2013年09月25日

ケーキバイキング!

 ホテルトラスティ金沢のケーキバイキングに行ってきました。

 実はわたしがめずらしく平日休みだった、17日に行くはずだったんです。で、行ったんですが、20名限定の人数に達したということで無念の撤退。予約しなくても、開始の15時どころか勤務時間過ぎでもだいじょうぶだと聞いていたのに。予約しなくていいの?って、数日前から聞いていたのに。

 で、失意のどん底に叩き落されたのが、特にさと。で、ちょっと冷静に、改めてホテルのホームページの告知を見たわけですよ。すると時間は15時から19時(最終入店18時)。20人限定ということは、もしや予約さえしておけば、仕事が終わってからでも行けるんじゃないか!? よしっ! 複数の候補日を挙げた上で、この日突撃となりました。ちなみにわたしは、仕事をうまく抜けられなくて、壮絶な土砂降りの中、17時55分に入店しました。

2013092601.JPG 2013092602.JPG 2013092603.JPG

 ケーキは全7種類ですが、最初にデザートプレートが出されます。その後、どれが甘いかなどを見て、予測して、重そうな甘さを放つものは序盤に、さっぱりしてそうなものは終盤に、7個すべてを食べるという計画のもとに注文していきました。ちなみに時間は無制限で、大人1人1500円です。ケーキは、1カット600円以上するような売り物をたぶん半分に切っているんだと思いますが、味はまったく同じだと思われます。

 写真では、最初のプレートに続いて第一波、撮り忘れた第二波を省略して第三波を載せておきました。で、結局、第二波で食べたマンゴーのケーキというか、マンゴーそのものがおいしかったので、第三波でも注文して計8個食べました。もちろんうちのこの日の夕飯はこれ。ご飯がないなら、ケーキを食べればいいんです(笑)。

 ソフトドリンクも紅茶、コーヒー、グレープフルーツとオレンジジュースが飲み放題で、とってもよかったです。惜しまれるのはこの企画は平日限定で、9月30日で終わってしまうことです。またやってくれないかなぁ。
posted by てつりん at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

すし食いねぇ!

 シブがき隊の曲ですな。懐かしいねぇ。


 ひさしぶりに聴いて思ったんだけど、これってラップだよな。もちろん当時はラップだなんて認識がなかったけれど。それでもこのブログによると、ふっくん自身はラップを作ろうと思っていたらしい。へぇ〜。

 ちなみにわたしの感覚において、はじめてラップというものをラップだと認識したのはこれだった気がする。「でるでるでるでるついにでる〜〜」ってね。これまた懐かしい。


 ところでここまでは全部前フリで、本題はすし食いねぇ!って名前の回転寿司屋に行ったということでした。ちなみに回転寿司屋に行った目的は、一応わたしのお誕生会をするためで、なぜ行きつけの回らない寿司屋ではなくて回転寿司屋なのかというと、それはみっちゃんの希望によるそうです。

 思う存分食べてもよいぞ(ただしほどほどに常識の範囲内で)という言葉に甘えて、おおむね欲望の赴くままにおいしくいただきました。が、気になってしょうがなかったのが、ときおりレーンを過ぎていく写真のような物体。
2013081801.JPG

 写真では見えませんが、形式も書いてあったりします。なんとスシ360ですよ。さらにこの上を、注文したものを運ぶための新幹線が駆け抜けていったりします。もちろんスシ360の走る通常レーンよりも速いんですよ。
posted by てつりん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

すっごいスイカ味!?

 先日、ドラッグストアでこのようなものを見つけました。
2013072901.jpg

 すいかの飲み物がなぜ失敗に終わるのか。ゲテ汁の称号を得て、歴史に名を刻めるならまだマシな方で、記録にも記憶にも残ることなく、多くがひっそりと消え去るのはなぜか。なんでも一般的なジュースのように果汁を絞っても、味が出ないために失敗に終わるって話を聞いたことがあります。確かにすいかの果汁(そもそも野菜なのに、果汁って言うのか謎)って、そんなに味がしないからねぇ。

 というわけでゲテ汁ならぬ、ゲテ菓子の気配がするんですよ。しかも、パッケージには、「すっごいスイカ味!」の文字が。スイカ味じゃなくて、すっごいスイカ味ってなんだ!? イヤな予感がするんですか、あえてそれに挑んでみたい気持ちもあり。結局買ってしまいました。

 感想。笑っちゃうくらいすいかの味がします。しかも、黒いチョコチップは、タネをイメージしているのか!? この味はあれだな。すいか味の商品としては唯一の成功を収め今に至っている、ロッテのスイカバーの味だ。これはこれでありだと思うんだけど、さとや娘たちの評判はあまりよくありませんでした。来夏も販売されるのか、もしくは大コケし、リベンジに挑んでくるのかなど、今後の展開に目が離せません!?
posted by てつりん at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

蕎麦屋

 先日のことですが、会社の同僚とランチに出かけました。

 前の日に飲み会があって、ガッツリ食べてきたので、ここではちょっと控えめにしたい。蕎麦なんかいいよね。そんな感じでぐだぐだしゃべっているうちに、1軒の蕎麦屋を見つけました。

 で、行ってきたわけですよ。わかってないと絶対にたどり着けなさそうな住宅地の中。わかってないと通りすぎてしまいそうな、いかにも普通の民家っぽさ。せっかくなので、3種盛りを頼んでみました。
2013072001.JPG

 右から十割細麺、二八太麺、二八細麺だったかな? 太麺については、蕎麦でありながら、うどんかと思うほどの食べごたえ。どれもおいしかったのですが、太さの違いからくる食感以外で、3種の違いがわたしにはわかったかどうかははなはだ疑問(爆)。

 それでもおいしかったので、ここに挙がっている蕎麦屋ならある程度は信用が置けると思いました。そばがあまり好きではないさとも一目置く近所の蕎麦屋は、ここの仲間ではないのですが、それに匹敵するか超えるかものそばの世界がきっとあるはず。自宅の近所にも何軒かあるので、そのうちいろいろと食べ歩いてみたいと思います。
posted by てつりん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

金沢カレーの源流

 実家を建てる前に住んでいたところでの話ですから、もう30年以上前の話になりますか。

 よく遊びに行った公園の近くに、いつもシャッターの降りていた倉庫があって、「インデアンカレー」って書いてあったんです。「インディアン」じゃなくて、「インデアン」ってことに対する、漠然とした違和感もあったからなのか、心の隅に引っかかるものがあったのでしょう。

 それからウン十年。なんでもインデアンカレーはかつて金沢に存在したカレーチェーン店で、金沢カレーの源流にあたるのだとか。店舗を閉めた後も、しばらくはルーの製造販売はしていたらしいのですが、ついに復活を遂げたとか。そんなことを知識として得たこともあって、ついに食べに行くことにしたのでした。
2013062301.JPG

 店内は喫茶店のような感じでもあり、ちょっとひな壇みたいに高い位置のテーブルもあります。ちなみにおしながきはこんな感じですが、裏にはスパゲティーもあります。夜だとカレーもスパゲティも半分ずつのものも頼めるようです。
2013062302.jpg

 一番人気という、やさたま(野菜玉子)カツカレーLサイズを頼んでみました。特別辛いわけではないけれど濃厚で味わい深いルーに、やさたまのマイルド感が絶妙に絡み合う。そうそう、先割れスプーンで食べるのと、キャベツの千切りが載っているのが、金沢カレーのポイントらしいです。事実、金沢カレーと言われる店は、知る限りすべてこの流儀に従っています。
2013062303.JPG

 お手洗いに立った際に、気になる掲示を見つけましたが、お手洗いにはiPhoneを持っていかなかったので写真は撮りませんでした。当時の記事の抜粋だったかを、記憶を頼りに再現すると、次のようなことが書いてあったと思います。
・金沢でカレーの店と聞くと、10人中8〜9人はインデアンカレーと答える
・女性の客層が多い
・金劇(今は亡き映画館、金沢劇場の通称)前などに多くの店を構えている
・カツカレーは230円、いや、280円だったかな
・おそらく50年くらい前のものと思われるが、出典は不明

 なかなかいいお店でしたし、キッズカレーセット(380円)もあって、子連れでも満足できると思います。ただ、7〜80年代くらいの洋楽が流れる店内がちょっとうるさいかな。BGMとしては悪くないと思うけど、個人的にはもうちょっと静かに食事をしたい気がするな。
posted by てつりん at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

らーめん放浪記

 3日のこと。仕事そのものは午後からだったものの、たまっている仕事を進めようと、朝から会社に行くつもりでいました。ところがせっかくの連休初日。グダグダしているうちにお昼近くになったので、とあるところで知ったラーメン屋に行ってみることにしました。

 「原がへったらうちにこい!」の看板がそそる、山勝角ふじです。暖簾分けして開業した店のようで、クリックすると雅会に飛びます。

 ラーメンは、いわゆる二郎系と言われるものでしょうか。とにかく面が太く、ゆであがりに8分かかるとか書かれていたりします。が、先客に出されたラーメンからは、ものすごくうまそうなにおいが・・・。しばらく待って、このようなものが到着しました。
2013050301.JPG

 麺特盛に、バカブタ(300円)をトッピング。初めての人にはオススメしないという、もやし大盛り。しめて1100円だったかな。普通サイズの割り箸との高さ比較に注目です。

 正直、こんなところで北野食堂の大盛り丼を数多く制圧してきた技術が活きるとは思ってもいませんでした。人生、何がどこで役に立つかわからないものですな。

 味の感想。ジロリアンならおいしくいただけると思います。ジロリアンではないと思うのですが、わたしもおいしく、多大なる満足感を腹にいただけました。麺屋神やぐらを信奉する太麺好きのさとにも、強くオススメできます。ただ、チャーシューがいまふたつ。個性的なラーメンに対し、ふつうにおいしいんだけどあまりに普通のチャーシューで、ない方がもやしをしっかりと味わうことができて全体のバランスがいい感じがします。もやしには、タレやこしょう、七味を使って食べるとよりおいしくいただけます。


 続いて5日。この日も午前中仕事で、午後は3日に片付かなかったデスクワークにけりをつけようと会社に向かいました。ところが、出勤日でもない上にゴールデンウィークで、仕事にやる気を出せって方がおかしい。そこで、結局仕事は持って帰ってきました。で、さとには午後も仕事してくると言って出てきたので、自宅に帰ってもお昼がない。実はラーメンが食べたかったんだけど、カレーもいいなぁとか、ほかのものもいまひとつ決め手にかけるまま帰ってきちゃった。自宅でiPhoneをいじりながら、どこに行こうかと悶々としているわたしにさとが一言。「カレー(リンク先には近所の店の紹介がないが、丹念に内部を見ると松井秀喜氏も通ったとの記載がある)もいいんじゃない?すぐ近くに、新しいラーメン屋もできたし」。

 ほぅ。そんなところにラーメン屋ができていたのか。ではさっそく行ってみますか。そそらなかったら、カレーにすればいいわけだし。そう思って歩いて行くと、このような看板がドーンと!!! おぉチャーシュー!! 3日にわたしがしくじった、チャーシューを標榜する店が目の前に!!
2013050601.JPG

 店内は、実はわたしが苦手とする食券購入前払いスタイル。なぜって、さきの山勝角ふじもそうですが、このシステムを採用するラーメン屋の多くが、食べ物のビジュアルを見せないから。あれがうまそうだから食べてみよう!と思っても、それができない。券売機は文字の羅列で、どんなものかをイメージするのも難しい。そして背後には常連客の圧力が。この日は後にも先にもわたしだけだったとはいえ、気の弱い者には辛いシステムですよ。ところがこの店は、券売機の文字とは別に、ちゃんと食べ物のビジュアルを見せてくれる親切なお店です。あれ?ラーメンは1つだけ??

 そこでこれを注文。700円で、無料でごはんを増やせます。店内掲示以上に、実際のごはんは多いので注意!!
2013050602.JPG

 感想。山勝角ふじと違って、チャーシューがうまい。でも、ラーメンは超普通。スープも普通。おしながきを見る限り、ここはラーメン屋ではなく、チャーシューのうまさを活かした丼がメインの感じでした。ただ、この店がいつまで続くのか、立地と目立たない店構えのまずさもあって微妙なものを感じます。
posted by てつりん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

めくるめく高級店の世界

 なんか、エロいものと誤解されそうなタイトル? 確かに高級店とか、大衆店って区分はあるらしいですけど、きょうは寿司の話です。

 話には聞いたことがあったのですが、このへんからだとアクセスも悪くて、なかなか行く機会のなさそうなお寿司屋さんに行ってきました。ランチでも1万円以上からという、超高級店ですよ。さっそくいただくことにします。

2013022201.JPG

 なんかねぇ、口に運ぶだけで至福の世界が広がるって感じ。宗玄の「漲(ちょう)」って見慣れない酒を見つけたので、気持ちよくうまいものと酒がカラダと心を満たしていきます。
2013022202.JPG 2013022203.JPG 2013022204.JPG

 久しぶりに書いたから手を抜いているとか、そういうのではなく、ただただ言葉が出ない感じです。あまりの旨さに、ものすごくゆっくりと、噛み締めるように味わっていました。ただ、こののどぐろの蒸しずしだけは、ぬくもりがあったので早めに食べました。
2013022205.JPG

 いつも行く寿司屋のおまかせセットは、料理2品で酒を飲んで、いい感じにできあがってきたころに握りが出てくるって感じなんです。寿司屋で飲むってことは、そういう感じなんだと思っていました。ところがこの寿司屋は、一貫してほぼ寿司が出てきます。目も舌も心も癒す、創作寿しの世界。ところがこの寿司で、きっちり酒が飲めるってのがすごい。なおかつ、飲んでいない同行者もいましたが、彼らをも満足させるんだから、食事としても超一流なのでしょう。

 さすがにこれまでの人生最高額ディナーは、新婚旅行における下関のふぐ(ひれ酒も含めて2万円オーバーコース)に譲りますが、それに次ぐ高額ディナーでした。酒の出る店に飲みに行く感覚の3倍コースくらいのお値段ですが、そうした世界があるというのを知るのもまた、よいのでしょうね。
posted by てつりん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

今年のケーキと紅茶

 ここではぶっつりと消息を絶つこと2週間あまり。ちゃんと生きてますよ(笑)。

 日頃の忙しさを、苗場でリフレッシュしてきましたが、それに付随していろいろとお楽しみも織り込んできたのですよ。ところが困ったことに、それを綴るヒマがないんです。

 それでも、書かずにずっといたら、それこそ何も書けなくなってしまうので。重い指を振り動かしながら、誰が読んでいるのかというよりも、あとでわたしが記憶を思い起こすために書くという感じ。

 さて、きのうもきょうも休日出勤で貴重な土日をつぶしてしまいました。どうも来週も、土日のどちらかはつぶしそうな勢いです。そんな状態でいつ、先日の苗場のケーキを食べるのか!? ということで、おやつタイムの頃に帰って、さとや娘たちとケーキを食べたのでした。
2013021701.jpg

 今年のケーキは、「赤ワインで煮込んだイチジクの実と、キルシュで味付けしたダークチェリーとワイルドブルーベリーを贅沢に使って焼き上げたフルーツパウンドケーキ」。紅茶は「セイロンブレンドの茶葉に、北ドイツ産の赤リンゴの身をブレンドした、オリジナルフレーバーティ」。どちらも毎年おなじみの、鎌倉歐林洞製です。

 紅茶は、今年はわりと無難な線でうまかったです。ただ、ケーキについては、なっちゃんにとっては大人の味だったみたいで。ワインの味とかは、特にしなかったんですけどね。
posted by てつりん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

苗場で見つけました

 苗場に行くと、いつも買って帰るのが浪花屋製菓の柿の種チョコです。冬しか手に入らないんですよ。

 この手の商品は冬になるといろいろ出てきますが、個人的にはチョコのかかり具合が一番だと思っています。両端のとがっている部分にまで、しっかりチョコがかかっている商品は、意外とないような気がするんです。

 で、いつものそれを買って、苗場プリンス館内のお土産物屋を出ようと思ったのですが、こういうものを見つけてしまいました。売っていたのかもしれませんが、去年まではここには、なかったと思うんだよね。きょう、おいしくいただきました。
2013021601.jpg

 あの新潟名物イタリアンのスナックですよ! なお、フレンドのものではなく、みかづきイタリアンのものです。そういえばフレンドのイタリアンは食べたことがあるけど、みかづきのイタリアンは食べたことがないなぁ。調べたところによると、どうもみかづきのイタリアンは、比較的近いというか行きやすい上越でも食べられるみたい。スナックも、歯ごたえある食感と濃い目の味が酒にあい、うまかったですよ。
posted by てつりん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

食べる週末

 どれだけぶりでしょうか。仕事も、遠出などを伴うようなでかいイベントもない、平穏な週末というのは。

 そんな静かな土日の、唯一のイベントというのが、保育園のフェスティバルでした。イメージとしてはバザーって感じじゃないんだけど、保護者会による飲食コーナーとゲームコーナーがあるようなものです。一応野菜とかの特売もあるんですが。

 で、飲食物の写真を1枚。
2012102701.jpg

 カレーに焼きそば(各150円)、揚げたこ焼き(120円)、見えないけれどフライドポテト(100円)。カレーは、いい意味で給食のカレーみたいな、ちょっと家では食べられないような懐かしうまい味わい。うちのカレーは、ルーを入れるまでは一緒なんだけど、ちびっ子の分に分けてからは別のルーが投入されるので、ちびっこ向けな給食みたいな味のカレーは食べないのです。ちなみにさとは保護者会役員として、前日午後に当日朝にとがっつり働いてました。どの役員さんとも明らかに違うテイストの、風林火山手ぬぐいを頭に巻いて、実にいい味を出してました(笑)。


 さて、夜は思いつきで焼肉へ。
2012102702.jpg

 行動範囲外の店なのですが、食べ放題で1人1600円だったかという安さにひかれて。今日行っておかないと、しばらく行く機会もなさそうな気がして。食べ放題系の店にしては、思ったよりもうまくて、娘たちにアイス(250円×2)を注文したりしても4500円。まぁ、終わってみれば、いつも行く近所の焼肉屋に比べると安いなりの程度なんだなって思ったけれど。
posted by てつりん at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

寿司大

 帝国劇場に行くということで、プレで都心に乗り入れました。

 プレの置き場所としては、都心から少し離れた場所において、あとは電車でってのも考えたのですが、せっかくクルマで行くんだから、それを活用したいと思いまして。始発が動いてからだとかなり並ばなくてはならないという、さと絶賛の寿司屋に行こうと思いまして。皇居すぐ近く、帝国ホテル前の、日比谷公園の地下にある駐車場にプレを置きました。0時から24時までの1日で、最大料金が土日祝日でも2400円って、安いと思います。正直なところ、こんなところにこんな便利な駐車場があるなんて。野外音楽堂か、焼き討ち事件くらいしか思い浮かびませんでした。

 さて、ここから歩いていける距離に、目指す築地はあるはずなんだけど。そう思いながら帝国ホテル前でiPhoneを触っていると、警察官に声をかけられた。これって人生初の職務質問!? お恥ずかしい話ながらあとで知ったのですが、IMF総会などのビッグイベントが開催されていて、帝国ホテル周辺などは厳戒態勢だったみたいです。もちろん警察官は、懇切丁寧に教えてくれました。

 途中、ライトアップされた東京タワーを遠巻きに見たり、銀座界隈でキャバクラへのお誘いを受けたり、市場周辺で道に迷ったりしながら、4時10分にさと絶賛の寿司大前に到着。5時開店であるにもかかわらず、すでに結構な人が並んでいましたが、開店第一陣の席が残り1つで、わたしの前のお客さんが2人様だったので、わたしが繰り上げ当選。開店第一陣として、お店に入ることができました。

 店内はかなり狭いです。職人さんは開店から閉店まで、ここから一歩も出られないんじゃなかろうか。ガリの写真まで撮ってしまいましたが、ガリまでうまいです。最初は本マグロ。口の中の体温でとろけるようにうまかったです。
2012101301.jpg 2012101302.jpg 2012101303.jpg

 あら汁、真鯛、銚子港で上がったという金目鯛の昆布締め。どこから来たんですか?出張ですか?ではライブとかですか?えっ!?帝国劇場でユーミン?いいですねぇ。みたいな会話を大将と楽しみます。ちなみにお隣さんは福岡からお越しだとのことでした。
2012101304.jpg 2012101305.jpg 2012101306.jpg

 気がつくと周囲を巻き込んで、音楽談義になっていました。大将の話によると、初めて買ったCDはユーミンだそうです。「ダイヤモンドダストが消えぬ間に」だったかな。ちなみに、それまではレベッカのLPを学校に持って行ったりしてたけど、でかくて大変だった。CDの小ささは画期的だったなどと、結構わたしと年代が一緒くらいなんだなって感じのトークが。ちなみに、常連さんらしき人が大将に話を振られていましたが、それによると常連さんが学生だった頃は荒井由実だったそうです。そうそう、寿司は、北海道浜中のバフンウニ、鹿児島のつりあじ、だし巻き卵です。
2012101307.jpg 2012101308.jpg 2012101309.jpg

 カウンター内の仕事っぷりに続いては、ホッキ貝、北海道余市のブリ。このへんの寿司はネタのよさで勝負する部分が強いのですが、江戸前はお仕事系とでも言うのでしょうか。見ていると、ネタの一つ一つに丁寧な仕事が施されています。どっちがいいとか悪いとか言う問題ではなく、このへんの寿司と違うけれど、どっちもおいしいという感じです。ホッキ貝は大将に「ぺちっ!」と叩かれて、そのあとぐにゅ〜っと動いていました。
2012101310.jpg 2012101311.jpg 2012101312.jpg

 このへん(どのへんか正確にはわからないけれど、11月終わりに行ったさとは食べられなかったらしい)3か月しか食べられないんですよ〜という触れ込みで登場した、生いくら。そして石川県産(笑)のさわらと、何か忘れた巻物です。さわらはポン酢で味付け。地元ではおそらくないであろう仕込みです。
2012101313.jpg 2012101314.jpg 2012101315.jpg

 続いて穴子。ここまででおまかせコースは終了で、最後の1カンはなんでも好きなものを握ってくれるそうです。富山の白えびってのもありましたが、まぁ、どういうものかは知っていますので(笑)。車海老を生で握ってもらいました。ホントに新鮮なようで、ぐにゅ〜っと動いてました。余すとこなく食べられますよってことで、頭も出てきました。
2012101316.jpg 2012101317.jpg 2012101318.jpg


 ちなみに帰ってからのさとの話によると、このコースをもう1周する人もいるそうです。でも、並んでいる人も大勢いましたし、かなり眠かったのもあって、大満足とそこからくる眠気に耐えながら退散しました。ちびっこ連れだとこういう店は、ちょっと行けないねぇ。
posted by てつりん at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

食堂ミサの味噌らーめん

 東京に行ってきました。

 当初の予定では高速バスだったのですが、いろいろと考えるうちにクルマでいくことにしました。最大の理由は、交通費的にも滞在時間的にも自腹を切る金額を安くできるってものなのでした。でも、せっかくなので後付けされた理由として、新しいプレで遠出をしてみたい(こないだ新潟まで行っただろう!というのはとりあえず不可)とか、東京都心に乗り入れてナビの威力を試してみようとか、まぁいろいろととってつけた理由もあるんです。

 で、そんな、とってつけた理由その1が、新潟県上越市にあるニューミサのラーメン。遠距離恋愛という甘美な響きを持つようなことをやっていた頃、沿道には気になる店がいくつかありました。そのなかのひとつがニューミサでした。

 国道18号沿いとはいえ、周囲に何もなさそうな山の中にあるのに、いつも車がたくさん停まっている、気になる店がありました。実際には行きの夕飯は、もっと手前側にある道の駅あらいの貴族の森(今は哲学の森)で食べることが多く、ご縁がなかったのです。そして、ある日さとと行ってみたところ、店は大混雑で、しかももうすぐラストオーダーの時間だという。結局ご縁がないまま、10年以上になるのでしょうか、今に至っていました。調べたところ、味噌らーめんがいいらしいということで、ついにニューミサへ!
2012101201.jpg

 ニューミサへ・・・? 店名が違いませんか? えぇ、諸般の事情で出発時間が遅れて、北陸道を捕まらない程度にかっ飛ばしたにもかかわらず、閉店時間までに間に合わないことが判明したので、あきらめて道の駅あらい内にある食堂ミサのらーめんに変更したのでした。一応事前に調べたところによると、ここもミサ系でうまいって話だったし。

 観光客も多く来るという場所柄なのか、ニューミサよりもメニューが豊富なのだそうです。しばらく旅路にあるものとしては、野菜多めのメニューとかを選んでバランスを取りたいとも思うのですが、初志貫徹で味噌らーめんを。調べたところによると、ニューミサのお客さんの半分くらいが味噌らーめんを頼むのだとか。それにごはんと、餃子のついたセットを頼みました。1000円くらいだったかなぁ。
2012101202.JPG

 感想。うまいです。それじゃ感想にならないか(笑)。細麺で、ちょっとピリ辛の味噌が食欲をそそる感じ。野菜はもやしと、玉ねぎがたくさん。雰囲気としては、玉ねぎがたくさん入った豚汁のようなものを大量に作っておいた上で、麺ともやしを合わせているんじゃないかというような味です。玉ねぎが透き通って、形が崩れない程度に甘く、やわらかくなっていたので。ごはんも結構多くて、かなり簡単におなかいっぱいになってしまいました。この前日まで、連日遅くまで会社で仕事をしていて、疲れていたからかも知れません。もちろんちゃんと完食しましたが。

 ちなみにミサ系と呼ぶのかはわかりませんが、道の駅あらい内の食堂ミサと、本来狙っていたニューミサのほかに、自動車学校の敷地内にある食堂ミサという店もあります。発祥の地は、自動車学校のところの方らしいです。
posted by てつりん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

ステーキ厨房さとう

 きょうは午後に休みを取って、髪を切りに行きました。

 この店の近くに、すっごく気になる店があるんです。ステーキ厨房さとう。ちなみにわたしが目をつけるよりも先に、さとが目をつけていました。さとが目をつけた、ステーキ厨房さとう。何かのギャグみたいですが、何も狙っていません。

 店構えはあまりに普通。意識してないと見落としそうですが、それだけに隠れ家的なオーラがムンムンしてます。
2012082902.JPG

 駐車場がないと聞いていたので、髪を切る床屋の駐車場から歩いて行きました。でも、どうも駐車場はちゃんとあるみたいです。しかし食後に周囲を歩きまわったのですが、見つかりませんでした。
2012082903.JPG

 お昼はちょっと奮発するって感じの価格帯です。ちなみに食後、持ち帰ったチラシには、「黒毛和牛のソースカツ丼(1200円 売り切れあり)」というものもありました。もしかしたらきょうは、そのかわりにヘルシービーフ定食だったのかも知れません。
2012082904.JPG

 店内はこぢんまりとした、落ち着いた感じの店でした。カウンターと、1区画にボックス席。子連れもいましたが、いい子に食事してましてなかなか感心しました。うちの娘はそこまでできるか、自信がないです。あとは夜もやっているので、酒もいろいろあるみたいです。観光客だと思うんですが、昼間っからビールにワインと、実に優雅なランチを愉しんでおられました。

 わたしはハンバーグにも心惹かれるものがあったのですが、やはりステーキ厨房を名乗るだけあると思って、和牛ステーキ定食を。大きな肉の塊から、切り出すところから仕事は始まります。直火の網の上で焼き目をつけて、その後鉄板の上で焼いていきます。
2012082905.JPG 2012082906.JPG

 サラダはドレッシングの味が濃い目だと思ったのですが、肉料理なのであえてこうしているんだろうと思いました。写真には写っていませんが、付け合わせにもやしも登場します。ごはんはおかわり自由で、食後にコーヒーも出てきます。ごはんを3杯も食べて、どれもおいしくいただきました。

 見つからない駐車場を探して徘徊すると、すぐそこに地元民なら誰もが知っている、観光客も名前くらいは聞いたことがあるはずの、有名な飴屋さんの本店を見つけました。実はここに本店があることを知りませんでした。
2012082907.JPG

 そして髪を切った後に、コメダ珈琲でシロノワールを。こないだの日曜に行こうと思ったら、激混みで退散したのですが、それでも行きたかったんです。
2012082908.JPG

 そうそう、お店のホームページもありますよ。駐車場の謎も解けそうです。気になる方は http://steak-sato.com からどうぞ。
posted by てつりん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

MOGURA KITCHEN

 きょうは重大な用事があったので、さとともども午後に夏休みを取りました。重大な用事については別項で。

 せっかくなんだし、たまには娘抜きで優雅なランチでもしようじゃないの。ということで数日前からさとに店の選定をお願いしていたのでした。きょう行ってきたのは、MOGURA KITCHEN。何度か前を通っていても、注意力があるか嗅覚が鋭いかでもないと、見過ごしてしまいそう。駐車場もわかっていないと戸惑うかもしれない。わたしの入学した小学校の真正面にありますが、そこでは優秀すぎたので(笑)卒業した小学校は別のところ。そういえば中学校も入学したけど、わたしがでかすぎて手狭になったために分割されちゃって、卒業した中学校は別のところだったなぁ。あっ、高校や大学は不祥事なども起こさず(?)に、無事に卒業しましたよ。

 店に着いてみると、平日の昼間でランチタイムも終盤だというのに満員御礼。選定もさることながら、抜かりなく事前に予約したさとにあっぱれを。結構待たされている方もいましたし、あまりにも待たせることになっちゃうからか、お断りなのか断念したのか、帰っちゃうお客さんもいたくらいです。行くなら予約必須です。

 まずは前菜。芸のないコメントで申し訳ないけど、うまいです。
2012080901.JPG

 続いてわたしの選んだオムライス。見事なオムレツが載っているという感じ。スプーンでつつくとほわっと炸裂して、ふわとろの中身がごはんを包み込むように流れだす感じ。絶品です。
2012080902.JPG

 さとは海老とおもちの和風パスタ。醤油系というよりは、香り高くだしが香るという感じです。今思えばもちも食べればよかったのに、なぜか遠慮してしまいました。ちなみにこの写真だけはiPhone4GSで撮っているので、輪をかけてうまそうに写っています。
5200793_1731693050_32small.jpg

 最後は10種類くらいから選べるドリンクと、デザート。ティラミスとマンゴーアイスでこれまたうまい。
2012080903.JPG

 ところでどうでもいい話だけど、どこからこんなキレイなおねぇさんが集まってくるのかと。学生では、ないと思うんだよね。しかも、平日の昼間の、遅めのランチタイムに。もちろん周囲から見たら、ほとんど女性の客層で、この人は昼間っから何をやっているのかと思われていたかも知れませんが。
posted by てつりん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

デザートバイキング

 さとの話によると計画は3か月前から。ついに念願のデザートバイキングに行ってきました。

 最初に行こうとした時はすでに予約いっぱいで行けませんでした。月の限られた日にしか開催されないので、7月になった途端だったかに予約を入れたらしく、予約者リストの最上段にさとの名前が(笑)。そんなわけで期待に腹をへこませて入店。

 まず第一波。iPhoneでの写真が美しくないのが残念ですが、実際はもっとうまそうでしたし、実際うまかったです。ちなみにこれらは娘たちの腹の中に多くが消えて行きました。
2012072201.jpg

 続いて第二波。これらはすべてわたしの腹の中へ。食べ放題やバイキングにありがちな、トラップメニューもありません。ちなみにトラップメニューとは、たくさん食べてやろうと意気込む連中に、腹部を中心にダメージを与えるメニュー。食べ放題に潜むカレーとか、妙にこってりした甘さや濃厚な味わい、それに伴うお茶を飲ませよう攻撃などといった、店側の陰謀を総称してうちらはそう呼んでいます。
2012072203.jpg

 さらに第三波もあったんだけど、写真は撮り忘れ。サラダも取り放題で食べられるのが好印象で、これなら栄養バランスも考慮できると思って、心おきなく夕飯を食べないつもりで挑ませてもらいました。

 そしてフィニッシュ第四波。いや、もっとあったかも!? 写真右側の端に映る、お店手作りと思われる堅揚げポテチなど、塩辛いものも充実しているので、箸休め(っていうのか!?)にも最適です。
2012072202.jpg

 実はこの日、とっても悲しいことがあったんだけど、とりあえずそれを忘れられるひとときでした。悲しいことについては、そのうちにということで。あっ、特にいい店だったので、実名入りで紹介しますよ。金沢エクセルホテル東急の「てまり」です。
posted by てつりん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

とある洋食屋で

 夜に会合があったのですが、最近仕事が忙しいので、会社から会合先へと直行しました。

 それでも夕飯は食べて行こうということで、通り道の洋食屋に立ち寄りました。

 この洋食屋、相当昔から存在は知っていました。それどころか7年間+1年間+ちょっとに渡って、この店の前を1000回単位で行き来してたと思う。で、ついに初めての入店。

 店内はとっても品のいい感じ。カウンターの向こうに厨房が見えるのですが、いろんな鍋やフライパンなどがキレイに並べられていて、そこからもこの店の品位のほどを感じさせてくれます。ところがおしながきを見ると、そこにもそれなりの品位が。正直、もうちょっとリーズナブルな店だと思っていたのと、おこづかいが何かと苦しい昨今、この金額は痛い。と思って見ていたら、店の名前を冠した定食があって、聞くと夜でもあるというので頼んでみました。950円で、メイン2品+ごはんおかわり自由ってのはなかなか悪くない。
2012070401.jpg

 ちなみに5分遅れで到着した会合で、大役を仰せつかってしまいました。事前の打診はあったとはいえ、正式決定は後日になりますが、ちょっと今から緊張してます。
posted by てつりん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

いい店発見!

 会社の近所にある、どうってことない感じの店舗兼住宅が気になっていました。

 新築だから当然新しい建物なんだけど、風格ある看板をさり気なく掲げている。駐車場は舗装されていないけれど、よくクルマが停まっているのを見かける。気にはなるけれど、ちょっと敷居が高そうな雰囲気もある。ジャンルとしては和食、割烹系でしょうか。

 ところがいつもの病院備え付けの雑誌に紹介されているのを発見。昼はそれほど敷居が高くないということで、ひとりでランチに出かけてきました。後日会社の同僚が数人で行ったのを見て、ひとりで行ったことを話したら、「男前だなぁ」と言われましたが、確かにそんな感じかも。

 料理はこんな感じでした。1日30食限定というおまかせ定食。これで1000円です。
2012040501.jpg

 おひとり様だったので、カウンターに通されましたが、立派な一枚板のカウンター。店主と思しき人が、下ごしらえでしょうか、たけのこを触っていました。その後ろにはいけすが。バーテンみたいな格好の人が注文を取りに来て、着物を着たスタッフが料理を持ってくる。

 う〜ん、とっても落ち着くいい雰囲気。わいわい行くのも悪くはないけれど、こういう店はひっそりと行く隠れ家みたいな感じで大事にしたいなぁ。この味、この内容、そしてこの店の雰囲気で1000円は安い。

 会社から歩いていけるというか、たぶん会社から一番近い飲食店だ。修行時代から受け継いだというビーフコロッケ定食とか、豚角煮定食とか、気になるものもたくさんあるけれど、今の会社を去る時にこの店でひとり飲んでみたい気分。ホントはある程度の人数がいたほうが、いろんな料理を頼んであれこれ楽しめるんだけどね。のど黒のしゃぶしゃぶ(2名様からで、1人3000円)とか。
posted by てつりん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

賞味期限はおいしく食べられる期間であって、食べられなくなるわけじゃない

 きょうは珍しく平日の休み。体調が悪いとかいうのではなく、ホントに会社が休み。ずいぶん前から何をしようとか考えていたのですが、なんとなっちゃんが水疱瘡に! そんなわけでわたしがきょう1日見ることになりました。

 なっちゃんはすっごくいい子で、楽だったんだけど、さとが帰ってきたらガマンしていた何かがこみ上げてきたのか号泣。その後もなんだかグズグズするなど、やっぱ調子が悪いんだろうか。あしたは、相性最悪(?)のわたしの父に見てもらおうというのに。どれくらい悪いかというと、家に入ってくるだけで号泣して、しがみついて相手を見ようともしないくらい。

 さて、こんなことがなければ、ホワイトデーのお返しを買いに行くつもりだったのにできなかったので、先日の予告通り作ってみました。賞味期限が2009年10月18日ってのがご愛嬌です。
2012031201.JPG

 さっき食べてみたけど、なかなかうまかったな。何より買ってくるよりも安く、たくさん作れるのが楽しい。これでホワイトデーのお返しも、バッチリということで(笑)。
posted by てつりん at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

降りてくる

 きのうは会社で作る予定のケーキを、実験と称して自宅で試作してみました。それについては1つ下の記事から。

 で、実験にあたり、会社で作る予定はないけど、別の手作りケーキキットを買ってきたので、きょうはそれを作ることにしました。実は以前も作ったことがあるんだよね〜と思って調べたら、もう5年前にもなるのか。

 がんばって人力で粉をまぜまぜしてたんだけど、途中から面倒になったので、さとが買ったのに一度も使ったことがないという電動泡立て器を投入。お菓子作りが嫌いだと言うさとは、なぜ電動泡立て器を買ったのだろう。ずいぶん前に買って、未使用のまま放置してあったのに。

 電動の力はすごいねぇ。あっという間にでもないけど、簡単にチョコレートケーキが完成しました。完成時の写真を撮り忘れたので、食べる直前の写真を。
2012022601.JPG

 すっかり何かが降りてきた気がするので、次のターゲットはこれで。1か月以内をめどに、ケリをつけようと思っています。
2012022602.JPG

 ところでこれは、以前わたしに何か降りてきた時に勢いで買って、それっきり忘れられて放置されていたもの。賞味期限が2009年10月18日っていうんだから、みっちゃんの予定日じゃないか。どれだけ長く放置されてたのか、食べてだいじょうぶなのかなど、いろいろ気になるところはあるけれど、生ものじゃないから食べてもだいじょうぶでしょう。たぶん。
posted by てつりん at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

実験

 近所のスーパーに行ってきました。

 買ったのはスポンジ台、いちご、生クリーム。ほかにも買ったものはあるけれど、それはあしたのネタにするかも知れません。

 スポンジ台といちごと生クリームがあれば、することといえばケーキ作りしかないでしょう。ひさしぶりに生クリームをホイップします。ちゃんと砂糖の重量も測ったぞ。意外と短時間で、ツノが立つまでになりました。材料が揃ったので、ケーキ作り本体の作業に取り掛かります。
2012022501.JPG

 スポンジ下段の上に生クリームを塗る→半分に切ったいちごを並べる→クリームとスポンジ上段を載せる→クリームでデコレート→いちごを並べる という段取りを経て、完成。
2012022502.JPG

 凝ろうと思えば、スポンジを自分で焼くところからなんだろうけど、そこまでしなくても十分おいしい。断面のきめ細やかさが、ケーキ屋で売られているようなものとはぜんぜん違うのがわかるけれど、298円のところ、賞味期限が近くて半額で買った市販のスポンジ台なんだしそれはそんなものだろう。

 ちなみにこれを、近いうちに会社でやろうと思って、まずは自宅で実験したのでした。改善点としては、中に挟んだ半分に切ったいちごが厚すぎたくらいかな。確かに市販のケーキだと、薄く切ってあるよね。
posted by てつりん at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする