2014年06月10日

父の日

 先日の話ですが、娘からこのようなものを頂戴いたしました。

2014061002.jpg 2014061001.jpg
 いつもより画質をよくし、サイズを大きくしてあります。クリックするとさらに大きくなります。

 左から順にみっちゃん、なっちゃんの描いたわたしの絵だそうです。ありがたいことでございます。個人的には、わたしを知る人にとっては、なかなかのリアリティがある部分を感じることができるかと勝手に思っていますが、このことについてさとによる指導は特になかったそうです。つまり、娘たちはさとの意見も指導も受けず、自力でこれだけの絵を描いたと。やるなぁ。
posted by てつりん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

おかあさん

 近所の老舗スーパーに、みっちゃんの絵が展示されているという話を聞きました。

 一応、絵そのものはさとづてに見ていますが、現場の雰囲気とかほかの子の絵とか、気になることもあったので、実際に行ってみることにしました。
2014051401.JPG

 なんか、保育園によってがっつり指導が入っている感じなのがおもしろいですなぁ(笑)。園ごとに、絵に個性があるというか、園単位で絵が没個性というか。そういう意味ではみっちゃんの保育園は、まぁ普通というか、強い指導が入っていた感じがあまりしない。

 ちなみにみっちゃんの絵はこんな感じでした。タイトルの通りですな。
2014051402.jpg

 タイトルは「大好きな(    )さん」となっているので、時節柄必ずしもおかあさんでなくてはならないということもないんです。あと、保育園くらいだったらそうでもないのかもしれないけれど、諸般の事情によっておかあさんを描かせることに賛否があるケースも考えられるし。ということで、お題を与えられて、なにかとんでもないものを描くのではないか、AB型の血が炸裂するのではないかと危惧したのですが、意外と普通だったということなのでした。
posted by てつりん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

めんどくさい!?

 娘の通う保育園は、のびのび系だと思うのですが、かなりいろいろと力を入れている感じがします。

 たとえば郵便ごっこの流れで、手紙(文字)を書いてみようとか。年長クラスだと英語の活動とか陶芸、詩吟だってあるらしいし。けん玉やあやとりといった、伝統的な遊びもやってます。

 で、みっちゃん。10級から始めて、ランクアップしていく園内のチャレンジ表があるらしいのですが、先日さとがそれを見てしまったのです。みっちゃんは10級から昇級していないのに、ほかのおともだちは9級とか8級とかに昇給している。なぜみっちゃんは昇級しないのか、その理由を帰宅後に聞いてみたところ、なんとこんな答えが返ってきたのだとか。

だってぇ〜、(列に並んで先生に見てもらって合格するのが)めんどくさいし〜


 まるで学習意欲を失っている残念な子どものようなコメントではないか(爆)。しかもこういうのは総じて、できるけど見てもらうのが面倒であるかのようなスタンスを取るくせに、実際のところはそもそもできないということが往々にしてある。できるけど見てもらうのが面倒とか、練習の時間が減るからイヤといった前向きな理由ではなく、単にできないことが明らかになるのがイヤだという後ろ向きな理由だ。かつて紹介した本の通りのような気がするのが大いに気になりますが、それだけに7歳以降感情や能力面で変化が現れるのを待ちたいと思います(笑)。
posted by てつりん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

誰の目?

 うちはなっちゃんを除いて、3人全員が二重です。鼻と口は明らかにさとのものであろうというくらいに、さととみっちゃん、なっちゃんの3人は似ているのですが、なっちゃんの目は誰に似ているのだろう? と、先日話題になりました。

 自分たちの親などで一重の人というと、どうもわたしの父しか当てはまらないらしくて。そんな話題が出た前後だったかに、わたしの父の誕生会が自宅で開催され、その時の写真を整理していたさとが一言。

 「なっちゃんと、彼(妹の長男で、娘のおいにあたる)は、同じ目をしている」。

 う〜ん、確かに、同じ方向を見ている際の目は、同じものだねぇ。それをさかのぼるとすると、やはりわたしの父になるのか。なんだかふしぎな感じがします。
posted by てつりん at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

何曜日?

 先日、みっちゃんにこういうことを聞かれました。たぶん、29日のことだった気がします。

 「おとーさん、なんようびにおやすみな〜ん〜?」

 一応うちの会社はカレンダー通りなのですが、まぁ常態化した休日出勤にまみれていることは、ここの読者でなくても知る人ぞ知る事実。いや、世間一般にもうちの業界はアレだからってことでわかるかと。好きでやっているので、そこんところはまぁ、いいんですけどね。前年度比で相当楽になっているのは事実ですし。

 前年度比で相当楽ができているというのも、いつまで続くのかわかりませんけど。まぁぼびぼちといきますですよ。
posted by てつりん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

進路

 きょうは会社の部署における飲み会だったので、早く帰ることにしました。

 すると運転中にさとから電話が。仕事が終わるのが遅くなったようで、娘を迎えに行ってほしいとのこと。それだと飲み会に遅刻するので、会場まで送ってもらうことと引き換えに迎えに行くことにしました。

 保育園からの帰りの車内で、みっちゃんが延々語るんです。内容をかいつまんで取り上げると、まぁこんな感じのもの。バスとかの運転手になるには、中学校でいっぱい勉強して、高校でもいっぱい勉強して、さらに勉強して、運転してもいいですよってカードをもらってからじゃないとダメなんだと。

 ほぅ、そんなこと、誰に教えてもらったのだ? 聞くと、誰からも聞いていないと。自分の心の中に浮かんだことらしい。え〜、小学校なら相当意識してると思うけど、その先が中学校や高校だなんて、知らなかったと思うんだけど。

 後日この話をさとにしたところ、さとが言ってるんだって。わたしもさとも、特に勉強しなさいって言われずに育った人間なので、娘に対しても同様だと思う。結局、自分のしたいことや、なりたい自分を追求するためにはチカラが必要で、学校に通っている時期におけるチカラとして有効なもののひとつが勉強なんだよ。困難から逃げないチカラとか、何かと継続して戦えるチカラとか、周囲とうまくやっていけるチカラとかいうものの方がもっと重要で、学力が最上位のチカラだとは、思わないけどね。
posted by てつりん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

情緒不安定

 31日に進級式をして、ついに最上級生になったみっちゃん。来年の今頃は、小学生ですよ。ありきたりな表現ですが、時間の経つのは早いものです。

 単に最上級生でしかない、つまり最年長者でしかないと思っていたのですが、聞くところではこれまでと結構違う部分があるそうです。さしあたって入園式だったかのアトラクションとして、けん玉を披露することになったのだとか。あと、小学校は昼寝がないので(中高と増えていくと言われる、自主的な昼寝は除く)、これまでのお昼寝の時間において、さくらタイムという最上級生だけの時間があるのだそうだ。それらのためか、それとも3月最終週の週末が盛りだくさんで疲れたのか、31日は熱が出て早退。保育士が言うには、「(けん玉の)プレッシャーですかね〜(笑)?」って言ってたので、「弱いねぇ〜(笑)」と返しておきましたが。確かにここぞという時には、誰に似たのか困ったことに小心者の性分が芽を出してきます。

 結局熱についてはその日だけのことだったのですが、その後朝になるとどうにもおかしい。朝から無理難題をふっかけてさとを困らせた挙句、それがかなわないと知って号泣。しかもその泣き方が半端ない。昼寝がなくなって、実は本人は疲れているのではなかろうか。意外と最上級生のプレッシャーに、苦しんでいるのではなかろうか。そんなことを考えさせられる1週間でした。
posted by てつりん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

いつもいつでも

 ちょっと古い話なのですが、娘の表現会に行ってきました。特定の時間帯に集中しないように、というか保護者を分散させるために例年二部構成になっているのですが、今年はすべて観ることができました。

 えぇ、みっちゃんとなっちゃんが同じ部に出る場合、その部だけを観るので、結果的に半分しか観られないことになってしまうのです。

 なっちゃんは大塚愛のSMILY、みっちゃんはきゃりーぱみゅぱみゅのにんじゃりばんばんで歌って踊ったのですよ。写真は諸般の事情というか、まぁさとの機材なのと鮮明すぎるってことで公開はなしにしておきますが。

 個人的な感想。ほかの子と娘の性格の違いもあると思うんだけど、なんか娘はすべてが楽しそうにしてるなぁと思って。いや、緊張で表情が硬かったりもするだろうし、うまくステージをこなすことに集中するあまり無表情になるってこともあると思うぞ。その他、楽しくないわけじゃないけど楽しくなさそうな顔になってしまうこともあるとは思うけれど、それを差し引いてもうちの娘は楽しそうだった。たとえうまく踊れなかったとしても、多数の視線が恥ずかしいほどに注がれていたとしても。

 目の前に起こることはすべて貴重な人生経験であって、長い目で見ればすべてプラスになるものなはずなんです。でも実際、必ずしもそう思えないことって、たくさんあるじゃない。言い換えれば、いつもいかなる時であっても、笑顔でいられるほど人はポジティブとは限らない。でも、まだ娘にはそれがあるかなと思って。できうるならばいつまでも、そうあって欲しいと思うのだけれどね。
posted by てつりん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

ハイテクトイレの恐怖

 みっちゃんの苦手とするものがあります。それは、外(自宅や保育園外)のトイレのうち、特定の条件を満たすもの。なんでもいまどきの、サービス満点のトイレが怖いのだとか。

 真っ暗な個室を開けると電気がついて、便器のフタが開いて、勝手に水が流れるの、どれか1つが該当するだけでこの世の終わりのような恐怖を感じるみたいです。なんでも先日は、勝手に流れる水が青色で、なおかつ水流を明るく照らしてくれちゃったりしたもんだから、恐怖感は倍増。確かに人が入ってきたことを感知して、トイレが勝手に何かをし始めるというのは、立派な超常現象かポルターガイストかって感じもわからないでもない。
 
 きのうだったか、いつも行くマックスバリュの多目的トイレですらびびってたからねぇ。「かってにみずながれるのイヤ〜(泣)」って感じで。便座を立ったのを感知して、水が流れるだけのシンプル(?)なトイレなのに。
posted by てつりん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

◯会(その2)

 以前◯会のことを書いていますが、その後すっかり忘れていました。きょうは、その続編。ちなみに以前書いたものについてはこちらから。

 先日、◯会から、再びDMが届きました。来年度からみっちゃんも年長さん。小学校に入る準備としてどうですか?という感じだったかなぁ。教材のサンプルも入っており、さとが開封して目を通して、わたしも目を通そうとそのまま置きっぱなしにしてあったものを、みっちゃんが見つけたことをきっかけに食いついてきたのでした。「これ、◯◯(本名)もやってみたい〜」ってね。

 1番目のワークも、なかなかこれまでにないパターンで、結構手こずっていました。陸を進む乗り物をすべて通過しながら、同じところを2回通ってはいけないという、複数の条件を考慮しなければいけないもの。これは子どもが最も苦手とするパターンなんだよね。複数条件を考慮って、大人でも困ったりするけど(笑)。2回の失敗で心が折れかかっているのを、消しゴムのキレイなかけ方(角を使って線に対してピンポイントでかける)を教えたことで何かがひらめいたのか、「むずかしいけどできた〜」という3回目の正直に到達。

 で、2番目に始めたワークがこれ。写真は、解答済みの状態になっていますが。
2014011901.jpg

 問題は音読バッチリ。ところが出題の意図がわからないのか、単にアホなのか。切った右側の断面はまるで、左側の断面は四角なんじゃない?という、実にすっとぼけたことをのたまう。う〜ん、「これはこういうものなんだよ」って教えちゃえばそれはそれなんだろうけど、ここでいう勉強ってそういうものではないはずだ。しかも、前回◯会のことを書いた時のことが頭をよぎる。

・多くの調査を経て私たちがたどり着いたのは、「好奇心を刺激する実体験」と「親子の会話の豊かさ」です。
・考える力を育むために、「体験」と「対話」を。


 そこで、冷蔵庫ににんじんがあったはずだと思い、実際に包丁で切ってみることにしました。写真は切った後、ラップに包んであとかたづけをした状態になっていますが、まな板の上でまっぷたつにしましたよ。
2014011902.jpg

 みっちゃんは、長年やっているトラの通信添削よりもおもしろいって言ってたなぁ。さとの、「どっちがおもしろい?」って聞き方に対する答えだから、話半分にしておいたほうがいいとは思うけど。でも正直、◯会そのものがおもしろいのか、わたしがつきっきりで面倒見て、親子の会話と体験を提供したからおもしろいのかは、判断に迷うなぁ。個人的には後者なのであって、ほおっておいても自分からワークを仕上げて、賢くなっていくとは思えないのだよ。
posted by てつりん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

七五三

 なっちゃんの七五三に行ってきました。写真はそのうち載せるかもしれないけれど、とりあえず某所でさとがアップしてます。

 みっちゃんは水色を基調とした衣装だったんだけど、なっちゃんは定番の赤で。似合ってたと思う。で、うちの場合は数えの3才でしてしまうと、秋生まれなのでほぼ満2才になってしまう。すると落ち着きない感じでせっかくの衣装や写真撮影はどうなるんだ!?という理由で、満3才を持ってやっています。

 ただねぇ、数えの3才なんだろうって女の子がいたけど、それはそれでかわいかったなぁ。お宮参りの赤ちゃんもかわいかったなぁ。写真スタジオで待っている時に、赤ちゃんが近くに来たことがあったけど、娘揃ってガン見だったし。

 神主の締めの挨拶で、「〜神社の大神のご加護が・・」みたいなことを言ってるのを聞いたみっちゃんが、「オオカミこわい〜」って言ったのを聞いたさとが、ツボに入ってました。こういう人の話も、断片的にではありますが、聞けるようになったんだねぇ。

 
posted by てつりん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

働け!!!

 たむらぱんの「おしごと」という曲があるのですがね。某チューブとかで音が出せるかと思ったのですが、出なかったので気になる方は探してみてくださいな。歌詞は本文の下線部をクリックすると表示されます。

 で、娘たちが車内でこれが流れたら、歌うんですよ。「♪おっし〜ご〜と〜しなさいしなさい・・・」ってね。

 最初はほほえましいとか、かわいいとか思ってましたよ。さとも同感みたいですよ。ところがねぇ、最近、親としてちゃんと働け! 親として私たちを困らせないように働け! 将来の学費とか結婚資金とかその他諸々しっかり稼げ! と、言われているような気がしてきました。

 もちろんそんなこと、娘は考えてないと思うんですがね。わたしの働きぶりに関して、後ろめたいものがあるからなのでしょうか(爆)。
posted by てつりん at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

マニアの世界へ!?

 2020年の東京五輪開催が決定しましたね。
2013090901.JPG
 
 オリンピックといえば、世界中の国や地域が集まる平和とスポーツの祭典。で、きょうはそれっぽい写真から。

 保育園でやっているのでしょうが、みっちゃんが国旗に大ハマリ中です。デザインと国名を覚え、それをLa-Q(ラキュー:小さい方)やプリズモで再現してしまう。最近だとどこで覚えてきたのか、「ぶらじるって、こーひーがゆうめいねんよ〜」とか、「ここ(アルゼンチン国旗の中央部分)って、おひさまマークねんよ〜」とか、頭の膿んだ厨房(コラ)ごときの到底知りえないことをおっしゃられる。もちろん写真にある国旗と国名は完全に一致しています。わたしはプリズモで作った大きいのが、どこだかわかりませんでしたよ(爆)。あと、写真にないけれど作ったものとしては、ドイツとハンガリーが。

 まぁ、これで天才少女だとか騒ぐ気は全くございません。4才末期でこれなら天才かも知れないが、ある程度まともな大人ならこれくらい普通だろうし。こういうことで親が調子に乗って、妙な期待をかけるような欲を出してはいけないんだ。本人はあくまで、単純な知的好奇心か、それですらない何かでがんばっているだけなんだろうから。
posted by てつりん at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

あした3才

 あした、なっちゃんの誕生日です。日曜にお誕生会をすることもできたのでしょうが、わたしが仕事であわただしくなりそうということでこの日になりました。
2013090701.jpg

 ところがプレゼントは、ずいぶんと早い段階で自転車を贈られているのでなしです。

 実はきょう、3B体操というものに行ってきたんだけど。そこでみっちゃんといういい姉がいるから、なっちゃんもがんばれるってことが、ものすごくたくさんあるんだろうってことを再認識した。そのためか、同じ時期のみっちゃんよりしっかりしている気がするけれど、この調子ですてきなふたりでいてほしいなぁって思うわけだよ。
posted by てつりん at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

男の色、女の色

 保育園に行かせていると、いろんなことを仕入れてくるものですね。それは幼稚園でも、学校でも同じなのですが。

 さて、最近気になるのが、タイトルのような表現。みっちゃんがなっちゃんと塗り絵をしている時などに、そういうことを言うのですよ。

 みっちゃんはなっちゃんとは違うみたいで、比較的水色とかむらさきとかを好むので、色と性別をリンクさせるような感覚とは無縁だと思っていたんだけど。いや、むしろ、水色とかむらさきとかを好むから、それを見た保育園の誰かがそう言ったんだろうなぁ。そしてその、保育園の誰かの感覚は、保育園の誰かの親の感覚なんだろう。

 こういうのって難しいよね。個人的には色と性別をリンクさせる感覚は嫌だと思うけれど、うちでわざわざそれをみっちゃんに指導するのは、保育園の誰かの感覚を否定することになりそうで。
posted by てつりん at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

誰の感覚?

 土日ともに休日出勤でした。まぁ、前の週はケンタ食べ放題に行ったり、まったりした土日を過ごしたからそれでいいんですが。

 で、仕事から帰ってきたわけですが。みっちゃんはローラー式の長い滑り台がある公園に行きたいと。えぇ〜、こんなに暑いのに。むしろ汗をドバドバとかいてきた休日出勤で、わたしのカラダからは一部のフェチにすら受けるかどうか不明のニオイが(笑)。どこか行くなら近所のスーパー銭湯に行きたい。そうすればさとも娘から開放されて、ちょっとはのんびりできるだろう。

 ところが結局、さともスーパー銭湯に行くハメに。ただしさとはひとりで浸かってくることができたので、一応当初の目的は達成されたのか。

 前回行った時のように落ち着きない態度から痛い目にあうということもなく、2人ともいい子にお風呂を楽しんでいました。すべての浴槽に浸からないと気が済まない!の勢いで、結局サウナ以外全部制覇したんだけど、その感覚は絶対わたしの感覚だと思うなぁ。ちなみにさとは暑いこともあって、無駄に湯船に浸かることもなく、用件だけを済ませて出てきたという感じだったらしいです。
posted by てつりん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

女の子の秘密

 先日、みっちゃんが、保育園で手紙をもらってきました。内容は、今度遊びに行ってもいいか?といった程度のもので、まぁかわいらしいよねぇって感じのものでした。

 ところが。うちに遊びに来て何をするのか。その内容に迫る一文に、わたしの目は釘付けになりましたよ。

 「ひみつにしていたことをしよう」

 なんか、あまずっぱい感じと、ドキドキする感じを覚えるのは、わたしがおかしいんでしょうか。おかしいかもしれないねぇ(爆)。なんか、例えるなら、山口百恵の歌の歌詞のようなイメージなんだけど。えっ!?例えが古いと?

 ちなみにこの文面は、さとの話によると、みっちゃんの友達(同級生)のいとこ(小学校低学年くらい?)による代筆であるらしいんだとか。それくらいの年代の女の子が持つ秘密って響きが、なんだかやっぱりあまずっぱい感じでいいよねぇって思ったのでした。もちろんそれに首を突っ込もうって趣味はないぞ。
posted by てつりん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

漢字でしゃべらナイト

 夕飯時、さとと話していました。会話の内容は、朝の通勤中に道のど真ん中で停まっているクルマがいて、そのせいで大渋滞だったってこと。帰りも、油屋まで100mもないところでガス欠で止まって、大渋滞を引き起こしたクルマがいたって話でした。

 すると、みっちゃんにこういうことを言われました。「ねぇねぇ、かんじでしゃべっとるん?」

 いえいえ、漢字もひらがなもカタカナも混じってますけど(笑)。英語ではしゃべってないなぁ。
posted by てつりん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

少年少女合唱団

 最近みっちゃんが、いろんなものを保育園で覚えてきて、それを家でも言うようになってきました。

 具体的には、保育園児が言わないような古典的な言い回し(たぶん本の一節)とか、早口言葉のたぐいです。「なまむぎなまごめなまたまご」とか、「となりのきゃくはよくかきくうきゃくだ」とかですな。

 で、勝手にバリエーションを増やしてあげようと、わたしがお風呂に入りながら、「ブスバスガイドバスガス爆発」とか言ってました。保育園で「ブスバスガイド・・」とか言い出したらまずいかなぁ(笑)。なっちゃんも語感のおもしろさに爆笑です。

 さらに。早口言葉というと、やっぱこれじゃないですか〜? これのイメージで、音楽つきでやったところさらにうけたので、風呂あがりに見せてみました。う〜ん、字幕が漢字で出るのもあって、ちょっと難しいかな。


 しかし早口言葉のバックの曲に、元ネタがあるってことは初めて知りました。踊ってる人たちの服装とか踊りには、微妙な古さを感じずにはいられませんが、音楽としてはかっこいいと思うなぁ。やっぱ全員集合って、すごい番組だったんですね。
posted by てつりん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

めんどくさい

 先日、さとと話していたら、こんな話になりました。

さと:「(娘2人に続く)3人目はないだろう」← 前から経済的理由でこの話はあった
さと:「だって、めんどくさいし」

 えっ!?めんどくさい?

 正直、ちょっと意外な理由だったんです。そっか、めんどくさいかと。で、具体的に何がめんどくさいのかを聞いてみることにしました。

 個人的にはみっちゃん、なっちゃん両方の時にあった切迫にまつわる入院とか、意外と侮れない検診とか、つわりとか、夏の妊婦(暑いらしい)とか、出産時の痛みとか、そういったものをめんどくさいと言っているんだと思っていました。ところがそうではないと。

 ベビーバスでの沐浴。触るのにすら気を遣う、首の座らない新生児。夜中でも容赦ない、2時間に1回の授乳。まだ固形じゃないからベトベトになって、拭くのも大変なおむつ交換。離乳食。手づかみで食べたがる時期。食事のしつけ。着替えの方法。トイレトレーニング。そういった、新生児が人っぽくなっていくまでに通過する諸々のプロセスすべてがめんどくさいと。

 これを書きながら思ったのは、確かに1から恋愛を始めて一定のゴールにまで持っていくのは、楽しそうだけどめんどくさそうでもあるよなぁってこと。出会い→お互いの理解→あれやこれやも含むお互いの理解(具体的な中身は自己規制)→時に困難の波を乗り越えるってプロセスが、今思うとめんどくさいというか、ここまで来たものをもう1回って考えると、大変な労力を要するってのはわかる。

 さと曰く、結構簡単にやっていたように見えて、いろいろと考えて勉強して、実行していたことがたくさんあったんだそうだ。しかも、それを2回も。で、それをもう1回ってのは、無理だと。ちょっと斬新な解釈を得た気がしました。
posted by てつりん at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする