2016年06月26日

白い蛇の夢のあと

 1週間くらい前でしょうか。詳しい経緯については、その時は覚えていたのですが、もう忘れてしまいました。でもねぇ、とにかく近所を歩いていたら、白い蛇を複数回見たという夢を見ました。

 白い蛇ですからねぇ。しかも、少し離れたところでおとなしくしていたり、こっちをじっと見ていたりで、白い蛇に嫌なものを感じる内容ではなかったんです。きっとこれは、相当おめでたいものに違いないと。

 夢占いのサイトで複数調べたところ、これは確かに吉兆に違いなさそう。となると、当然思いつくのが、宝くじでも買ってみるかというもの。サマージャンボかなぁ。でも、調べたところ、発売日が結構先だし、いい夢の効力は1日単位で減っていくのだとか。そう考えると、サマージャンボの発売日なんて待てないし。

 すぐ買えそうな、何かおもしろそうな宝くじとかないかなぁ。調べてみたところ、toto BIGだとすぐ買えて、しかもキャリーオーバーがかかっていて、最高で10億円のチャンス! しかも、今年はサッカーに関わる仕事をしているから、これも何かの縁かもしれない。サイフの中身が小学生レベルだったわたしが、おこづかいをもらってさっそくファミリーマートでtoto BIGを5口買ってみました。そして、すみやかに自宅の神棚コーナーへ。こういうのを買うのは初めてなので知らないことだらけだったんだけど、勝敗予想は全部機械がしてくれるみたいで、勝ち負け引き分けをあてずっぽうであっても予想する必要がない。
2016062601.JPG

 ちなみに夢占いのサイトで調べたところ、こういういい夢の話は人にしないほうがいいのだそうだ。でも実際のところ、黙ってて10億円あたっても使いみちに困る。どうせ、当たらないくせにね(爆)。当たってからさとに言ってもいいんだけど、なんとなく蛇年女のご利益に預かりたい気もして、買ってみたんだよね〜ってことを言ってみました。さとの答えは意外にも、TOTOの最初期に何度か買ったことがあるとのこと。へぇ〜。

 さて、気になる結果ですがね・・・。
2016062602.jpg

 かすりもしませんでした(笑)。というか、1/14しか的中していないケースがあるなんて、裏パーフェクトみたいなものじゃないか。これが逆だったら、新車1台分くらいになるというのに。さすが、晴れ運の強さと引き換えに持っている、くじ運の悪さに自信があるだけのことはあるね。

 最後に、初めてtoto BIGを買ってみた感想。なんとかジャンボのたぐいと比較して、買ってから当日までのワクワクドキドキ感にやや欠けるかなぁ。「10億円当たったら、どうする?」ってあり得ない妄想で愉しむ、俗にいう「夢を買う」とされる時間が短いからね。でも、さすが情報化社会だと思うのが、ファミポートで買って、照会No.を自宅のパソコンで入力すれば、自宅ですぐ結果を表示してくれること。宝くじ売り場で買って、新聞とかネットで番号を見比べることを考えたら、とっても便利。だからってわたしの趣味にギャンブルの文字はないので、ほんのたまに遊んでみましたということにしておきます。
posted by てつりん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

どれだけ行きたかったのか

 ホテルの廊下のような場所を歩いていました。

 見たことのない場所なんだけど、床は赤系のじゅうたんが敷き詰められています。よく見ると壁紙も、若干じゅうたんとは色が違うのですが、じゅうたんと同じモチーフの柄があしらわれていました。で、触ってみると、ふわふわとやわらかい感じ。そうねぇ、壁にも床と同じように、じゅうたんが貼ってある感じでした。

 で、その壁やじゅうたんにあしらわれた柄をよく見ると・・・、今年の苗場のテーマデザインというのでしょうか。例の勾玉みたいな模様じゃないですか(下の画像は参考にと、とあるところから拝借してきたものです)。
2016012901.jpg

 そして行き止まりのドアを開けると、建物と建物の間で、外に出るところでした。そこは一面の銀世界。えぇ、どうも苗場プリンスの館内を歩いていたらしいのでした。という感じで、きょうのさときん帳は夢オチでございます。そんな夢を見るなんて、どれだけ苗場に行きたかったんだって話ですな。
posted by てつりん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

仕事の追い込まれ感?

 6日の夜。血尿が出るという夢を見ました。しかも、紅茶と珈琲を混ぜたような、不健康そうな血の色。びびって起きてしまいましたよ。

 布団の中でこの夢の意味が気になって、iPhone5で検索をかけたところ、いろんな見解が出ました。生活リズムが乱れていて、体が悲鳴を上げているとか。事態の好転を暗示しているとか。金銭系のトラブルを暗示しているとか。多大な財産を手に入れる予兆とか。TOTO BIGでも買ってみますか(笑)。

 翌日、7日夜のこと。わたしがいる支社の営業部長(50代なかばくらいの男性)を膝枕して、耳かきをしてあげるという、実に気持ちの悪い夢を見ました。別に部長が嫌いなわけじゃないんですけど、シチェーションとしてはなしだろうと。

 きっと仕事に疲れているのでしょう。部長とヒーヒー言ってるくらいですから。
posted by てつりん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

居留守を使った時の恐怖

 3日くらい前に見た夢でしょうか。なので、起きた直後はひさしぶりに鮮明な記憶があったというのに、だんだん忘却の彼方に消えていきそうです。

 たぶん平日、自宅に日中いた時のことです。ただし自宅と言っても、今の自宅とも過去の自宅ともぜんぜん違う間取り。どちらかと言うと、今も母親が住んでいる実家の間取りに近いけれど、別の家だと思う。

 チャイムが鳴ったんです。なぜ居留守を使おうと思ったのかは忘れましたが、まぁ基本的にひとりでいる時は今でも居留守を使うことが多いですな(爆)。出るのが面倒だし。そうするうちに、郵便受けが外側から開いたんです。そうすると中が見える家ってありますよね。今の自宅は違いますが、実家はそのパターンでした。

 なぜか横にいた、面識ある仕事上の女性客を招き寄せます。なぜって女性は、郵便受けから家の中を覗こうとする訪問者から見えるであろう位置にいたからです。そうして郵便受けの方を中から伺ううちに、ぬ〜っとカメラの望遠レンズが。レンズを郵便受けから中に入れることは無理なくらい立派な、おそらく一眼レフに装着されているレンズなのでしょうが、レンズが完璧にこっちを捉えている気がして、ものすごい恐怖を感じたのでした。

 すっきり眠れないから、何かに脅迫されているような夢を見るのでしょうか。誰か鑑定してください(笑)。そして早く産まれてください。横で夜泣きしてるほうがきっと、よっぽど支障なく、よく眠れると思うな(爆)。
posted by てつりん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

忘れた・・

 詳細は伏せますが、しばらく仕事でカメラを使うことになりました。携帯でもいいような程度の写真だけど、それでもカメラできちんと撮ったほうがいい写真になるってもんです。なのでさとのOLIMPUS OM-Dを拝借して会社に行きました。

 で、そういうことがものすごく気になっていたのでしょうねぇ。カメラの必要な期間が終わってしまい、にも関わらずカメラを自宅に忘れ続け、結局写真は1枚も撮れなかったどうしよう〜って内容の夢を見てしまいました。夢は現実にならなかったんですが、カメラを持って外回りをするような日に携帯を忘れてしまったというオチまでついてしまいました。
posted by てつりん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

全員集合?

 午前3時頃、訳あってさとに起こされました。

 その前から、かれこれ1〜2時間、寝ているわたしを携帯いじりながら観察していたらしいのです。そこから得られた、寝ている時のわたしについて。

・歯ぎしりをする ← 特に珍しいことではないと思う(爆)
・寝言で「生麦生米生卵」と言っていた

 「8時だよ全員集合」の、少年少女合唱団でしょうか。う〜ん、寝言の事情が気になる・・・。ちなみにそれっぽい夢を見ていた記憶はまったくございません。
posted by てつりん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

変なインプレッサ

 結構すごいインプレッサに乗っている人を知っています。で、なぜかそのインプレッサに乗って、どこかへ行くことになりました。乗っているのはわたしを含めて計4人。

 ところがこのインプレッサ、運転席に座っているのは現実の持ち主なのですが、ここでは助手席に乗る人の持ち物ってことになっていました。ちなみにその、助手席に乗る人の現実の愛車はミニです。しかも意味不明なことに、わたしは後部座席に横たわり、もうひとりの後部座席に乗る人に、膝枕状態で乗っているのです。これがまた、男なんだから意味不明。さらに、そのインプレッサのアクセルペダルがわたしの足元にあって、膝枕した状態で踏み込むのだと。当然、前なんて見えないし。

 しばらく走って、わたしも前が見えない状態でのアクセルワークに慣れてきつつありました。そこで、もっと踏んでいいのか聞いたところ、膝枕氏が「いいんじゃないですかね」と。そこで少し多めに踏み込んでみました。イメージ的には、3000回転くらいでしょうか。当然タコメーターも見えないのですが。

 すると助手席氏が、「ちょっとやばいんじゃない?」と。当然前の景色は見えないのですが、横Gのかかり方から推測すると、ゆるい右カーブのよう。ちなみにハンドルを握るのは運転席氏。シフト操作も同様。ただ、ブレーキがどこにあるのかは不明。そしたら、左前からどこかにこすったような異音が。・・・曲がりきれなかった!?

 運転席氏とわたしが降りて、左前を確認したところ、擦り傷が。不安げな顔で助手席からこちらを見る持ち主。どうしよう。これは助手席氏に謝らなくては。で、正直にそのことを言ったら、「うそ〜ん(泣)」って言われてしまいまして、そこで夢は終わったのでした。


 さて、うっすらと雪が積もったきょう。クルマをぶつける夢を見たら、気にしないほうがウソですよね。というわけで、いつも以上に慎重に運転しましたよ。幸いぶつかることもぶつけられることもなく、平穏無事に過ごすことができました。
posted by てつりん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

なぜか熱烈歓迎

 起きた日の朝は、豪華4本立ての記憶が残っていたんです。結局、すぐに書かないから、いまいちの仕上がりになってしまうのですが。

 会社の懇親会な何かのたぐいのイベントで、旅館か料亭に行きました。ところが別室では、かなりのおえら方、それこそ代議士とかクラスの方々がいるという。で、なぜかわたしのいるべき席を中座して、別室に向かいました。なぜか呼ばれているんだったと思う。そこでお会いしたのは、そろそろ大臣の呼び声もあるとかないとかの、地元選出代議士。「おぉ〜、お待ちしておりました」って勢いの熱烈歓迎で、かなり激しく握手された(まぁ経歴的にも体育会系の方なんだけど)のが謎。

 続いては、まぁ、わたしの知る仕事関係者が激しく叱責されているという内容。なぜ叱責されているのかはわからないけれど、こういうたぐいの夢は心臓によろしくないし、気持ちのよい眠りももたらさない。

 あと2本くらいあったんだけど、忘れちゃったなぁ。すっかり週末ブロガーみたいになっちゃって。
posted by てつりん at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

学校はセミナリヨ

 カラオケに行ったという夢を見ました。

 詳細は伏せますが、このメンバーが一同に会すなんてものすごく久しぶりって感じの顔ぶれでした。ちなみにわたし以外全員女性。

 久しぶりってわけでもないのかわからないけれど、最初の1曲目の選曲に手こずるってこと、ないですか? その手こずり感を無視して、最初なんだからなんでもありだろうってことで、伝説の名曲「うらみ・ます」をぶちかましたりしたりした若い日もあった気がします。でも、この歳で女性ばかりの席上、そんなことはできないよねぇ。

 そこで先陣を斬ったわたしが選んだのが、「GO!天正少年遣欧使節」。番号は、1111−11でした。

 選曲の意図としては、最初に元気に楽しく盛り上がれるということ。「そんな曲知らない」と思われるのは覚悟の上。それでもアップテンポな曲調とインパクトある歌詞、頭にこびりつくサビ、そして勝手に天正少年遣欧使節のメンバー4人が覚えられてしまうというメリット(笑)。

 ところが、、、誰にもウケず、無反応だったという・・・。せっかくがんばって熱唱したのに。

 みんなで熱唱できるよう、予習しませんか(爆)? ようつべとかで検索すれば、きょうのところは簡単に見つかります。
posted by てつりん at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

2000万サマー

 サマージャンボ宝くじが発売になってますね。土曜日に出かけたら、偶然通りがかった市内の比較的よく当たるとされている売り場は長蛇の列でした。そっか、大安だったんだ。

 4億円の夢もいいけど、でっかすぎて小市民には何かを狂わせそうな魔力があるなぁ。正直4億円の使い道って、普通の人にはないと思うんだけどなぁ。よく「旅行に行きまくる」とか言うけど、意外とどこに行きたいかなんてたかが知れてるもんだと思うぞ。「いいクルマを買いまくる」ってのも聞くけど、ホントにすごいものを買うとなると、4億ってあっという間に維持費で消えて行くんだってね。

 ちなみにそれとは別に、2000万サマーというものもあるそうです。1等が2000万円なんだけど、本数が多い。4億をうまく使えないような小市民派には、むしろそれくらいの方が身の丈にあっていてよいのではないかと。それを当てて1000万は住宅ローンの繰り上げ返済に。手元の現金がほぼ皆無な財務体質の弱さを改善すべく、300万くらいは残しておきたい。クルマに300万使って、残りは行きにトワイライト(当然大阪から乗ります)帰りにカシオペアの北海道旅行とか、往復サンライズの島根県ツアーとか、沖縄とか、長年の悲願プレで四国一周とかの旅行ができればそれで十分。あとはテレビを買い換えてブルーレイを見れるようにして、ルンバでも買えばそれで十分。掃除機も10年くらい使ってるから、ダイソン使ってみるのもいいかな。あっ、忘れちゃいけないのが、家の前の数年放置されている壊れた溝の修理と、ついでに家の周りをコンクリで固めて雑草問題とは永遠におさらばだ。

 という内容の夢を見た気がするんだけど、なんか最近ベッドで寝ていないので、夢なのか妄想なのか寝ながら考えた戯言なのかの区別すらあやふや。ちなみに最近暑いので、さとが一緒に寝るのを嫌がっているみたいなんです。で、22時を回ってから「酒が飲みたい」とか言い出して、それにわたしがお付き合いして、飲みながらテレビを見ているうちに意識が遠のいていきリビングで寝落ち。それを見届けたさとはしてやったりと言わんばかりに、わたしに声をかけることすらせずに2階に上がり、2人分の場所を占拠して大の字で寝るんだ。実に策謀家である。宝くじを当てたら真っ先にすることって、もしかしたらベッドをもう1台買うことだったりして。
posted by てつりん at 22:21| Comment(9) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

割れたコップ

 ちびっ子がいるうちとしては珍しく、ありがちな事故の少ない家だと思います。ソファーからなっちゃんが転落とか、なっちゃんが誤飲とか、階段からみっちゃんが転落とか。ないわけじゃないけど、要因を極力排除して、あっても大したことない事件で済むようにしています。

 ところがきのう。食事でいすに座ろうとしたみっちゃんがバランスを崩す。それ自体はどうってことないものだったけど、体を支えようとグーで突いた手はわたしの汁椀にちゃぽん。みっちゃん悲鳴のような号泣。倒れて吹っ飛ぶ汁椀。飛び散る中身。ごはんを食べながら瞬時にかわすわたし。即座にさとは立ち上がり、みっちゃんを台所に連行。この間、2秒あったかどうか。5分後には、反対の手をにこやかに保冷剤入りタオルで冷やしていたので、なんともないってことで。

 そして、夜。みっちゃんがコップを割りました。破片が飛び散ります。そこで周囲をまず片付けて、破片の位置を明らかにした上で、掃除機をかけようと思いました。ところがそれは夢の中のことだったらしく、さとの証言によるとわたしがさとの布団をはがし、枕を引きぬき、手でそのへんをなでていたのだとか。さとの「何してるの?」という問いに対して、「みっちゃんがコップを割ったから片付けている」と、寝ながら答えるわたし。「みっちゃんはコップを割ってないから寝なさい」って言われたらしいです。

 ちなみにわたしはほとんど、寝たら朝まで気持ちよく爆睡なんだけど、さとはそうでもないんだって。みっちゃんの咳で起きたり、なっちゃんの寝返りでベビーベッドにぶつかる音で起きたり、寝ているわたしの奇行で起きたり。ひとごとなんだけど、大変だよね(笑)。
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

ろくでなしドリーマー

 2日連続で、ろくでもない夢を見て困っています。

 月曜から火曜にかけて。来月には異動シーズンなのですが、異動に際して内示というものが出ます。まぁ内示=正式発表ではないだけのことで事実上決定ってことなのですが。わたしにも内示が出て、支社長室に呼ばれました。

 「〜への異動を内示する」と、支社長に言われました。「 〜 」の部分は、行きたいと思っていたところそのもの。心の中で大きくガッツポーズ。というより、顔か動作にそれが出ていたかも。ところが支社長は、もう1枚の内示があるといって、「〜から、◯◯への派遣を内示する」というのを付け加えてきました。

 この◯◯ってのが曲者で、実は1回行ったことがあって、こんな勤め先二度と行くかと思っていたところ。内規が変わって、非正規雇用者は行くことがなくなったと聞いて喜んでいたら、非正規雇用者であるにもかかわらずこねこねして行かされた2度目があったという、涙なしには語れない職場。ここでの仕事が嫌なあまり、階段から転落して背骨を折って2か月寝たきりで入院生活を送ったというオチまでついたのだ。そこに3度目の赴任。もう非正規雇用者ではないんだし、書類上「 〜 」に赴任した上で、◯◯に派遣されるという人事は確かに存在するしあり得るもの。でもそれは悪夢と言わずして何なのか。

 火曜日から水曜日にかけて。試験会場に受験者が現れないという夢を見ました。シャレじゃ済まないし。しかも実際、現れるのか現れないのかやきもきしたという現実が当日実在したのは確か。あやうく正夢になりそうだった。そんなわけで気持ちよく眠れなくて困っています。
posted by てつりん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

ある著名人の自宅にお呼ばれ

 念を押してから始めますが、わたしの夢の話です。

 どういう経緯なのかはわかりませんが、山下達郎の自宅に招かれるという夢を見ました。招かれたのに呼び捨てはまずいか。山下達郎氏の自宅に招かれるという夢を見ました。

 通された部屋の周囲はほぼ全面ガラス張りで、ものすごく広々としていました。ただ、招待してくれた本人は、「とりあえず今僕は音楽を聴いているところだから、しばらく適当に過ごしててよ」って感じ。しかしなんでちびっ子がかぶってるような、熊の頭のような帽子の上からヘッドホンをつけているんだろう?

 本人の指示通り、部屋の中をブラブラして観察します。広々とした部屋には作り付けの本棚。白いシーツがかけられたベッド、2〜3人がけのソファー、そして一見普通に見える昔ながらの大きめのオーディオセットしかありません。そのオーディオセットの前には、熊の頭の帽子の上からヘッドホン着用で音楽を聴く山下達郎氏の姿が。出口は2か所あって、1つはこの部屋に入る際に通ったところ。もう1つは書庫のような部屋に続いており、その部屋の棚にはものすごい数の本とレコード、CDが保管されていました。

 書庫ではなく、部屋の本棚には何が入っているのかをチェックすることにしました。誰が相手でもどんな本を読み、どんな音楽を聴いているのか、やっぱ気になるものだしね。なかなかいろんなジャンルの、教養を高めそうだけどわたしには難しそうな本がたくさんあるなぁ。海軍の軍人で、のちに首相にもなった米内光政は、閑職にあった頃とにかくいろんな本を読みまくり、それが後に首相になった際に役に立ったらしいんだけど、それくらいの勢いを感じるほどにいろんな本が置いてあった。

 ところが意外にも、本人のアルバムCDが数枚、ケースにも入れられずそのまま棚の中に立てかけられている。これはまずいんじゃないかと思って、気を利かせてとりあえず「棚からひとつかみ風」(笑)に取り出すも、どこにどうすればいいのかで迷ってしまう。そうやってあたふたするうちに、徳永英明のわりと昔のアルバムがしっかり揃っていることに意外性を感じたり、棚にあるキレイに立っていたレコードを倒してしまい元に戻せなくなってさらにあたふたしたり。

 そうこうするうちに音楽を聴き終えた本人がぬ〜っと近寄って来ました。でっ、でかいぞ山下達郎。190cmはあるんじゃなかろうか(実際は170くらいらしい)。貴重なレコードを倒したり、大事な作品のCDを棚からひとつかみしてたりしてやましい気持ちがあったからなのか、それともあまりのでかさになのか、ちょっとビビりました。でも気さくに、「あぁ、こうすればいいんだよ」って感じで直してくれました。

 その後自宅の中をいろいろと案内して頂きました。でかい川に面しているようで、開放的な窓からは広々と水面が見えます。でも食事を食べるところは意外とこぢんまりとしていました。奥様の顔は見えませんでしたが、在宅だったのか気配を感じさせながら何かをごちそうされようというところで、目がさめてしまいました。
posted by てつりん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

自走式クレーンの解体

 会社の中庭に、2トンあるという自走式クレーンが置いてありました。

 これを外に出そうってことになったんだけど、どう見てもそれは無理。と思っていると、「それは分解することができるから」との声が。近くにいた人たちと協力しながら、いくつかのモジュールに分割されました。意外と軽く、数人で持ち運ぶことができたので、外へと搬出されていきました。

 ところがよく見ると、ひとつひとつのモジュールが、折りたたみ式のテントのような形をしている。というか、それはテントじゃないか。クレーン車と同じ、下が青で上が黄色の。

 難儀していると、「そのテントを組み立てなおしたら、クレーン車に戻せるから」という声が。そんなのできるの〜? というか、どう見てもテントなんですけど。そう思っているうちに、現実の世界ではさとにたたき起こされていました。
posted by てつりん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

激痛

 さとが寝ている時、何かが割れる夢を見たそうです。

 それは何かの合図だったのかも知れません。さとは直感的に、「やばい!」とか「来る!!」とか思ったらしいです。

 ちょうど同じ時、わたしは人をボコボコに殴っている夢を見ました。それと同時なのか(たぶんありえないと思うが)、それともその後なのか、背骨が折れる夢も見ました。腰椎圧迫骨折再びだそうです。すっごく痛かったです。あまりの激痛に、のたうちまわっていました。

 で、現実には何が起こっていたのか。わたしがさとを何度も蹴って、なっちゃんのベッドも蹴っていたらしいです。たまらずさとは両手で抱えて抑えこみにかかって、沈静化するのを待っていたそうです。

 こういう夢は定期的には見ないけど、何かと戦っていたりする夢を見て、実際には寝ているさとと戦っていたということは定期的にありますねぇ。何かのストレスがたまっているんだろうと思います。ちなみに経験者として言わせてもらえば、背骨を折るとホントにものすごく痛いので、のたうちまわるようなことはしませんしできません。のたうちまわった方が痛いと思います。
posted by てつりん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

たぶん帝国劇場で

 先日、4月から始まったユーミンのツアーが終わりました。うちらは7月に観に行ったけど、震災と会場の関係で中止になったり追加になったりした公演も含めると、70本くらいあったんじゃないのかなぁ。いいツアーだったし、できるならもう1回くらい観たかったんだけど、間を開けてできるだけ近場でと考えると無理だった。

 そんなツアーの終盤。一部スポーツ紙などでも報じられていましたが、まだ秘密だったらしい来年の活動について、バンドメンバーの1人がポロリと言ってしまったと。「松任谷由実 帝国劇場」とでも検索をかければ、大枠は知ることができるのではないかと思います。

 とりあえず来年2月には定例の苗場が。ポロリをしてしまった活動は当然その後だろうし、それなりの準備も必要になるだろうから、早めに見積もっても夏以降か。これを書きながら帝国劇場のスケジュールを調べたけど、8月の終わりまでは演目と日程が発表されているので、その後になるんだろうな。

 で、それの夢を見ました。早いよね(笑)。簡単に感化される困った私。たぶん本番ではなく、ゲネプロか何かの夢だった。だって客席から見えない舞台袖に、正隆氏がいたし。なぜかわたしも、舞台の上で歌いながら踊ってるし。舞台袖の正隆氏に、「こういう意図でそういう曲順にしたんだろうということはわかるけど、ここはやっぱり逆じゃないですか?」とか、身の程知らずかつ偉そうに意見してたりしたし。

 1曲分を観た気がするんだけど、知ってる曲のような知らない曲のような。歌とお芝居のコラボというと、中島みゆきの夜会が真っ先に思い浮かぶけど、歌の部分しか観られなかったのでどんなものかはわからなかったな。来年秋あたりに、東京に行くことになりそうです。
posted by てつりん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

最前線の攻防

 そこは韓国と北朝鮮の国境地帯。

 国際法上は今なお戦争状態にある両国。兵士が警戒に当たるなど、ものものしい場所です。

 不意に向こう(北朝鮮側)から、兵士が越境してきました! 戦闘が始まりそうです。ちなみに相手の武器は10円玉2枚。2枚を1セットにして、こっちに投げてきます。イメージとしては銭形平次そのものです。

 こっち(韓国側)も応戦します。ところがこっちの武器も、10円玉2枚。投げると、爆発します。相手の投げる10円玉も爆発します。6人の兵士が越境して、こちら側に陣地を構築しそうな勢いです。こっちも6人で押しとどめようと、陣地の構築はさせないぞと、10円玉を投げての激しい攻防戦が続きます。

 そうこうするうちに、全然別の場所から、兵士が1人越境してきました。もちろん武器は10円玉。ところが困ったことに、その1人の兵士に回す兵力がこっちにない。困ったと思ううちに、頭が覚醒してきました。

 結論としては、みっちゃんの頭がベッドの登り口の隙間を越えて、こっちに越境してこようとしていたらしいです。そっか、越境してくる北朝鮮軍兵士は、実はみっちゃんの頭だったのかと。お互い寝ながら頭をこすりつけあって、せめぎ合いをしていたようです。
posted by てつりん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

フランクフルトに飛べなくて

 うちの会社では、事業部によっては社員旅行がある場合があります。

 今の事業部では社員旅行があるのですが、個人的には社員旅行のない事業部に行きたいと前々から思っています。別に社員旅行が嫌いってわけじゃなく、むしろ好きなので勘違いなきよう。過去には、さすがにこれは異例だと思うけどバリ島に行ったことがあるなぁ。通常の範囲内のものだと、湯布院など九州とか、ほとんど記憶にないけど関西方面とか。おととしは東京に行ってるし。ちなみに去年は、すき焼きでした。

 で、なぜか超ビッグな社員旅行が企画され、関西国際空港に向かっているという夢を見ました。といっても、夢に登場する同行者はみんな今の支社の同僚ではない。なぜか恩師もいましたね。空港に到着して、フランクフルト便に乗るということで、パスポートのチェック。ところがパスポートを持ってない! カバンもスーツケースも、空港内でひっくり返すがごとく大捜索するのですが見つかりません。同行者の恩師は、出国ゲートの先へ行ってしまいました。

 さて困った。ホントに家に忘れてきたんだろうか。携帯から自宅に電話しますが、なぜか電話に出たのは昔おつきあいしていた女性。そのことも知らずに「俺のパスポートだけど、そっちにあったりしない?」とか聞いて、「あんたのパスポートがどこにあるかなんて、知るわけないじゃない」とあきれ半分に返される。う〜ん、困った。

 これだけ探してないんだから、かなりの確率で家に置き忘れてきたのだろう。そこで同行者の携帯に電話して、1日かけて自宅へパスポートを取りに戻るので、翌日の便でそっちに向かう旨を伝えようと思いました。ところが出たのは、同行者ではないはずの、去年まで同じ支社に勤めていた人。「パスポート忘れたんだって???がははははっ」って感じで、豪快に笑い飛ばされる。こりゃぁ、らちがあかない。というか、同行者でもない人に困った事態を連絡してしまった上に、笑われてしまっては救いがない。

 というあたりで目が覚めました。時間はもうすぐ午前6時。気分が悪いので二度寝しました。なんでフランクフルトだったのか気になるところですが、個人的には地名ではなくて食べ物のような気もします。
posted by てつりん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

落ちる〜

 最近では初めてうちに来る来客も減り、過去に来たことのある人たちばっかりになってますが、来た人の多くが驚くのがリビングです。とにかく天井が高い。一番高いところに向けて1枚。
2011101902.jpg

 壁に穴があいてますが、この穴の向こうがミサワの誇る大容量収納空間、です。なぜここに穴があいているのかを語りだすと、それだけで1本記事が書けてしまいますが、ここでは穴そのものの話はしません。

 この穴のへりに(つまり蔵の内側から)なっちゃんが後ろ向きに座り、そのまま後ろに倒れて落ちて来るという夢を見ました。寝ながら「落ちる〜」と叫んでいたのをさとは聞いたそうです。仰向けの状態で、手を上に突き出しているのをさとは見たそうです。心臓バクバクだったのを覚えていますが、かといって目は覚めませんでした(笑)。
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

しけた送別会

 年度末にはうちの会社も送別会があります。明確に、ハッキリと、早く送別されたいと思うようになって1年くらい経つ気がしますが、そんな送別会の夢を見ました。来年の3月末のことですな。

 その夢によると無念なことに、わたしは送別されませんでした。誰が送別されるのかまで覚えています。現段階で支社長の交代は既定路線なので、それに合わせて人心一新となるのかと思いきや、意外と小幅変更にとどまったんだねぇという布陣でした。

 その送別会の人の入りがあんまりだった。7人くらいのテーブル×3。半分以上来てないんだけど、このしけた送別会でうちの会社はだいじょうぶか!?という内容でした。

 えぇ、早く送別されたいんです。送別されればいいってもんじゃなく、送別された後の行き先も重要ですけどね。余地夢ではないことを祈ります。
posted by てつりん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする