2020年09月20日

先月、レベルがあがったので

 もうずいぶん前になってしまいましたが、レベル46になりました(しょこたん風に)。そういえばおもしろいTシャツをもらったのに、ネタにしてないどころかまだ着てないなぁ。着るのはちょっと、アレな感じがするんだけど、せっかくだからどこかで着ないと。

 レベル46になったので、たまに行きたくなるいきなりステーキに行ってきました。すでに3000g以上を食べており、その場合いつもソフトドリンク無料であるだけでなく、誕生月とその翌月1回だけ、USリブロース300gがタダなんです。これは行かないとね。

 いろいろと報道されている通り苦しいようで、気楽に行ける範囲のお店は2軒から1軒に減っていました。だからかなぁ、以前行ったときよりはいい感じに混んでた。個人的には好きなお店のひとつなので、これからも生き残っていてほしいなぁ。

 リブロースがなんでもいいなんて、注文するまで知らなかった。というわけで一番高いトップリブを。なんだか得した感じ。もちろん黒烏龍茶もタダで頂戴いたします。
2020092001.jpg

 そしてトッピングのハンバーグも。なかなかおいしい。ひとりですが、勝手に一人お誕生会の気分です。あっ、自宅でもちゃんとお誕生会はしてますよ。
2020092002.jpg

 キリ番をゲット。リッチな気分になりたいときとか、ひとりだけどガッツリ肉を食べたい気分のときとかに行ってます。そのうちまた行くと思います。
2020092003.png
posted by てつりん at 22:44| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

今年も復活しています

 近所と言うにはちょっと遠いのですが、今年もかき氷屋さんが復活しています。なくなったって報道も出たんだけどね。
2020080901.jpg

 行ったときはかなり賑わっていました。10分か15分くらい待ったかなぁ。しかもクルマで行ったばっかりに駐車場もいっぱいで停められなくて。近所のコインパーキングを使って、少し歩きましたよ。それでも100円で出られたので、悪くないと思う。

 右は定番のメロン。左は抹茶。
2020080902.jpg

 もとは和菓子屋さんなので、かけられた抹茶の粉がうまい。すごくきちんとした感じのものです。店内で座って食べられるような店なら、もう少し量が増えて600円とかでもおかしくないと思うんだけど、確か350円です。
2020080903.jpg
posted by てつりん at 10:01| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

高級?な焼肉店

 ボーナスも出たし、定額給付金も振り込まれたということで、ゴージャス?なお店へ出かけることにしました。

 一時期はかなりよく行ったんだけど、正直結構いいお値段がする。あと、よく行ってた頃は、会社の先輩に連れて行ってもらってた部分が多分にあって、少なくない部分をその先輩方が払ってくださったんだ。しかも同じ会社ってわけでもないのに、さとも来てもいいよって快く言ってくださってたりもしてたんだ。かれこれ10年くらい行ってないんじゃないのかなぁ。いつしかすっかり、行くのはいつもの食べ放題系の店へ。その店に不満があったわけじゃないんだけど、たまにはゴージャスなお店に行こうということで、予算上限2万円で行ってきました。

 でも、リニューアルされてから行くのは初めてだなぁ。創業50年以上という、地域の名店だそうです。
2020070901.jpg

 店内はかなり賑わっていました。でも、半個室の囲まれ感がなかなか心地よい。手前は巨大なご飯、タカシマ盛りだそうです。あとになって、このタカシマ盛りが重要なポイントになることに気付かされるのでした。
2020070902.jpg

 タン。いつもの店よりも厚みが気持ち2〜3倍。高い店って、それなりにいいものですね。でもこの店が取り立てて高級なんじゃなくて、日頃行く店が庶民的すぎるんだきっと。あっ、でも、お店の名前を冠するいわタンは高いぞ〜。厚みもすごくて、せっかくだから食べたかったけど、びびって避けちゃった。
2020070903.jpg

 そしてこの店を高いと思うのは実際に高いからというよりも、自分たちがあまりに食べすぎることで結果的に高くなっているんだきっと。さとの記憶によると、かつて2人で行って1万円超えだったんだとか。だから大人2人+子ども3人で、予算上限2万円。
2020070904.jpg

 上カルビだったかなぁ。うちの子どもたちも大絶賛。いつもの店とどっちがいい?と姉に聞いたところ、こっちと即答していました。
2020070905.jpg

 骨付きカルビ。焼肉に骨がついてるってのが、息子には斬新だった感じでした。
2020070906.jpg

 さとの大好きなホルモン系。でも、娘たちも食べてたなぁ。わたしの記憶では、いつもの店ではそんなに娘たちは食べてないと思うんだ。それだけおいしいってことなんだろうな。
2020070907.jpg

 牛すじの焼肉。ちょっと珍しいなぁと思って頼みました。写真の通り丁寧な切込みのおかげか、とっても食べやすいです。安くておいしい、隠れた一品って感じがしたなぁ。
2020070908.jpg

 さんざん食べました。酒は、さとが1杯飲んだだけだったけれど、これだけ食べて想定予算を大幅に下回る1万円代前半。きっとご飯のタカシマ盛りが効いたに違いない(笑)。さとが言うには、姉が中学生になったら、いつもの食べ放題系の店では大人料金を請求されるようになる。であるなら、ここで1万円代前半くらいで飲食したほうが満足感が高いのではないかと。うん、わたしもそう思うなぁ。それなりにお金を出せば、いいものが食べられるんだよ。

 というわけでそのまま向かいのスーパー銭湯へ。ここは以前から、妹が行きたいと言っていた場所で、ついに念願かなったという感じ。さらにはデザートも食べるという、至福のフルコース。これほど大量のかき氷を食べたのもひさしぶりだなぁ。ちなみにこれで420円ですよ。
2020070909.jpg
posted by てつりん at 00:35| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

飲み比べの宴(その3)

 その1はこちらから、その2はこちらからどうぞ。今回はその、第3弾です。

 今回はとあるところから提供されたネタです。乳酸菌飲料飲み比べ!!! 
2020050101.jpg

 具体的な商品名としては、マミーやぐんぐんグルトも出たのですが、近所で簡単に手に入れられるものということでこの4種がエントリーされました。あと、ピルクルは紙パックで、決行日までに賞味期限の問題が発生するかもと思って断念。ヨービックは、たまたま近所にダイドーの自販機があるので手に入ったけど、ここを見て再現しようとするには難しいのかも知れません。なお、「ヤクルトのようなもの」とか、「(ヤクルトじゃないのに)ヤクルト」と呼ばれているものの枠としては、トップバリュ製品の乳酸菌飲料をチョイスしました。

 そして前回は注いだときの色を見るためというのもあって、透明のグラスを用意したのです。ところがそれだと目をつぶって飲んだ時に、手触りで絞り込まれてしまう。なので今回は同じ形状のグラスを4つ。注いてみたところ・・・、

2020050103.jpg
明らかに色が濃いヤクルト。ホンモノの貫禄といったところでしょうか(笑)。そして色の濃さという意味では、トップバリュの乳酸菌飲料(自宅名:ヤクルト)もなかなか善戦しています。

 まずは目を開けてのテイスティング。中央の2本と、両端の2本で、味の濃いグループと薄いグループに大別されます。ただ、一概に薄いのがダメなのかと言うと、そうとも言えない感じ。ビックルはエントリー4種のうち最大の容量を誇るだけに、スッキリとゴクゴク飲める感じがあります。ヨービックの濃さは、トップバリュの乳酸菌飲料とビックルの間といったところでしょうか。そして色だけでなく、味においても濃いのが王者ヤクルト。味と違いを把握した上で、目をつぶって飲みます。過去2回の時はなんにも考えずにただ楽しんでいましたが、これって一種の闘茶みたいなものですよね(笑)。バカっぽい企画なのに、急に上品で風流なもののような気がしたとかしないとか。

 結果、4種の違いはわかったつもりでいました。味が濃い順にヤクルト、トップバリュの乳酸菌飲料、ヨービック、ビックルの順だということに関しては全会一致。ということは、識別できるはずなのに、濃い方の上位2種と下位2種で間違えるケースが続出。それって、トップバリュの乳酸菌飲料は、味の濃さにおいてヤクルトとなかなかの好勝負を演じることができているということでは!? まぁ、グルメではないてつりん家メンバーズによるテイスティングなので、そこはあまり大きな声では言いにくいところでしょうが。それでもお値段半額程度の商品が、本家に匹敵すると思われる評価を得ているという実態は、ニセモノだなんて言っててごめんなさいの気持ちにさせるに十分でした。

 なお現在あためているネタとしては、緑色のお茶(伊右衛門、伊藤園のおーいお茶、綾鷹)3種飲み比べとか。まさに闘茶ですね。あとは、缶コーヒーだと参加者が限られておもしろくなさそうですが、カフェオレ系の飲料なら参加できそうな人が増えるかもと思っています。
posted by てつりん at 16:00| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

近所の名店勝手に応援キャンペーン(その2)

 (その2)とありますが、実質的には(その3)です。ちなみにその2はこちらから。その1についての記載もちょっとだけあります。

 さて、会社は分散出勤+テレワークで営業中です。午前出勤、午後テレワークのことがあったので、帰り道に近所の店でラーメンを食べてきました。過去の2軒はあまりに近所すぎて、こういうところでは店名を出すこともまずいと判断して一切の記載がありません。が、今回はそこまでの近所ではないので外観も、名前も出します。東警察署近くの吟とんです。
2020042203.jpg

 先日からテイクアウトを始めたようです。ラーメンのテイクアウトってどうなんだ・・・? 特注マル秘容器で、冷めないしレンジも対応可なんだとか。そこに興味はあるけれど、商売も苦しいだろうに容器のコストをかけさせるのもなんだかねぇ。やっぱ店内で食べるのが一番だろうし。というわけで、おいしくいただきましたよ。
2020042201.jpg

 ちなみに食べたのはこれ。LINEのおともだち特権で、実際には750円。大盛りも、ライスも無料です。
2020042202.jpg

 注文して待っている間に思った。マスク姿だから目元しかわからないとはいえ、クールビューティーな感じのおねぇさんが、こんなご時世なのに明るく元気にがんばっている。わたしは利用しなかったとはいえ、テイクアウトもドライブスルーも、電話注文もやっている。そうしてやって来たラーメンの味に触れると、なんだかこみ上げるものがあるわけですよ。店内だって椅子の間隔を拡げてあるし、お客さんが帰ったあとは消毒液を使って丹念にテーブルを拭いていた。幸い?一定のお客さんが来ていたので、ここについてはちょっと安心したのでした。だからってお客さんがいっぱい来るってのも微妙なんだけどねぇ。
posted by てつりん at 22:11| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

近所の名店勝手に応援キャンペーン

 タイトルだけでステマのたぐいだと思うのはやめてくださいね。

 ここでも連日新型コロナウイルスの話が多いようで申し訳ありません。きっと、みんな大変なんですよね。というわけで、3月の終わり頃から、近所の名店勝手に応援キャンペーンと称して、ご近所さんの飲食店のお世話になる頻度を上げております。あんまり大きな声では言いにくい話ですが、うちの場合そもそも誰から給料を頂いているのかという根本に立ち返ると、じゃんじゃん飲食店などに行くべきだろうとまで思うくらいです。もちろん自粛はしますけどね。接客を伴う飲食店等は、もってのほかでございます。

 というわけで今回はテイクアウトにしました。前回(3月下旬)は写真がないのですが、別の店に直接行って、アルコールまでいただいてきましたが、もはやそんなのどかな時代は過去のものとなりました。そういえば前回のお店も、テイクアウトができるということを全面に押し出す看板を掲げるようになりました・・・。今回のお店と違って、あんまりテイクアウトが似合うお店だとは思わないんだけどねぇ。
2020041401.jpg

 お世話になっている近所の飲食店というと、あと1〜2軒あるんだけど、それはひとりで行こうかなぁ・・・。さとが、その1軒はお高く付きそうなのでちょっとって顔をするのでね。と言いながら、いつも行く岩盤浴レベル、居酒屋1軒レベルの金額ですけどね。
posted by てつりん at 23:25| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

飲み比べの宴(その2)

 その1は、こちらからどうぞ。

 風邪はかなりよくなりました。ほぼ症状はないです。時節柄、かなり風邪でも敏感にならざるを得ませんね。ただ正直、風邪くらいで病院に行くってのも別の意味で心配。先日からかなり意識して、体温を継続的に測るようにしていますが、いつも平熱なのであえて病院には行かないでいました。
 
 同時に参考にしていたサイトがここ(新型コロナウイルス感染症の県内の患者発生状況)です。症状や経過も書かれているのですが、3名を除いて全員に37度台〜39度台の発熱が見られています。2名は咳と、気管支炎のみだったらしいのが怖いところではありますが、熱が出ないうちはジタバタするのはやめたほうがいいかなと。あとの1名は、転んで鎖骨を折って病院に行ったら、肺炎が映ったので検査したところ感染していたことがわかったけれど、それまで症状がまったくなかったというかなり恐ろしいケース。

 というわけで、味や匂いがわかるかどうかというのを日々大切にしております。よって先日、飲み比べの宴第二弾を開催しました。難易度高そうだな〜。
2020041301.jpg

 もともとはわたしが買い集めた3本でしたが、直前になってさとがミスティオコーラを発見したということで、緊急参戦となりました。

 それにしても、これは難しそう・・・。グラスの後ろにあるものが答えなんですけどね。目をつぶって、ほかの人から手渡しされるのを飲むという形で、テイスティングが行われます。
2020041302.jpg

 特徴としては、右端のMets超刺激コーラが、注いだときの泡が大きくて見た目にわかりやすいです。もちろん目をつぶっても、大粒の泡がしゅわしゅわする感じでわかります。そしてミスティオコーラは、写真では見えませんが缶に「強刺激」と書かれているだけあって、泡のしゅわしゅわ感がMetsに匹敵する感じ。ただしこちらは小粒の泡がしゅわしゅわしてきます。そしてド定番のコカ・コーラはというと、刺激の強さを謳わないだけあって、普通のしゅわしゅわ感。そしてペプシは独特の味がありますね。パッケージに、「ジャパンオリジナルテイスト」と謳っているだけのことはあると思います。ほかの3つと比べて、明らかに味が違います。マイルドというか、角が取れた感じの味といえばいいかなぁ。ほかの3つを味だけで識別するのはかなり難しいかなぁ。

 そんな会話をしながら、5人で回し飲みします。う〜ん、濃厚接触(爆)。泡立ち以外で右の3つを識別するのは相当難しいんじゃないかと思うなぁ。原材料を見比べると、Metsのみ合成甘味料系のものが入っていたと思う。そしてペプシにだけ、食塩が入っていた。食塩を入れることで甘みを引き立たせるという、日本の伝統的な味付けを用いている? だからジャパンオリジナルテイスト? まぁ、ほかの3つとは明らかに違うというのが、原材料からもわかります。

 ところがねぇ、時間が経って炭酸が抜けて、しゅわしゅわ感がなくなってくると、どれもただの黒くて甘い汁になってしまう。炭酸が抜けたことで、余計に甘みを強く感じるようになり、しかも味の違いがわからなくなった。それでもペプシは独特の存在感を放っていましたけどね。

 さて、挑戦したという結果報告とか、第3弾のネタとかを募集します(笑)。ちなみに今思いついているのは、オランジーナとファンタオレンジと、あとは何がいいかなぁ。缶コーヒー飲み比べもおもしろそうなのですが、家庭内の参加希望者が少ないとつまらないので今のところは考えていません。缶コーヒーだと、たぶんわたししか参加しないでしょうね。市販のお茶の飲み比べ・・・? もし判定できなかったら別の意味で恐怖を感じそうなので、そこまでの度胸は出ませんね・・・。あっ、セブン(でん六製)とファミマとローソンの、100円のピーナッツブロックチョコレートのテイスティングなら、見破る自信があるぞ! 次回はこれで行こうかな。
posted by てつりん at 23:53| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

飲み比べの宴

 新型コロナウイルスに感染すると、においや味を感じにくくなるそうですね。これが発端で判明した、プロスポーツ選手もいたとの報道が出てますし。あっ、わたしは元気にしていますよ。風邪をひいてしまったのですがね。

 単なる風邪と言っても、このご時世では何かと心配になるものです。というわけで、先日行ったテイスティングを、さらに難易度を高めてやってみることにしました。
2020040501.jpg

 透明で、炭酸の液体という意味では、どれも見分けがつきません。でもね、先日やってみたから知ってるんだけど、三ツ矢サイダーに関しては飲む前から、飲もうとするときのにおいでわかるね。あと、三ツ矢サイダーのほうが甘い。スプライトのほうがさっぱりした感じがする。あくまでも印象だけどね。そしてバローの炭酸水は、これはあくまで酒を飲んだりするときの割り材なので味がしない。

 と思っていたら、ちょっとドキッとするニュースが・・・。ケガの詳細については4月5日の地元紙(北國新聞)のほうがちょっと詳しくて、階段で転んで鎖骨を折ったのだそうだ。骨折に関してCTを撮ったら、まぁそこまでは書いてなかったけど、肺も映ったんだろうねぇ。それで、肺炎を疑われる様子が映って、調べたら感染してたと。

 恐ろしいのは、その市議は熱もなければ風邪の症状すらもなかったっていうんだよ。なのにそうなっちゃうんだってことを思うと、風邪をひいているだけで叩かれそうな恐怖すら感じるなぁ。だからってこのご時世、風邪で病院に行くことがいいとは必ずしも思えない。とりあえずここ数日は、毎朝きちんと体温を測るようになりました。
posted by てつりん at 22:26| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

とんかつ堂

 気になる飲食店の情報を、社内で共有していることがあります。わたしの性格上、そういうのって知ったらできるだけ早く行かないと忘れてしまってなんだかもったいないので、できるだけ早く行くようにしています。で、そのお店に行ったのですがね・・・、なんとお休みでした。

 なんでかなぁ。お店の公式サイトはないけれど、その筋で調べたら定休は月曜だって書いてあるのに。

 そこで気を取り直して、行く途中で偶然見かけた、妙にクルマの出入りが多くて賑わっている感じのお店に行くことにしました。とんかつ堂です。ステーキハウス大地の姉妹店なのでしょうか。建物はくっついています。でも、ステーキハウス大地の名前は聞いたことがあったけど、このへんってそもそも行動範囲内にないのと、例によって情報をつかんでいたのにすぐに行かないでいると忘れちゃうんだ。

 偶然とはいえせっかくたどり着いた大地だからと、一瞬迷いました。でもね、通りがかりに気になったのはとんかつの方だったので、とんかつ堂に入ることにしました。これ、安くないか・・・?
2020031601.jpg

 おしながきをじっくり見ると、ほかにもいろいろとおいしそうなものがあったのですが、ここはシンプルにとんかつを。岩中(いわちゅう)豚という、岩手県の名産豚のとんかつを、書いてある範囲での最大サイズ、240グラムで。

 しばらく待って、到着しました。これを書くためにお店の公式サイトを見たところによると、こだわりの2度揚げをしているそうで、時間がかかるのだそうです。正直、そんなに遅いとは思いませんでしたけどね。ご飯は十六穀米と白いご飯を選ぶことができます。
2020031602.jpg

 感想。豚の甘みを感じる。噛むとあふれる肉汁が絶品。ありきたりな表現で申し訳ないけれど、とってもうまいです。ソースをつけずに食べたほうがうまいと思う。そんな感想を持ったお店がほかにもあったと思うけれど、どこだったかなぁ。でもね、このクオリティをこの値段でってのがすごいね。そのうちハンバーグの方にも、懐具合に余裕があるときにはステーキの方にも、行ってみたいと思います。
posted by てつりん at 00:35| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

松葉総本店

 出張に行ってきました。出張の内容については、わたしの正体にも関わるのでパスで。でも楽しかったなぁ。自分の日頃やっていることや考えていることは、やっぱり間違いなかったんだと思うとともに、いろいろと勉強になりました。
2020021101.jpg

 上の写真もそうなのですが、いかにもディープなこの街らしさを表す写真かなぁと思ってね。これほど山が海に近い街って、ほかだと尾道とか? あっ、函館もこんな感じだったかなぁ。そんなにたくさんはないと思うんだよね。
2020021102.jpg

 で、出張を終えて帰るのですが、タダでは帰りたくないなぁと。前の日は京都で飲んでいるのですが、きょうは大阪で飲もうかと。実は2軒とも行きたくて、どう動いたらうまく回れるのかとか、何時の電車を取ればいいのかとかを、出張の申請段階でかなりまじめに考えていましたね。

 たどり着いたのは、大阪駅近くの串カツ屋、松葉総本店。立ちのみスタイルです。でもね、その雑多な感じが大阪って感じ。しかも、ひとりだからこそ行けるような店だし。阪急梅田駅の下(地下ではない)、新梅田食道街の中にあります。迷路のようなところに多数の飲食店がひしめく、なかなかディープなエリアでした。恥ずかしながら、新梅田食道街の中で道に迷ったし。
2020021103.jpg

 注文して揚げてくれるわけではないのですが、注文したものがどこかにあれば、温め直してくれます。そして目の前にはたくさんの串カツが。冷めているものも、これはこれですぐ食べられておいしい。もちろん断続的に新しいものが揚げられていくので、店員さんが「〇〇揚げたてですよ〜 いかがですか〜?」って聞いてくれます。1時間近くの滞在で、焼酎水割り2杯。すっかりできあがってきました。

 実は前の日、京都でお花屋さんの店先で滝ゲロする瞬間を見てしまったり、大阪の駅の中で泥酔+嘔吐で動けなくなってて駅員さんのお世話になっているところを見てしまっているので、なんとなくわたしも気をつけて飲んでいました。前者は男性が嘔吐して、一緒にいた2人のおねぇさんが平然と「あ〜あ〜、だいじょうぶ〜?」って聞くのがものすごく印象的だった。ちょっとした大事件だと思うけどなぁ。よりによって、飲食店よりはマシだと思うけど、お花屋さんの前でなんて。後者は、嘔吐物に特殊なおがくずのようなものをかけたあとだった。それの成分や効能がとっても気になる。そういえば苗場でも、ライブ中に具合が悪くなって、もしかして出ちゃってたのかも?な人がいたなぁ。そういう縁に取り憑かれているんだろうか・・・。

 さいわいリバースすることもなく、帰りはもちろんサンダーバードで。でもなぁ、こうやってサンダーバードに乗って、関西方面に行くのってもしかしたら人生最後だったかもしれないなぁ。いや、もう1〜2回くらいあるのかなぁ。敦賀までの開業は、2023年春だそうです。
2020021104.jpg

 あくまで仕事でしたが、ついでにかなり乗り鉄もしました。大阪から京都まで、行きは阪急で、帰りは京阪とか。この日も大阪から神戸まで、行きは阪急で、終わったらそのまま三宮まで行って、帰りは阪神とか。阪神電車って、初めて乗ったんじゃないのかなぁ。こんなにハイドラのテリトリーポイントがたまったのは初めてですよ。
2020021105.jpg
posted by てつりん at 19:18| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

京都の夜を

 関西方面へ出張に行くことになりました。ものすごく気合を入れれば日帰りだってできるんだけど、会社の旅費規定によると前泊の対象ということで、大阪に宿を取りました。

 でもね、せっかくなんだから、ひさしぶりに行きたい店ってのもあるんですよ。だから阪急に乗って京都へ。

2020021001.jpg

まずは、「きみなき世界」。あっ、カクテルの名前ね。

 ホントは食事してから行くような店なんだろうけど、ピザもなかなかうまいです。しらすとレモンのピザだそうだ。あと、この店はピーナッツ食べ放題。そして殻は床に落とすというスタイル。

2020021004.jpg

 続いては、「緑の町に舞い降りて」。

2020021002.jpg

 お店を知らなくても、気づく方は気づくのでしょうが、実はここ、ユーミン の曲しか流れないというバー、「Caramel Mama」。そして6年前、これまた出張のついでにこの店に来た時の記録によると、その2杯の順番までまったく同じだった! まぁ、それらの曲にはなにかしらの思うところがあるのでしょう。それとも6年前とわたしが変わっていないのか。そのうちまた、リクエストコーナーでそういったことを話してたりして(笑)。

 そこで、これならかぶらないだろうと、「Varentin’s RADIO 」を。2月の限定カクテルなんだって。まさにバレンタインな、甘いけど酔いそうな味。

2020021003.jpg

 この店はユーミンナンバーをリクエストできたりもします。そして、アルバム「昨晩お会いしましょう」が流れ終えて、しばらく無音の時間帯があったので、もしかしてレコード?レコードプレーヤーもあるし。とマスターに聞いてみました。実際にはCDなんだって。でも、そこ(マスターの後ろ)にあるのって間違いなくLPだよね? もしかして、「ALBUM 」もあります? なんと、あるそうで、現物を初めて見ることができました。おぉ〜、一瞬しか見られなかったけれど、写真で見たことがあるものと同じだ。ということは、もしかして「DA・DI・DA」のライブ盤もある? さすがに流さないらしいし、見ることもできなかったけど、あるんだって。もっと早くそのことに気づけば、「ALBUM」まるまるリクエストとかもできたのかなぁ。ちなみにどちらも、廃盤になってたり限定モノだったりして、しかもわたしがリアルタイムでユーミンを聴くようになる前の作品なので、そもそも知る由もなかったようなものなのです。

 ちなみにリクエストは、いい意味ですぐにかけない感じ。まぁ、春が来てほしい感じとか、友達にこんにちはとか、いわゆる松の曲とされているものを所望するからかもしれませんが。でも、そういうところにマスターのユーミン愛を感じて、好印象だなぁ。6年前と違って、ひとりで来たからか、よりユーミンの楽曲の世界に浸ることができました。いい機材を使ってるのか、音もかなりいいし。気づいてなかったかもしれないような、楽曲のよさを感じられる気がします。オーディオのことは正直、よくわかりませんがね(笑)。

 21時近くなって、混んできたので帰りましたが、マスターは3日の苗場に行ったんだって。またそのうちに、来たいと思います。そうそう、貴重なものを見せてもらえたので、わたしも貴重なものをお見せして帰ってきました。そのへんにいたお客さんにも、「おめでとうございます〜」って言われたりするのって、なんだかいいものですね。こういう流儀は覚えておきたいと思いました。
posted by てつりん at 21:22| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

歌志軒

 会社で、ふいに油そばの話になりました。もとは名古屋方面の店なんだけど、最近地元にもできたのだとか。

 そういうのを聞くと、行きたくなっちゃうんだな〜。というわけで、休日出勤後のランチとして、さっそく行ってきました。桜田町の歌志軒(かじけん)へ。
202002061.jpg

 実はこういった話題のラーメン屋において、よくあるものながらわたしには苦手なものがあります。ひとつは、券売機。文字情報しかなくて選びにくい上に、後ろにお客さんが並んだりしたらかなりのプレッシャー。正直、文字だけでは判断しかねるものもあるしねぇ。そしてもうひとつは、各種のトッピング。なんかねぇ、デフォルトでうまいものを出してくれればそれでいいのに、トッピングとか味変とか、カスタム前提でやられちゃうとなんだかねぇ。失敗して、おいしくなかったら客のせい? そんなバカな。

 でも、会社での会話で、ここはうまいと信じて、大盛りと、目についてシンプルにうまそうに思えたスタミナセットのトッピングを。なんとなく、いい意味で味が予想できたので、そんなにおかしなことにはならないだろうと。

 麺をゆでるのに時間がかかるのか、わたしの前に入った注文が多かったのか。ラーメン屋にしては待ったかなという時間を経て、到着。
202002062.jpg

 ラー油と酢を入れて、よくかきまぜます。うーん、なんとも言えないうまそうな香りが漂います。そしてトッピングの具材も投入して、さらに混ぜます。これはうまい。混ぜたあとの写真も撮ったんだけど、うまさに大興奮でブレまくって使えないので、またそのうちに。
posted by てつりん at 21:41| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

クリスマス会でした

 見ての通りのタイトルですな。今年は妹のリクエストもあって、ピザ屋のピザを頼んでみました。ピザハットで持ち帰れば半額だったのでね。ネットで注文もできちゃうし、とっても便利。
2019122201.jpg

 ただしわたしが注文を若干間違えたようで、骨付きチキンはすべて甘辛系の味付けだった。よっしーは食べられなかったなぁ。なおさと調査によると、ピザハットとケンタッキーは同じ系列らしいです。が、わたしの調査によると2017年5月10日の段階で、日本KFCホールディングスは、宅配ピザ店を展開する日本ピザハットを投資ファンドに売却すると発表したようです(実際の売却は6月)。つまり、もはや同じ系列ではないと。

 まぁそんなことは、飲み食いの部分に関して言えばどうでもいいのですがね(笑)。おいしくいただきましたよ。宅配ピザ(持ち帰ったので宅配されてないけど)なんて、ひさしぶりだなぁ。

 続いて、ケーキ制作スタッフ一同による記念撮影。このあとスタッフを中心に、おいしくいただきました。
2019122202.jpg
posted by てつりん at 22:52| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

宇宙軒食堂

 先日のことですが、まちなかに行く必要のある出張がありました。出勤したあとの時間帯なんだけど、個人的には出張にかこつけてそのまま自宅へ帰りたい。ただでさえ会社に長くいると言われているだけに、帰れる時はさっさと帰りたいし、そもそもそんなに会社にいたくない。仕事が遅いのか、クオリティを追求したがっているのかよくわからないけれど、別に会社にいるのが好きなわけじゃないんだ。

 というわけでまちなかだけどクルマでやってきました。コインパーキングに停めて歩くこと数分。スマホでささっと地図を見て、偶然見つけた店なんだけど、おいしそうだったので入店。看板は今どきなデザインですが、立地の路地裏感がたまりません。
2019120101.jpg

 お店は看板からやや奥まったところにあります。この隠れ家感がたまらない。ちなみに「食べんけぇ〜」ってのは、「食べませんか?」って感じの意味。「デミオ乗らんけぇ〜」とか、「岩盤浴行かんけぇ〜」とか、まぁそんな感じです。
2019120102.jpg

 内部は厨房を取り囲むように、カウンターがあります。一部、4人一緒に座れるボックス席もあったかなぁ。平日の、ランチにしては早めの時間帯だったと思うけれど、ほぼ満席。わたしは入店するなりすぐに座れたけれど、そのあとに来た人はしばらく待たされてたくらいの大盛況。秘伝のタレがうまいって言うけれど、タレがなくても豚バラの油にコクがあって、つけあわせのキャベツと食べるとこれがまたうまい。
2019120103.jpg

 ちなみにわたしがよく間違えるんですが、同じような名前(?)の店として、ひがし茶屋街入り口にある自由軒もうまいですよ。何の関係もないはずですがね。
posted by てつりん at 23:42| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

休日を満喫

 あんまりない平日の休み。きっちり満喫しようと、あれこれと計画を練って、ついに実行に移すときが来ました。

 とはいってもせっかくなので朝から洗濯。よっしーを保育園に送り、近所の病院までインフルエンザの予防接種へ。いまだにかかったことがないんだけど、今年はどうかなぁ。そしてデミオを初めての車検に出すために、いつものマツダ販売店へ。

 この段階で結構いい時間になってしまっていたので、予定を一部変更して吟とんでランチ。濃厚な魚介系豚骨スープがたまりません。濃厚だけどしつこくはなく、旨みが前面に押し寄せてくる感じ。かなり好きです。
2019112601.jpg

 そして待望の(?)岩盤浴へ。調べたら先月も行ってるみたいですね。

 熱いところに重点的に入って、13時過ぎだったかにビールを。やっぱり最初の一杯はうまいなぁ。
2019112602.jpg

 結局22時くらいまでいたなぁ。というか、それくらい滞在しないと、もしかしたら捕まってしまって新聞に載って、会社をクビになるかもレベルにまずい。ちなみに前回、フリードリンクが紙コップになっていたのですが、今回はいつものプラ製カップに戻っていました。その時だけ何かあったのかもしれません。そしてついに「沈黙の艦隊」を読破しました。終盤はなんだか、熱いものがこみ上げてくるようでしたね。政治経済系の大学生とか、政治家とか、国際関係に興味のある方だったら、ぜひ読んでほしいなぁと思えるような、不朽の名作だと思います。
posted by てつりん at 23:18| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

これ、効くらしい

 ことの発端はさとからだったか。食べることで睡眠の質が高まるというチョコがあるという話を聞きました。睡眠の状態をグラフ化すると、深い→浅い→深い・・というサイクルを、見事にきれいに表示してたんだったかなぁ。なんせそういうものを見たのでした。

 で、おもしろそうだと思い、買ってみました。
2019111201.jpg

 わたしの場合一節には、「食べる前に寝てしまう」とか、「結局のところ食べても食べなくても寝られることに変わりはない」とか言われていました。事実そのとおりだったのですが(爆)、先に食べたさとの話によると、「途中で起きてしまう」。「でも、朝のすっきり感は違う」といった、効果があるともないとも思われるコメントが。

 わたしも食べてみましたが、まぁそんな感じに近いかなぁ。途中で起きることはないけれど、眠りが浅くなっていた時があったことはわかる。それが、眠りの深い→浅い→深い・・・のサイクルがより明確になるって効果の現れなのかも。あと、目覚めのすっきり感は確かに違う。最近疲れている感じがするので、これで気持ちよく寝られるのもいいかなぁって思ったのでした。


 ところで同じような効果を得られそうなものとして、最近これが気になる。本体はそんなに驚くほど高くはないんだけど、消耗品の値段がわからないのが気になる。あと、50歳を過ぎたら、使うことを推奨されなくなるってのもなんだかなぁ。さとにこのことを話したら、「50までまだあるじゃない」だって。
posted by てつりん at 12:16| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

夏のオフ2019 開催してました

 夏の恒例オフ会ですが、今回は三国山キャンプ場で開催されました。千里浜オフの頃から数えて17回目、18年目の夏でございます。ただひたすらにバーベキューをしまくるという、その筋においては夢のようなオフではないかと勝手に思っています。
2019082501.jpg

 毎年のことですが、PLANT3津幡店様から勝手に全面協力を頂いていることにして開催しています。そういえばPLANTですが、どこの県にあるんだろう?と思って調べたところ、岐阜県瑞穂市にもありました。その名はなんと、PLANT-6!!! 正しくはびっくりマークはつきませんが、数字が大きくなるほど、店舗も大きくなるらしいです。
2019082502.jpg

 なお今年度はPLANT3津幡店様に25,000円ほど、三国山キャンプ場バーベキューサイト利用料として920円×2+どう見ても見た目普通の指定ごみ袋100円×2で総額27,000円ほどかかっています。大人が13人いた(正確には12人+子ども3人)と考え、1人あたりの会費は2,100円でした。

 ついにプレマシー率が5割を切ってしまいました。マツダ率は、あとからここに写っていないデミオが現れたので、かろうじて5割でした。まぁ、ほぼ食べて駄弁るオフなので、もはや車種はどうでもいいという噂もなきにしもあらずですがね・・・(笑)。
2019082503.jpg

 ここで詳細を語るのはやめておきますが、乾杯ではなくて献杯で開幕しました。あいさつの「長くやっていると、来たいのに来られなくなる人も出てくるのですが・・・」というくだりには、オフ会のレポでよく使う表現、「・・・・・参加したかった皆様にも、この場をお借りしてではありますが厚く御礼申し上げます」という部分をイメージしていたつもりなのですが、全然別のことが思い浮かんでちょっと涙が出そうになってやばかった。
2019082504.jpg

 17回目ということで、どこからともなくあると便利そうなものが現れます。そういえばこれを、人に向ける必要があるような暑さではなかった。夏ももう終わりなんだなぁってことを、いやおうなしに感じさせられます。
2019082505.jpg

 4年ぶりくらいだったかなぁ。三国山キャンプ場はこういう感じで、バーベキュー会場とクルマの距離が近いのが魅力ですな。
20190825005.jpg

 これがお腹に入らなかった方もいるかと思います。
2019082506.jpg

 これも、お腹に入らなかった方もいるかと思います・・・。
2019082507.jpg

 でも、食べ物飲み物各種、まんべんなくいただいたかと思っています。比較的野菜も多く登場している気がします。
2019082508.jpg

 今回はバーガーではなく、具を載せてピザっぽく。チーズは上からガスバーナーであぶって溶かしております。
2019082509.jpg

 ホルモン好きのさとのために、13時過ぎから焼かれ始めたシロ。
2019082510.jpg

 そういえばバーベキュー離れしたクオリティを発揮したのがこの一品。「シェフの気まぐれサラダ」と言われていました。
2019082511.jpg

 そんなシェフの愛車はこちらでございます。今回一番の注目を浴びていました。PLANT3でお買い物をする前に失踪したときは、どうなるかと思いました。
2019082512.jpg

 終盤になっても料理の複合攻撃はとどまるところを知りません。魚介のアヒージョに、ホッケも登場しました。アヒージョの油はナスなどの野菜にも使われ、最後は焼きそばの隠し味に。余すとこなく有効活用されました。
2019082513.jpg

 「今年のすごい肉」のコーナー。なんと15時近くになって登場しました。
2019082514.jpg

 炎も煙もおいしそう。
2019082515.jpg

 そして瞬殺で参加者の胃袋に消えていきました。
2019082516.jpg

 15時台後半になって焼きそばの登場です。ちなみに利用時間は16時までなのです。ちょっとオーバーしましたが、大盛況のうちに完食でございました。
2019082517.jpg

 毎年のことではありますが、参加してくださった方にも、参加したかったけれどもできなかった方にも、厚く御礼申し上げます。どうもありがとうございました。そして来年もまたやります。お腹とスケジュールを開けておいてください。
posted by てつりん at 23:34| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

期間限定で復活中

 2015年のいつだったかな。ある日地方紙にこのような記事が載りました。
201508xx.jpg

 何度も賞を受賞したような商品がある和菓子屋さんなのですが、夏にはかき氷をやっていたそうです。娘が小学校に行くようになるまでこの店の存在は知らなかったのですが、以前のうちの会社の支社長(市外どころか県外出身者)も知っているくらい、ここのかき氷は有名だったようです。

 で、記事の通り、なくなってしまったんだ。と思っていたら、夏季限定でかき氷だけ復活しているのですよ。しかもこれがまた安くてうまい。一輪車をがんばったあとのうちの娘たちもよく行っているのだとか。というわけで先日、もう夏が終わろうというのにわたしにとっては今シーズン初めてのかき氷に行ってきました。

 お店の左側には駐車場もありますが、基本近所の人ばっかりなのかなぁ。でも、ひがし茶屋街から歩いて10分くらいなのです。店の横に置かれた椅子が目一杯使われているのを見たことがないけれど、もしかしたらそれくらいのお客さんが来ることもあるってことかも・・・? 10人くらいなら、普通にいるのを見たことが何度もあります。
2019082001.jpg

 娘の同級生が描いたポスター。知る限り、毎年シーズンになると更新されている気がします。
2019082002.jpg

 左側の大で200円です。安くてうまいですよ。ちなみにかなり常連度が高いと思われるさとの話によると、抹茶に金時の汁をかけるのがうまいって。それだと250円です。
2019082003.jpg
posted by てつりん at 22:46| Comment(2) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

すいかとめてよ

 夏になると登場するのが、数々のすいかフレーバーの製品。個人的には、ロッテのスイカバー以外は定番化できないというか、ひと夏を越せないというか。夏の花火のようにはかなく散っていくのがお約束に思えて仕方がありません。

 聞いた話によると、すいかの味というものを再現するのが結構難しいらしいですね。英語でwatermeronというだけあって、すいかの果汁(そもそも果物じゃないのに果汁っていうのか?)を集めたところで水のようなものでしかなくなるらしい。そのためかすいかフレーバーのものはどうしてもそんなにおいしいものではなく、結果的に長生きできない。ひと夏を越せない。

 というわけで、例年短命を運命づけられたかのようなすいかフレーバーの商品が出るたびに、彼ら彼女らの約束された薄幸さがせつなく感じられていました。ひと夏の思い出のように、今年の夏もまた、すいかフレーバーの新商品が散っていくのだなぁと。そんなことを考えているうちに、今しか買えない、今しか飲めない、来年の夏はもう会えない。・・・気がついたら、あれやこれやと買ってしまっていました。

2019072901.jpg

 よく見たら、塩スイカサワーとほろよい塩すいかにはどちらも限定の文字が。来年の夏、もし会えたらすごいってことかもしれませんね。今のところ塩スイカサワーしか飲んでおりませんが、すいかの味を再現するのが難しいというすいかフレーバー商品の法則に見事に陥っている上に、塩味を感じることができないという残念な状態に。原材料表示によると順に、すいか果汁(ってあるのか!?)、ウオツカ、塩と、ちゃんとすいかのはずなんだけどなぁ。
posted by てつりん at 21:49| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

自力では行かないような店

 長らくのごぶさたでした。書くネタがなかったわけではなく、書くヒマがなかっただけのことです。では、書いてないけど書けるネタはどうなるのかというと、たぶんそのままお蔵入りという名の放置プレイになるんだろうなぁ。

 さて先日。仕事上の用件ではありますが、半分遊びのような用件で富山市内に出かけてきました。富山といえば、富山ブラックラーメン。ということでどこに行くか、事前にきちんと調べておきましたよ。大喜だったら以前、西町の方も富山駅前の方も行っているので、今回は別の店で。

 夜の部は17時30分からの開店なのですが、本来の用件をサクッと済ませ、さらにはできればしたかった用件の大半も済ませてしまい、17時過ぎには着いてしまいました。なのでしばらく敷地内にデミオを停めたまま待ちます。17時30分に開店。

 なかなかこだわりが強そうな感じです。なお個人的には、コショウを控えろという店の姿勢に好感が持てます。出した段階でベストなんだから、下手に余計なことしてくれるなよと。逆にカスタム推奨とか、カスタム前提であるかのような店だと、出しているものに自信がないのかと勘ぐりたくなるタイプです。
2019052001.jpg

 昔は美人だったんだろうなぁという感じのおばちゃんが、丁寧に食べ方の説明をしてくれました。チャーシューが冷蔵庫から出したてな感じで冷たいのが気になるといえば気になるのですが、それが気にならないくらいに丹念にほぐしながら混ぜ込んで食べましょうということなのかもしれません。そうしている間に、ほどよい温度になっていくので、むしろおいしさをじっくりと堪能できる気がします。
2019052002.jpg

 これは、確かにうまい! 「柔らかい肉の旨味が溶け出して・・・」の部分に偽りはないと思ったね。デザイン的に古びた感じながら、長らく変わっていない雰囲気を醸し出すおしながきも、そこに書かれている文も、時の流れという名の評価にさらされながらも、この店にこうしてとどまっていたんだろうと思うと、相当なものなんだろうなぁと。

 続いて麺追加を所望。麺がまた、うまいんですよ。小麦の味を楽しめますし、まさにちゅるちゅると喉から胃へと流れ込んでいくというイメージです。タレをかけて、混ぜ合わせるのですが、それも例のおばちゃんが懇切丁寧に教えてくれます。
2019052003.jpg

 というわけでとってもおいしかったのです。でもねぇ、店構えが、自力で通りがかりに見つけたならば絶対に入らなそうな店(爆)。自分の野生のカンを信じれば、あんまりおいしそうではない雰囲気しか感じない。そんな自分がまちがってました!ということへの戒めとして、お店の名前を出させていただきます。富山市内の、万里です。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする