2011年07月06日

誰が作るのか

 朝食時。「これ、だれつくった〜ん?」と聞くみっちゃん。

 ちなみに、「これ」が指さす先にはなっちゃんが。なかなか朝っぱらから、答えに窮することを聞いてくれます。

 さとは実に冷静に、「これはママが作ったんだよ」と答えていたけれど、こっちはこっちで、果たしてさと単独で作れるものなのだろうかと妙に冷静に考えてみた。

 「一緒に作ったんだよ」。う〜ん、きっとそうなんだけど、なんかしっくりこない答えだなぁ。男目線だからかも知れないが、6〜7割くらいは男の行為によって作られる気がするし(爆)。まぁ、いわゆる肉食な女性が相手なら、そこの割合は低下していくのかも知れないが。

 書けば書くほど、みっちゃんの話ではなくて、わたしの自爆トークみたいになっていくので、きょうはこのへんで。
posted by てつりん at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

外人が中耳炎

 みっちゃんは持病のように中耳炎を発症します。うちじゃ、「中耳炎○月場所」なんて言葉もあるくらいです。

 さとは小さい頃耳が弱くて、よく中耳炎になったらしいですが、わたしは耳鼻科って何?というくらい、みっちゃんを連れて行く以外にかかったことがないです。

 で、朝「みみいたい」と言っていたみっちゃん。熱が出てきてあと数十分でさとのお迎えというところで保育園を早退させられ、いつもの耳鼻科に行ったところ今回は外耳炎だったのだとか。

 それを夕飯時に、わたしに説明するさと。さとが言うには、「外人が中耳炎になっていく」んだと。

 「じゃぁみっちゃんは東洋人だから、だいじょうぶだね」と返すわたし。

 えぇ、ちっとも会話がかみあいませんな。さとは「外耳炎が中耳炎にもなる」みたいなことを言っていたのでした。今さら外人なんて言葉、使わないよねぇ。
posted by てつりん at 22:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

○MAPの5人

 表題の5人。名前、出てきますか?

 会社で自分のことを紹介する際に、「○MAPのやすいです」と自己紹介している人がいまして。いや、メンバーにやすいっていないだろうと思いながらも、妙にしっくり来る。そっか、中居くんがいるからかと納得(笑)。その人、50過ぎてるんですけどね。

 で、そこから話は○MAPのメンバーの話になりまして。中居くん、木村くん、草gくん・・・。あれ? 5人出てこないぞと。50過ぎてる人と、30をだいぶ過ぎてる人が顔をつきあわせても5人出てこない。その挙げ句、森くんとか出てくるし(笑)。メンバーだけど、5人ではないよな。熱いファンが聞いたら、刺されそうな話で申し訳ないのですが。

 それからしばらくしても、やっぱり5人全員出てこない。老化かなぁ。その後「結局考えても、5人出てきませんでした(笑)」とやすいさんに報告しましたが、その方も出てこないみたいで。そこに通りがかった、20前後の今年の新入社員。きっと知っているに違いない。えぇ、当然のごとく知ってました。老化の入った頭とは違うねぇ。

 ちなみに50過ぎと30過ぎがふたりで頭を絞って、最後まで出てこなかったのが稲垣くんでした。ファンの皆様、ごめんなさい。
posted by てつりん at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

かじった言語

 先日フランス語をかじっていた、いやなめていたという話をしたので、その続編でも。

 さとはドイツ語をかじっていたらしいです。そこで聞いてみました。

てつ「ドイツ語の1,2,3って、なんて言うの?(いやらしいことに、知ってて聞いている)」
さと「・・・わからない。もう忘れた」
てつ「アインツ、ツヴァイ、ドライじゃないの?」
さと「そうだっけ?」←そうです!
てつ「ちなみに、フランス語だと? 当然、知ってるよね?」
さと「(即答で)アン、ドゥー、トロワ(笑)」
てつ「・・・やっぱりね(笑)」

 要は、さとは、バレエのマンガの読み過ぎだと言うことです。習ったドイツ語は忘れても、マンガで覚えたフランス語は忘れないという(笑)。

 ちなみに習ってもいないドイツ語の1〜3まで、何でわたしが知っているかというと、応援団で覚えたから。ちょっと懐かしい思い出でした。4以降は知りません。
posted by てつりん at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

二次方程式の解の公式

 なぜかそんな話題になりました。アカデミックな(?)家だと思います。

 発端は新聞に掲載された公立高校入試問題。「これは因数分解じゃ解けないな」というさとに対して、わたしが「二次方程式の解の公式ってあったじゃない?」という展開に。2a分のb2乗±√4acじゃなかったかと、あやしい解の公式に基づいて計算するも模範解答とは別の答えに。それっぽいけど、記憶は正しい解の公式とは別物になっていました。

 ここから「Dで始まる判別式ってあったよねぇ」と話が展開。解がいくつあるかを判別するもので、高校の数学でやったじゃない?と理系のさとに聞くも記憶の彼方なのか、それともホントに習ってないのか。「理学部を出てるんでしょう?なんで知らないの〜?」といじるも、どうもホントに知らないらしい。個人的にはそんなバカなって思うけれど、どうなんだろう?

 結局、指定校推薦であっさり大学合格を勝ち取ったような頭のゆとってる人間と、落ちたとはいえ国公立の後期試験までがんばった人とは頭の中身が違うんだといういわれのない批判に(爆)。それに対して「高校受験を終えたときから大学は推薦で入ると心に決めていた」、「3年間それでがんばった人間と、最後の半年くらいだけがんばった人間を一緒にしないで欲しい」と対決モードに。ううむ、確かにさとの着実な努力は認めざるを得ないな。

 で、さらに話は効率よく生きるさとの一発命中人生について話が飛ぶんだけど、それは次の機会にでも。
posted by てつりん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

ジブリの新作(案)

 10年も一緒に住んでいると、何かを考えていることくらいはわかるようになるようです。

 薄ら笑いを浮かべていたと思うんです。その状態で、さとの横で手を洗っていると、「何を考えてるの?」と聞かれました。こう言われるときには間違いなく、くだらないことを考えています。

 何を考えていたのか。「崖の上のポニョ」、「借りぐらしのアリエッティ」、ディズニーだけど「塔の上のラプンツェル」みたいな感じで、「○○の××の△▲△▲」みたいなタイトルのアニメ映画が多いじゃない。きっとこういうのが受けるんだよ。そこで次のジブリの新作は、これで決まりだろうと。そんなことを考えながら、あまりのくだらなさにひとりで薄ら笑いを浮かべてました。そのタイトルとは、

「坂の上の田村麻呂」


 口に出してみることでジブリ風のタイトル度がさらにアップ。もちろん内容はスケール壮大な歴史ロマン(笑)。「蝦夷を討伐せよ!」 「俺たちの土地は、誰にも侵させない!!」 両軍の激突。そしてアテルイとの友情(?)。

 ちなみに次作は「ココリコ村から」ってタイトルなんだってね。これを知って真っ先に思い浮かんだのが、中島みゆきの「杏村から」でした。ん〜、よく調べてみたら、「コクリコ坂から」だったか。
posted by てつりん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

血は受け継がれる

 さととみっちゃんが床に、仰向けに倒れていました。さとがみっちゃんの脚を持って、押したり引いたりして、つまり床の上を滑らせて遊んでいたのです。ちびっ子って、ホントこういう手荒な扱いを好むよね。

 で、そこに通りがかったわたし。床に寝たまま、何かを求めるようにわたしの顔を見るので、何かが降りてきてしまったのでしょう。和式便器にまたがるように、みっちゃんの顔に座り込むようにして、「ぶっ!(効果音のみで中身や気体は出ていません)」とやって差し上げました。

 みっちゃん大爆笑。大ウケ。ちびっ子って、ホントこういう下品な笑いを好むよね。そこで調子に乗って、さらに「ぶっ!」。3発くらい喰らわせたでしょうか。さすがになんだか申し訳なくなってきたのでやめましたが。

 するとそのあと、さっそくみっちゃんがさとに、同じように「ぶっ!」と。おかしなことを教えて、たいへん申し訳ないです(汗)。さとには、やってることがわたしの父と大差ないと言われてしまったし。保育園で、ほかの子にやらなければいいんだけど。
posted by てつりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

3Dテレビへの期待

 3Dテレビに興味はおありですか? すいません、個人的には地デジと並んでどうでもいいものだったりします。だって既存のテレビでいいじゃん。何を3Dで見たい? 映画も同様だな。

 3Dテレビを見たことのない現段階であれこれ言うのも微妙かも知れないが、現行のテレビでも遠近法により奥行きはわかるわけだよ。古代エジプトの絵みたいに、縦と横の2次元しかわからないような映像ではない。テレビの出演者が太っているのかやせているのかくらいわかる。迫力の映像とか言うけど、スポーツなど実際に見ることのできるものであるならば、ナマで見るライブ感にかなうものはないはず。

 でもねぇ、ふと思った。エッチなビデオが3D映像だったら、おもしろいだろうなって(爆)。出るところがボン!ボン!って、画面から飛び出して見えたら、さぞかし迫力もあるだろう。見たくても、なかなか実際にお目にかかれるものでもないだろうから、映像で見たいニーズはあるはずだ。問題は3D撮影されたエッチなビデオだと、制作費が高騰して何かと大変そうなことかな。

 この話をさとに振ってみた。当然、無反応。バカが何か言ってるよといった感じだった。で、みっちゃんを耳鼻科に連れて行ったら駐車場が満員御礼だったので、時間つぶしに立ち寄った実家で父に同じ話を振ってみた。父もあんまりいい反応をしなかったな。3Dに興味のおありの方は、3Dで何を見たいですか?
posted by てつりん at 22:41| Comment(9) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

痛そう・・・

 下痢で早退してきたみっちゃん。その前に買い物も済ませ、数日の籠城にも耐えられるようにしたつもりだった。ところが、今朝もなかったわたしの朝食のパンを買い忘れたりしたこともあり、近所で引退後の暇をもてあます父を動員することに。しばらくみっちゃんを見てもらう間に、保育園で連絡帳を回収(急な早退でもらえなかった)→朝食のパンのほか、さとの指令に従い買い物→さとの見舞いと考えていた。

 ところが自宅にやってきた父。口から?鼻から?血を流している。聞くところによると珍しく自転車で行こうとして、自慢の片山右京限定モデル折りたたみ自転車だったかな、それのハンドルの取り付けの悪いまま発車して自宅前で前のめりに転倒。顔から地面に着地して、くちびるを切って歯も折ったそう。それでもうちに現れるなんて、孫への愛、恐るべし!?

 結局わたしの強い薦めもあって、みっちゃんを見てもらって用済みになってから、さとも入院する近所の病院に行ってもらいました。そういえばわたしも幼少の頃、近所のおにいさんだったかの大きめの自転車に乗って、足が着かずに坂道を駆け下りて転倒して顔から地面に着地。顔の半分をかさぶたにしたことがあったなぁ。きっと血筋が悪いんだ。今からみっちゃんが心配です。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

捨てられたビー玉

 先日もらったラムネを飲みました。

 ビー玉が取れたので、きれいに洗ってみっちゃんにあげようと思いました。

 そこからわかった衝撃的な事実が!

 さとが変にビー玉を目の敵にしていました。「みっちゃんにあげなくていい!」とか、「捨てなさい」とか。聞くと幼少の頃、鼻の穴にビー玉をつっこんで取れなくなったことがあるのだそうです。病院送りになったかどうかは、記憶にないそうです。それ以来、ビー玉はトラウマなんだそうです。いや〜、知らなかった。

 もうねぇ、笑いが止まりませんよ。1週間くらい、このネタで笑えますね。だってクールビューティー(わたしの勝手なイメージ)さとが、地元のスーパーモデル(わたしの勝手なイメージ)さとが、いくら幼少とはいえビー玉を鼻の穴にですよ。普通、入らないよねぇ(爆笑)。

 結局さとの命令により、ビー玉は生ゴミと一緒に捨てられました(えっ!?)。
posted by てつりん at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

ウソを教える

 実家にみっちゃんを連れて行ってきました。祖父(わたしの実父)も、さぞかしみっちゃんに会いたかろう。さとがなにかと邪険に扱うので(笑)、来にくかったりするだろうし。

 実家の隣の奥さんにはにこやかに「こんちわ」というみっちゃん。さすが外面はいい。でも祖父にはあいさつをしない。結局1時間半くらいいたけど、だっこされるチャンスもあってじじはたぶん大満足。「ぶっ」とか言いながら、女の子の大事なところに指をさしたりしてたけど。しかも、何度も(泣)。

 ところでみっちゃんに、自分(みっちゃんの祖父でわたしの実父)のことをこう教えていた。

「あんちゃん」


 いや、ウソを教えるのはやめてください。しかも聞くと、妹の子2人には、ちゃんとじじとか教えているって言うじゃない。
posted by てつりん at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

近所の

てつ「近所にできた、餃子の王将に行きたい」
てつ「・・・まぁ王将って、どこも味は似たようなものだろうけど」

 うちの近所に餃子の王将ができました。定期的に行っている、大昔バイトでお世話になった経営者の店よりも近い。まぁ歩いていくのはちょっと遠いかなって距離だけど、近いのはそれで便利なこと。

 これに触発されたか、さとも迷走トークを。

さと「すき屋も近所にできたんだって〜。行きた〜い」
てつ「えっ? もっと近所にもあるでしょう!?」

 若干遠くても、新しいすき屋に行きたいらしい。王将ならまだしも、すき屋なんてセントラルキッチンでしょうから、どこで食べても確実に味は同じはずなのに。
posted by てつりん at 22:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

出世欲

 先日母に、ある事情について相談した時の一言。

 「あんた、出世する気あったの?」

 確かに父は最後までヒラでしたけど。わたしも出世した人のマネジメント的な仕事に興味はあるけど、それと出世欲は別かなと。そもそも業界歴は長いとはいえ、昨年度入社の新入社員みたいなものですけど。出世の話なんて、まだまだ先ですよ。

 しかしそこまで面と向かってきっぱりと、そんなことを聞かれるとは思わなかったなぁ。ちなみにさとにその話をしたら、「まぁ出世欲はなさそうだよね」と。

 どうせ出世するなら中型免許使いではなくて、大型免許とか中型特殊、大型特殊使いとして出世したいです。まぁ出世欲は、まだないんですけど。
posted by てつりん at 00:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

オープンです

さと「近所のインター、明日オープンだって」。

てつ「(爆笑)オープンって、なんか店屋みたいなんだけど」。

 花でも飾られるのか? いつもより「インターの」店員が多いのか!? 新台でも入るのか? きれいどころのおねーさんが案内してくれちゃったりする? 「インターの」オープン風景を、妄想混じりで勝手に想像すると結構笑える。結局、さとのボキャブラリーの貧困さをいくつか見せつけた挙げ句、

さと「供用開始だ」。

 変に表現が硬い。花も店員のおねーさんも、一気に興ざめである。

 素直に「通れるようになるって」とか、言えばいいのにねぇ。
posted by てつりん at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

田舎者

 未確定要素を多く含みますが、東京に行くことになりました。精神的、肉体的に不調のなか、期待に胸をふくらませるあまり、調子に乗ったことを言ってしまいます。

てつ「こういうことを言うと田舎者っぽいけど、同行者のうち自分だけアイカ持ってて、タッチ・アンド・ゴーを決めるとかっこいいよね♪」

さと「えっ!? (その後大爆笑)」

 えぇ、言ってることが完全に田舎者ですよ。タッチできるけど、ゴーは無理だろうな。

 なおわたし、Suicaもちゃんと持ってますので。
posted by てつりん at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 迷将言行録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする