2020年06月21日

徒然なる岩手県

 人生において初めて岩手県に足を踏み入れたのが、高校の修学旅行のときでした。と言っても、歳がバレそうな話ですけど、当時はまだ飛行機での修学旅行が一般的ではなかったみたいで、かなり遠いのにひたすら陸路。なので初日は、中尊寺くらいしか行ってない気がする。宿泊は岩手県内だったけどね。当時はユーミンをかなり聴いていたとはいえ、「緑の町に舞い降りて」の存在はまだ知らなかったはず。そうそう、昔っから思うのが次の歌詞。

MORIOKAというその響きが
ロシア語みたいだった

 ロシア語をやってたような人に、本当にそう感じる部分があるのかってことを聞いてみたくてねぇ。なお、あくまで個人的意見ではありますが、福井弁のなんだかアンニュイな感じというかむにゅっとした雰囲気というか、まぁなんとも言えないそれには、フランス語の響きを感じると思っています(笑)。


 その後、ふとしたきっかけで、岩手大学の人文社会科学部というものを見つけます。進研ゼミ高校講座の大学案内で見つけたんだったと思う。よく言えばあれもこれもそれもやってみたい、悪く言えば何がしたいのかが明確ではない、そんなわたしにとってはものすごく魅力的なところに見えたのを覚えてるなぁ。でも当時も今も同じように思っているけれど、文系で、ましてやそれが法律系とか教育系のように明確に仕事に結びつきにくいんだったら、やりたいことを何でも幅広くやっていた方が絶対に得だと思うんだよ。

 ところが。今も同じでびっくりしたんだけど、センター試験の配分が高くて、二次試験は英語のみ。あんまり、というかちっとも勝算がないので、結局そこは受けなかったんだ。今思うともっと早いうちからがんばっていれば何かが違った気もするんだけど、そうしなかったことで見ることのできた世界もあって、その結果が今を創っているんだから後悔はないなぁ。鉄道のポイントのように、本来は両方への分かれ道があって、でも現実の人生だと片方しか見ることができない。そんなパラレルワールドを覗くことができたとしたら、行きたくはないけれど見たい気はするけどね。


 ある日、FMから流れてきた「アドバルーン」って曲にやられました。リンク先の動画は初めて観たけど、これは当時作られたPVなんだろうな。服部祐民子本人もちゃんと出てますよ。このへんでも相当プッシュしていたのか、曲が地元のチャートで1位を取ったり、ツアーがあると思ったら東京大阪と金沢だったり。このへんって、ファンの巣窟なんですよ。相当ライブにも行ったなぁ。アドバルーンをきっかけに、過去に出ていたアルバムは全部買った。ところが10年くらい前に活動休止。その後も音楽に関わる仕事をしていたことはわかっているんだけど、その音源も聴いて、これはいいなぁって思ったんだけど、今となっては探し方が悪いのか見つけることができない。アップルパレス青森のブライダルCMなんだけどなぁ。

 先日、気づいたら行きたいと思っていた宿がいっぱいになってたってことを書いたんだけど、それで開いた記憶の引き出しってのがあったんです。盛岡市にある、居酒屋祭。実はここ、その服部祐民子のご実家でねぇ。つまり岩手県出身。本人はインディーズに活動の場を移した頃からかなぁ、ウェブ制作の仕事もしてたんだけど、お店のホームページも確か本人が作ったものだったはず。ところがどうも閉店したらしい。聞くところによるとどうも、おかみさん(服部祐民子の実母)が亡くなったことによるらしい。

 そこからなんだか妙に服部祐民子のことが気になって、居酒屋祭のことをあれやこれやと調べてみたのでした。なんとそこには旬菜十六月という別の店があるんだけど、これがまたいい感じのお店なんだな。また、こういう記事も見つけた。結婚して、子どもが生まれたってことも知ってたけど、これを読んでまた歌ってほしいような気持ちと、本人が幸せにしているんならそれでいいやって気持ちが複雑に入り交じる感じ。ホントにいい曲を作ってきたんだけどなぁ。このまま埋もれていくのは惜しいよ。

 誰にでも確認できる服部祐民子の足跡は、今のところこれで終わっています。うん、やっぱりそのうち岩手県に行こう。湯治の旅に出よう。そんな気持ちにさせられるのです。
posted by てつりん at 12:17| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

引き留めにあった

 引き際を選べるって、幸せなことなんだよって言いますがね。例えば王貞治は最後の1年でもホームランを30本打っていたらしい。それでも王貞治のバッティングができなくなったと言って引退したんだけど、ホントはどうも、ボロボロになるまでやりたかったんじゃないかと。そう思われる会話を、生涯一捕手としてボロボロになるまでやりきった野村克也と交わしていたんだとか。ボロボロになるまでやりたかったのに、余力を残す形でやめることになった、いや、やめざるを得なかった者の無念という感じかなぁ。最近だと、高橋由伸がそんな感じがするなぁ。そしてその逆を歩もうとしているのが鳥谷敬。

 そこまでの大物の話ではない、小物のわたしの話ですがね。昨年度の終わりくらいからかなぁ。そろそろ今の事業所も、もういいかなって思ったのは。うちの業界は一応異動希望を出すことができます。ただし一種のプロテクトが掛かっている状態のこともあって、一時期は異動希望を出すことができませんでした。出せるようになってずいぶん経つので、今年度は出してみようかなぁと。

 なんでそう思うのかなぁ。まぁいろいろあるんだけど、大きいのは燃えるものがなくなってきつつある気がすることかな。気づくと、過去のライブを焼き直ししようとする自分がいる。ネタに困って、過去の譜面を引っ張り出してみると、こんなすごい譜面を超えるものが書けないと思う。自分が退化していく気がする。それは同じ組織の中に長くいて、そこに安住しつつある自分がいるからなんじゃないかってね。以前のようにお客さんも頻繁に変わるわけではない。なんとなくこんな感じでいけるだろうって甘えが、通用してしまう感じがする。でもさぁ、芸事において妥協が始まるようでは終わりですよ。なんだろう、殺るか殺られるかじゃないけど、なんだかぬるくなっていく自分がいる気がするのだよ。昨年度だったかなぁ。同僚がかつて異動希望を出した理由もそういう感じのものだったと聞いて、漠然とわたしの中に感じていたものが形になったという感じがしたんです。

 というわけで、かなり前のことですが支社長に相談に行きましたよ。今年度で終わりにしたいってね。まぁ、あれこれ聞かれましたね。家庭の事情かとか、どうしてもイヤな事情があるかとかね。そういうのじゃないんです。まぁ、イヤなことがないわけではないけれど、そんなのどこの会社に行っても多かれ少なかれあるものですから。むしろ、自分のなかで何かが納得できなくなっていく感じ。だからかなぁ、案の定引き留めにあいました。終りがあるものだからこそ、終わりを全うしたほうがいいんじゃないのって内容の話だったなぁ。それをムリして、途中で終わることもないでしょうと。これ以上の詳細は書けないけど、終わりを全うしたほうが結果的には得策だと思われるって内容の話もあったなぁ。

 今年度に関しては、ちょっとこれまでのように惰性で生きることは難しいかもしれない状況に置かれています。社内組織の変化が大きかったのでね。正直それもなく、また同じような感じで動き出していたとしたら、もしかして自分自身が持たなくなっていたかもしれません。改めて燃えそうなものを与えてくれるようなポジション、位置づけにしてくれた上層部の慧眼だったとしたらすごいと思っていますが、その話は会社を去るときの酒の席にでも取っておきたいと思っています(笑)。
posted by てつりん at 23:21| Comment(0) | 仕事っぽい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

満室御礼

 コロナ禍のあれやこれやもあって、今後の予定がなかなか立ちません。夏休みには湯治の旅に出ようかと密かに画策中だったのに、以前からそんなことを考えていたのに、そもそもその夏休みがどんな感じになるのかがまったく読めない。でもそろそろなんとかなるかなと思って、狙った宿の空室検索を試しにかけてみたところ・・・、なんと全滅だったという。

 東北の冬も味わい深いものがあっていいんだろうけれど、個人的には避暑気分も兼ねて夏に行きたかったのにな〜。それでも気を取り直して、今のところ、いつまでの予約ができるのかを調べてみる。う〜ん、9月末までか。ということはたぶん、来月になれば10月末までの予約ができるんだろう。9月になったら速やかに、年末の予約を押さえに行ってみようかな。きっとその頃だと、相当いろんなな仕事が押し詰まっているはずで、疲れもピークにあることでしょう。きっと湯治場でまったりすることが、至福の贅沢なひとときになるに違いない。もちろん仕事は計画的に進めていきたいと思っていますよ。どうなるかはさておきね(笑)。
posted by てつりん at 23:28| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

40000!

 タイトルの通りではあるのですが、先日デミオが走行40000kmを達成しました! でも、撮影に失敗するのが怖かったので、とりあえず撮れそうだった39999kmでも1枚。
2020061201.jpg

 結局、無事に撮影することができました。もはやいつのことかも忘れてしまいましたが、先々代の愛車、CPプレマシースポルトで達成して以来、人生において2回目の到達です。
2020061202.jpg

 最近はコロナ禍やそれに伴う在宅勤務が続いたり。そもそも今年に入ってデミオで遠出らしい遠出もしていない。そんな状況で、わたしの愛車にしては距離を重ねるペースが控えめな感じがするんだけど、もちろんまだまだ長く走る予定です。
posted by てつりん at 23:03| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

総社のデニムマスク

 タイトル通りですいません。ついに先日、待ちに待ったものが到着しました。ついでにアベノマスクも到着しておりますが、これは待ってなかったなぁ(爆)。申し訳ないけど、顔の大きさにあわないんですよ。
2020061301.jpg

 布マスクが欲しかったのもあるんだけど、作られている経緯に賛同して買ったということのほうが大きいかなぁ。なお、デニム生地だということで、もっと硬い感じのものをイメージしていましたが、想像以上にソフトなつけ心地です。
2020061302.jpg

 総社デニムマスクのマーク入りです。なかなかかっこいい。購入はこちらから。それにしても、夏モデルが出てるとは知らなかったなぁ。見た目の違いは不明です。
2020061303.jpg

 ところでこれの何がいいって、一時期大量に買った使い捨てと違って、大きさが適切。家にあるものは小さいというか普通サイズで、あとで耳が痛くなってくる。顔の肉が押し上げられているのがわかる。でもこれはそんなサイズではないし、ゴムも結ばれていないので好みの長さで結んで調整できる。つけ心地も最高ですよ。

 なお総社市では、学校の給食カレーも販売しているそうです。なかなかのアイディアマンがいる自治体の気がします。
posted by てつりん at 15:58| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

今月の岩盤浴

 5月の週末に行こうと思っていたのですが、何があったのか再開が1週間延期に。ホームページをマメにチェックしていてよかったよ。お風呂やレストランは開いていたとはいえ、岩盤浴をしに行って岩盤浴が閉まってたらシャレにならない。

 というわけでじっくりと汗を流し、お昼ごろからはレストランへ。例によってポテトフライとプレモルで一杯。ビール好きってわけじゃないんだけど、でも毎度のことながらおいしくいただきました。
202006061.jpg

 そうそう、稚鮎の天ぷらもありましたよ。なかなかのボリュームで、500円。いつまであるのかわからないけれど、なかなかおすすめです。
202006062.jpg

 それに飽き足らずにもう一杯ってことで、萬歳楽の加賀梅酒ソーダ割りを所望。これは北陸新幹線のグランクラスでも飲めるという銘品です。一時期自宅にも備蓄されていた時期があった気がするけれど、あまりのおいしさに常習性があるってことでなのかなぁ。最近はうちでの在庫を切らしております。
202006063.jpg

 その後さらに昼寝したり、岩盤浴で汗を流したりして夕方近く。ついに食べてみたかったあれを注文します。前回行ったときも、その話をしてたくらいですが、ついに降臨させますよと。その名も、全部のせカレー。お店のトッピングを全部載せるという、豪快な一品です。しかも大盛りで。
202006064.jpg

 ・・・一瞬、ちょっと早まったかもしれないと思ったくらいのデカさです。しかもこの日の自宅での夕飯もカレーであることはわかっていました(笑)。でも食べたかったんです。それにしても見事なボリューム。大盛り料金100円で、1355円だったかなぁ。でもこの日は、食事一品+入館+岩盤浴で1500円という、バーゲンプライスなクーポンを頂戴していて、全部のせカレーは一部追加料金で食べられる。

 まぁ結局、飲んでいるわけですから最終的にはいつもどおりな感じの、4000円くらいを払って帰ってきましたがね。それでもまる1日いられて、まったりのんびりできるってのはいいなぁと思いますね。岩盤浴内は密を避けるために1人おきに寝るように札が置かれていましたが、わたしのような熱烈なファンがいるのか、時間帯によっては空きがない部屋もあるくらいでした。来月も行こうと思います。
posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

3年半使ったSDカードの中身

 デミオのドライブレコーダー用に、新しいSDカードを買いました。で、3年半使ってきたSDカードはどうなったのか。結論を言うと、直前までちゃんと稼働しておりました。

 ドライブレコーダーについていたもので、どこの製品かよくわからないけれど、長い間お疲れさまでした。ちなみにデフォルトの設定では、この8GBに60分間の動画を撮っていくことができるそうです。画質を落とせば、もちろんもっと長くなりますが、走行中の景色を撮ったところでどこまで活用できるんだろうと思いまして、60分でいいやと思って今に至っております。24時間分とか撮れれば、遠出先の道中の模様も記録できるって思ったんだけど、それを編集するのが面倒そうだし。
2020053100.jpg

 で、中身を見たところ、1〜2日の通勤などの道中が録画されておりました。これは、帰り道の駅前ですな。逆光でよく見えないとは思いますが、世界で一番美しい駅なんだとか。でもちゃんと調べたところ、世界で最も美しい駅「のひとつ」であり、世界で最も美しい駅14選の6位。つまり、世界で6番目に美しい駅・・・?
2020053101.jpg

 市民の台所として名高い近江町市場。新幹線の開業に向けて、きれいな再開発ビルに生まれ変わりました。そのためか観光客向け要素が強まり、市民の台所感はどんどん薄れていってます。それでも土用の丑の日のうなぎや、年末のそば、シーズンの香箱ガニなど、ここぞという時にはここで買ったものを食べてます。買ってくるのは母ですがね。
2020053102.jpg

 左側に見える白い建物が、21世紀美術館です。現代アートなんてよくわからんなぁって、できる前やできたあとは思っていましたが、よくわからなくてもおもしろいのは事実。服を着たまま潜れるプール(勝手に名付けた通称)は、いわゆる映えるスポットとしてかつては行列が絶えませんでした。
2020053103.jpg

 左側が金沢城跡。右側の高台の中は兼六園です。21世紀美術館からこの2か所は、歩いてすぐそこって感じです。
2020053104.jpg

 左側は引き続き金沢城跡ですが、見える建物は石川門。城ではなくて、門です。しかもこれ、実は裏口です。正面の橋によって、兼六園エリアとか金沢城エリアを結んでいます。なおこの道路は明治初期まで、水を満々とたたえる堀だったのだとか。
2020053105.jpg

 交差点向こうの右側が石川県立美術館で、左側の木々の間から見える白い建物は東京から移転してくる国立工芸館です。建物の外観はほぼできあがっていますが、今夏開業の予定だったかな。国立工芸館の左側には、写真では見えませんが、明治末期から建てられた赤レンガの建物が並んでいます。かつては陸軍の兵器庫でしたがその後金沢美大の建物を経て、県の歴史博物館になっています。
2020053106.jpg

 動画を見ながら、これはと思うところのスクリーンショットを撮って作りました。でもなぁ、正直思うんだけど、自分自身で運転していても写真のように美しい景色には見えないんだよね。目が悪いんだろうか。ドラレコのカメラが優秀なんだろうか。
posted by てつりん at 22:07| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

長年の懸案

 デミオを買ったときに、事前に購入してあったドライブレコーダーもつけてもらいました。そういえばそのドラレコそのものについて、何も語ったことがないですな。せいぜい、危ない目に遭ったときに備えて、動画の見方を確認したって話をした程度だ。

 ドラレコも装着されて納車される際に言われたことが、ずっと頭に残っていたんです。SDカードは、1年ごとに交換したほうがいいですよと。なんでも何度も書いては消し書いては消しを繰り返すようにして使われる性質上、劣化がものすごく早いのだそうだ。とあるお客さんは、それで書き込みができなくなっていたことに、ある日ふとしたきっかけで気づいたんだって。一番の幸いは、そのふとしたきっかけが事故の時ではなかったってことだ。

 事故の前後を記録しないドラレコなんて、ネズミ捕りを見落として捕まってしまうレーダー探知機と同じくらい意味がない。で、1年点検のときに交換する習慣をつけようと思ってそれっきり。車検が来たのを期に交換しようと思ったけれど、そんなに高い品物ではないからこそ、Amazonで買う機会を逃してそれっきり。買いに行くのも面倒だし。というかさぁ、1年で替えようと思っていたのに、もうその1年からさらに2年半が経ってるなんて早すぎるし。

 そんな時代ももうおしまい。ついに買いました。ついでにアダプターも買いました。商品の希望はマイクロSDで、アダプターもあること。劣化の問題もあるそうなので、いいモノのほうがいいと伝えただけで、商品の具体的な選定はさとに丸投げ。いくらなのかすらも知りません(爆)。
2020052901.jpg

 さて、3年半もうすぐ4万kmの道のりを、いつもいつも書き込み続けたSDカードはどうなっているのでしょう。
posted by てつりん at 18:15| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

それはソアラに違いない

 スポーツカーに対するよっしーの目の付け所はすごいものがあると思っています。先日は、注意して見ないとわからない位置においてあった180SXを見つけて、「あっ!スポーツカー!!」って言ってたし。ちなみにその180SXは、2×2台で停められていた自宅前ガレージの奥側の2台のうちの1台で、色はガンメタ系。奥の2台のみ屋根付きのガレージに置いてあったから、影になって光の加減で見えにくいし、そもそも前の2台のために全貌を見ることができない位置にあったはずなんだ。さらには歩く方向に対して真横の位置。通り過ぎてから見つけたってのもすごいと思う。

 さて、別の先日、でかけた帰りのことでした。よっしーがそういう感じなので、こっちもこれはと思うものを見つけたら、教えてあげていたりするんです。で、見つけたのが4代目(Z40)のソアラ。屋根が開くんだよ〜、あれはソアラっていうんだよ〜って言ってたんです。でもふと思った。あれは絶対にソアラなのか。もしかして、レクサスSCである可能性はないのか。でも、マークがついてないんだよね。そこでさとが一言。

「あれは絶対にソアラだな。」
「レクサスだったら、マークを取ったりはしない。」


 う〜ん、説得力のありすぎるコメント。でも実際のところは不明です。なおこれを書く上でちょっとだけ調べましたが、まったく同じものだと思ってたんだけど違うんだねぇ。ATが5速から6速になった、純正アルミのデザインが変更された、シャシーの補強が加えられたなどなど。見る人が見たら、たとえマークがなくても、ソアラかレクサスかを見破ることができるのかもしれませんね。
posted by てつりん at 17:56| Comment(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

正しさって、なんだ!?

 これは過去に、どこかに貼ったかなぁ。記憶がないんだけど、短いバージョンをお好みならこっちかなぁ。でもそのうち消されるかも。


 いいなぁって思って、フルバージョンをご所望ならこちらを。中島みゆき本人によるオリジナルではないんだけど、オリジナルを知るものの感覚としてはまぁ悪くないかな。鑑賞に耐えられないレベルのものでは、ぜんぜんありません。むしろオリジナルとは違ったよさが出ているとも思う。


 なんでこんな動画を貼るかというと、これを書く時には見つけられなかったんだけど、次のような内容のツイートを見たから。

叩いている相手がいなくなったら、
次は、それを叩いていた奴らを叩くんだろう?


 正しいことならやればいいと思うけれど、正しいことをやってるんだというその感覚に溺れすぎることは危険だなぁって思います。自粛警察なんて、まさにそれだよね。政権批判もそろそろ、自分のなかではもういいかなと。なんでそう思ったかというと、「さよなら安倍総理」のハッシュタグに、直感的にヤバいものを感じたから。なんていうのかなぁ、世間をよりよくするのが目的であって、トップの首を取ることが目的ではないのだよ。まさかそこをはき違えては、いないでしょうねと。
posted by てつりん at 23:10| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする