2017年05月03日

悩み

 休日出勤だったきょう。会社で、てつりん家のGWはどうなの?って話になりました。

 きょうとあしたはブラック臭ムンムンで仕事なんだけど、5〜7は休みにしました。えぇ、5連休の2日が消えることくらい、ある意味当たり前ってところにこの業界の真っ黒さが見えるようですが、そういう話をしたいわけではないのでここでは置いておきます。この件は本社も見過ごしているわけではないし、監督官庁も何かを言い出してきているし、じわじわと社会問題になりそうなムーブメントのさきがけのようなものを感じなくもないのでね。

 さて、てつりん家のGWなのですが、実は京都の鉄道博物館に行こうと思っています。という話を、会社でしたところから話は展開していきます。姉もこういうのは結構好きだし、妹も嫌いじゃないし、よっしーはというとわたしと同様、大好きですから。ずっと線路沿いにいられるくらい大好きですから。ところが興味深かったのが、この話に対する同僚の反応。要約するとこういう感じです。

・まずは、いいなぁ〜という感想
・続いて、うちの息子もそっちに持っていこうと思ったけれど、ムリだった
・戦隊モノにどっぷりハマっているらしい
・だから遊びも戦いのものばっかりで、べしべし打ってくるんだとか
・というわけで、最初の「いいなぁ〜」に戻る

 なるほど、戦隊モノに興味を持つと、父としては何度もやっつけられてつらいのか。とっても勉強になりました(笑)。よっしーには、このまま鉄とか、建機好きとか、ゴミ収集車推しでいてもらおう(笑)。

 男の子の興味をもつものといえば、クルマか鉄道か、地域によっては飛行機とか、きっかけによっては建機とか。その手の乗り物系でなければ戦隊モノだと思うんだけど、乗り物と戦隊モノってかぶらないみたいだね。つまり、乗り物と戦隊モノという組み合わせではまることはあまりないと。確かにわたしは、乗り物に行っちゃって戦隊モノには興味がなかったなぁ。同僚の息子さんはその逆で、戦隊モノにはまるあまり鉄道とかには興味を示さないんだそうです。なんで、そういう違いがあるんだろうね?
posted by てつりん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

警告

 運転していたら、突然警告灯がつきました。写真では見えにくいのですが、レンチのマークです。
2017050201.jpg

 走っていておかしな点はないので重大なことではないと思うのですが、それでも何となく不安な気持ちにさせてくれます。ということで、説明書を読んで調べてみることにしました。

 そういえば最近になってようやく、車線を逸脱していなくても、しそうだからという理由で警告が鳴るってことがわかったんですよ(下図の赤下線部付近を参照)。これまでは、しょせん機械なんだからちょっとぐらい間違えることもあるよねとか、必要な時に鳴らないことのほうがまずいよねとかいう理由で、警告が鳴っても特に気にしていなかったのです(笑)。
2017050202.png

 で、レンチマークなのですがね・・・、
2017050203.jpg

 なんだ、その程度のことかと。エンジンオイルが劣化しているかどうかについては、そういえばデミオに関しては、オイルゲージを自分で抜いたことすらないですな(爆)。たとえ劣化していたとしても、販売店はGW休みなので、実際に見てもらうのならもう少しあとのことになるでしょう。

 1,000km突破時にエンジンオイルは交換しているので、次は5,000kmかなぁ。ということは、現在のペースだと、6月になってからでしょう。ただ、販売店の方では、1,000kmからさらに3,000kmでの交換タイミングで設定したのでしょうね。
posted by てつりん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | デミオ(4代目DJ型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

古い話で恐縮ですが

 今年も恒例の苗場に行ってきました。2年連続10回目の参加ということで、いつものパターンですがお風呂に入ったりちゃんこを食べて昼間っから飲んだり(今年はちゃんこは食べていませんが)お茶会を楽しんだり。せっかくの苗場なんだから滑りたい気もするんだけど、そこまで楽しもうと思ったら無理ではないけれど1泊2日では結構キツイ。
2017043002.jpg

 いつの話のさかのぼり更新なんだ!と思われそうですが、今年の苗場については特に心に残るものだったので、記憶が薄れようとも書いておこうかと思います。2月11日のことでした。
2017043001.jpg

 席についてびっくりしましたよ。過去に最前列、中央から1〜2人分向かって右にずれた位置だったってことがあったのですが、今回についてはそれに匹敵する至近距離。自他ともに認められているユーミンファンの端くれではあるけれど、かといって正直そこまで間近で見たいと思っているわけでは・・・(爆)。ちなみにわたしの前にいたご婦人方はわたし以上に奥ゆかしいようで、事実上の最前列でどうしようってオタオタしていました(笑)。
2017043003.jpg

 もうひとつ、席についてびっくりしたことがこれ。
2017043004.jpg

 FNS歌謡祭など、いろんなところでキーボードを弾きまくっている武部聡志氏の還暦だということで、あとから豪華ゲストがやって来ていました。長年のパートナー、ギタリストの鳥山雄司に、武部聡志と縁の深い一青窈、大黒摩季がやって来て、「ら・ら・ら」と「ハナミズキ」を、さらにみんなで「卒業写真」を歌うという、3曲多いオトクなな一夜だったのでした。




 でも、それよりも印象深かったことがあってねぇ。実は苗場のステージが始まるにあたって、事前に次のようなことはわかっていました。

・早い段階から花をモチーフにしたものと決まっていて、チケットでもグッズでも変わることがなかった。
・いつものことながらセットリストにテーマやストーリーのような、今回だとメッセージ性があるけど、それが特に強いらしい。
・由実さんが最後まで歌えるのかどうか、プロデューサーでもある松任谷正隆氏は心配しているが、それはしょうがないらしい。


 3番目のことについては、てっきり歌唱力というか、高音が出るかどうかの問題だと思っていたんだけどねぇ(爆)。実際にステージを見て、それどころの話ではないなってことがよくわかる、素晴らしいステージだったのでした。ということで、個人的に強く印象に残った曲と、それの個人的解説でも。


花紀行】 ← 本人ではないが、まずまずの歌唱が聴けます

 この曲はリクエストコーナーで歌ってもらおうと思って、いつも手を挙げているんです。わたしの自宅から徒歩3〜40分くらいの場所の情景を歌った曲なんだそうです。わたしのライブだったらかなりインパクトも強くて、指名したくなるような引きの強さもありそうなものなのですが、ここはプライベートの場なのでそんなオーラもわたしからは消えているのでしょう。ユーミンのお眼鏡に叶わず、指名してもらえないのですよ。でもねぇ、ライブに行くようになって15年以上。ついに聽くことができましたということで、大満足なのでした。

 なお、それならそれでと思い、仕事上思い入れの深い雪月花をと思ったのですが、これまた引きが弱いみたいで指名していただけませんでした。あと、文中からのリンク先の雪月花の歌唱は、ありがちだけど本人とはぜんぜん違う感じのユーミンのモノマネって感じで、個人的にはかなりいけてないと思います(爆)。


きみなき世界

 リクエストコーナーのあとの、1曲目です。実は昨年、ずっとライブにおけるユーミンのサウンドを支えてきた、ギターの中川雅也さんが亡くなりました。富山出身で、スキーの国体選手だったそうで、関係者の多くが苗場で、中川さんからスキーを教わったそうです。ということでしばらく、中川さんを追悼する曲が続くんだけどねぇ・・・。最後まで歌えるのかどうかという意味がよくわかった気がします。もちろんプロですから、この日に関しては最後まで全曲歌いきったんですがね。

 この曲がリリースされた頃、個人的にもいろいろとあって、曲が深くしみ入っていくような感覚があったんです。それを久しぶりに思い出しましたよ。そういう記憶の扉を開けさせるのが、開けさせられても不快じゃないというか懐かしいとさえ思わせるところが、さすがユーミンだと思います。


流星の夜

 「Good-bye friend」、「夜空でつながっている」のあとに流れてきて、あぁ、こういう曲もあったねぇとか、こういう内容の歌詞だったねぇって思った曲です。つまり、長らく存在を忘れていたと。

 ただ、これまでの3曲がずっと追悼とか、いなくなって悲しいって思いばかりだったのに、ちょっと何かの風向きが変わったというか、これから構成がどう変化していくのかなっていう意味で気になったのです。ちなみにこのあとは、「別れのビギン」、「天国のドア」、「Babies are popstars」と続きます。つまり、生まれ変わってやってくるってことですな。


BLIZZARD

 クリックしたら流れる動画の歌唱が、この手のものにしては珍しく本人のものです。いいのかなぁ・・・? なので、これと違ってキーを下げて歌ってるんだぜってことまで伝えやすくなってしまう(爆)のですが、そういうことはここではまぁ、どうでもいいです。ユーミンのライブにおいて「これは必ず歌う!」というものは存在しないのですが、苗場ではほぼ必ず歌われている、定番曲です。

 で、この曲以外にも、中川さんのプレイが偶然残っていて使われているんだけど、ここでもそうです。ステージ左側に、中川さんの見覚えある青いギターがあって、そこにスポットが当たる。ここで本編は終わりなんだけど、ステージを去るメンバーがギターを触っていく。何とも言えない場面です。


 このあとのアンコールについては、それでも「ずっとそばに」いるんだよ。一緒に「SHANGRILAをめざせ」ってことなのかなぁと思ったのでした。で、日付が2月12日に変わっている頃なのでということで、最初の方のサプライズのところに戻るのでした。来年もまた、苗場に行こうと思います。
posted by てつりん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

運動会に行ってきた

 タイトル通りの休日でした。天気も晴れなのか雨なのかよくわからない予報でしたが、いい感じに晴れていました。
2017042901.jpg

 走っては万年ビリだった姉がまずまずの順位をマーク。今年はいける気がすると語っていただけのことはあります。陸上競技と同様、同じくらいのタイムの子を並べて徒競走をやっているだなんて、これまで気がつかなかったなぁ。ちなみに妹はビリでしたが、走順としてはかなり後ろの方だったので、そこそこ走れると思われているのでしょう。
2017042902.jpg

 よっしーがいたこともあり、午後の部についてはほとんど記憶がありません。去年の段階では、土曜日に保育園に預けて、2人で角度を変えながら撮影しまくるなど自在に運動会を見て回り、さらに昼食は近所のファミレスで昼間っから飲もうとか考えてたのに。なんで祝日が土曜にかぶるのか。振替休日すらないじゃないか。
2017042904.jpg

 学校が比較的小規模なためか、低学年、中学年、高学年それぞれの縦割りで行われるものも多数あります。たとえば、よさこいは来年も姉がすることになるでしょう。去年まで姉が2年続けてやっていた玉入れは、妹が今年だけでなく来年もすることになるでしょう。それにしてももう3年って、運動会という視点で見たら、姉はもう小学校が半分終わってしまったぞ。早すぎる・・・。そして姉が所属した団は3連敗中。妹は初めての運動会で勝ったというのに。玉入れで一切戦力にならない動きをしていたというのに(爆)。
2017042905.jpg

 早すぎるといえば運動会の開催時期もかなり早い。準備も練習も、大変だったんじゃないのかなぁ。それというのも校舎の建て替えが始まるからだそうで、まったく同じ場所で行われる運動会はしばらくおやすみ。プールや、歴史ある土俵などの施設も、更地になっていました。
2017042906.jpg
posted by てつりん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

掃除など

 最近することが多いのか、それとも仕事が遅いのか。とにかくいっぱいいっぱい状態が続いています。それでも貴重な平日の休みということで、一切仕事のことはしないと心に決めて、1日を過ごすことにしました。

 といっても、まずは家のことを。プレが汚くて汚くてガマンならない状態になったので、ひとまず近くのコイン洗車場へ。1回100円の掃除機に、300円も使ったのは初めてです。
2017042401.jpg

 その後は油屋で手洗い洗車を所望。とてつもない水垢まではさすがに消えませんが、後日雨が降った時の水滴はさすがって思いましたよ。まぁ、自分で洗うのが一番きれいになるとは思いますがね。きれいなのと、納得できる仕上がりかどうかはまた別ですが。

 ランチは吟とんへ。さとのおすすめで、LINEの友達申請をしたら届くクーポンを使って。おいしくいただきましたよ。
2017042402.jpg

 続いて、夏に北海道へ行く打ち合わせに、とある旅行会社へ。個人的にはそんなの、自前で取ってしまいたいしできると思っているんだけど、航空券をたくさん取ったりするのがめんどそうで。めったに使わないだけに、窓口で話すのはなかなか新鮮な感じがしましたよ(笑)。かなりの出費になりそうです。
posted by てつりん at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

さらに花見に行ってきた

 そんなに雨が降らないからか、風が吹かないからか、今年の桜は長持ちしてますね。ということで、またしても花見に行ってきました。今回は日中です。
2017041602.jpg

 上の写真の奥の方に見える白というか淡いピンクというか、そんな感じに見えるところは、実は散った花びらが浮かぶ水面だったりします。
2017041601.jpg

 弁当を持ち込んで、花見というか山の公園で遊んできたというか。よっしーも人生初のシャボン玉を楽しんでいました。
2017041602.jpg
posted by てつりん at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

花見に行ってきた

 土曜日のことですが、夜桜見物に行ってきました。見頃って短いから、行きたいと思った時に行くとなると夜でしたってことはあるんだよね。まずは無料開放されている兼六園内で1枚。白と黒のコントラストが美しい。
2017040901.jpg

 酒は好きですがビールはあまり好きではありません。でも夜にこのぼんぼりを見ると、ビールでも飲みたくなるなぁって思うのは何かの条件反射でしょうか。ソフトクリームを食べていた横で、ビールを飲んでる人はいましたねぇ。
2017040902.jpg

 石川門の中にも入ってみました。でも風があるのか、ライトアップされた桜が堀の水面に映る画は、思うように撮れませんでした。
2017040903.jpg

 流れる車の灯りすら、桜に色を添えるって感じです。ただし、車道の右側の芝生の闇のなかで、ブルーシートを広げて花見をするのはいまいち理解できない。知らない間に妙なものを、飲み食いしてしまいそうで(笑)。
2017040904.jpg
posted by てつりん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

入学式に行ってきた

 妹の、小学校入学式に行ってきました。数日前に、「いちねんせいだからって、なにをしていいかわからない」という趣旨の悩みをさとに訴えていたらしいですが、そんな難しく考えないで、言われたことをやってればいいじゃないの。でもそんな悩みを持つだけのことはあって、前日よりも当日、ガチガチに緊張してました。
2017040802.jpg

 正直この時期はどうしても仕事が忙しく、入学式なんて一生行けないものだと思っていました。事実姉の時は行こうとも思わなかったくらいなんだけど、もしかしたらよっしーの入学式にも行けるかも? 姉の中学校の入学式にも行けるかも!?
2017040801.jpg

 いろんな人の、「おめでとうございます」という挨拶に対して、「ありがとうございます」と応じるんだけど、その返事がだんだん疲れていくのが見て取れたり。確かに式典でじっとしてなくちゃいけないってのは、多くの1年生にとって未体験ゾーンだったことでしょう。でも一番おもしろかったのは、国歌斉唱のときかなぁ。来賓も、保護者も、歓迎側代表ってことで出席していた6年生全員も、もちろん教職員も、全員歌えるし歌ってるんだけど、1年生の「えっ?このうたなに??」とか、「しらないうたなのにみんなうたえてる〜」とかいった、完全アウェーって感じなのが見て取れてウケました。

 入学式後に教室へ。こんな風景、一生見ることはないと思っていたけれど見られるなんて。そして担任の先生が、通知簿渡しだけでなく授業参観にも毎回行きたいですレベルにかわいい(笑)。去年の姉の担任もかわいくて、2回中2回わたしが行ったけれど(その前はさとと各1回で分担してた)、それとはまた違ったかわいいさだ。個人的には去年の姉の担任のほうが、いや、さとのほうがより好みのタイプではあるんですがね。
2017040803.jpg
posted by てつりん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

なりたいものと、なってほしいもの

 何気なく新聞を読んでいると、新小学1年生が将来なりたいものについて調査したという記事が目に止まりました。そこで、うちの新1年生に、まずは何になりたいのかを聞いてみました。ちなみにアイドルらしいのですが、それは少なからず姉の影響があるでしょう(笑)。

 続いて、新聞記事によるとアイドル(正しくは「芸能人・歌手・モデル」という分類)は2位であるということ、男の子の1〜5位が何であるかを言った上で、女の子の1位と3位〜10位を当ててみましょうと。するすると答えられていったけれど、なかなか難しいんだろうなと思ったのが4位の花屋でした。さとは予想通り答えられたけれど、娘たちには難しかっただろうことは何となくわかります。ちなみに8位の警察官は、さとも含めて誰も当てることができませんでした。

 次に、姉の新1年だった頃のデータが気になったようで、調べてみたところ、想像以上に以前からデータは存在しているようです。ただそれよりも気になったのは、新聞記事になった調査の元ネタは、正しくは『新小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」』というものだったと。親の就かせたい職業って、何だ???

 いや、何に就かせたいかと聞かれれば、一応何か答えることはできるだろうけれど、そもそも本人が本気で就きたいと思えば親の意向なんか無視して就いちゃうだろうし、そんなこと考えたことがなかったなぁと。愚問だとまでは言わないけれど、わたしやさとの感覚としては、かなり愚問に近いものがあるなと。本人の気持ちと親の気持ちは違うものだろうし、親の気持ちで本人を縛るのだと思われるのもなんだか嫌だし。で、うちらみたいな一般的ではない親と違って、世間の親御さんはどんな希望を子どもに抱いているのかなと。

スクリーンショット 2017-04-07 0.17.24.png

 う〜ん、基本的には、なりたいものと大きな差はないってのが、女の子の特徴かなって気がします。男と比較して、夢見る余地が大きいってことなのでしょうか(笑)。男の就かせたいもので夢見がちなものというと、2位のスポーツ選手くらいで、あとはどれもこれも夢見がちといえども一定以上の収入があるものか、社会的地位の高いとされているものかのどちらか、もしくは両方だと思うのでね。女の子に比べて、男は現実路線なのではないかと。

 女の子に就かせたいものに対しては、個人的には公務員って何だ?地方か国家か、行政か現業か警察か教員か言ってみろって感じなのです(爆)。あとは、医療関係と看護師、医師は何が違うのかと。きっと◯◯療法士とか、◯◯作業士のような、特殊技能系かと思うのですが、確かに手に職があるといざという時使えることもあるよねぇ。あとは、看護師も公務員も医師も教員も結構ブラック臭のする業界だと思うので、このへんについては親が望むというよりは本人ががんばりたいならがんばりなさいって感じかなぁ。ちなみにさとの感覚だと、薬剤師みたいなコスパの悪いものはやめとけばいいのにとのことでした。わたしとしては結婚してからの子育て時期に、給料のいいパートやアルバイトへの道としてありかと一瞬思ったけれど、確かに給料のいいパートやアルバイトになるために、大学に6年間も行かせるわけじゃないからねぇ。

 というわけで、あれこれ考えてはみたものの、やっぱりこれに就かせたいというものはないなぁと。ヘリクツみたいだけど、周囲が納得できる理由のもとに本人が本気で就きたいと思うのであれば、それが就かせたいものなのですよ。
posted by てつりん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

こんなに本を買ったのはひさしぶりです

 タイトル通りの話なのですが、こんなのを買いました。
2017040501.jpg

 左側の2冊は、まぁ仕事にも使えそうなので、きっと経費で買えそうなものなんだろうけれど、早く欲しかったので近所の本屋で買いました。某有名企業が情報を漏らしまくったお詫びの品である、500円分の図書カードもあったのでね。早めに読んでしまいたいのは、読んで得た知識が早い段階で使えそうだからなんだけど、きっと積ん読になっちゃうんだろうなぁ(爆)。

 右側の2冊のうち、奥の本について。まぁ、率直に欲しいというか、読みたかったのもあるんだけど、未来を暗示してたりなんかしたらいいなぁと思って(笑)。50万増しでエンジンが2Lになって、電動ハードトップで静粛性も上がると聞くと、いい買い物なんじゃないのかなぁ。10年後でも現行車種で買えるかもしれない。

 右側の手前の本は、正直多くを語れないけれど、まぁ最近いろいろあったんですよ。で、そのいろいろから現実逃避すべく、どこかに行きたいなぁと。結局先日の週末はどこにも行かなかったけれど、どっか行きたい現実逃避な気分がどうにも消えない。せめて紙の上で現実逃避しようと思って買ったのでした。

 さて、いつ読むんですかね!?
posted by てつりん at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする