2017年07月12日

それは似合わない

 さとも結構クルマは好きなので、自宅でたまにクルマの話になります。先日は、自宅に割と近くて、さとの通勤ルートにもなっているような中古自動車販売店に、450万円のベントレーが停まっていたという話題になったくらいです。450万のベントレー。車検も長かったので、話のネタに買ってみたいと一瞬でも思ったのはさとやわたしだけではないと思うのです。

2017071201.jpg
※7月15日23時過ぎのさかのぼり更新ですが、その時現在でもこのクルマは存在するようです。

 もちろんベントレーは買いませんけどね(笑)。たかだか1〜2年の維持にどれだけカネがかかるのかと思うと、背筋が寒くなります。夏の夜のホラーですよ。

 さて、そんなさとですから、会社においてもクルマの話になったりするみたいです。確かにわたしの会社関係において、クルマの話ができた女性ってのはほとんど記憶にないなぁ。過去に1人と、マツダいいよねぇって話で盛り上がったことがあるくらいかなぁ。クルマの話ができる女性ってのは貴重かもしれません。そんなさとと、こんな会話になったようです。

同僚:さとさんのクルマは、次はどうするの?
さと:う〜ん、今のところは、ヴォクシーとかがいいかなって思うんだけどね〜。
同僚:え〜、なんだか似合わないなぁ。

2017071202.jpg
※写真はトヨタのホームページから拝借しました。

 うん、確かに似合ってないよねぇ(笑)。まぁ、この手のミニバンにしては比較的所帯じみてない感じと、比較的下品な感じのいかつさがない雰囲気のバランスが絶妙なので、うちで買ってもいいかなと思える車種の筆頭なのですが。

 似合ってないのはいいとして、だったら何が似合うのかねぇ。SUVのほうが似合うのはわかるんだけど、3列目まで乗れるSUVで、適度な大きさってのはなかなかないよ。CX-8の3列目は、プレマシーと同等かやや劣るって情報もあるみたいだし。全長が4.9mってのも困るし、さとの乗り方(ちょい乗りがものすごく多い)だとディーゼルがいいとは思えない。

 ベントレーのほうが、よっぽど似合うかもね(笑)。保育園の送り迎えに、ベントレー。学童保育や一輪車の送り迎えに、ベントレー。近所のスーパーに行くのもベントレー。誰もが振り返ると思います。
posted by てつりん at 23:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

北海道へ

 去年から計画を進めてきた北海道行きですが、いよいよきちんとした形になりました。正直新婚旅行ですら、ここまで時間をかけて計画を練ったりしなかった記憶がある。

 小樽と旭山動物園は必須ということ以外、特にプランニング上の制約はなかったんだけど、うちには北海道エキスパートのさとがいるからねぇ。個人的には行けそうで、この1回を最後にもう一生行けない可能性すら感じるので、去年の段階ではこんなふうに考えていました。初日は釧路か女満別に降りて摩周湖とかを見てウトロ泊。翌日は知床とか網走とかに行って、層雲峡温泉泊。3日目は旭山動物園から札幌市内車窓観光のあと定山渓温泉で、最終日に小樽へって感じで考えました。札幌くらいならまた来られそうな気がしたからね。

 ところがさとの考えは違っていまして。4日でその行程はもったいないというのです。せっかく道東に行くのなら、もっと時間をかけて回ったほうがいいのではと。あとはちびっ子と年寄りがいるのに、1日あたりの移動距離が長いのではないかと。よく売られているパックのツアーと、そんなに変わらないと思うんだけど、確かにあれは結構無理してたりするからねぇ。というわけで結局、次のような形になったのでした。

 まずは旭川空港に降りて、レンタカーを確保して旭山動物園へ。それで1日が終わって宿泊は旭岳温泉へ。2日目は詳細未定ながら、美瑛や富良野のようなザ・北海道って景色を求めて走りながら札幌へ。3日目はレンタカーを返してしまっているので、札幌を起点にJRで小樽へ。札幌で連泊ですな。4日目は札幌市内かな。新千歳、羽田経由で帰ってくると。かなり楽なプランになっています。

 わたしの家だけのことだったら、絶対ネットなどを駆使してすべて自前で調達するところなんだけど、さすがに人数が多いので旅行会社の世話になっちゃった。で、手配と支払いがすべて完了してチケットも受け取ってあとは当日を待つだけという段階になってさとがひとこと。「うちの分だけでも(旅行代金が)だいたい50万円かー」ってね。それをうけてわたしも、「50万円あったら、もっといろいろすごいところに行けたりしただろうにねー」と。まぁ、業者手配には業者手配なりのよさもあるから、それでいいんですよ。こういうところに書く手前いつ行くかは秘密ですが、あとは当日の詳細を詰めれば、出発を待つだけです。
posted by てつりん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

2017年6月 月例報告

 例の残業調査によると、6月はかろうじて100時間を突破しませんでした。でもそれって、通常通り1日多かったら100時間を超えるのでは・・・? そんな先月は、こんな感じでお越しいただいていました。厚く御礼申し上げます。

1.Yuming Surf & Snow in Naeba Vol.32 279(3)
2.カテゴリ:第一腰椎圧迫骨折 252(2)
3.VW Sharanに乗ってきた 139(6)
4.カテゴリ:粉瘤との戦い 139(7) ※アクセスは同数ながら、検索数の差で4位
5.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型) 138(1)
6.VOLVO V40 D4 SE がやってきた 130(4)
7.カテゴリ:試乗記・クルマ談義 103(5)
8.デリカD:5に乗ってきた 95(8)
9.カテゴリ:プレマシー(3代目CW型) 81(12)
10.カテゴリ:北野食堂全品制覇への道 80(9)

訪問者数 1,520(5月 1,433)
ページビュー数 10,008(5月 7,950)


 なぜか5年も前の苗場が、とうとう1位になってしまった。うれしいというよりも、もっと新しい記事があるだけに複雑な気分です。今年の苗場の模様だって書いてあるのに。だからと言って、今年の苗場の模様を5年前のもののような書き方に変える気はございませんが。そういえば骨折ネタも、10年以上前のものなのに、今なお上位に上がってくるとはねぇ。

 あとはひさしぶりにページビュー数が1万を超えました。1日に300ページくらい見ていただけていると、それでも1万は超えない計算になるので、結構見ていただいていると思うとうれしいなと。今月は1日少なかったというのにね。ちなみに別館はというと、このような傾向は出ませんで、一度書いたエントリーに集中的にアクセスが殺到して、ついでに過去のものも読んでもらっている感じがするけれどそれはごく一部の人で、月に2〜3000くらいのアクセスしか来ません。

 そんなことを思うと、いかに根強い読者に支えられてここがあるのかと思ってしまいます。今月もぼちぼち書こうと思いますので、何卒ご愛顧のほどを。
posted by てつりん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

日産自動車からの恒例

 今年もやってまいりました。といっても、昨年に引き続いてまだ2回目なんですけどね。少しですが日産自動車の株を持っており、それで配当を頂戴いたしました。

2017063001.JPG

 もらってみて初めてわかることだけど、今回のものが昨年度の期末決算だったのですね。だからこの時期になるのかと。今年度も配当を多くするという計画もあるようなので、来年の今頃にもうちょっと多くいただけるのであれば、日産自動車の経営は計画通りにうまく行っているようで、配当も計画通り増やせるということになるのでしょう。

 別のところで、マツダの株主総会に行ってきたという話を読みました。結構いろんなやり取りがあるようで、興味深い感じがしましたよ。さすがに広島まで行くのも大変だけど、株主総会だからって横浜まで行くのも大変だけどね。たかだか17株しか持ってないのに(爆)。
posted by てつりん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

チームでやってますから

 医者という人種が信用できません。正確には、信用できなくなりました。

 あえて辛辣な表現を使うと、人間のクズだとまで思うようになりました。そうねぇ、いまさらだけど、以前お付き合いしていた女性が同じような趣旨のことを言ってたことが、今になって妙に納得できるくらいですよ。

 ただし、かんちがいしないでいただきたいのです。背骨を折った時は主治医にとってもよくしていただいたし、さとが切迫流産で入院したときも、切迫早産で入院したときも、3人のお産に際してもとってもよくしていただきました。わたしが一時期面倒な病気になっちゃって、3年くらいかな?病院に通い続けたときもとってもよくしていただきました。父がガンになったときも、正直何かと面倒な患者だったと思うけれど(爆)とってもよくしていただきました。最近だったらわたしの首の具合が悪かったんだけど、それって今思うと何かのストレスだったのかねぇ? いつの間にか症状は気にならなくなりました。ましてやもっと最近、良性のはずの腫瘍がなぜか一気に余命3か月って言われたわたしの不信感がピークに達したとか、そんな修羅場体験もありませんよ。

 医者という人種の何がそんなに気に入らないかっていうと、変な勘違い感というか特権意識をムンムンと感じることかな。自分が一番で、自分ですべてをわかっていて、自分は万能な存在で、でもその他大勢は愚民でしょうかもしくはゴミでしょうかいや、ゴミとしても認知されていませんかね?あぁそうですかって感じかな。例えるならば、「このハゲーーーーーーー!!!」って発言が話題になっている人に通じる何かとでも言えばいいんでしょうか。う〜ん、あんまり書きすぎるといろんな人を敵に回して、炎上しそうな気がするのでこのへんにしておきますか。

 ところが、そんな殺伐としたわたしの心のオアシスになるような、医療関係者の言葉も聞くことができたんです。正直人間のクズみたいな連中はごく一部の極めてレアなケースだと思いたいし、事実わたしやわたしの周辺においては、医者相手にイヤな思いをしたこともなければむしろよくしていただいたことばっかりです。だからこそ、こういう言葉って心にしみるなぁと。そうだよね医者ってみんな立派な方々だよねと改めて信じたくなります。ちなみにどんな言葉を聞いたかというと、「医療は医師、看護師、薬剤師、食事を運ぶ人、病院の中を掃除する人などいろんな仕事があって、それらのチームでやってますから」というものでした。チームあっての医師だと思うと、変な勘違いの入り込む余地なんてないはずなんだよね。

 それに引き換え・・・って感じで、またこの文章の最初に戻ってからの無限ループになりそうなのでこのへんで。どんな一部の人間のせいで、何があったのかについては触れないけれど、触れたくもないけれど、そんな一部のせいで悪く思われてしまう人たちのことが申し訳なくなってくるねぇ。医者だけでなく政治家も、公務員も、有名企業の経営者も、イケてない店員も。
posted by てつりん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

京都の鉄道博物館に行ってきた

 行ってきたっていつの話なのかというと、もうとっくに過ぎ去ったゴールデンウィークのことでした。ふと、急に行きたくなって、さとの支持も得られたので、みんなで行ってきたというわけ。

 5月5日5時半過ぎに出発して、9時には京都に着いていました。しかもいわゆる湖西線周りの道路を走ったので、すべて高速というわけでもないのに。意外と京都も近いものなんですね。

 入館すると、最初に0系がお出迎え。敷地内にもいろいろ見どころはありますが、やっぱこれなのかな。記念撮影には長蛇の列ができていました。シャッターを切る瞬間、OKをするように言われるのですが、それにしてもなんでOK?と思っていたら、OK(オーケー)→0(ゼロ)K(けー)→0系なんだとか。
2017062101.JPG

 JR西日本の施設ということで、それにみあった地域性を感じます。そういえば500系の先頭車両もあったけど、かっこよかったなぁ。あとはトワイライトエクスプレスの牽引機も含む一部とか。
2017062102.JPG

 食堂からも鉄分を摂取することができます。窓際は大混雑だったなぁ。このほか、見晴らしのよい屋上で弁当を食べることもできます。
2017062103.JPG

 最近の博物館ということで、ちびっ子ウケのする体験系の展示も充実しています。この近くでは、踏切の非常ボタンを押すこともできました。人が多すぎて押せなかったのが悔やまれるといえば悔やまれるけれど、それ以上にちびっ子連れだとじっくり展示を見ることができない。さすがに日本国有鉄道からJR各社への引継書は、震える思いをしながら全文読みましたがね。
2017062104.JPG

 かつては梅小路蒸気機関車館だったこともあり、蒸気機関車の動態保存も行われています。短い距離ですが乗ることもできます。よっしーは、もう終わりなのかと駅に戻ってきた途端号泣してましたね。これはそのうち、大井川鉄道とかに行かねば(笑)。
2017062105.JPG

 ちなみに上の写真は、がんばってN700Aとの夢の競演を撮ったつもりだったんだけど、いまいちでしたね。

 近くのトヨペットでは、プリウスなんだけど地元感満載?の鉄分濃いめな試乗車もありました。鉄分濃いめの痛車にも、見えなくもないですな。ついでにあさかぜとかみずほとかさくらとかもあればいいのにって思わなくもなかったけど、たぶんこの1台だけでしょう。
2017062106.JPG

 帰りは京都市内から南下して、宇治市の源氏の湯へ。ところがここでも鉄分を摂取することができました。Nゲージの走行会をしていたみたいです。
2017062107.JPG

 食事もなかなかよかったですよ。それにしても帰りは名神から北陸道を走る、いわゆる東海道線まわりでしたが、所要時間は同じ3時間半くらいなんですよね。クルマで走ってみても、湖西線の存在意義をたっぷりと感じることができます。
2017062108.JPG
posted by てつりん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

Au milieu de la vie

 なんときょうも会社が休み! ということで、さととAu milieu de la vieという、フランス料理の店に行ってきました。オーミリュードゥラヴィって読むのが正しいんでしょうか。略して、「ラ・ヴィ」って感じでいいと思います。

 でも、、、このラヴィとは違います。まぁ、命って名前のパソコンも悪くないと思うけど。
2017061900.jpg .png

 ランチにしては豪華に3300円のコースを。これだと、肉のメインも魚のメインも出てくるんです。でもねぇ、それ以上に前菜バイキングが豪華すぎる。前菜じゃないものだってあるし。写真は撮り忘れましたけどね。いろんな野菜が充実しています。あと、ジュースも。
2017061901.JPG

 ほかにもいろいろとおいしいものを食べたはずなのに、写真を撮り忘れて気がつけば魚のメインが。鯛なんだけど、それ以外に2個あるのはズッキーニのエビ詰めだったかな。エビで鯛を釣るのか、鯛でエビを釣るのか。感動的にうまいです。
2017061902.JPG

 続いて肉のメインが。盛り付けからわかるかもしれませんが、野菜たっぷりです。野菜にはこだわりを持っておられるお店のようです。これまた、とってもおいしい。幸せな時間が流れていきます。
2017061903.JPG

 最後はデザート。ほしいもや、きゅうりの入ったパウンドケーキなど、最後まで野菜にこだわっている感じです。しかもこれまたうまい。フレンチのデザートでほしいもってのは意外ではあるけれど、変ではないのはほしいもになる前からしていい材料だったからでしょうか。
2017061904.JPG

 今度こそ最後のひとさら。そういえば電話で予約したんだけど、男からの予約の電話は、何か特別な日なのかを質問されます。「いや、そんなのじゃないです」って答えたんだけど、それでも前日は一応父の日だったからね。わたしの不手際で、母の日はさとに対して何も行われなかったというのに(爆)。
2017061905.JPG

 料理はおいしいし、マスターを筆頭にお店のスタッフもいい感じ。上質なフレンチをお腹いっぱい食べられるステキなお店です。でも、お店に対する好き嫌いは人によってあるかなぁ。わたしもさともこういう店はキライじゃないけれど、料理が出てきて食べるまでの会話とか、料理にまつわるうんちくを楽しめないというか、そんなのいいから早く食べたいんだけどってタイプだとつらい店かもしれません。まぁ、いい意味でいちいちひと言多いんですよ(笑)。
posted by てつりん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

いいもの見られました

 ひさしぶりに仕事らしい仕事のない日曜日。正確には会社で残務処理のようなものをしていましたが、夕方からちょっと時間ができたので、よっしーと公園に行くことにしました。

 この公園、なかなかいいところで、男の子の大好きなものがコンパクトに集結しています。消防署があるので、消防車や救急車が見放題。新幹線の線路もあって、さらには駅もあるので、バスも来るわ電車も来るわ。

 というわけで、駅前の線路沿いで待っていたら、なんと花嫁のれんが駆け抜けていきました。
2017061800.JPG

 iPhone7plusのカメラでタイミングを図りながら一発だけ、簡単に撮ったものをちょちょっとトリミングするだけで、それっぽく見えてしまうんだから、いい時代になったなぁと(爆)。だからこそ、真剣に撮り鉄された写真がより一層輝くってのもあるのでしょう。

 続いて、見たことのない真っ黒な車両が駆け抜けていきました。何だそれは!?と思って調べたところ、とやま絵巻というものだそうです。写真は撮れなかったので、あいの風とやま鉄道公式サイトから拝借したものでも。
2017061801.jpg

 そのほかいろいろと見たのですが、EF510が東金沢駅の先で停まっているのも撮りました。ヘルメットをかぶっているのは保線員気分だからではなく、自転車に乗っていたからです。
2017061802.JPG

 前と後ろの区別とか、パンタグラフが上がっているか下がっているかといった違いを理解するのは、まだまだ難しいようです。
posted by てつりん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

引っ越しをします?

 珍しく夢の内容が記憶に残っているんです。

 引っ越すことになりました。でも、わたしだけ。別に家庭内の問題が噴出したとかいうのではなくて、たぶんわたしだけが単身赴任をすることになったのです。行き先は七尾。実は過去に仕事の関係で住んだこともある街でして、当時はまだうちの会社が土曜営業だったりした頃だったので、完全週休2日制だったさとが金沢駅から七尾線に乗って、当時の自宅に入ってたりもしたのですよ。で、帰ったら、「お・か・え・り(はぁと)」って感じでね(笑)。当時の建物は去年の秋現在でまだあるってのが、何となく感動モノだったなぁ。

 で、夢の内容はというと、別に「おかえり」の人も出てこなくて、わたしがたぶん不動産屋の人か誰かと物件の話をしているというものでした。新居?はすっごくいいところで、なんと4部屋。そして景色も素敵。駅から徒歩圏内の便利なところで、隣は確か大きめの病院でした。雰囲気としてはアパートではなく、明らかにマンションって感じでしたが、そんなに高層ではなく。2階だったかなぁ。「自分ひとりなんだから、こんないいところに住まなくてもいいんだけどね〜」とか、「4部屋もいらないんだけどね〜」とか話しているんです。

 ちなみに気になる家賃はというと、75000円! そんなことまで覚えてるってのがねぇ。実は今払っている家のローンよりも高いという・・・。そのうちエラくなって、単身赴任でもさせられる前触れなんでしょうか。どうせならもうちょっとアレなところへ・・・って思うけれど、そんな野望が達成される日が来るんだろうか。そういえば前の会社の支社長も、遠方で単身赴任してましたねぇ。

 なお以前七尾に住んでた時の家賃は確か4万くらいで、会社からは半額の補助が出てたんだ。爆安の社宅もあったんだけど、いろんな人が口を揃えて住まない方がいい!って言うくらいの物件だったなぁ。猫が住んでるとか、うちの社宅に見える建物は実は同業他社の社宅だとか、ネタの宝庫みたいな社宅でしたよ。
posted by てつりん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

5555!

 だからどうなんだ!?のキリ番シリーズです(笑)。先日の火曜日のことですが、5555kmに到達いたしました!
2017061301.JPG

 先日の5000km到達から見ると、結構ペースが早いんです。実は最近ものすごく大変で、すること満載のいっぱいいっぱい状態です。何かのためにと思って会社で始まった残業調査をまじめに書いてますが、今月も半分を過ぎたところで50時間は軽く突破しています。つまり、1か月で100時間超えコース。

 正直なところそれくらい普通だった気がするんだけど(爆)、数字にしたらなんで重い感じというか大変な感じというか、悲壮感が出ちゃうんだろうね。うちの会社というか業界においては、【普通】の範囲内なんだけどさぁ。

 で、デミオの距離増加のペースがあがってるの件だけど、最近片道70kmくらいの出張が多いんです。2週連続だったかな。それで距離が伸びているのでしょう。どうせなら楽しい週末を満喫して伸びたとか、ちょっと遠くへ行ってうまいものを食べてきたとか、そういうことがしたいなぁ。

 あと、一時期苦労していたi-DMですが、先日の土曜日にひとつの到達点に至りました。
2017061001.JPG

 ステージ3の次には、ステージ4が待っていると思ったのに、何もしていない状態だとそれ以上は上がらないみたいですね。ちょっと調べたところによると、販売店で設定を変えてくれるのだとか。自分でステージ5にする方法もあるらしいけど、ステージ4をクリアしない飛び級は個人的にはちょっと邪道だと思うのでね。

 自分からステージ4になるようにしてくれというのもありなんだろうけど、日頃の整備などのなかでステージ3は楽勝だと判明して、向こうから上げてくれるのを待ちたい気もします。なぜって、普通にしている限りそれ以上上がらないように見えることと、実は速攻4.8を割り込んでしまって、星5つが消えちゃったからなのでした。ちなみに現在はアベレージで4.6〜4.7をウロウロしてます。
posted by てつりん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする