2017年04月16日

さらに花見に行ってきた

 そんなに雨が降らないからか、風が吹かないからか、今年の桜は長持ちしてますね。ということで、またしても花見に行ってきました。今回は日中です。
2017041602.jpg

 上の写真の奥の方に見える白というか淡いピンクというか、そんな感じに見えるところは、実は散った花びらが浮かぶ水面だったりします。
2017041601.jpg

 弁当を持ち込んで、花見というか山の公園で遊んできたというか。よっしーも人生初のシャボン玉を楽しんでいました。
2017041602.jpg
posted by てつりん at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

花見に行ってきた

 土曜日のことですが、夜桜見物に行ってきました。見頃って短いから、行きたいと思った時に行くとなると夜でしたってことはあるんだよね。まずは無料開放されている兼六園内で1枚。白と黒のコントラストが美しい。
2017040901.jpg

 酒は好きですがビールはあまり好きではありません。でも夜にこのぼんぼりを見ると、ビールでも飲みたくなるなぁって思うのは何かの条件反射でしょうか。ソフトクリームを食べていた横で、ビールを飲んでる人はいましたねぇ。
2017040902.jpg

 石川門の中にも入ってみました。でも風があるのか、ライトアップされた桜が堀の水面に映る画は、思うように撮れませんでした。
2017040903.jpg

 流れる車の灯りすら、桜に色を添えるって感じです。ただし、車道の右側の芝生の闇のなかで、ブルーシートを広げて花見をするのはいまいち理解できない。知らない間に妙なものを、飲み食いしてしまいそうで(笑)。
2017040904.jpg
posted by てつりん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

入学式に行ってきた

 妹の、小学校入学式に行ってきました。数日前に、「いちねんせいだからって、なにをしていいかわからない」という趣旨の悩みをさとに訴えていたらしいですが、そんな難しく考えないで、言われたことをやってればいいじゃないの。でもそんな悩みを持つだけのことはあって、前日よりも当日、ガチガチに緊張してました。
2017040802.jpg

 正直この時期はどうしても仕事が忙しく、入学式なんて一生行けないものだと思っていました。事実姉の時は行こうとも思わなかったくらいなんだけど、もしかしたらよっしーの入学式にも行けるかも? 姉の中学校の入学式にも行けるかも!?
2017040801.jpg

 いろんな人の、「おめでとうございます」という挨拶に対して、「ありがとうございます」と応じるんだけど、その返事がだんだん疲れていくのが見て取れたり。確かに式典でじっとしてなくちゃいけないってのは、多くの1年生にとって未体験ゾーンだったことでしょう。でも一番おもしろかったのは、国歌斉唱のときかなぁ。来賓も、保護者も、歓迎側代表ってことで出席していた6年生全員も、もちろん教職員も、全員歌えるし歌ってるんだけど、1年生の「えっ?このうたなに??」とか、「しらないうたなのにみんなうたえてる〜」とかいった、完全アウェーって感じなのが見て取れてウケました。

 入学式後に教室へ。こんな風景、一生見ることはないと思っていたけれど見られるなんて。そして担任の先生が、通知簿渡しだけでなく授業参観にも毎回行きたいですレベルにかわいい(笑)。去年の姉の担任もかわいくて、2回中2回わたしが行ったけれど(その前はさとと各1回で分担してた)、それとはまた違ったかわいいさだ。個人的には去年の姉の担任のほうが、いや、さとのほうがより好みのタイプではあるんですがね。
2017040803.jpg
posted by てつりん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

なりたいものと、なってほしいもの

 何気なく新聞を読んでいると、新小学1年生が将来なりたいものについて調査したという記事が目に止まりました。そこで、うちの新1年生に、まずは何になりたいのかを聞いてみました。ちなみにアイドルらしいのですが、それは少なからず姉の影響があるでしょう(笑)。

 続いて、新聞記事によるとアイドル(正しくは「芸能人・歌手・モデル」という分類)は2位であるということ、男の子の1〜5位が何であるかを言った上で、女の子の1位と3位〜10位を当ててみましょうと。するすると答えられていったけれど、なかなか難しいんだろうなと思ったのが4位の花屋でした。さとは予想通り答えられたけれど、娘たちには難しかっただろうことは何となくわかります。ちなみに8位の警察官は、さとも含めて誰も当てることができませんでした。

 次に、姉の新1年だった頃のデータが気になったようで、調べてみたところ、想像以上に以前からデータは存在しているようです。ただそれよりも気になったのは、新聞記事になった調査の元ネタは、正しくは『新小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」』というものだったと。親の就かせたい職業って、何だ???

 いや、何に就かせたいかと聞かれれば、一応何か答えることはできるだろうけれど、そもそも本人が本気で就きたいと思えば親の意向なんか無視して就いちゃうだろうし、そんなこと考えたことがなかったなぁと。愚問だとまでは言わないけれど、わたしやさとの感覚としては、かなり愚問に近いものがあるなと。本人の気持ちと親の気持ちは違うものだろうし、親の気持ちで本人を縛るのだと思われるのもなんだか嫌だし。で、うちらみたいな一般的ではない親と違って、世間の親御さんはどんな希望を子どもに抱いているのかなと。

スクリーンショット 2017-04-07 0.17.24.png

 う〜ん、基本的には、なりたいものと大きな差はないってのが、女の子の特徴かなって気がします。男と比較して、夢見る余地が大きいってことなのでしょうか(笑)。男の就かせたいもので夢見がちなものというと、2位のスポーツ選手くらいで、あとはどれもこれも夢見がちといえども一定以上の収入があるものか、社会的地位の高いとされているものかのどちらか、もしくは両方だと思うのでね。女の子に比べて、男は現実路線なのではないかと。

 女の子に就かせたいものに対しては、個人的には公務員って何だ?地方か国家か、行政か現業か警察か教員か言ってみろって感じなのです(爆)。あとは、医療関係と看護師、医師は何が違うのかと。きっと◯◯療法士とか、◯◯作業士のような、特殊技能系かと思うのですが、確かに手に職があるといざという時使えることもあるよねぇ。あとは、看護師も公務員も医師も教員も結構ブラック臭のする業界だと思うので、このへんについては親が望むというよりは本人ががんばりたいならがんばりなさいって感じかなぁ。ちなみにさとの感覚だと、薬剤師みたいなコスパの悪いものはやめとけばいいのにとのことでした。わたしとしては結婚してからの子育て時期に、給料のいいパートやアルバイトへの道としてありかと一瞬思ったけれど、確かに給料のいいパートやアルバイトになるために、大学に6年間も行かせるわけじゃないからねぇ。

 というわけで、あれこれ考えてはみたものの、やっぱりこれに就かせたいというものはないなぁと。ヘリクツみたいだけど、周囲が納得できる理由のもとに本人が本気で就きたいと思うのであれば、それが就かせたいものなのですよ。
posted by てつりん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

こんなに本を買ったのはひさしぶりです

 タイトル通りの話なのですが、こんなのを買いました。
2017040501.jpg

 左側の2冊は、まぁ仕事にも使えそうなので、きっと経費で買えそうなものなんだろうけれど、早く欲しかったので近所の本屋で買いました。某有名企業が情報を漏らしまくったお詫びの品である、500円分の図書カードもあったのでね。早めに読んでしまいたいのは、読んで得た知識が早い段階で使えそうだからなんだけど、きっと積ん読になっちゃうんだろうなぁ(爆)。

 右側の2冊のうち、奥の本について。まぁ、率直に欲しいというか、読みたかったのもあるんだけど、未来を暗示してたりなんかしたらいいなぁと思って(笑)。50万増しでエンジンが2Lになって、電動ハードトップで静粛性も上がると聞くと、いい買い物なんじゃないのかなぁ。10年後でも現行車種で買えるかもしれない。

 右側の手前の本は、正直多くを語れないけれど、まぁ最近いろいろあったんですよ。で、そのいろいろから現実逃避すべく、どこかに行きたいなぁと。結局先日の週末はどこにも行かなかったけれど、どっか行きたい現実逃避な気分がどうにも消えない。せめて紙の上で現実逃避しようと思って買ったのでした。

 さて、いつ読むんですかね!?
posted by てつりん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

日本車の作り方

 カーグラフィックの編集長、渡辺慎太郎の文章を読みました。どこで読んだかというのはまぁ、ここでは触れないでおきますが、会社のなかでです。1〜2年前のわたしだったら、この文章を見つけることは絶対になかったでしょうね。
2017040401.jpg

 さて、タイトルにある日本車の作り方について。渡辺慎太郎と同じ表現を使うことをあえて避けて、言いたいであろう趣旨を表現すると、次のような感じです。クルマのよさを評価する指標(例えばデザインや走り、燃費など)が5項目あるとすれば、日本車はそれぞれ8点7点9点8点9点といった感じで評価できる。一方外国車(という表現を使っていた)に対して、同じ手法で評価すると、6点8点7点10点8点といった感じで評価できる。言い換えると、どれも犠牲にしないように、どの項目に対してもいい点を取ろうとするのが日本車で、ほかの何かを多少犠牲にしようがある特定の部分でいい点を取ろうと思ったらそのとおりにするのが外国車であると。

 確かに今のわたしの愛車、デミオを例に取ると、渡辺慎太郎の言うところの外国車的なところがあるなぁって思うね。コンパクトカーだから、エントリーモデルとも解釈されそうだけど、実はエントリーモデルにしてはかなり後方や斜め後ろの視界が悪い。ラゲッジスペースも、ライバル他車より広いわけではない。運転席周りの収納もかなり少ない。燃費だってもっといいクルマはいくつもある。それでもデザインや、ペダル配置とそこからももたらされる走りのよさは突き抜けたものがあると思っている。

 その話から、渡辺慎太郎自身の体験談を交えながら、別の方向へと話が展開していくわけなんだけど、この話がまたステキでねぇ。どんな話かを書いちゃうとわたしの正体がってことで書かないけど、そうねぇ、自動車に関わる者という立ち位置から書き始めていながら、最後には依頼されたフィールド(文章を掲載する場所)において求められる要素をうまく表現して終わっているとでも書いておきますか。まさに物書きのプロの文章に触れたって感じがしましたよ。

 日本語には、「おもしろくないもの」を「つまらないもの」と表現することがあります。「つまらないもの」は「詰まらないもの」、つまり中身が詰まっていないものなのですが、その対極にあるのが例えば幕の内弁当とか松花堂弁当、会席料理のような、多彩な中身が詰まっているものなんだと聞いたことがあります。つまり、食事ひとつとってもそこに多彩なものを詰め込み、そこに価値を見出す日本の文化。そういう意味ではクルマひとつとっても、そこに燃費もデザインも走りも機能性も居住性も安全性も、ついでにスライドドアもと多彩なものを詰め込み、高いレベルで調和させようとするって、とっても日本的だとも思うんだよね。外国車的視点で見ると、どれもこれも中途半端だと思われちゃうんだろうけど。

 そういえば西洋料理のコースには、全体の流れの主役とも言うべきメインという考えがある。一方、日本のコース料理である会席とかだとメインって発想がないというか、どれもそれぞれのポジションにおいて大事だよって感じの存在感を出してくるよねぇ。さらには携帯電話なんて通話ができればいいじゃんって発想を超えて、メールやネットができるといいよねぇといろいろ詰め込んでいったのは日本が最初だったはず。日本車は個性がないとか、個性がないのが個性だなんてへりくつみたいな話もある気がするけれど、先付も刺身も焼物も椀物も揚げ物もすごいんですよみたいな発想で作られているとしたら。それがもしかして、どれもすごくないってことだと曲解されることがあろうが、やっぱりクルマってひとつの文化なんだねぇって思ったのでした。
posted by てつりん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

何もない土日に

 仕事のことも含めて、本当に何もない土日を過ごしていました。それこそ、おこづかいを握りしめてどこか夜行日帰り弾丸ツアーにでも行こうかと思っていたくらい、何もない土日でした。結局どこにも行かなかったんだけどね。

 きのうは何をしたんだったかなぁ。午前は、例の首の病院に行った。ヘルニアである以上手術しないと治らないんだけど、それでも症状が軽いならクスリを減らしてみませんかって話になった。あとはよっしーとドライブ。午後は娘がスイミングにいったのについていくのもいいんだけど、よっしーが日頃スイミングのために昼寝が少なくなっているのではないかと思っていたので、ひさしぶりに家にずっといた。

 きょうは、朝食を食べてからソファーで横になっていたら、昼食が出てきた(爆)。どうもリビングで、力いっぱい二度寝をしていたみたいです。女性陣はライブに出かけたので、男性陣は留守番のこの日、よっしーの昼寝の後に駅まで行って、電車を見てたなぁ。

 これだけなにもない週末ってどれくらいぶりなんだろうって思うけれど、さとが言うには世間のお父さんというものはそういうものなのだと。確かにその通りなんだけど、それにしてもねぇ。日頃がどれだけすること満載なんだかって感じですな。
posted by てつりん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

2017年3月 月例報告

 いつもご来場いただき、誠にありがとうございます。先月はこんな感じでお越しいただいておりました。厚く御礼申し上げます。なお数字は3月のアクセス数で、カッコ内の数字は先月の順位でございます。

1.カテゴリ:第一腰椎圧迫骨折  207(2)
2.カテゴリ:プレマシー(2代目CR型)  151(3)
3.カテゴリ:粉瘤との戦い  137(4)
4.VOLVO V40 D4 SE がやって来た  132(5)
5.VW Sharanに乗ってきた  117(1)
6.デリカD:5に乗ってきた  103(7)
7.カテゴリ:試乗記・クルマ談義  94(6)
7.カテゴリ:北野食堂全品制覇への道  94(8)
9.カテゴリ:手作り  77(10)
10. カテゴリ:プレマシー(初代CP型)  58(11)

訪問者数 1,542(2月 1,274)
ページビュー数 9,534(2月 7,010)


 ボルボがやって来た話は、ここではめずらしい4月1日ネタだったのです(ドライブに行ったのは事実)。毎年なにかおもしろいものをと思うけれど、なかなかエッジの効いたおもしろいものって書けそうで書けないね。今年に関しては新型プレマシーが出るってことで、実車も見ないうちにサインしちゃったって話を考えはしたんだけどね。現行のCWプレマシーにクロスオーバー風味を加えた新グレード、フィールドブレイクとか(笑)。サイズはほぼ同じなんだけど、SKYACTIVディーゼルの2.2Lを載せたことがニュース。本体のみのお値段は260万円。エクシーガがクロスオーバー7になったイメージですよ。

 今月の方向性としては、う〜ん、何もないなぁ。苗場に行った話は書こう書こうと思いながらまだ書いてないけど、結構いい席だったのと、とっても印象深いステージだったので書いておきたいのは事実。あとは、出張のような遊びのようなって感じで、ちょっといろいろと出かけてはいるんだけど、それを書くのはちょっとまずいかなって気がするのでお蔵入りかもね。正体がバレちゃぁ、まずいってことなのであって、行った先でまずいことをしてたわけじゃないからね(笑)。
posted by てつりん at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

タイヤを替えました

 天気がよかったのと、その他社内事情により、午後に休暇を取ることにしました。デミオのタイヤを替えようと思ってね。プレについては諸般の事情により、すでに交換済みです。

 AZワゴンの時は自宅にタイヤを置いてたし、置けるように収納スペースを確保していました。ところがデミオとなるとそうもいかない。ということで、そんなに遠くはないけれど実家に置いてあります。例のジャッキを実家に持っていって、実家で交換すれば楽なんだけど、実家の前には妹のクルマが置いてあったりするという・・・。なので面倒な話ですが、まずは実家までタイヤを取りに行くことにしました。意外と問題なく4本とも載るものなんですね。
2017033001.jpg

 とりあえず交換前の状態をということで1枚。ホイールの色を車体色にあわせたつもりでいるのもあって。これはこれでかっこいい。
2017033002.jpg

 納車時からスタッドレスだったので、このタイヤはどれだけ走ってるんでしょうか。走った形跡すら感じられない、新品そのもの状態です。
2017033003.jpg

 去年買った例のジャッキがあれば、とっても作業がはかどります。
2017033004.jpg

 交換が終わったので、最初と同じ角度から1枚。正直このホイールのデザインは、イマドキといえばイマドキな感じだけど、わたしの感覚としては交換前のほうがかっこいいような気もしないではないのです。そのうち慣れると思って、あんまり気にしていませんがね。
2017033005.jpg

 せっかくなので、角度を変えてさらに1枚。う〜ん、洗車してないことがわからないくらい美しくてかっこいい(笑)。
2017033006.jpg

 さて、これでますますどこかに行きたい気持ちにさせられるというものです。マツダという自動車メーカーが想定したDJデミオの本領が、これで十分発揮できる状態になったのかと思うとなおさらね。
posted by てつりん at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

プラレール博に行ってきた

 年度末の処理が立て込んでいるなか、前日の卒園式+カラオケのために貴重な土曜の休みをもぎ取り、続いてはプラレール博のために貴重な日曜の休みをもぎ取り、行ってきました。

 ちなみに入場記念品は、写真がないけど北海道新幹線H5系の中間車両。地元らしく、E7またはW7系じゃないのかと。つなげて遊べないじゃないか。

 まだ娘が小さかった頃に行ってて、もう行かないかなって思っていたけれど、よっしーがちょうど年代にストライク!になってきたので行くことにしたのでした。なかなかこういう展示はいいものですね。
2017032701.jpg

 こういうご当地感満載の場所については、写真撮影の長蛇の列が続いていました。
2017032702.jpg

 わたしもよっしーくらいの頃にはプラレールで遊んでいたと思うんだけど、さすがにここまで古い0系は記憶にないなぁ。かなりたくさん持ってたはずなんだけど、いとこのところに行ってしまいました。
2017032703.jpg

 写真に入り切らないほどの大レイアウト。こういうものはずっと見てても飽きませんね。
2017032704.jpg

 変わったフライドポテトが売っていたので1枚。マッシュポテトをところてんを押し出すようなイメージで細長く、揚げ油のなかに落として作っています。なのでかなり長いし、中ももちもちです。
2017032705.jpg

 そういえばよっしーがいなかった頃に、一家4人が乗っている車両を作ってもらっているんだけど、今回もがんばって作ってもらいました。どうがんばったかって、2人がけのシートに5人で座ってがんばりました(笑)。今回は先頭車両の運転席に乗っているんだからたまりません。
posted by てつりん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする