちなんでバスに乗りたかったのかというと、要するに転職活動のため。いずれ役に立つことがあるんじゃないかと思ったのでね。で、その後、別の会社というか事業所で、そうした免許を持っている人が少なく、せっかくのバスが有効に使われていないという話を耳にしてしまう。そしてわたしは、その事業所に行きたいと思ってしまう。別にバスの免許が有効活用できるからではなく、自身の考え方や今後のキャリア形成などを見据えると、ねぇ。多くは語れないし、語らないけど。

 ただ、転職活動に関して言えば、できるだけのことはしたよ。結果としてできなかったのであるならば、その理由は時期尚早であるせいなんだろうと思う。言い換えると今の会社でなすべきことが、まだ終わっていないと。仕事の性質上、「ここまでやったら終わり」というものは、ないんだけどね。
posted by てつりん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

2010年 てつりん的10大ニュース(10〜7位)

 気がつけば2010年も1週間を切りました。県外向けの年賀状も書き終えたし(県内向けはあと1〜2日後かな)、そろそろ例年のあれでもはじめますか。


【10位 抜擢人事なのか?(4月)】

 一応課長級なので、抜擢なんでしょうね。ただ、所有資格は満たしていても、これは初めての仕事。しかも抜擢らしく、なかなかハードルの高そうなことを支社長から厳命され、ちょっと途方に暮れましたね。

 で、行き詰まりを感じてというか、そもそも訳がわからなかったので活路を求めるべく県外出張を自ら求め、HOOTERSに行ってきたという(笑)。ちなみに出張の成果は、ぼやきしかないように見えますが、一応来年度に向けての改善点はたくさん見えてきました。FA宣言しちゃったので、来年度はこの会社というか事業所にいるのだろうかという点はさておき。宣言したけど、抜擢しておいて1年で放出ってのはもったいないだろうから、よほど外部からの強い引き抜き力でもないとたぶん残留と踏んでいますが、さて。


【9位 iPhone導入(5月)】

 書くにあたって、過去の記事にリンクを貼ったりするんだけど。実際、9位以下の色の違うところをクリックすると、当時の記事に飛べます。で、毎年こういうのを書くにあたって過去の自分の文章を読み返したりするんだけど、もしかしたら初めて携帯端末に愛を持って機種変更できたのかなって。

 その前の携帯も愛着はあったけど、機種変更するにあたって自分の意思で選んだ記憶がない。たぶんさとが出した複数の候補から選んだんじゃなかったかな。機種変更のたびに、「機種変更するくらいなら解約する」って言ってたくらい携帯って実は嫌いだし。

 そんなわけで初めて自分の意思で、かつ愛着もって導入された携帯かな。実際の使用頻度としては、車内でiPod代わりというのが4割、社内でmixi(当然フィルタリングかかってるし)とかメールとかが4割。カメラ代わりにというのが1割ってところか。電話としての使用は間違いなく1割以下だと思うけど。


【8位 4年連続の苗場(2月)】

 昨年の10大ニュースには、確か苗場の件は入ってこなかったのですが。そういう意味では平和な2010年だったといえるのかも知れません。

 今年は長らく続けてきた個人的なホームページが消滅したこともあって、改めて続けることの難しさを感じさせられたわけなんだけど。毎年決まった時期に、決まったところへ行って、決まったことをしてくるという行為を4年間も続けたというのはある意味すごいなぁって。しかも、チケットが取れるかどうかという、不可抗力っぽいものを含みながらの4年連続なので。あっ、ちなみに来年も行けるので、事故などによる欠席をぶちかまさなければ5年連続です。ただ来年は、5年連続の苗場もかすむような、楽しかったりおめでたかったりの10大ニュースで埋めつくしたいな。

 と、ここまで書いて、5月頃にお決まりの書類を書いた上で7月頃に決まったところへ行って、決まったことをしてお決まりの結果を10月頃に頂戴するという行為を、10年連続だったかを含む10回以上してきたことを思い出した(爆)。楽しい継続は残したいけど、楽しくない継続は忘れたいってことだな。


【7位 中島みゆきのコンサートへ行く(10月)】

 ついでに京都も軽く旅してきたんだけど、それとは別にこのライブが印象的だったので。

 何が印象的って、10発以上各種先行予約などの弾を撃つという苦労の末にチケットを取った点(しかも実際に取ったのはみっちゃんだったりするし)と、中島みゆき嬢のサインという家宝をゲットした点。もちろんライブの内容は、例によってすばらしいものだったんだけど、それだけにとどまらないものがあったので7位。

 彼女の年齢などを考えると、あと何回観られるんだろう。夜会だって1回観てそれっきりだけど、もっと観たいのに。そんな感情も、この位置にランクインする理由かも知れないな。



 さて、6位から先はそのうちに。もう1位まで決めてメモしてあるので、でも1位はあれしかないでしょうから、2位を当ててみませんかという企画もかなり控えめに募集中です(笑)。
posted by てつりん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

年始恒例?

 きのう、3日にして初詣に行ってきました。3日だと渋滞もなくてすいすい。年末にはさとが時刻表をもらってきて、バス→電車→廃線になったのでバスという2年ぶりのルートで初詣に行こうとした形跡があったけど、悪天候のため断念した感じでした。
 
 さて、年始恒例。昨年引いたものを振り返るとともに、今年ひいたくじもばらしちゃおうというお時間でございます。

 「表面は派手で華やかだが、中身は貧しく空虚(むなしい)運勢」。う〜ん、他から見たらどう見えるのかはわからないけど、派手で華やかに見えたかも知れないねぇ。手取り3割増だし。ボーナスも減らされたとか会社の人が騒いでたけど、わたしにとってはそもそものベースが増えてるから、減らされていることに気づいてない。中身が貧しいかどうかはさておき、楽しい使い道がないから空虚かも。隠退生活満喫中の年賀状とか頂戴して、うらやましい今日この頃だったり。色情難は、まったく無縁でした(笑)。そっち方面での、ステキな出会いもありませんし。「文化的、智能的の仕事は殊によい」とか、「勉強すれば先輩の後継の名誉も得られる」ってのは、まぁはずれてはいないと思います。その筋では成果が出ていると思いますので。そして「他と気持を揃えるのが大切な時だ。柔和ならば賢友の助けがある」。う〜ん、「柔和な誰かを、賢友(わたし)が助けている」の間違いじゃないの〜?(爆)。賢友が助けてくれているという自覚症状はないなぁ。

 さて、今年のもの。末吉でした。過去のものも読んだけど、1回を除いて全部末吉だね。さとは2年連続だったかの大吉だったけど。「今は何事も目前には思わしい利益なく、寧ろ艱難辛苦」なんだと。先行き暗いな。でも「艱難辛苦の取り越し苦労もする時」なんだと。すっごい大変だったけど、結局取り越し苦労だったってこと? そうやって、あとで笑えればいいのですが。「新らしい事に気移りせず、倹約を旨とし、『程のよさ』を大切にして」とか書いてあるので、ぼちぼち行けよと解釈し、無理のない範囲でぼちぼち行けたらいいなと思います。

 気になったのは願事、職業、訴訟の3つ。順に「中傷されないよう注意せよ」、「潔癖すぎて人に恨まれぬよう注意」、「恨まれぬよう用心」とあるので、今年は相当、人の恨みを買うのではないかと危惧されますな(笑)。人に恨まれるような仕事はしてないと思うけど、交友のところに「人を咎めるよりは先ず自分を省みて」とあるので、いい仕事をしようと思いすぎるあまり人を咎めるようなことにならぬよう、気をつけないといけないのだろうと解釈しておきます。どうせ願事は、「妨げがあって今は成功しない」とか、「手堅くして時節を待つがよい」ような状況なので無理はしません。そもそも何が願事なのか、今年の目標も思いつかない状況なので、何のことだかわからないのですけど。

 あ〜、年明け早々景気悪そうな話だけど、あんまりいい年じゃなさそうだな。いまひとつ体調も優れないし。「すべて八分目に控えて、規則正しく、つつましやかにしてゆけば、後には望みも叶い、身も心も安泰になれる」ことを信じて、ぼちぼちいける2010年でありたいと思います。
posted by てつりん at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

まいてまいて

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。そして皆様によいことたくさんの2010年でありますように。ここをご覧のあなたにも、ご覧でないあなたにも。そして今は面識なくとも、やがて面識のできるあなたにも。ついでによいことがございましたら、後日ちょっとだけでよいのでぜひお裾分けを(笑)。


【うちのカウントダウン】

 とりあえず紅白を見て、無理矢理年末気分を盛り上げます。ただし、見始めたのが放送開始から2時間遅れの21時過ぎから。昨年地デジ化に際して導入したハードディスクに撮っておいたのを、遅れて見ていきます。

 かつて(レコード大賞とはしごできた頃)の紅白は、放送開始直後から舞台袖でディレクターが「まいてまいて」の指示を出していたそうです。最後の「蛍の光」が、ものすごい速さの指揮で演奏されてたりしましたよね。遅れて見ているため、紅白を見終わってから年が変わるようにと、テレビ前でさとディレクターが「まいてまいて」の指示を出します。具体的には、1.3倍速での視聴。出演歌手によっては、30秒スキップ×数回(爆)。

 一応、布施明は、紅白卒業宣言とそれに至る経緯や考え方に敬意を払って、標準速度で見ました。歌っている様子に、絢香と同じ意味での晴れ晴れしさのようなものを感じました。徳永英明はさとディレクターが、「この曲(壊れかけのRadio)って誰の曲だっけ?」と、無礼きわまりないことを言うので、説教しながら標準速度で見ました。もちろん矢沢永吉も標準速度で。出てくるだけでかっこいいねぇ。ただし歌唱中に時間を止めるという、録画ならではの荒技で2010年の到来を見届けました。結局うちでの紅白放送終了は、0時30分頃だったでしょうか。


【何もない一年の計は元旦にあるのか!?】

 天気が悪そうだったのでこの日の初詣はパス。2日に実家への来客があるのを避けるべく、1日のうちにわたしの実家へあいさつ。みっちゃんは部屋に入るなり号泣でした。さとにくっついて離れません。みっちゃん内弁慶説は本当かも知れません。世間話などしながら1時間近くいるうちに、みっちゃんが調子を出して、ライターなどに手を出し始めたので退散。
 
 ところでさとに、2010年の目標を示すように言われた。ところが、昨年のように思いつかない。考えてみるけど、やはり思いつかない。なんか先行きの暗そうなスタートかも知れません。

・ほぼ日手帳を昨年以上に有効に使う←うまく使えなくなったので
・旅行に2回以上行く←昨年は1回だった
・更新頻度激増 ・・・無理っぽいな(爆)
・新聞に顔写真を載せる ・・・いやいや、まだまだ
・数年来の念願、四国上陸 ・・・有り得ないだろう・・。

 ぱっとしないものばかりで、おもしろくない。やっぱり何も思いつかないぞ。困った。とりあえずよい1年でありますように。
posted by てつりん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

2009年 てつりん的10大ニュース(3〜1位)

 2009年ももうすぐ終わりですね。一応大掃除と、おせちなど正月の準備は済ませましたよ。あっ、まだ鏡餅を箱から出してない!


【3位 AZワゴン購入(9月)】

 納車は記事の通り10月ですが、サインしたのは9月です。

 ここに至るまでに、結構紆余曲折がありました。プレをさとに渡して、わたしがコペンを買うとか。でも、通勤であれば何でもいいけれど、結局休日の仕事にはある程度人間や荷物が載る車種でないと困るという理由で却下。以前試乗して、気に入っていたパレット買うかという話もあったけど、あまりに高いのとマツダ販売店との関係を断ち切ってまで欲しいというわけでもなかったみたいで。デミオにするかという話もあって、それもよいと思ってたけど、みっちゃんを乗せるのに使うということで、車高の低さがネックに。かくして、意外というか予想通りのベタな展開となってしまったわけです。

 ちなみに今のところの走行距離が500kmほど。意外と乗ってる気がします。でも隣県に出没したことがないどころか、隣接市町どまりじゃないのかなぁ。個人的にはこれで、下道だけで、さとの実家へ帰省とかしてみたい気がするんだけど、自動車保険の契約が年間3000km以下でということになっているそうで。1回帰るだけで1000kmとか増えちゃうからね。


【2位 バイオ購入(4月)】

 ウィンドウズ機を自分用に買うとは思いもしませんでした。そして今頃社内パソを自腹で買うハメになるなんて、なんて遅れた業界なんだ!

 部署によっては(別事業所によっては)個人持ちは全廃の方向らしく、昨年度の事業所もそうだったそうです。別の事業所では個人全員にメールアドレスを割り振っている(そんなの当たり前ですよね)のに、うちの会社ではそれから遠く離れた状態。

 正直、ウィンテルマックのノートにしようかとも思ったんです。でも仕事で使うものだから、とにかく安くと割り切ってのものでした。そのわりに、購入時期の関係で、うちで一番ハイスペックなのは致し方ないけれど。

 そんな盛り上がらないテンションで、自分が欲しかったというよりもさとの推薦などで買ったという経緯もあり、仕事の道具でしかないな。申し訳ないけど、壊れたらさすがに困るけれど、それ以上の大事な扱いをしようという気持ちにはならない。でもある意味、ウィンドウズ機を買うこと自体が、ひとつの一大転換点のような気がしたので2位。AZワゴンも一大転換点なんだろうし、買い物金額では桁が違うんだけど、あれはさとの持ち物なので3位。


【1位 再就職しました(4月)】

 これで新聞に人事が報じられるようになりました。探せる間柄であるならば、探してみてください(笑)。

 このことについて、とやかく言いたいことはあるのかも知れないし、今年の流行語のようなことも、言おうと思えば言えるのかも知れないきょうこの頃。でも、そうやって腹に何かを抱えながら働いても気持ちいいことはないし、とりあえず手取り3割増で何も文句は言いません、はい。

 でも欲を言うならば、いずれ新聞に顔写真付きで報じられるような幹部になりたいという野心がある。今のまま出世していって幹部になったとしても、顔写真付きで報じられることはまずないので。写真を載せたいという野心とかではなく、仕事上志向するベクトルが、顔写真付きで報じられる向きの手前にあるような気がする。

 まぁなんか抽象的でわかりにくいとは思うのですが、要するにいずれは仕事上ステップアップしたいということですよ。2009年はそのような希望を、書類にして出すことはしませんでしたけどね。なんか大事を成し遂げた2008年に対して、あまりに2009年は悪くなかったけど停滞感があったような気がしています。だから来年は、もうちょっとがんばってみたいと思いますよ。そんなわけで皆様、よいお年を。
posted by てつりん at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

2009年 てつりん的10大ニュース(6〜4位)

【6位 あわや最前列(6月)】

 読み返したけど、当時のことはほとんどさときん帳にも書いてないですね。6月の終わりにあった、ユーミンのライブでのことです。

 席がね〜、前から2列目だったんですよ。和田アキ子よりでかいさとと、2人並んで後方席の方、見えにくくてごめんなさいって感じです。

 シャングリラなどに見られるアリーナ系のステージで前の方ってあんまり嬉しくないけど、今回のようなホール系ステージで前方というのはなかなか。欲を言えば今回のように前方で見て、別の公演をやや後ろから俯瞰で見るのが一番のような気がします。もちろん前方ならではのメリットは、それなりに享受してきたつもりです。表情だけでなく目のうるうる具合まで見えたとか、「Forgiveness」の紙吹雪を拾ったとか。

 ただ、これでユーミン関連の運は使い果たしたかも知れません。2010年の苗場を、ファンクラブ先行であるにもかかわらずはずしたまでは例年通りなのですが(休日公演は相当な高倍率らしい)、一般発売の日に電話も持たずにぼ〜っとしてて不戦敗とか、ありえん。


【5位 不評な出張(1月)】

 仕事で行ったんですけどねぇ。これまた内容はさときん帳にほとんど書いてないので振り返ると、こんな感じでした。

 前日、急行能登で上野へ向かう。1日目早朝、西立川駅にあるというユーミンの歌碑を見に行こうとして失敗。その後予備校で講義を受ける。夜は盛況のため過去入店に失敗したバー、銀座パノラマで飲む。2日目、再び予備校で講義を受ける。東京大学の入試問題は意外と学習指導要領に沿った良問であるなどの内容は、目からウロコです。確かに学習指導要領は文部科学官僚が作成してて、彼らの多くは高級官僚養成機関である東京大学を出ていたりするんだろうからそれも納得か。そして夜は遊覧航路オフで、マニアックな選曲からなるカラオケ大会。帰りは寝台特急北陸で帰ってきました。

 これのどこが、趣味趣味趣味と実益をかねた出張だというのか。失礼な! でも出張の実益にかなう部分は、上記下線の部分なので、少ないと言われても致し方ないのか。しかも今となっては、当時得た成果は役に立たない勤務先になってしまったし。そして能登も北陸も、来年3月での廃止が決まってしまったし。最初で最後の乗車になってしまいましたよ。そんなこと書いてるから、不評な出張の扱いをされるんだろうな。


【4位 正月どころでない騒ぎ(1月)】

 もちろんさときん帳未収録の話。当時のことはほぼ日手帳に、時系列に沿ってメモされておりました。たぶん、緊急時にはメモを取りましょうという危機管理術がそうさせたのでしょう。

 センター試験が終わった次の日でしたから、展開によってはわたし個人でも、仕事関係でも、大混乱必至の大事件でした。結局無事に事なきを得たため、この件について多くは語りませんが、年賀状を出すことができる2009年の年の暮れでホントによかったと思えます。とりあえず健康には気をつけて。ましてやたばこはほどほどに。
posted by てつりん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

2009年 てつりん的10大ニュース(10〜7位)

 ひさしぶりの出没です。最近体調が悪くて困っています。疲れが取れません。金曜は夕飯抜き状態で18時から寝て、朝まで目が開きませんでした。土曜はやっとで仕事をして(それでもやりたかったことの1割以下)、あとは家で倒れているような状態。なんとか年賀状は書きましたが、どうにもだるくてやっていられません。来年はどうなるのか、不安を抱えながらいつものように振り返ってみましょう2009年。


【10位 プレファン閉鎖決定(11月)】

 さとはモチベーションが上がらないと言ってました。わたしは、更新させるネタも作れなければ、ネタがあっても更新させる形にもできないのが現実。某ラジオ深夜番組のハガキ職人ならぬ、ホムペ職人も減ってしかるべきな今日この頃なのでしょう。このブログの更新頻度も、最近がた落ちですけれど。

 限りなく誰も来なくなってしまったようなホームページであっても、ブックマークに入れている人にとっては、一種のインフラのようなものだと思うんです。いつも見ている訳じゃないけれど、忘れた頃に見に行ったら、あの頃と同じようにそこにある。そんな事実にほっとするし、「Not Found」の文字に寂しくなる。子どもの頃に通った駄菓子屋が、いつしか更地になっていたような寂しさとでも言えばよいのでしょうか。だから残したかったんだけど、それで年間1万円というのが、仕分け人の集中砲火を浴びて撃沈となりました。


【9位 結婚5周年、家も5周年、でも何もしませんでした(9月)】

 相手によっては刺されそうな大事件ですな。わたしは結構前からそのことに気づいていまして、何をしようか、どこに行こうか、記念イベントでも打ちますかとか言ってたんだけど、妙案と仕事上の時間をひねり出すことができず、準備不足というか準備皆無のまま当日に。そうそう、みっちゃんが保育園に行っている間の、明日の昼に焼き肉を食べに行きますよ。それで結婚5周年!?

 ちなみに出会って10年の、アニバーサリーイヤーでもあったようですけど。えぇ、それに関しても、何もしませんでした。ホテルの高価なランチバイキングに行ったのがそれだったような気もしないでもないけれど、たぶん違うと思う。

 つい先日、6万円の財布を贈ったという他人の話で大いに盛り上がりまして。親に贈られたギフトカードをせしめて、足しにして贈ったそう。盛り上がりの方向が、「それはおかしいだろう!」という話だったので、何も贈りません(笑)。


【8位 上高地の旅(8月)】

 さときん帳にも記録が残っていない。更新頻度が激減した2009年を象徴するようなできごとですな。

 ほぼ日手帳の記録によると、3泊4日の出張を終えて、日付が変わる頃に出発。仮眠を取りながら、みっちゃんと先に帰省していたさとの実家へ。そこで2日間を過ごし、帰り道の途中で上高地に立ち寄り一泊。初日は宿から上流側へ、河童橋までを歩き、翌日はタクシーで大正池まで移動して、前日歩かなかったルートをたどりながら河童橋までを歩いたようです。

 手帳には、「夜空の星に感動、めがね持ってくればよかった・・・」と書いてあります。でも、記憶をたどると、わたしの誕生日付近だったためにホテルが用意してくれたワインでかなり泥酔状態。さとが紹介していたDSの「星空ナビ」も持って出たんだけど、うまく使えないままにぼ〜っと星を見て終わったような気がします。上高地は意外と自宅から日帰り圏内であることがわかったので、いずれまた気楽に出かけたり、もう少し本格的に山奥へ踏み込んだりしてみたいと思いました。


【7位 山下達郎のライブに行く(2月)】

 同じ頃、3年連続3回目の苗場参戦もあったのですが、それは単独行動だったので。おかげさまでよい音楽に出会えたなぁと思えたできごとでした。

 いろいろとライブを観ましたが、演奏など音に関する部分では、最高峰に位置するのではないかと。実にすばらしいライブでした。そして、ライブ会場という場で、直接本人に接することで感じるものもたくさんあるんだなぁと。妥協を許さない音づくりや、マニア、もしくはカルト的なこだわりなどから、なんだか気むずかしそうな人に思えたりもするけれど、ステージを見る限り気さくで、意外と腰の低い人だなと(笑)。

 さと的感想では、演奏や楽曲のすばらしさは認めながらも、男のハイトーンボイスはやはり気持ち悪いと(爆)。でも、野郎率が意外と高いことがわかりましたので、来年もツアーをやるらしいとか聞いてますので、次回は心おきなく単独参戦したいと思いました。
posted by てつりん at 21:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

初詣に行きました

 そのまんまのタイトルですな。何のひねりもなく、見ての通りでごめんなさい。

 半ば強引にひねり出すと、今年の初詣はこれまでとひと味違う。電車じゃなくて、プレで行ったんですよ! え?なんかポイントがずれている? いえいえ、これまでは電車に乗って初詣だったのに、みっちゃんが幼少につき電車は大変だろうということで、プレで。

 ところが。3日の昼近くだから問題ないだろうと思っていたのが甘かった。こんな渋滞にはまったのは何年ぶりかと思うほど。以前首都高ではまって以来2〜3年ぶりくらいか。30分で着くところに、1時間半くらいかかってしまいました。わたしの願いはいつも通り、「今年もいい年でありますように」というもの。具体的な願いを掲げると、必ず失敗するんです。過去に前例複数ありです。だから謙虚に(笑)。


【ひいたくじの内容】

 すっかり毎年恒例です(笑)。ちなみに昨年のものはここに。「目の前には吉利なくとも、一生懸命に骨を折り、人の為に尽しておけば、後に必ず良き報いを受けて幸福になる」とか、「真心を以て気長く努力すれば、必ず後に達する」、「初めは損だと思う事を我慢して辛抱すれば、必ず埋め合わせがあ」るなど、見事な的中率ではないかと思っています。恐るべし、いつもの神社。ちなみに埋め合わせとは、新春早々実施される県外出張のことだと勝手に思っております。上司がご褒美として、もっと上の上司に掛け合って決まったらしいです。

 さて、今年。小吉でした。「表面は派手で華やかだが、中身は貧しく空虚(むなしい)運勢」なのだそうだ。外から見たら確かに、派手で華やかそうに見えなくもない心当たりがあるだけに、中身も伴うように気をつけたいところ。そしてこの神社お約束の、色情難ですよ(爆笑)。おたくも好きですね〜。恋愛が「お互いに火の玉のように熱烈な時だが、火遊びは危険だ。色情難ある運勢だから慎しむべし」ときたもんだ。火の玉のように熱烈な火遊びなんて、してみたくないわけがないですけど(爆)、みっちゃんのことを考えつつそのへんは節度を持って。くれぐれも気をつけたいと思います。特に、新しい勤め先あたりで。いや、今の勤め先でもか!?

 よかったと思えたのは、仕事関連かな。職業では、「文化的、智能的の仕事は殊によい」そうなので、本来その筋のものであるはずのわたしとしては、がんばりたいと思います。また「勉強すれば先輩の後継の名誉も得られる」らしいです。燃えつきずに勉強します(笑)。「目上の賢者の指導に従い、従順にするが吉」だそうですので、ステキな目上の賢者に出会えたらいいなと思う今日この頃だな。交友でも「他と気持を揃えるのが大切な時だ。柔和ならば賢友の助けがある」そうで。確かに仕事は一見個人技のように見えてチームプレイだと思うし、そのことを忘れなければ困ったことがあっても誰か助けてくれるでしょう。ステキな2009年でありますように。
posted by てつりん at 23:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

年頭あいさつ

 あけましておめでとうございます。本年もさときんやプレファン、ならびにうちの家族一同、まとめてよろしくお願いいたします。そしてここをご覧の皆様、ご覧じゃないけど面識ある皆様、そしてこれから面識ができるであろう皆様にも、よいこと多数の1年でありますように。


【うちの年越しイベント報告】

 例年ここでカウントダウン飲み会を挙行して、そのあと電車初詣に行くというのがお決まりのコースでした。ところが今年はみっちゃんがいるので、さすがに深夜の酒場へ連れ回すのはまずいかと。「こういうわけで当分ご無沙汰します」と、顔を出すのも一種の礼儀なんだと思うけれど致し方ない。電車だって、会社の結構鉄分濃いめの人から、「(部分廃止が発表されているので)たぶん今年で最後だぞ」と言われているんだけどしょうがない。

 それでもせめて、年末は例年ほどではないにせよ、ごちそうを並べて過ぎゆく2008年を振り返り、やってくる2009年に思いを馳せたい。そこで夜は近所のスーパーとか、某ケ○タッキーなどで調達しただけのごちそうですけど、

ゆく年くる年2008(仮)
〜さときん家2008を振り返る in 倫敦屋酒場自宅〜

を、開催してました。パチパチパチパチー

 ところが今年は、ホントに何も発表するものがなかったんですね(爆)。新人賞・・・。誰がいましたっけ? 音楽部門の大賞は、みっちゃんを寝かしつける際に最もよく歌われている中島みゆきという噂もあったんだけど、リリースアルバムやライブの状況、さときん家におけるインパクトや影響などを総合的に見てという面からは若干微妙。宿なんて1軒しか泊まってないし、流行語大賞なんて・・・ねぇ。わたしがさとの妊婦腹に向かって日々言っていた、「ごゆっくりどうぞぉ〜」というのも、なんかいまふたつだったそうで。検診に行くたびに聞いたという、「頭しかないですね(爆)」という主治医の言葉もなんだか微妙で。

 結局、2009年のそれぞれの目標を語るだけで終わりました。わたしのは下に。さとのはそのうちに。みっちゃんと旅行とか行きたいけれど、せいぜいさとの実家へ帰省くらいで終わっちゃうんだろうな。

2009010101.JPG

 そうそう、初詣は人混みと渋滞を避けるため、2日以降の予定です。みっちゃんに鉄分を注入したかったんだけど・・・。
posted by てつりん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

2008年 てつりん的10大ニュース(3〜1位)

 もうすぐ18時。あすが年内最後の燃えるゴミの日ということで、大掃除絶賛展開中です。とりあえず昨年のこの時期にもやっていた、過去数年分の仕事関係の重要書類をことごとくシュレッダーの藻屑にして、いらないけど重要書類という中途半端なシロモノはすべて抹殺しました。そして油で黄色く変色したレンジフードのフィルターもキレイさっぱり交換。いろいろと堆積して機能性大幅ダウンの机上もキレイさっぱり。年賀状も出したし、のんびりとした年末です。


【3位 ジムを退会(12月)】

 なんだかね〜、子どもができるといろいろと犠牲にしなければならないものがあるということを、一番最初に感じさせられたできごとだったので、感慨深いものがあるのですよ。もちろん犠牲にせずに、両立させようと思えばできたものでもあると思うんだけど、それだけに退会しちゃったというのがなんだか名残惜しい。だから3位。

 もちろん子どもができたということで、犠牲になった予定の類ならほかにもありますよ。昨年のこの時期にすでに行く気マンマンだった吉井武道館とか、昨年のこの時期にすでにやる気マンマンだった夏のはやぶさツアーとか。ただこれらは計画段階でしかなかった机上の空論みたいなものだったのに対して、ジム通いはみっちゃんがやってくる前からやっていたことだから。

 運動で疲れていく体を、もうひとりの自分がマゾっ気たっぷりに見つめるような気持ちよさが好きだったのに(爆)。機会を見つけて、いつかわからないけどいずれまた通うつもりでいます。


【2位 秘密潜伏活動に花が咲く(10月)】

 まさに有言実行という感じでした。今思うと、ここまで書いておいて花を咲かせられなかったら、恥ずかしいったらありゃしないって感じですね。いや〜、よかった。

 ただ、こうなったからこそ思うことがある。正直、もっと早くこうなっていてしかるべきだったと。多少回り道した分を含めたとしても、あと2〜3年くらい早ければ、もっと違ったことを思っていただろうし、あと4〜5年くらい早くこうなっていたようにできたかも知れない。

 来年度以降に仕事の上でやっていくことは、おそらくこれまでとそう変わることはないでしょう。若干仕事と責任が増えて、書類上のことで少し変わるくらいで。それくらいの仕事を、これまですでにやって来たと思っていますので。それだけに、どうすればここまで来られるのか。変な期待感を持たせたり、余計な回り道をさせたり。そんなことを、後に続く人たちにさせたくない。本当のことを伝えていく義務と責任があるのではないかと思っています。

 ところでこの話題、ぶっちぎりの1位を取るはずのものだったんですよね。ところが、取れませんでした。そんな1位はやっぱり、あれしかないでしょう。


【1位 みっちゃん誕生(10月)】

 2位と並んで、○0代(年齢)の10大ニュースでも、上位に食い込んできそうな大事件でした。いや〜、去年の今頃も、過去数年にも、そんなことは一切考えてなかったんですけどね(爆)。でも今振り返ると、去年の今頃の段階で若干こうなる日を暗示させるような趣旨のことも話していたみたいなので、ある意味機が熟したということなのでしょう。いろんな意味でね。

 産まれて2か月以上過ぎたので、あらためて今の気持ちを。なんだかよくわからないままに、2か月がぶっちぎり状態で駆け抜けていったような感じです。もちろん、これからの数か月も、数年も、そうしてぶっちぎり状態で駆け抜けて、いつの間にかみっちゃんの弟とか妹とかがそこにいたりするんじゃないかと思っていたりします。

 好きなアニメで、「どうやったらオタクになるのか」という問いに対して、「気がついたらそうなっているものなんだ」という趣旨の答えが出てくるシーンがあります。確かに気がつくと家が建って結婚してたし(爆)、気がつくとこの業界にどっぷりはまっていたし、気がつくともう2か月になったみっちゃんがそこにいる。もちろんそうなる背景として、そういうことがあったからというのがあるわけで、何もしないで事が起きるわけじゃないんだけど。


 何もしてないようで、しっかり何かしていて、それが実を結ぶような。いい意味で脱力した、肩肘張らない、例えるならば柳のように、余裕を持った2009年を迎えられたらと思っております。正直、ものすごい暴風が吹きすさぶようなこのご時世、飛ばされまいと力を入れて丈夫な傘を持っていると、かえって傘ごと吹き飛ばされちゃうんじゃないかと思ったりもしますから。そんなわけでここをご覧の皆様、ご覧でない皆様にも、いろいろとお世話になりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。そしてよいお年を。
posted by てつりん at 18:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

2008年 てつりん的10大ニュース(6位〜4位)

 前回10位から7位までを書いて思ったんだけど、このあたりは例年に比べて地味な感じがするなぁ。実は事前にほぼ日手帳に候補を書き出して、しばらく寝かせて何も思い出さない、これで確定だとなってから、順位をつけていくという作業をしています。この順位づけが、3位以下は結構手こずったんですよ。それだけ地味なニュースが多かった気がします。さて、6位から4位まで。

【6位 避難指示が出る(7月)】

 このへんで自然災害といえば、大雪です。避難指示が出されたことなんて、わたしのこれまでの人生ではないんじゃないのかなぁ。そんな避難指示が出されていたようなのですが、気がついたのは出勤してから。安全を確認しに、自宅に帰る方が危険だったという(笑)。

 河原に降りるために堤防が切ってある部分があって、そこの門が閉められなくて、濁流がやって来たから人災なんだということで、それにまつわる裁判のニュースが今でもたまに出ます。その堤防の切れ目が、どこのことでどういうものなのかまでイメージできるほど近所のできごとでした。幸い自宅付近は何ともなかったんですけど、今の実家より以前に住んでいた地域は、大変なことになっていました。

 そういえば、冷蔵庫が流されるなど大損害をうけて、閉店も考えたラーメン屋だって復活したんだけど、まだ行ってないなぁ。


【5位 2年連続の苗場(2月)】

 昨年は3位だったらしいのですが、初参戦とは意味合いが違ってくるので今年は5位。ついに観た〜♪という初々しい感動はないけれど、ユーミンの定番行事の中に、自分たちも入り込んでいくということにものすごい充実感を感じます。そしてわたしは2年連続だけど、こうして28年も連続で続けていくことの偉大さ。マンネリ化してきたからとか、体のいいことを言ってやめにする口実なんていくらでもあるんだと思いますよ。でも、それに負けたら、何にも始まらないし、何にも形にならない。

 来年は、わたしだけで3年連続になります。みっちゃんに見せられるくらいまで、さらには歌詞の世界観や楽曲のよさまでもわかるようになるくらいまで、続けてほしいと思います。ベタなところですけど、親子で苗場を観に行って、スキーもして帰るというのがあこがれ。その頃にはユーミンはまさに、「なえばぁ」になっちゃってるんでしょうけど。


【4位 初めての更新なし!?】

 ここじゃなくて、プレファンの話です。今年に関しては諸般の事情により、あんまり遠出をしなかったというのもありますけど、過去に遠出をしていながらアップされていない旅日記というものも存在するのですね。そもそも書いていないので、アップされていないというのも根本的におかしいのですが。

 ただ、なんか手詰まり感があるのは事実ですね。交流という意味では、別のところに移行している感じがします。特定のホームページを軸に何かをやるというよりも、SNSなどを用いた広域のつながりが中心になっているのも事実ですし。

 閉店するにもエネルギーがいることもあり、閉店する気は全くないのです。むしろダラダラと続けていくことから醸し出されるぬるさを(爆)。脱力系プレマシー情報サイトでも目指しますか。実はディーゼルプレマシー情報サイト一番乗りを、ひそかに狙っていたりするのですけどね。
posted by てつりん at 02:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

2008年 てつりん的10大ニュース(10〜7位)

 こういうことをやるのも3回目になってくると、もはや恒例行事ですね。まぁ、口の悪い人は、単なる三番煎じとか言うかも知れませんが。でも、今年何があったのか。手帳やさときん帳、記憶をたぐりながら、心静かに(?)思い出して来年への展望を語るのも悪くないじゃないですか。きょうは10位から7位までをカウントダウン。


【10位 大型設備投資(7月)】

 洗濯機ビデオカメラ炊飯器。これだけ消費拡大による景気刺激を行ったのに、世界経済はこのザマですか(爆)。やっぱみっちゃんの送迎用に、セカンドカーを買うくらいの勢いがないとダメだったみたいですね。冗談はさておき、よく買い物をしました。来年あたりは地デジを導入するぞ!というご家庭もあるかも知れませんが、うちはそれに関しては放置プレイ。ケーブルテレビで配信されますので、2011年問題とは無縁でございます。正直、デジタルにしてまで、見たいものってないよねぇ。


【9位 ETC導入(1月)】

 導入後数回高速に乗っていますが、これの気持ちよさにやられますね。料金の請求自体はカード払いのために忘れた頃にやってくる関係上、安くなっているのかどうかいまふたつくらい実感に乏しい面もあります。でも確かに安くなってますからねぇ。来年はまたしても苗場に行きますし、みっちゃんのお披露目などでも遠出をすることがありそうな気配で、さらにETCの活躍の場が広がりそうです。誰ですか!?長距離通勤で使うハメになるだろうとか言ってるのは。


【8位 プレの故障頻発(5・10月)】

 5月にABSあたりが壊れたり10月頃からエンジンが止まったりと、なかなかの異変に見舞われたうちのプレ。でも考えてみれば、もう7年乗って8年目突入ですからねぇ。そりゃぁ、いろいろとあるのでしょう。

 正直なところ10年とか、10万kmとかで、天寿を全うしたとされたのはいつ頃までなのでしょう。来年の早いうちに後者は達成しそうですが、8年目にしては美しさを保っていると思う。最近何かと物いりで、さらに景気の減速感もひどいですから、あと2回車検を通すことを目標に、大切に乗りたいと思います。


【7位 ひさしぶりのボーナス(6・12月)】

 夏は3年ぶり冬は4年ぶりでした。正直ボーナスなんて、もらえなくてそれが普通だという感覚に近づいてましたよ。もらえなくてもこれまでなんとかやってくれたのは、住宅ローンにボーナス払いを使わなかったからだろうな。

 もらえなくてもやってこられたのは、景気の減速感が強いこういう時代において強みになるでしょう。ただ、もらってしまうとそれが当たり前になり、こういう時代においては弱みになりうることも気にとめておかないと。実際のところ、もらったらもらった分使ってしまったり、それ相応の出費要件が発生したりするものなんだよねぇ。

 来年は夏のボーナスもほぼ満額に近いものが出ると思いますが、派手に行くことなく、足元をしっかり固めて手堅く行きたいと思います。このへんの采配は、さとが握っているのでしょうけど(笑)。
posted by てつりん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする