2016年11月02日

学校古典妖怪

 みっちゃんが不意に、音楽室のベートーベンの話をしてきました。まぁ、ありがちなやつですな。

【↓参考画像】
2016110201.jpeg

 そこからわたしの中では話がおかしな方向に派生していきます。例えば・・・。

 「夜中の音楽室に行くと、ベートーベンが弁当便になっている」
 「夜中の音楽室に行くと、ベートーベンのメガネが上下逆になっている」
 「夜中の音楽室に行くと、ハイドンのカツラがなくなっていることがある」
 「そういえば小学校には二宮金次郎の像があるよね? 実はあれ、動くことがあるんだよ」
 「オレの小学校にもあったけど、昼休みに動いたらしいぞ」
 「オレは見てないけど、みんな中庭に集まってきたなぁ」
 「で、そのままみんな二宮金次郎の像を見つめているから、掃除に行かなくて、で、途中で『二宮金次郎の像は動きません。早く掃除に行ってください(怒)』という放送が流れたんだ」
 「学校によっては、二宮金次郎が校庭を走ってたという話もあるなぁ」
 「そういうのを学校古典妖怪って言って、有名なのが音楽室のベートーベンとか、動く二宮金次郎とか。そうそう、トイレの花子さんってのも・・・」

 このへんで気づいた、さとの微妙な視線。みっちゃんと楽しく盛り上がっていたつもりだったけど、よく見るとなっちゃんが今にも泣きそうに。結局、「こわい〜」って、泣いてしまいました。

 ということで、学校古典妖怪7種類ってのを募集してみますか。とりあえず音楽室の話、二宮金次郎の話、トイレの花子さんあたりは鉄板じゃないのかなぁ。あとは理科室の人体模型とか、学校が建つ以前の話とか。わたしの小学校は男子トイレが墓場の跡で、女子トイレが牢屋の跡だったとか、いや逆だったとか言った話があった気がするなぁ。現代的なものだと、なにげにシャレにならないのが教頭先生はいつも学校にいらっしゃるから、住んでいるんじゃないかといった都市伝説のたぐいとか。というわけで、そのほかいろいろと、みっちゃんを楽しませるネタを募集します。
posted by てつりん at 22:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

反逆のロックか、生き様のロックか

 先日、ふと気になる記事を見つけました。「アデランスがなぜ凋落したか」というくだりの文章なんだけどね。長いので、一部抜粋ということで。

2016103101.jpg

 さて、結構小さい頃から文字というものに興味があったみっちゃん。先日も、さとが読んでいた新聞の折り込み広告に興味を示してきたそうです。で、笑顔の人の写真の横にある文章が気になったのだそうだ。よっぽどの笑顔だったんだろうね。というわけで、みっちゃんに解説を求められたさとの答えは、次のようなものでした。

 「髪の毛が生える薬を使ったところ、髪の毛が生えてきて嬉しいって言ってる」。

 ところがみっちゃんは、その解説に対して、こう言い放ったのでした。

 「何がうれしいのかちっともわからん」。

 上の引用のような世界を想定しているかのようなシチェーションでありながら、それを全力で裏切ってくれるみっちゃんの発言。宣伝企画室の課長のカツラも吹っ飛びかねない勢いですぜ。育毛剤で髪の毛が増えることなんてどうでもいいと言わんばかりのこの発言。なんてかっこいいんだ! ロックじゃない!? さすがオレの娘ってところなのですが、それは言いすぎでしょうか。ちなみにさっきの引用の続きには、次のような部分もあります。

2016103102.jpg

 確かにてつりん家の中においては、ハゲがかっこ悪いというプロパガンダは崩壊しております。ついでにいうと、わたしのライブ会場においても崩壊させています。笑いすぎて腹筋を崩壊させることとセットであることが多いですな。


 そういえば世間には、こういう名言を残しておられる方もいらっしゃいますね。実はわたしも、よく使わせていただいております。この名言に惚れるあまり、野球は阪神でも携帯はソフトバンクと決めております(笑)。

2016103103.jpg
 スクリーンショットの切り方に他意はないですよ(笑)。


2016103104.jpg
 さすがにこの言葉は知りませんでしたが、スクリーンショットの切り方に、他意はないんですって(笑)。


2016103105.jpg

 というわけで、さすがにこれほどの巨人に対抗するにはまだまだわたしも小物だとは思いますが、僭越ながら日本で二番目にかっこいいハゲを目指して生きていきたいと思います。そのための第一歩として、がんばって撮った筆者近影でも公開しておきます。
2016103106.jpg
posted by てつりん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

どこかで見たと思った

 きょうは、わたしが4月から働くことになる、新しい事業所との打ち合わせに行ってきました。まぁ、ここでそのことをとやかく言うのはやめます。あっ、別に新しい勤め先で、早速イヤなことがあったとか言うのではないですからねっ。

 で、午後は途中から休暇を取って、歯医者に行く予定でした。ついでに娘たちの歯に、虫歯予防のためのフッ素を塗る予約もしてあったので、保育園に迎えに行き、歯医者にも連れて行きました。先日見つかったわたしの虫歯もそんなに深刻なものではなく、この日1回で治療が完了しました。これで心おきなく、送別会でも歓迎会でもおもいっきり飲み食いできるというものです(笑)。

 さて、歯医者が終わった17時頃。娘を連れてマックに行きました。マックツイストっておいしいですよね。ポテトが食べたいという声を封殺して、3人でマックツイストを食べました。食べたんですがね・・・。
2016032502.jpg

 コーンについている、紙製の三角錐で折り紙をする、AB型のみっちゃんの図。マックシェイクを作ったのだそうだ。そして写真の左下に、無造作に丸められた三角錐は、B型のわたしの仕業。

 この図ってどこかで見たような気がするなぁと思ったら、まさにこれだよね!というものを見つけました(笑)。ちなみにうちは全血液型が出る家なのですが、A型のさとはその通りたたんでますね。そしてO型が今のところいません。よっしーは何型なんだろうか。
2016032501.jpeg
posted by てつりん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

まちがってました!

 みっちゃんが、「女の子の心をはぐくむ名作」という本を持ってきました。以前書いた通り、実はいただきものなのですが、漢字も文字も多く、長らく読み聞かせるにはまだ早かった感じでした。ようやく、そういうものを読んでもらおうというレベルに達したというわけです。

 で、今回所望されたのは、「ヘンゼルとグレーテル」。男女がいる挿し絵を指差しながら「どっちがヘンゼルで、どっちがグレーテル?」と聞くなっちゃん。「しばらく読んだらわかるんじゃない?」ってことで放置。「だいじょうぶだよグレーテル。ぼくについておいで」。・・・の一文で、わかったって。なかなかの読解力じゃない(笑)。

 さて、ヘンデルとグレーテルですがねぇ。ももたろうが「川から流れてきた桃から、産まれたももたろうが、鬼退治に出かけて無事勝利して帰ってきました。めでたしめでたし」って話だとすると、「ヘンデルとグレーテルが森をさまよっているうちにお菓子の家を発見し、おいしくいただきました。めでたしめでたし」って話なんだと思ってました。いや〜、全然違いましたね(爆)。もう、びっくりですよ。この話をさとにしたら、爆笑されました。

 ということで、せっかくだからクリスマスあたりになると売られる、おかしの家キットをイメージしながら、「お菓子の家に行ってみたい?」と聞いたところ、行きたくなさそうな雰囲気でした。え〜、楽しそうなのに。キットを作ったり、そもそも自作したりするようつべなどを見せて、ようやく怖いものではないと納得させました。でも、ヘンゼルとグレーデルの前に載っていた「青ひげ」。あとでこっそりと、ひとりで初めて読んだけど、正直娘たちにはトラウマ級の怖さのような気がするなぁ。どうなるんだか。
posted by てつりん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

このブログを読むと、死ぬ!!!

 物騒なタイトルでごめんなさいね(笑)。びびって前のページに戻ったりする必要もないですよ(笑)。

 先日、あるところで天満宮の話になりました。学問の神様である、菅原道真を祀っているんだと。まぁでも、学問の神様になる前は、宇多天皇の片腕ともいえる存在だったんだよな。唐に学ぶものはもうないから、遣唐使ももうやめましょうって言い出したのもこの頃の道真。ところが藤原時平に讒訴されちゃって、九州に流されちゃって、非業のうちに死んじゃう。

 そんな話をするうちに、「そうそう、関係者はみんな死んじゃったんだよね〜」という話に展開していきました。藤原時平が死んだ際は、まさに道真の呪いだとまことしやかに言われたらしいし。

 ところが、「関係者はみんな死んじゃったんだよね〜」の部分で、ふと思った。1100年くらい前の話なんだから、そりゃぁ関係者はみんな死んじゃってるわけだよ。関係者がまだ生きている方が、よっぽど怖い。

 「菅原道真流刑の関係者はみんな死んだ」というところから、「◯◯に関わるとそのうち(この部分がポイント!)みんな死ぬ」→「俺に関わるとみんな死ぬ」→「このブログを読むと、死ぬ!!!」という話の展開に(爆)。

 というわけで、このブログを読むとそのうち死にます(笑)。わたしに関わると死にます。わたしの顔を見たら、目が腐るわけではありませんが死にます。わたしの声を聞いたら、耳から膿に毒が回るわけではありませんが死にます。わたしのノートに名前を書かれたら、死にます。各種様々なバリエーションが考えられますな。

 ふぅ。こんなバカなこと書いてるから、友達が減るんですよ(爆)。最後にせめて、ちょっとはまともな方向にまとめると、”memento mori”ってことで。誰もがいつかは死ぬことを忘れるな(→だからこそ今を生きよう)という意味のラテン語らしいです。
posted by てつりん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

クルマを見られて

 きのうのことですが、実家の人たちと食事をしてきました。

 当然クルマで出かけたので、うちの新プレも見られることになります。その際の母の一言がなかなかぶっ飛んでいました。

 「次はこれを借りてきたの?」 いやいや、これは買ったんだって!

 確かに赤プレが壊れて以降、時に実家のアリオン、続いて販売担当者の赤いアクセラ、そして現行プレマシーの試乗車、最後はヴィッツと放浪生活を送りましたが、いつまで放浪生活なんだよ。

 で、ついでに思い出したのが、わたしのクルマを見た母の第一声コレクション。まずは赤いR33スカイライン(ある意味貴重な2L)に対して。

 「3ナンバーだと税金が高いんじゃない?」 2Lだと税金は、5ナンバーでも3ナンバーでも39500円です。

 続いて、つい最近まで乗っていた、赤プレを最初に見た時の一言。

 「葬式に行けないじゃない?」 ・・・何度も行くハメになりましたが、夜の赤って意外と目立ちませんでした。
posted by てつりん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

掛軸

 帰ってきたら、床に掛軸のチラシが落ちていました。大学ノートそのものに掛軸の写真を貼って、右下に手書きで価格や作者、連絡先などの情報を書き込んで、そのままコピーしたようなシロモノです。ちなみに14万円のところ、88000円でのご提供だそうです。

てつ「いいモノなのかもしれないけれど、ことごとくうちには似合わない掛軸だねぇ(「一期一会」とか、「◯(まるそのもの)」とかがお題だった)」
さと「しかも価格設定も、なんだかよくわからないし」
てつ「まぁ、あっちの言い値みたいな部分はあるわな」

てつ「・・・書いて欲しいんだったら、俺がどれだけでも書くぞ(笑)」
さと「そんなんだったら、自分で書いたほうがマシだし(笑)」

 というわけで、うちでも掛軸の販売に乗り出そうと思います。「財政規律」とか「夫婦円満」、「No Music No Life」、「痩せるこの夏!」などのお題をご用意しております。ご希望でしたらまだまだ未熟者ですが、娘たちの合作「み◯◯み」というものも提供できます。どうぞよろしく(笑)。
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

ライブのMCより

 おひさしぶりです。

 超多忙だったので書けるネタもなく、あってもあとでさかのぼり更新だと思っているうちに鮮度が落ちたり忘却の彼方だったり。

 そんなわけできょうは、指慣らし程度のことしか書きません。最近のライブ(※ここで最近よく使われる隠語)でのMCを紹介。

 「どうして歌唱の部分と関係なさそうな、わたしの話をとりとめもなくするのか。それは、わたしにとっては過去だけど、君たちにとっては未来かも知れないからだ」。

 自分で話してて自分で気に入って。なんだかおかしい感じだけど、なかなか自分では満足できるパフォーマンスに達しない者としては、かなりのお客さんを満足させられてもさらなる高みを目指して完璧を狙いたい者としては、ちょっと嬉しいんです。
posted by てつりん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

生徒指導

 面識のある方はご存知かと思いますが、さとは基本的に髪が短いです。わたしと知り合う前は、腰くらいまで伸ばしてたらしいですが。

 そんなさとに、みっちゃんがこう言ったのだとか。
みっ「ママもかみのけきったほうがいいとおもうよ〜。だってながいし〜。◯◯ちゃんもみじかいよ〜」
さと「△△ちゃん(保育園の友達)は、長いじゃない」
みっ「△△ちゃんは、しばってるからいいの〜」
さと「××ちゃんも、長いじゃない」
みっ「××ちゃんは、しばろうとしているからいいの〜」

 なんか、生徒指導みたいなんですけど。ちなみに今の長さは肩にかかるかどうかよりも短く、結べと言われてもかろうじてできるかどうかの長さしかありません。
posted by てつりん at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

くだらないのできょうは無題

 苗場で買ってきたものはいろいろありますが、なかにコーヒーの酒というものがあります。「ゆきくら 珈琲酒」とでも検索すれば、情報は得られると思います。

 若干コーヒー味が薄い気がしますが、牛乳と割って飲んだりすると、酔えるライトな感じのカフェオレみたいでなかなかうまいです。カルアとも、また違った味わいで、これはこれでうまいなと。ただ、アルコール度数14度と日本酒並みなのに、アイスコーヒーかカフェオレのように飲めてしまうのもある意味危険。結構酔ってしまいました。しかもなぜかお腹が挙動不審になって急降下状態に。コーヒーなんとかってのは、わたしにとってお腹が緩くなったりする鬼門なんだろうか(爆)。

 と、ここまでがきのうの話。きょうの朝食の時間に話は飛びます。


【おならの音】

 なっちゃんはまだまだちびっこなので、椅子の下に古新聞を敷いて、食事でこぼしたものは古新聞ごとまるめて捨てています。この古新聞に、読んだはずなのにたまに気になる記事があって、読んだりするんですね。で、食べた後になっちゃんの後ろでカラダを横に倒して古新聞を読んでいると、前の日の挙動不審なお腹が帰ってきたのか、やたらとおならが出ました。ぷ〜、ぷ〜って、何回も。

 すると、食事中のなっちゃんも口でぷ〜、ぷ〜と。まねまね姉妹なので、みっちゃんもそれを見てぷ〜、ぷ〜と。大変申し訳ありません。みっちゃんのしたことを、なっちゃんが真似するってパターンも多いんだけどね。


【安いおひなさま】

 こどもちゃれんじもみっちゃんくらいの年代になってくると、結構内容が高度になってきます。ひらがなの読み(本人やなっちゃん、保育園のお友達など、身近な人物の頭文字くらいまでは読める)とか、はさみやのりを使うとか。

 で、とあるページには、ひな人形を飾ろうというのがありました。しまじろうの妹のはなちゃんのものなのですが、五人囃子まで揃っている一般的な段飾りです。三人官女とお内裏さま、お雛様、ぼんぼりを、まだ直線だけですがはさみで切って、のりで貼っていきます。

てつ「これは三人官女って言うよ〜。ほら、1、2、3。3人いるでしょう?」
  「これは五人囃子。1、2、3、4、5。5人いるでしょう?」
  「ちなみにこれは安いおひなさま(コラ)だから、こんなにたくさんいるんだよ〜」
  「ほら、うちのは、ふたりしかいないでしょ〜(笑)?」

 ちなみにうちのおひなさまは、こんな感じです。きちんとした段飾りを飾っているご家庭の皆様、安いおひなさまだなんて言ってごめんなさい。
posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

不審者情報

 2月も終盤。季節の変わり目だからでしょうか。下半身を露出する不審者が出ているという話を聞きました。この季節だったら全裸の上にロングコートでも、違和感ないしね(コラ)。

 さととそんな不審者の話をしているうちに、そういうの見たことある?って聞いたところ、何度か見たことがあるそうです。やっぱ男だとなかなかそういう場面にご縁がないので、ちょっと興味あるんだよね。どの面下げて、粗品を披露しているのだろうかとか。凝視したらどうなるんだろうかとか。

 ああいうのは爆音立てて走っているようなおかしなバイクみたいなもので、注目されたり驚かれたりすることで快感を得ているんだと思う。そういう意味ではより効果が高そうな、「ちっちゃ〜い」とか、「おとうさんの方がすごいし〜(爆)」とか言ったりしないような、さとのようなおとなしくて内気そう(当時)な子が狙われたりするんだろうか。そんなことを言っているうちに、話は意外な展開へ。

さと「見たか見なかったかという感じで、何事もなくすれ違った。」
  「やっぱりね、肌色のモノを見たところで、別に驚かないんだよね〜」
  「それこそ蛍光色で塗ってあるとかじゃないと(笑)」
てつ「キングギドラみたいに、先っぽが3つに割れてるとかね(爆笑)」

 実にくだらない会話をしています。しかも、まだわからないと思って、娘の前で。

 そうこうしているうちにみっちゃんが、「なんのはなししとるん〜?」と絡んできました。楽しそうに見えたのでしょう。ちょっと大人の会話でしたね。それともいい大人は、こんな話しないのか。
posted by てつりん at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

くだらない笑いを探して

 豪華じゃないけど、2本立てです。 


【ちょっちょれー】

 NHKの「英語であそぼ」のオープニング曲を、さとが歌いはじめました。♪ABCDEFG・・ってやつですな。アレンジが結構かっこよくて、アップテンポなのですが、「あっぽー、なんとかー、ちょっちょれー」って歌ったのがわたしのツボに入って爆笑。なんだよ、ちょっちょれーって。

 ちなみに、「apple banana chocolate」でした。絶対、チョコレートだとは思ってないで、「ちょっちょれー」って言ってるな。


【カーヴィーダンス】

 以前話題に出てきたカーヴィーダンス。さとの腹がたるんできたのと、わたしが痩せようと思っているのもあって、やってみるか?という話になりました。

 とりあえず書斎のMacを使って、DVDを再生します。それにあわせてカーヴィーダンスを踊るわたし。うん、確かに体幹にきそうな感じはする。ところが横で爆笑するさと。何がそんなにおかしいのか。失礼な。iPhoneを取り出して、動画の撮影までし始めた。撮影しながら、笑いで腹がよじれて体幹に効きそうな勢いで爆笑している。

 何がおかしいのかさっぱりわかりませんでしたが、そんな爆笑動画は、顔が出ているので公開の予定はありません。あしからず。
posted by てつりん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

一生いいです

 ここ10日ほど、うちでは誰か1人を除いて全員が病院にかかっているという状態になっています。

 ほとんどが風邪。わたしも先週、人生初の耳鼻科に行きまして、ある程度はよくなったけどいまだにスッキリしない。みっちゃんとなっちゃんは交互に、または同時に、風邪を引いて鼻水大放出だし。昨日からみっちゃんは調子が悪く、きょうは保育園をお休みしてしまいました。結局、ただの風邪だったそうで、今のところ中耳炎に発展せず一安心。なぜかさとだけは風邪を引かなかったのに、ついに引いてしまって金曜日に耳鼻科に行ってたし。

 で、さととみっちゃんは、きょうは病院巡りの1日だったらしい。まずはみっちゃんの耳鼻科。続いて出産した近所の総合病院。そして歯医者。歯医者でみっちゃんにフッ素を塗ってもらったらしい。ん?なんだか腑に落ちないんだけど、総合病院には誰のなんの用で行ったんだ???

 さとの用だったらしいです。なんでも長い間治療中(ここでは詳細は秘密)のものがあって、妊娠と授乳期は徹底的な治療ができなかったのだとか。担当医師が女性なので、「(クスリの関係で)当分子どもは作れなくなるけどいいんですか?」と聞かれたけど、「いや、もう一生いいです」と答えたとか。作る余力はあっても、産む余力もあると思うけど、育てる余力がないよなぁ。
posted by てつりん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

耳鼻科にて

 耳鼻科は娘が世話になっており、みっちゃんはほぼ毎月中耳炎になっているのでよく行きます。それでもこれまでのわたしの人生で、耳鼻科にかかったことはなかったのですが、いつまでも風邪が治らないので行ってしまいました。結果は風邪もあるけど、アレルギー性鼻炎でもあるんだと。アレルギーなんて、納豆アレルギーくらいしかないんだけどなぁ(単に納豆が嫌いなだけ)。

 そんな耳鼻科でのみっちゃんネタ。なんと待合室でおしり丸出し事件というのが先日あったようです。クレヨンしんちゃんじゃないんだから。そもそもうちでは見てないし。ちなみに待合室はカタカナのコの字のようになっており、ほかの待ってる人がいる向こう側におしりを向けていたらしいので、もうお嫁には行けないな。いや、今頃おしりの1回も見せないでお嫁に行くということはあり得ないだろう(爆)。ここぞという時には、おしりくらい見せますよね(コラ)。

 続いて、きのう。珍しくみっちゃんがウルトラマンの絵本を見ていました。ウルトラファミリー勢ぞろいの写真を見て、「これ、みっちゃん」。「これママ〜」。「これパパ〜」とか、指差ししながら言ってました。そうするうちに何を思ったのか、「これ、(正面にいる)メガネのひと〜」。

 なんと無礼な。メガネのひとには聞こえないくらいの小声だったのが救いか。そのうち「これ、あのデブのひと〜」とか言わないか心配です。なお、この話はさとから聞いたので、誰がどのウルトラマンかは不明です。
posted by てつりん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

出世欲はないけれど

 5時台から起きて、休日出勤でした。

 拘束時間は12時間以上。これだけ休みをつぶして働いて、もらえるのはCDアルバム1枚にもならない金額。別途、交通費というのかバイト代というのか、1000円。あと、昼食支給。

 そんな知られざるブラック企業の現実に、誰かメスを入れてください。いや、今回のテーマはそこじゃない。

 休日で誰もいない会社にふらりと立ち寄りました。ちょうど入れ違いで出て行く人が最後だというので、こっちも余計なことはしないでさっさと帰ろうと思ってました。どっかの窓が開いてるとか、鍵がかかってないとか、面倒なものを見つけて巻き込まれたくはないのでね。

 ところが・・・。誰もいないはずの会社の電気がついている。見つけたからには放置できないじゃないの。実は見なかったふりして帰ろうかとかなり悩んだのですが、その悩んでいる間に誰もいないはずの会社の電気(しかも別の場所)がともる。・・・誰かいる!?

 放置するのも面倒なので、いっそひと思いにけりをつけようと鍵を開けて入ります。で、途中ともった電気を消す。誰の声も聞こえない。オフィスの中枢に向かうも、内部に電気がついているのに誰もいなくて鍵がかかっている。わけのわからない状態です。誰もいない夜のオフィスって不気味なんですけど、しばらく探索するうちに、施錠はされているけど機械警備がかかっていないことに気がつきました。本来は施錠され、かつ機械警備がかかっています。

 そこで施錠されたオフィスの中枢に、鍵を開けて潜入し、電気を消して、施錠して、そして機械警備をかけて帰ろうと思いました。ところが機械警備の鍵がない。ちなみにうちの会社、機械警備をかけずに放置して帰ると、警備会社から電話がかかってきます。「ホントに皆さん、もうお帰りですか?」ってね。困ったので、副支社長に電話しました。「誰もいないんだけど、機械警備をかけずに放置されてました。でも、機械警備をかける鍵が見当たりません」って。

 結局、その電話が事実上の呼び出しになったみたいで、副支社長が会社に来ることになったみたいです。わたし?到着前に元通り電気を消して、機械警備をかけずに施錠して帰りましたが何か(爆)?


 この話を帰ってからさとにしたところが本題。えぇ、前振りが長かったですね。さとの反応は、「(休日の夜にそんなふうに呼び出されるんだったら)ずっとヒラの方がいいんじゃない?」と。

 まぁ、出世したいわけでもないしね。副支社長になったら、ロードスターに乗りたいとは思っているけれど、副支社長になることが目的ではなくてロードスターに乗ることが目的だ(笑)。
posted by てつりん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

定番?

 みっちゃんが保育園で絵本を借りてきました。まぁ、いつものことです。

 要求に応じて随時読むほかに、風呂上がりの寝る前に絵本を読むという習慣をつけていますが、きょう借りてきた絵本の表紙の裏は、こんな感じでした。
2011101901.jpg

 で、左下の食材を見て、「とうもころし〜」と言った。続けて、「これ〜、こないだ〜、ほいくえんでたべた〜」と。念のためにもう1回、左下の食材を何というのか聞いてみたら、「とうもころし」だって。

 とうもころしで知られる某有名アニメを見せたことはあったかなぁ。あった気もするけど1〜2回、断片的であって、とうもころしを覚えるほど見せてはいないはず。定番の言い間違いなのかねぇ。家庭でアニメに染まっていると思われるのも心外なので、きっちり指導して、直させました。
posted by てつりん at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

なかにあるもの

 みっちゃん曰く、彼女のおっぱいの中には、ピンクと青のカブトムシの赤ちゃんが入っているのだそうです。

 なんだかシュールで笑えます。本人は何を言ったかもはや覚えてないでしょうけど。

 今後のみっちゃんの迷言の数々に期待ってことで。きょうはジャブ程度なのかもね。
posted by てつりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

下着のランクアップ

 みっちゃんがパンツをはくようになり、たまに朝まで持ちこたえられずに出ちゃったりすることもありますが、日中は失敗もほとんどなくがんばっています。

 こういう時には達成感や自己満足感を持てるようにし、さらにはおむつよりもパンツの方がランクアップしてステキなことなんだという意識を持たせることが重要になってきます。

 そこでさとはみっちゃんに対して、「おねぇさんパンツ」と呼んでランクアップ感を演出していました。それに対応する形で、わたしは従来のおむつを「ちびっ子パンツ」と呼んで区別していました。

 さて、ちびっ子パンツ(いわゆるおむつ)→おねぇさんパンツ(ちびっ子のはく普通のパンツ)と進化した先は、どうなるのでしょう? わたしはこう呼んでみることにしました。

勝負パンツ(笑)


 いや、これしかないでしょう。ちびっ子パンツ→おねぇさんパンツ→勝負パンツ。その次は、ババシャツならぬババパンツでしょうか(爆)。最後は介護の現場で使われたりする商品名ア○ントに代表される、何パンツだろう・・・? いい名前が浮かばないのでこれにて終了。
posted by てつりん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

下ネタ一直線!

 タイトルがまずいかなぁ。ゴミがつきそうな感じで。あまりにゴミがつくようなら、タイトルは変えるかも知れません。

 さて、最近みっちゃんが絶好調です。今思うと先日の「(なっちゃんは)だれがつくった〜ん?」発言は、その序章だったのかも知れません。

 まずきのう。さとの証言によると、「ち○ちんあったー」だって。ないと思うんだけどなぁ。ち○ちん、うちには1本しかないと思うんだけどなぁ(殴打)。そもそもそんな名詞、教えてもいないし使ってもいないんだけど。

 続いてなっちゃんのおむつ替えを見て、「納豆あったー!」 この、マメがあったという部分で、さと的にかなりウケたのだとか。個人的にはそれでマメを思うさとの反応にもウケますが。

 まだまだ続いてきょうのこと。股間のボタンが取れたパジャマを着たわたし。開いているところを見て、「ここにぽけっとある〜」。いや、これはポケットじゃないよと説明したのだが、みっちゃんの質問はその斜め上を行ってたな。

 
「ここに、なにはいっとるん〜?」


 わたしも妙に冷静に、「大事なものが入ってるんだよ」と返しておきました。「みっちゃんにはまだ、わからないかも知れないなぁ。でも、大人になったらわかると思うよ」と、聞かれてもいないのに余計な解説を。

 ・・・なんとなく娘に下品だと嫌われるのも、時間の問題のような気がしてきました。。。
posted by てつりん at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

誰が作るのか

 朝食時。「これ、だれつくった〜ん?」と聞くみっちゃん。

 ちなみに、「これ」が指さす先にはなっちゃんが。なかなか朝っぱらから、答えに窮することを聞いてくれます。

 さとは実に冷静に、「これはママが作ったんだよ」と答えていたけれど、こっちはこっちで、果たしてさと単独で作れるものなのだろうかと妙に冷静に考えてみた。

 「一緒に作ったんだよ」。う〜ん、きっとそうなんだけど、なんかしっくりこない答えだなぁ。男目線だからかも知れないが、6〜7割くらいは男の行為によって作られる気がするし(爆)。まぁ、いわゆる肉食な女性が相手なら、そこの割合は低下していくのかも知れないが。

 書けば書くほど、みっちゃんの話ではなくて、わたしの自爆トークみたいになっていくので、きょうはこのへんで。
posted by てつりん at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする