2019年07月22日

もう僕はあの頃の君を知らない

 なんかのラノベみたいなタイトルですいません(爆)。

 先日、とある宴席に顔を出してきました。まぁ毎年この時期の恒例ではあるんだけど、詳細についてはパスで。

 毎年の恒例なので、毎年この席で顔をあわせる人もいれば、そもそもこの席にいらっしゃるのが、年代的なものもあって初めてという人もいる。で、実は最初の段階で、以前一緒に仕事をしたことがある方も来ていることに気づいていました。以前といっても、もう10年以上も前のことになるかなぁ。

 開始早々の賑やかさも一段落して、ひとりで食べているタイミングを見計らってその人に近づきます。おひさしぶりです、以前、別の会社でご一緒してましたよねと。まぁそれ以前に、そもそもこの席でお会いするということは、別のところでもつながりがあったわけなんだけどね。するとその人からは、途中まではまぁ予想通りだったとはいえ、途中からは予想の斜め上を行くような話をしてきました。

 わたしと一緒にいたという会社では、75まで働いたと。ということは、5年くらい前まで現役バリバリだったわけだ。すごいなぁ、正直わたしは、あの会社であの勤務形態で、75までだなんてまったく自身がないぞ。実際にはやれると思うけど(爆)。だけど申し訳ないことに、あなたのことはちっとも覚えていないと。う〜ん、1年間だけとはいえ、一緒に仕事をしてたのになぁ。その人は続けて、こういう話をしてきました。

 この仕事は恐ろしい仕事ですよ。あなたがこうして昔お世話になりましたったって話しかけてくるように、いろんな人が私のことを覚えてくれている。でもね、僕自身は誰のことも覚えていないんだよ。それって申し訳なくて、そして恐ろしいことだなぁって思うんだよ。

 う〜ん、今もその「恐ろしい仕事」というものをしているわたし自身が振り返って考えてみると、確かにお客さんのことを覚えているけれど覚えていなかったりもする。75まで働いたならばあまりにもお客さんの数が多すぎて、誰のことも思い出せないって境地に至ってしまうのかもしれないなぁ。

 それでもわたしはたぶん、誰も思い出せないことを申し訳ないとは思うだろうけど、事実思い出せなくて申し訳ないと思ったことは何度でもあるけど、だからって恐ろしい仕事だとは思わないかなぁ。思い出せなくて、笑って許してもらっていたとか笑ってやり過ごしたとか、無理やり記憶の引き出しを開けてもらったりしたことも何度かあったけれど。例えるならば自分自身は誰に何をしたかすっかり忘れてしまっていたとしても、そのしたことや共に過ごした日々は相手に何かしらの形で残って、今の相手のどこかの血や肉にはなっている。

 だからわたしは何も覚えていなかったとしても、相手のことはわたしを覚えている。なんだか申し訳ない気もするけれど、それって誰がしたかは誰も覚えていないけれど、それをしたことは確かに記憶や記録として残っていくってことにも通じる気がして悪い気はしない。

 ユーミンは自身の作った歌だということがやがては忘れられて、いつか詠み人知らずの世界になっても残っていくことが夢だって話を聞いたことがあるけれど、それにも通じる気がしてなんだか悪い気がしない。もしかしたらまだわたしは、この仕事の奥深さをそこまで知らず、恐ろしさもわからないでいるのかもしれないな。ツラの皮が厚いってことなのでしょう。
posted by てつりん at 23:13| Comment(2) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

ありがた迷惑な5年

 先日、ふとしたきっかけで気づいてしまいました。なんとわたし、今年が免許更新でした。平成31年まで有効って書いてあったからねぇ。そういえば職場の同僚は平成最末期に更新したので、平成35年まで有効というかなりレアな免許を持っています。そういえば父は、現行のカードサイズになる直前に5年モノになる更新をしたので、「こんなでかい免許ってあったっけ?」と思われる頃まで旧サイズのものを持ってたなぁ。

 さて免許更新なのですがね。わたしのところにも免許更新の案内が届きました。昨年やらかしてしまったので、ゴールドではなくなるのだろうか。ということは、その次の更新は3年後? もしくは、一番低いランクのやらかし具合だったから、コールド免許に免じて不問になるとか?

 ハラハラドキドキしながら、ちょっとだけ楽しみにしながら開けてみたところ、5年間有効の、青でした・・・。そんなのいっそ、3年間有効でもよかったのに。ゴールド免許が復活する頃には、50になってしまうのか・・・。そもそもまたやらかして、ゴールドになれなかったりして。ああっ。
posted by てつりん at 22:35| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

通勤の道を変えた

 見ての通りのタイトルなのですが、変えたのは別に気まぐれとかいうわけでもないのです。

 先日、DPF再生の頻度が高くて、販売店でフィルターを焼いてもらったということがありました。それからというもの、再生頻度は1給油あたり2回くらいかなぁ。まぁ、以前のような頻度には戻ったと思うので、焼いてもらったことに対する効果はあったのでしょうね。ただ、通勤で市内中心部を通って向こう側に突き抜けるような、スピードの出ない通勤経路もまずいのではないかと。低い回転数で走りすぎるとススが溜まりやすくなるみたいだし。

 新しい通勤ルートは、市内中心部を避けて迂回する感じのものです。距離は当然長くなる。5割増しくらいかなぁ。でも、速度が高めになるので、所要時間はほとんど変わらない。燃費もよくなり、エンジンのコンディションも良好に保たれるのであれば、それもいいかなぁと思ってね。ハイドラのCP獲得については、どうせ仕事の帰りが遅くなりがちでラッシュにも遭わないから、以前の市街地を通り抜けても問題なさそう。今のところ、期待した効果は出ております。ディーゼルがちょい乗りや渋滞路に不向きなのは、間違いないと思います。それに不満があるってわけじゃないけどね。
posted by てつりん at 01:18| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

2019年6月 月例報告

 6月は近年まれに見る勢いで書いていたみたいですね。どこにそんなに暇とネタがあったのかと思いますが。ちなみに今月はというと、ネタはあるのですが暑くて疲れるのか、なかなか思うように書けていない感じがします。

 さて、そんな感じで7月も半分くらい終わってしまいましたが、先月はこんな感じでお越しいただいておりました。この場をお借りしてではありますが、厚く御礼申し上げます。

1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 390(1)
2.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 38(2)
3.デミオにおける適切なスマホ環境について 33(5)
4.20年前のこと 30(ー)
5.カテゴリ:北野食堂全品制覇への道 29(3)
6.USJに行ってきた 28(ー)
7.カテゴリ:粉瘤との戦い 27(4)
8.MAZDA3に乗ってきた 27(ー)
9.準備着々 26(ー)
10. どうやって焼くの? 25(ー)

※アクセスが同数でも、訪問者数の差で順位が上に来ている場合があります

訪問者数 788(5月 838)
ページビュー数 5,246(5月 10,785)


 先月はたくさん書いたのですが、その成果がちゃんと出ている感じがしますね。別に数字とかいった何かを追いかけるために書いているつもりはないけれど、新しいものを書くとそれを見に来るような人がちゃんと一定数いるんだなぁと。どこのどなた様かは存じ上げませんが、それでもありがたいなぁと。書くことによる、自分自身の個人的な楽しみのために書いているのであって、誰にも見てもらえなくなったら終わりだなんて思わないけれど、それでもありがたいなぁと。

 さて、もう半分くらい終わってしまった7月なのですが、書きたいネタはあるにはありますよ。おもにヴォクシーの件とか。ほかにもあった気がするんだけど、それについては書かなさすぎて結局忘れてしまいました。思い出したらそのうち書くと思います。
posted by てつりん at 23:54| Comment(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

住みます芸人

 地域の住みます芸人って、誰かわかります? ちなみに住みます芸人については、こちらから。

 そして我らが石川県(なんて一応全国区メディアのはずのブログでそんな表現を使っていいのかはさておき)の住みます芸人といえば、ぶんぶんボウル!!! と思っていたのですが、彼らのほかに月亭方気さんという落語家の方もいらっしゃるのだとか。知らなくてすいません・・・。七尾出身ということだそうなので、能登に行けばぶんぶんボウルよりも月亭方気のほうが有名だったりするのでしょうか・・・。
2019070901.jpg

 そんなぶんぶんボウルが、こども園にやってきた!ということで、出かけてきました。頂いたサインを持って、一緒に写っている写真もあるのですが、さすがにモザイクだらけになってしまうのでこれで勘弁を。
2019070902.jpg

 時節柄くだらないことを心配してしまって申し訳ないのですが、闇営業じゃないよね(爆)? いや、こども園のイベントとして来てくださっているので、別に反社会的勢力でも何でもないんだけど、そもそも事務所を通さないことを闇営業っていうんだよね? で、さっきのリンクの先には、この件が載っていない・・・。まぁ、こども園の園児とその保護者対象のイベントということで、クローズドなものだから載ってないと信じたい。

 ちなみにテレビをほとんど見ない、見てもNHKとか有料放送しか見ないのに、そんなわたしでも知ってるぶんぶんボウルですから。石川県にしっかり根付いていると思います。ネタもねぇ、シロウトのおもしろい人とは明らかに一線を画していると思いましたね。しかも、こども園のちびっこがいて、保護者もいるという、年齢層的に幅広くて難しそうな場面においてしっかり笑いをかっさらっていくというプロの技。いいもの見させてもらいましたよ。
posted by てつりん at 22:56| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

おはらいに行ってきた

 別に信心深くはないと思うのですが、せっかく新車を買ったので、いつもの神社へおはらいに行ってきました。
2019070701.jpg

 なんというか、まぁ、クルマを買ったことに付随する、非日常を味わえるイベントといった感じでしょうか。過去にさかのぼると、CPプレマシーやAZワゴンはおはらいに行ってなくて、CRプレマシー以降から行くようになった。もちろんCPプレマシー以前の、R33スカイラインやレガシィB4の頃も行かなかった。でも、せっかくだからね。おとなりのパジェロとか、ずっと乗りたくて、でももうすぐ生産終了になるから買ったのかなぁとか思うと、こういう場所にもいろんなドラマがあるものですね。

 
posted by てつりん at 23:54| Comment(0) | ヴォクシー(3代目80系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

80系ヴォクシーがやって来た

 見ての通りのタイトルですが、昨日納車されました。

 店先に着くなりレッドカーペットってのにも驚かされましたが、店内のテーブルもこんな感じに。新車はマツダでしか買ったことがなかったので、中古車も含めてトヨタで買ったことがなかったので、この待遇にはちょっと驚かされました。父はわたしが物心つく頃からずっとトヨタでしたが。でもなぁ、わざわざ自宅の車の納車について行った記憶なんてないなぁ。
2019062903.jpg

 でも、せっかくの一大イベントなので、一家全員でレッドカーペット前で写真を取りました。ゴルフの優勝賞品の目録みたいな、巨大な金色の鍵が出てきたのもわたしにとってはものすごく斬新でした。ちなみに中央で鍵を持って、我が物顔で写っていたのはよっしーでした。
2019062904.jpg

 デミオのときも思ったけれど、最近は何かと安全装備も充実しているとはいえ、それが万能ってわけでもないからか、そのへんに対する説明が特に懇切丁寧に行われます。とはいっても、ナビやオーディオ関連だけは、どれだけ丁寧に説明してもらっても、機能が豊富すぎてよくわからない。何回か遠出をして、ようやくわかってくるんじゃないのかなぁ。ちなみにヴォクシーですが、この時までワイパーが雨滴感知式ではないなんて知らなかったなぁ(笑)。一部グレードとはいえ、10年以上前のマツダのミニバンにもついてましたぜ。
2019062905.jpg

 納車祝いと、わたしのボーナス支給祝いを兼ねて、気持ち豪華な外食へ。でも、写真を撮ろうと思ったときには、かなり食べてしまったあとのことでした。
2019062906.jpg

 さともわたしも、大事に乗る気満々なのですが、それを妨げる一番の強敵がよっしーだろうなぁ。今朝だってプレのこんなところに傷なんてあったかなぁって思っていたら、それって先日よっしーが拾ってきた木の枝でごりごりと車体に何かを書いた跡なんだって・・・。
posted by てつりん at 00:22| Comment(0) | ヴォクシー(3代目80系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

退役の日に

 振り返れば7年近い日々は、あっという間に過ぎていきました。ヴォクシーを買うことを決めたとはいえ、「先代の愛車」になってしまうCWプレマシーとの別れはもの寂しいものがあります。自宅から、納車場である販売店に向かう、最後の旅路ということでまず1枚。
2019062901.jpg

 販売店に着いたときの走行距離です。北はどこだろう?郡山かな? と思って調べたら意外にも新潟市。東は福島県いわき市の塩屋岬。西は山口市内のどこか(リンク先は島根県津和野町の話ですが、その後山賊に行くまでの間に山口市内を通過しています)、南は南紀白浜を経ての126471km。自宅からここまで運転してきたのはさとですが、その後訳あって最後の運転者はわたしとなりました。
2019062902.jpg

 退役の瞬間を1枚。前回の退役はというと、自宅前で立ち往生って感じで別れを惜しむ間もないまま終わってしまった。激しい雨が降る中、屋根の下で納車準備を整えておいてくれたのもなにかの縁でしょう。お名残惜しかったとはいえ、しっかりと別れを告げることができたと思います。
2019062904.jpg

 ちなみにこの日は、CPプレマシーに11年半くらい。続けてCWプレマシーに7年くらい。かれこれ18年以上にわたって続いた、プレマシーのある生活最後の日でした。ヴォクシーが来るのはおめでたいことではあるけれど、2代に渡り長く続いたプレマシーとの日々に敬意を表して、プレマシーが作ってくれたご縁に感謝して、本稿でヴォクシーの話はしません。
posted by てつりん at 23:41| Comment(0) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

キャンピングカーフェスティバルに行ってきた

 定期的に登場するネタですな。そして地元では毎年この時期に開催されている、恒例のイベント。行きたいと言ったよっしーと一緒に行ってきました。

 見に行くたびに思うのが、キャンピングカーって欲しい気がするんだけど、ではそれで遠出をしたくなるほど走りがいいのかという点。マツダ車のような趣味性の強いメーカーのものを愛用していると特に思うんだけど、ある特定の分野を本気で高めようと思うなら、別のところはある程度犠牲にしなくてはならないってこともあると思うのだよ。つまり、車泊ができるとか、素敵なリビングがあるという機能を高めようとすると、ベース車はカムロードとかハイエースとかになってしまい、設備の重量も相まって、走りはそれなりのものになってしまう。キャンピングカーに走りのよさを求めるってことが、すでに間違っているんだろうけどね。

 それでもこの、商用車的な運転席が、男の仕事場!って感じがしてかっこいいなぁと思わなくもない。これは、カムロードベースだったかな。一昔前のいわゆるトラックとは思えないくらいかっこいい。
2019062201.jpg

 でもなぁ、お値段を考えると、ハイエースベースで考えるのが妥当なのかなぁ。
2019062202.jpg

 結局のところ、よっしーは乗用車のほうが興味をひかれたようです。フォレスターとXVが展示してあったので、その両方の運転席に座ってご満悦でした。
2019062203.jpg

 まぁ、キャンピングカーの設備代があれば、何回豪華な宿に泊まれるんだよって考えると、興味はあるけれど買いたいとまでは思わないなぁ。ワゴンを2シーター的に使って、荷室で寝るってのが一番気持ちいい気がする。夏は、かなり工夫を要するだろうけれど。ちなみにこの写真は、レヴォーグのもの。
2019062204.jpg

 もうすぐフルモデルチェンジらしいけれど、カローラフィールダーも寝るのが気持ちよさそう。キャンピングカーには、車泊とはまた違う魅力が詰まっているんだろうけどね。
2019062205.jpg
posted by てつりん at 21:48| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

令和初日の東京

 10連休、3年以上ぶりにさとの実家でお世話になったわたしですが、令和初日はひとりで東京に出かけました。ひさしぶりに成田線に揺られて都心へ向かいます。

 秋葉原で一旦降りて、荷物を宿泊先に預けて、最初に着いたのは両国駅でした。なかなか風格ある駅のたたずまいです。
2019061808.jpg

 最初に向かったのはすみだ北斎美術館
2019061801.jpg

 館内展示はほぼ撮影禁止なのでテキストだけ。長生きしたこともあって、膨大な作品を残した葛飾北斎。最晩年になってようやく自分の思うような絵が描けるようになったって趣旨の言葉を残しているらしいけれど、なんとかの道ってのは意外とそういうものなんだろうなぁ。絵のような有形のものでも、ライブのような無形のものでも、ものを作ろうと思う者がこれで満足って思うようではもう終わりなのでしょう。もっと精進せねば。

 館内から見えたスカイツリーがなんだかいい感じに見えたので1枚。北斎の絵に比べたら、いや、比べるのも恐れ多いです。
2019061802.jpg

 かなり葛飾北斎を満喫したので、次は昼食。土地柄なのか、両国界隈はおいしそうな店が多い。そんななかでもここのとんかつ屋!と決めていたところへ。ランチタイム真っただ中だったためか、かなり並んでいましたが、それを見てますますおいしいのだろうということを確信します。 
2019061803.jpg

 店名を冠するということは、相当のものだろうと信じて、はせ川とんかつを頼みます。予想通りのおいしさでした。あまりのうまさに、夜もまた来ようかと一瞬思ったくらいです。おいしいとんかつって、ソースとかなくてもうまいんだねぇ。夜だと、飲めるとんかつ屋に変貌します。あと、ホントはおしながきにある横綱盛り合わせが食べたかったのに、夜しかないみたいです。
2019061804.jpg

 国技館の前を通ったら、人だかりが。力士に赤ちゃんを抱っこしてもらえるイベントの日だったみたいです。 
2019061805.jpg

 刀剣博物館に向かうのに、通り道にあった旧安田庭園へ。東京は緑がないって言うけれど、あるところにはあるって感じで、メリハリがあるのも悪くないなぁってよく思います。ここでも独特の見え方をするスカイツリーがあったので1枚。
2019061806.jpg

 刀剣は背筋が伸びる感じがしたけれど、正直解説文はよくわからなかった(爆)。刃紋がどうとか、反りがどうとか。言われてみればわからないでもないんだけど、わからないものはとことんわからなかった。職人によって、わかりやすいとかわかりにくいとかの差があったりするのかも? この分野はまだまだ修行不足だと思いましたね。
2019061807.jpg
posted by てつりん at 22:29| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする