2020年05月23日

いろいろあって、こうなった

 連日連日在宅勤務です。先日は、昔何度か一緒に仕事をした同業他社の人から、「在宅勤務ってホント〜? 絶対仕事してないでしょう(爆)?」って電話がかかってきましたが、なんと失礼な。働いてますから。

 で、在宅勤務のお供として、いつ買ったのかわからないくらい古いさとのバイオが大活躍しております。でもねぇ、古いだけあって、動作がものすごく重い。Macを新しくして、そこにOfficeなどを入れることで仕事ができるようにするってのも考えたんだけど、やっぱMacはわたしのなかでは遊びで使うものなのであって、なんか違和感がある。Mac版のOfficeの画面は美しいけれど、調べた限り美しいだけにやっぱ違和感が拭えなくてねぇ。なんていうんだろうか。営業バンで外回りしてて、そんなに荷物を積むわけじゃないから別に営業バンじゃなくてもいいってことで、じゃぁこだわって購入した自家用車で営業ができるかと言うとなんか違うって感覚に近いかあぁ。スーツ着用でなくても仕事はできるけど、スーツを着ないと戦闘モードに入れないって感覚に近いかなぁ。

 そこで、新しいWindows機を買うことに。先日、新しいMacを買おうという話になってたはずなのにね。なんでそうなったんだろうか。ちなみにさとのバイオは、2010年の購入でした。見た目にはそんなに古さを感じないんだけどなぁ。
2020052301.jpg

 前段階として、Macの周囲を整理整頓します。ここまで机が美しいって、何年ぶりのことなんだろうか(笑)。
2020052302.jpg

 ちなみに今回購入の品は、こちらでございます。わたしはワードとエクセルとパワポが使えればいいという条件だけを出して、選んだのはさと。なんかねぇ、自分のものではないというのもあって、どうにもテンションが上がらないんだよね。そしてさと自身も、iTunesでの楽曲管理のためくらいにしか使ってないから、そんなに新しいパソコンへの必要性を感じてなかったらしい。といいながら、楽しそうにセットアップするんだからさすがですよね(笑)。わたし?自分のMacが届くんだったら、楽しそうにセットアップすると思います。
2020052303.jpg

 で、こうなりました。そんなに働きたくないんだけど、働ける環境がさらに整ってしまいました。そしてこれを書きながら、Macのtimemachineに使っていながら、容量不足でtimemachineとしては稼働しなくなったハードディスクで仕事のデータを持ち運べば、もっと環境が整うんだということを思いついてしまった・・・。ちなみにそのハードディスクは、2011年まで使っていたiMacG5がお亡くなりになった際に、次のMacへの復元用にハードディスクを取り出して、外付け化したものなのです。
2020052304.jpg
posted by てつりん at 22:39| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

靴を買いました

 タイトル通りの内容ですいません(笑)。今回も愛用のメレルの靴を買いました。
2020052201.jpg

 これでかれこれ3足? いや、4足ではなかろうか。記憶を遡るべく調べたところ、どうもそのようです。前も履いていたメレルのシューズって表現が2014年にあって、そのシューズが大変なことになったので買ったという話が2017年にあった。つまり、購入年月不明の1足目と、2014年8月購入の2足目、2017年10月購入の3足目があって、今回の4足目なわけだ。どれだけメレルが好きなのかと(笑)。

 まぁでも、履いているうちに足になじんでいく感じが気持ちいいのは事実。そして先日まで履いていたものの靴底も大変なことになってさようならしましたが、結構短期間で買い替えているんだなぁ。いつもお気に入りの1足を集中的に履いて、そして履きつぶしてしまうけれど、もう1足買って交互に履くことができれば・・・。そう思いながら、結局1足を集中的に履くんだけどね。

 なお今のうちに。次回の購入はたぶん2023年頃かと思われます(笑)。
posted by てつりん at 21:43| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

在宅勤務もつらいね

 在宅勤務が続いております。

 ところが出口が見え始めているので、出口をとりあえず出たあとに向けての動きも加速しております。そのために、オンラインで会議をよくやっているんです。ところがうちの会社って、会社というか業界そのものがかなりのアナログ世界。普段だったら紙媒体で会議資料が渡され(メール添付のこともありますが)、会議の席上ではその紙に自分がわかるようにメモを書き込む。

 できれば在宅勤務でもそうしたいんだけど、プリンターの調子も悪いしメモができなくて、会議の内容がちっとも頭に入ってこないのです。やっぱ手を動かして、自分で書くことで、頭に入りやすくなるんだなぁ。聞き流しても済んでたようなことだったかも知れないけれど、出口が見え始めた以上そうも言ってられなくなってきたと。

 そこで最近始めたのが、かなり古いさとのバイオを使ってメモをとること。ワードで作られている会議資料をさとバイオに送って、それを開いてメモをとる。うん、いい感じだ。ところが資料がありすぎて、そのメモを取った資料がどこに行ったかわからなくなった・・・。1つのファイルを開くのにも時間がかかるし、それは開けたいファイルじゃなかったとわかったときのがっかり感ときたらもう・・・。それって仕事のできない人だよねとさとに言われる。う〜ん、まぁ、仕事はできないほうかも知れないなぁ(爆)。

 あと、話題のオンライン会議もなにげに疲れる気がする。なんで疲れるのかわからないけど、いつものように聞くよりも、より集中して聞いているからなんじゃないかと思っている。実際のところはどうなのかなぁ。あと、画面からは全員がこっちを見ているように見えるので、頭をかいたり鼻の下をこすったりキョロキョロしたりするのもはばかられる感じ。そのためか、微動だにしないような会議の出席者も少なくないし。あっ、その人たちはまばたきはしているので、自身の画像を貼っているだけではないと思っています。
posted by てつりん at 17:48| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

パックの点検

 先日さとがヴォクシーの点検に行ってきたのですが、いつものマツダ販売店からも半年の点検どうですかと電話がありました。個人的には半年だと6月なのでもうちょっとあとでもよかったんだけど、わざわざかかってくるということはヒマでしょうがないのかと(爆)。

 まぁこっちもヒマでしょうがないわけではないけれど、どこも大変なんでしょうねぇということで行ってきました。時節柄なのでしょうか。無料で除菌、消臭をしてくれるそうです。でもまじめな話、顧客サービスと点検に関わってくれるスタッフの感染症対策を兼ねてるんじゃないかなぁと想像したりする。車内って三密だし。
2020051701.jpg

 積ん読になっているものを持ち込んで読もうかと思ったのですが、雑誌でも読んでダラダラしようと手ぶらででかけたら、なんと雑誌がなかった! 時節柄、しょうがないよねぇ。
2020051702.jpg

 今回のおみやげです。
2020051706.jpg

 左上の封筒の中身はこんな感じでした。よっしーが、R360クーペを見て、「これっておもちゃ〜?」って聞いていましたが、昔の実車ですから。でも、現代のセンスでこういうのがあったら、乗りたい人はいるだろうなぁ。日産フィガロもその筋にはかなり人気があるらしいし。フィガロは一時期、わたしも乗りたいと思っていたなぁ。
2020051705.jpg

 泡つや洗車も点検と一緒に出したら1000円ということで、所望しました。自分で洗った記憶がないから、もしかしたら半年ぶりの洗車ではなかろうか・・・(爆)。
2020051703.jpg

 それにしても美しい。これがいつまで続くのかはさておき。
2020051704.jpg

 ところで、昨年末に出たという商品を提案されました。以前、DPF再生の頻度が高くてフィルターを焼いてもらったということがありましたが、そんなふうに再生頻度が高くなったり、燃費が悪くなったりする現象に効果があるのだとか。う〜ん、その時に焼いてもらったのと、通勤の道を変えたこともあって、今のところ不満はないけどね。でもまぁ、そうなることに対する予防効果もあるんだろうし、せっかくだから長く乗りたい(個人的な予想だけど、このクラスの国産でディーゼルってもう出ないんじゃないかと思っている)ので、入れてもらいました。1本3300円。

 長年のつきあいもあって販売店や担当者を信頼しきっているので、いい意味で上記以外の説明は聞かなかったし求めなかったんです。オイルに混ぜるのか燃料に混ぜるのかも聞かなかった(笑)。帰ってから調べて、上記リンクの内容を読んで、初めて燃料に入れるんだってことを知ったくらいだし。で、よく読むと、次のような記載が・・・。「デポジットクリーナー添加後は、なるべく早く燃料を使い切ってください。

 こんなご時世でどこに行って、燃料を使い切ればいいのか。県内の道の駅完全制覇を目指して、踏みに回ろうかなぁ。自粛警察に吊るし上げられたりして。
2020051707.jpg
posted by てつりん at 16:19| Comment(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

12か月点検

 連日連日、さとともに在宅勤務で進行中です。わたしの方はと言うと今週頭からいろいろと新展開となっており、GW前後の勤務日のようなまったり感は失われてしまいました。多くは語れませんが、「Show must go on」ってことで、かなりたてこんでおります。

 そんなある日、さとに電話がかかってきました。聞くところによると、ヴォクシーの12か月点検どうですかと。個人的には6月末の登録なのでもうちょっとあとでもよかったんだけど、わざわざかかってくるということはヒマでしょうがないのかと(爆)。そんなわけでさとが行ってきたのでした。案の定ヒマだったようで、お茶でも飲みながらゲームしてまったり過ごそうと思っていたのに、担当とほぼずっと話ししてたって。

 で、おみやげをもらってきました。県内でもいよいよ、トヨタ系は全車種取り扱いになるとのことでした。個人的にはクラウンとか、店にあったら試乗してみたいなぁ。わざわざ付き合いのあるわけでもない店に、乗ってみたいだけで買う方向への興味もない(ごめんなさい!)ような人が試乗しに行くのは申し訳なくて行こうとも思わない。でも、いつものなじみの店に置いてあるんだったら、乗ってもいいかなって思うじゃない。あっちもきっと、てつりん家におけるマツダの牙城を切り崩したくて、喜んで試乗させてくれるはず。買わないけど(コラ)。
2020051401.jpg

 ところでちょっと驚いたのが、ワイパーゴムの交換がタダだったこと。正確には、交換項目に入っているようで、何も言わなかったけど交換されていてタダだった。購入時に点検パックにも入っていて、マツダに対しても同様なんだけど、マツダでタダで交換してもらった記憶はないなぁ。まぁ、パックの料金に上乗せされているんだったら、結局はお金を払って交換していても同じことだとは思うけれど、めんどくさいので検証はしておりません。
posted by てつりん at 00:00| Comment(0) | ヴォクシー(3代目80系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

味のある言い回し

 近所の休業中のスーパー銭湯で、先週から弁当のドライブスルーが始まりました。近所なので、近所の名店勝手に応援キャンペーンで利用したお店とか、近所の名店勝手に応援キャンペーンの一環としてひとりで行ってでも利用したかった(むしろひとりで行かないとお金がかかってしょうがない)けど、時節柄さとに阻止されたお店とかも参加しております。阻止されたのはまぁ、いわゆる接客を伴う飲食店とは違うけれど、カウンターで向き合って飲食するので、限りなく接客を伴う飲食店に近いだろうという理由です。

 で、きょうから休業自粛要請が解除される!ひさしぶりのオープン!と思っていたところ、スーパー銭湯の施設の規模の大きさの関係で、引き続き自粛が続くのだとか。あ〜あ、お気に入りの岩盤浴も同様の理由で、まだ休業が続くんだって。しょうがないけどね。

 ところでその、近所のスーパー銭湯ですが、なかなか味のあるお知らせ文を出しているのですよ。「無念の」とか、「コロナウイルスに負けたわけではありませんが」、「コロナウイルスに勝つ為」って部分がね。
2020051401.jpg

 ちなみにこのスーパー銭湯ですが、普段は夜遅くまで開いていて、お食事コーナーではアルコールも出ます。ここまでは普通なんでしょうが、駐車場を車泊で使うことができます。キャンピングカーの利用を想定しており、電源も使えます。普通の乗用車の車中泊だと、金額がちょっともったいないかなぁ。コロナウイルスに世間が勝利した暁には、よろしかったらぜひご利用ください。
posted by てつりん at 20:54| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

日本の歴史

 ひょんなことから、うちでも日本の歴史な学習マンガを買うことになりました。娘たちが読むだろうというのと、さとも読んでみたそうだったのでね。まずはネットを使っての品定めです。

 う〜ん、1社はビリギャルで知られるようですが、うちの娘が読むことを考えると細かすぎる。あと、絵が古い。内容の濃さはビリギャルがお墨付きを与えているくらいで、確かにいいのはわかるんだけどね。というわけで速やかに脱落。続いて、絵が平板な感じがする(4社のうち2番めに古い)ことを理由に1社も脱落。あと、表紙の絵と中身の絵の差が大きいのも脱落の理由です。表紙で期待して、中身でがっかりするのもなんだかねって思うし。ちなみに近現代史が全体の4割って、まるで4割がすごいことであるかのように書いてありますが、最近の教科書で確認するとむしろ普通です。

 というわけで残ったのが、学研と角川。う〜ん、学研は絵が美しいなぁ。上記リンクの卑弥呼の絵を見て思わず、「邪馬台国の女王だった頃は、かなりのババアだったらしいけどな(笑)」とつぶやいてしまいましたがね。まぁでもそんな女王卑弥呼にも、おねぇさんの頃があったんだよということで。ところが、姉が見て一言。「あ〜、これ、学童で読んだ〜」。うん、これで学研は脱落しました。学研が悪いのではありません。もちろん学童が悪いわけでもありません。ただ、ご縁がなかったのでしょう。というわけで角川に決定。近現代追加セットもあわせて、一気に大人買い。
2020051001.jpg

 おまけもなかなかそそられます。戦国すごろく、やりたいなぁ・・・。
2020051002.jpg

 なお角川は、唯一のハードカバーではないものなんです。上記リンクによると、みんなが手にとってすぐボロボロになるようで、塾では採用しないと。ということは、学校でも見る機会が少ないだろう。したがって、家に置く価値もあるだろうということで、購入に至ったのでした。内容? 確かに歴史の流れをつかむことを主眼においた構成だってのがすごくよくわかります。一番安いってのも魅力でしたね。
posted by てつりん at 15:15| Comment(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

趣味と健康を兼ねて

 Stay Home!なのはまぁいいんです。自宅で楽しく過ごせていますし。でもねぇ、かれこれ2か月くらいライブをしなくなると、太ってきました。以前からだというツッコミはそのとおりなのですが、動く量が減っているのに食べる量は以前と同じくらいか、もしかしたら夜に飲む頻度が増えている分多くなっているかも。そこで趣味と健康を兼ねた散歩コースの開拓に乗り出しました。姉と違っていまいち自宅でエンジョイしきれていない、よっしーも気になったのでね。

 自宅近辺には気軽に鉄分を摂取できるスポットが点在しています。こども園の散歩で電車を見たって話は、姉の頃からあった。なのでそれよりももうちょっと遠出しようと。よっしーはかなり体力があるようで結構長く歩けるし。というわけで、金沢総合運転所運用研修センターを見下ろせる場所まで出かけました。最近では、特に富山方面からに関して別のルートに主役を譲った感がありますが、それでも隣県や金沢市外から金沢市内中心部に入る際、多くのクルマが通るであろうルート上に位置しています。わたしもよく通りますが、もしかして歩いて通り抜けたことはなかったかも知れない。

 黙っていたら、いつまでも動かないくらいの勢いでガン見です。かぶりつきです。でも、どうも水生生物もかなり好きみたい。水が流れていれば見つめて、わたしが見つけられなかったような魚を見つけたり、わたしがただの石だと思っていたようなものを貝(タニシ?)だと見破ったり。
2020050602.jpg


 4月29日16時頃、金沢方面を撮影。左側の高架は北陸新幹線です。
2020050601.jpg


 5月3日12時頃、同じ場所で撮影。上の写真の位置のほうが、車両基地感がよく出ててかっこいい感じがします。
2020050603.jpg


 5月5日14時に撮影。GW中とはいえ臨時列車は全面運休のはずで、こんなに停まってないことがあるってのは意外だったなぁ。そして前回と同じ位置になってしまったのが失敗。もうちょっと右側で撮ったほうがかっこよく映るね。
2020050604.jpg

 ほかにも散歩コースの別の場所には、新型コロナウイルスのために運休となり、働く場を失った状態にある花嫁のれんが置かれている車庫や、金沢貨物ターミナルを見下ろせるスポットがあります。毎日通って定点観測すると、もっといろいろと発見がありそうな気がします。
posted by てつりん at 20:03| Comment(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

10年ぶりにiMacを

 先日、さとに言われました。Macが重いと。かなり長い間使ってるんじゃないの?と。続けて、50万円(うちは5人いるので)が出たら、新しいMac買ってもいいよと。

 今のiMacは確かに重いと思うことはあるけれど、重くて困るほどかと言うとそうでもない。基本的なデザインは長い間変わっていないので、最新のデザインに憧れるということもない。だから新しいiMacについて考えたこともなかったんだよね。でもなぁ、せっかくそういうんだったら調べてみるか。

 というわけで、たまに見ているとはいえ、「このMacについて」でいつ頃買ったのかを確認する。う〜ん、6〜7年か7〜8年かと思っていましたが、もっと長かったようです。まさか2011年の前期モデルだったとは。
2020050401.jpg

 iMacの新製品情報は定期的に見ているつもりでしたが、公式サイトにあたるというよりも新製品の報道を読むという感じで、正直そこまで詳しくありませんでした。だから見た目が変わらないなんて思っていたけれど、いつの間にか筐体の薄さは劇的に変化したね。21.5インチモデルか、27インチモデルか。悩んだけれど、27インチはでかすぎるし置き場に困ると思ったので、21.5インチかなぁ。というわけで、アップル公式サイトで、21.5インチモデルの最上位機種で見積もりを出したらこうなった。キーボードはテンキー付きのものにしてあります。
2020050402.jpg

 ところですっかり新製品に疎くなってしまっていたのか、知っていたけど忘れていたのかはわからないけれど、なんといつの間にかドライブがなくなっていた! 調べたところ、わたしが前回iMacを買ったあとくらいの、かなり早い時期なのではなかろうか。まぁ、今どきCDを読み込んだり、DVDディスクを入れて観たりってのが時代遅れだってのはわからないではないんだけど、でもなぁ。昭和的なのはわかっているけれど、ソフトはやっぱりパッケージで買いたい。お気に入りのアーティストだったらなおさら。ということは、ドライブがないと取り込めない。う〜ん、外付けで買うか。マウスもキーボードもワイヤレスで、シンプルイズベストな感じの見た目にちょっと逆行するけどなぁ。秋冬モデルでどれほど変化するのかはわからないけれど、それを待って買おうかなぁってところですかね
posted by てつりん at 16:46| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

手段と目的は違う

 かなり前のことですが、積ん読のなかの1冊、鴻上尚史の「不死身の特攻兵」を読了しました。2月くらいのことだったかなぁ。買ったのはもっと前ですがね。出張のついでにサンダーバードの車内でとか、苗場に行ったついでとか、手持ちぶさたになる時間帯を使って一気に読んだんだ。
2020050401.jpg

 鴻上尚史については、夜中にラジオに出てたとか、ドラクエ3の曲を歌ってたとかいう話に共感してくださる方は、きっとわたしと同年代でしょう。で、わたしは後で知った、演劇をしていた方だという認識のほうが強い方は、きっとわたしよりも年上なんでしょうね。まぁ、ここでその話は置いときましょう。最近だと人生相談でもよくお見かけします。個人的にはここで語られる感覚がかなり好きだったりします。

 本の内容は、まぁタイトル通りのものです。でもね、この本を知るまでは、特攻に行ったけれど奇跡的な生還を果たした人がいるというイメージを持っていたのですが、この本に関しては違いますね。帯(赤線から下が帯ってでかいだろう・・・)に書かれていることがほぼ全てです。

 特攻というのは、特攻そのものに対する賛否は置いといて、特別攻撃を略して特攻なわけであくまで攻撃なわけです。たぶんね。この本を読むまで、攻撃するために、少しでも敵軍にダメージを与えるという目的のために、当時の若者は命を散らしたのだと思っていました。ということは、視点を変えて考えたなら、敵軍にダメージを与えたりすることができるのであれば、別に死ぬ必要はないわけですね。それができますけど。貴重な飛行機乗りを死なせずに、何度でも攻撃をしたほうが、より敵軍にダメージを与えられるわけです。わたしにはそれができるんですけど! と言って登場するのが佐々木友次(ともじ)です。

 鴻上尚史自身は、この佐々木友次氏のことを知って、丹念に調べていくだけでなく、直接お会いしたいと考えます。そして、実際に会うことができます。それについては終盤の、大事なところかと思うので、そこまで書いちゃうのはやめときます。不死身なのは運に恵まれたというのもあるのでしょうが、特攻というイメージとは違って、佐々木友次自身の飛行機乗りとしての腕を頼って、死なないようにすることが敵軍にダメージを与えるという目的に叶うからです。つまり、死のうとしたのではなく、死のうとしなかった特攻兵の姿が描かれています。そして、死のうとしなかったのは、臆病風に吹かれたとか命が惜しいとか言うのではなくて、本来の目的に即して考えれば、死ぬことが得策だとは思えなかったから。

 本書に登場する上官は、「次こそ必ず死んでこい」とか言うわけです。しかも、何度も。まぁ、特攻で華々しく死んだと報道され、地元の誇りとかになっちゃって、さすがにまだ死んでませんでしたってのもなんだかなぁってことなのでしょう。でも、そもそも特攻って何のためにあったんでしょうね。特攻という手段によって、敵軍にダメージを与えるという目的があったんじゃないのかと思いたいのですが、ここでのタイトル通り、登場する上官はどうもそうではないんだなぁ。死ぬことを目的にしている。上官自身は、死のうという覚悟なんて見せかけの口だけでしかないのに。そんな、手段と目的を取り違えている行為によって、どれだけの人間を死なせたのかと。読んでいて、涙が出ましたよ。

 でもなぁ、手段と目的を取り違えているようなことって、山のようにあるよねぇ。憲法を変えることばっかり言うけれど、何のために変えたいんだろうねぇ。病気がはやらないようにしたいはずなのに、不完全かつ効果の怪しいものを配るとか。9月入学とか言ってるけど、それで国際基準とあうなんて、手段と目的を取り違えているようなことを言ってる連中がいるから、なんだかなぁ感が出るんだよ。学校を再開して、学校クラスターが多数できたらまずいから、学校も休みます。でも、学習の遅れも心配なのですが、3月末に終われないことが懸念されるので、9月入学にしたい(正確には来年8月までに終わればいいことにしたい)んですって、言えないものかねぇ。ちなみに裏表紙にもでっかくかかる帯には、「”いのち”を消費する日本型組織に立ち向かうには」と書かれています。
posted by てつりん at 22:24| Comment(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする